| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

俺様勇者と武闘家日記

作者:星海月
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第1部
アッサラーム~イシス
  シーラとアッサラーム

『砂漠に入れない!?』
翌朝早く、ルカを迎えに再びドリスさんの店を訪れた私たちは、店の前で出迎えてくれた彼女の開口一番の一言に、思わず素っ頓狂な声を上げた。
「ああ、仲間の情報があってね、夕べから砂嵐が頻発してるそうだ。こういうときはやめた方がいい」
ルカがいないのは、ドリスさんが行かないと判断したからだろう。ユウリは暫く思案し、口を開いた。
「……そうか。わかった。明日は大丈夫そうか?」
「今日の状況次第さね。まあ、この時期はそうしょっちゅう起こるわけでもないし、夕方には落ち着くだろう。とりあえずすぐ出発出来るくらいの準備はしておくんだね」
そう言うと、用件が済んだからか、さっさと店に戻ってしまった。
「……どうするか……」
急に何もやることがなくなってしまった。砂漠に行く準備は昨日大急ぎで済ませてしまったし、特に行くあてもない。
「う~ん。だったら、あたしが働いてたところに行かない?」
 脇からぴょこん、と顔を出すシーラ。
「って、昨日見た劇場?」
「そーそー。もちろん今の時間はやってないけど、ここ離れてからゆっくり挨拶もできなかったし、皆にも紹介したいんだ」
そういうことなら、と私はちらりとユウリを見る。特に不満があるわけでもないようだ。まあ、なにもしないよりはましだと判断したのだろう。
「でもよ、こんな朝早くから人なんているのか? それとも従業員はあそこでみんな寝泊まりしてるのか?」
「みんなじゃないよ。家から通ってる人もいるけど、あたしみたいに家のない子なんかは寮があって、そこで生活してるんだ」
ナギの疑問に答えるシーラ。なんかさらっととんでもない事実を聞かされた気がするんだけど、気のせいだろうか?
ともかく、手持ち無沙汰となった私たちは、シーラの言うとおり、劇場へと足を運ぶことにした。



ドリスさんの店を離れ、昨日と同じ道を行く。夜とはうって変わって、劇場周辺は静寂に満ちている。
シーラは慣れた様子で裏へと回り込み、正面入り口と比べて随分小さく作られている木製の扉へと手をかけた。
ガタガタッ。
「シーラ……。やっぱり鍵かかってない?」
「えへへ。やっぱダメみたい」
コツン、と自分で頭を小突くシーラ。うん、もう、かわいいから許しちゃおう。
 なんて言っていたら、遠くから人の気配とともに、地面を踏みしめる音が聞こえてきた。
「あら? あなたひょっとしてシーラ?」
凛とした声が響く。振り向くと、そこには桃色の髪が印象的な、若い美女が立っていた。
年は二十歳頃だろうか。目鼻立ちの整った容姿はけして近寄りがたい雰囲気ではなく、寝起きの無防備な姿も相まって親しみやすい印象を与える。けれどその深い瑠璃色の瞳は、女の私でも見つめられるとドキドキしてしまうほど魅力的であった。
「あー! 久しぶり、ビビっ!」
「やっぱりシーラ! やだー、全然変わってなーい! って、半年前に行ったんだから当たり前か」
きゃーきゃー言い合いながら、お互い抱きしめあう二人。ひとしきり再会の喜びを分かち合ったあと、戸惑う私たちにようやく気がついたのか、ビビと呼ばれた美女は、はたとこちらを見る。
「あらやだ、友達も一緒だったの?! やだー、恥ずかしい!」
「はじめまして、ミオといいます」
「どっ、どうも! オレ、ナギって言います」
「……ユウリだ」
いつもの無愛想なユウリはともかく、いつになくナギが動揺している。顔を真っ赤にしながら、一度も聞いたことのない敬語を使うナギは違和感ありまくりだった。ひょっとしてナギって、美人に弱いのかな?
「あのねー、ユウリちゃんはね、勇者なんだよ! そんでね、あたしたちね、魔王を倒しにあっちこっち旅してるんだよ♪」
「えーっ!? 何それすごくない?! シーラってば、魔王倒しちゃうの?」
「えへへ~、そうなっちゃったらスゴいよね☆」
「カッコいい~! ……あっ、私ったらまた! ごめんなさい、自己紹介がまだだったね。私はビビアン。この劇場の踊り子で、仕事仲間のシーラとはよく飲みに行ったりしてたの」
そういって、ふんわりとした笑みを私たちに見せた。みるみるナギの頬が赤くなる。
「それで、一体何しにここへ? 魔王を倒す旅の途中なんでしょ?」
「それが、今日これから砂漠に向かおうとしたんですが、砂嵐の影響で行けなくなってしまったんです」
私が答えると、ビビアンさんは憂わしげな表情をした。
「そっか、それは災難ね。じゃあ今日はここで足止めってこと?」
「そーなの。だから今日は一日暇してるの♪」
こらこらシーラ、ウキウキしながらそういうこと言わない。現に今の言葉を聞いたユウリが青筋立ててるのが見えるんだから。
「うーん、だったら、あなたたちさえよければ劇場の準備、手伝ってくれない? 今ちょうど人手不足で力仕事できる人探してたの」
「はいっ、やります!」
すっかりキャラが変わってしまったのか、ビビアンさんの提案に、手をまっすぐに上げ即答するナギ。ユウリだけでなくシーラまでもが軽蔑するような目で彼を見ている。
「ありがとう。もちろんお礼は私たちの座長に言ってはずませてもらうから。んーと、これくらいでどう?」
指で表した金額は、日雇いでもらうには十分過ぎる金額だった。
「勇者さんにお手伝いしてもらうんですもの、最低でもこのくらいは出さないとね?」
「ふっ。さすが、よくわかってるじゃないか。だがあとひとつ足らん。俺たちの昼飯代はどうする?」
これでも十分もらいすぎなのに、ユウリはまだ要求するつもりだ。
「もちろん後で渡すつもりよ、この劇場内お食事券4名様分を」
ビビアンさんはきらりと目を光らせ、どこからともなくお食事券4名様分を出してきた。それを見たユウリは満足そうな顔をして、当然のように受け取った。
「お前みたいな女は話が早くて助かる。お前らも少しは見習え」
そんな見下すような顔でこちらを見られても困る。ビビアンさんもあまり出会わない性格の人に出会ったからか、顔には出していないが若干戸惑ってるようだ。
「とりあえず私はこれから座長のところに行くから、あなたたちはしばらくここで待っててくれる?」
「いや、俺たちも行く。一時とはいえ、こいつを雇ったと言う人間を一度見てみたい」
そういって、ぐいっとシーラの首根っこを掴むユウリ。どういう理由なんだ。
「あたしも久しぶりに座長さんに会いた~い♪」
嬉しそうにバタバタするシーラ。ユウリが手を離すと、ウサギのようにビビアンさんのもとへと近づいた。
「わかったわ。それじゃ行きましょうか。私はこのあと朝の踊りの稽古があるから、あとは座長に従ってね」
にっこりと微笑むと、ビビアンさんは私たちを座長さんがいるという、別の建物へと案内してくれた。劇場よりは小ぶりな大きさだが、長屋のようなその場所は、ビビアンさんたちが寝泊まりする寮、稽古場、座長さんたちの部屋が並んでいる。
建物の奥にある一回り大きな扉の前に立つと、ビビアンさんはノックして自らの名を名乗った。扉の向こうから低い男の人の声が聞こえてきたので、彼女は素早く扉を開ける。
「失礼します。座長! シーラが帰って来ましたよ!」
「んあ? シーラ?」
座長さんは机に突っ伏したまま寝ていたのか、寝ぼけ眼をこすりながらも私たちに目を留めた。
「はりゃ、夢かと思ったら、ホントにシーラじゃないか! 戻って来たのか?!」
全体的に小さくて丸っこい体型の座長さんは、シーラを見るなり目を輝かせた。
「んーん、違うよ☆ 今は魔王を倒す旅してて、途中でここに寄っただけ♪ ほら、この子が勇者のユウリちゃん」
ユウリをこの子って……。言われた本人はものすごく嫌な顔をしてシーラを睨んでいる。
「勇者!? ホントにいるの? 都市伝説とかじゃなくて!?」
座長が目を丸くしながら勇者を凝視する。その驚き方が気に入らないのか、ユウリは目を細め、利き手である左手を座長に向けた。
「だったら目の前で証拠を見せてやろうか?」
「待って待って!! 呪文唱えようとするのはやめて!!」
本気で呪文を唱えようとしたので、私は慌ててユウリの腕に思い切りしがみついた。
冷静になってくれたのか、ユウリは即座に腕を引っ込める。
「それでですね、座長。今うち人手不足じゃないですか。今日ちょうどユウリさんたちが予定空いてるそうなんで、仕事を手伝ってもらおうかと思いまして」
「ふむ……。勇者がうちの劇団で手伝い……。めったにないチャンス……」
ビビアンさんが事の顛末を話すと、座長の様子が一変し、なにやらぶつぶつ一人言を言い始めた。そして何かを思い付いたのか、急に跳び跳ねるようにユウリに迫った。
「手伝いなんてとんでもない! 勇者さんにはぜひともうちの公演を観て頂きたい!」
「は?」
「勇者が観に来る劇団なんて大々的に触れ込めば、倍以上の客が入ってくるぞ! そうなりゃ一躍有名劇団の仲間入りだ! うははは!」
「おいふざけるな、俺は……」
「座長? またいつもの悪い癖が出てますけど?」
にっこり笑うビビアンさんのその表情は、先程とはまるで別人かのごとく見える。座長さんは彼女の放つ黒いオーラに心当たりがあるのか、身をすくめた。
「おほん。言葉をまちがえてしまったようだね。勇者様には、我が劇団の数々のパフォーマンスを見て、過酷な旅の疲れを癒していただきたい」
あ、当たり障りのないように言い直してる。いやもう、座長さんの本性は知ってしまったし、今さらなんだけど。
それにユウリがこういうものに興味があるとは思えなーー。
「ひょっとして、ビビアンさんの踊りも観られるんですか?」
今まで沈黙していたナギが、低くだがしっかりとした声で座長さんに尋ねてきた。
「あ、ああ、もちろん! ビビアンは劇団一の人気ダンサーだからな。ファンクラブまである彼女を出演させない訳がない」
「それならば、是非拝見させていただきます!!」
あらら、ナギの目が完全にハートマークになっている。よっぽどビビアンさんの踊りが観たいようだ。
「おいこら、何勝手に決めてるんだバカザル!」
「いや~、勇者様たちに観ていただくなんて、光栄の極みですなあ」
ユウリが不満を爆発させるが、満面の笑みをたたえる座長さんと、いつもと様子の違うナギに毒気を抜かれたらしく、結局しぶしぶ了承することにした。
「でしたら公演が始まるまで劇場内の食堂で食事でもどうです? もしくは勇者様ご一行プチサイン会でも開催されるとか……」
「いや、せっかくだから最初に言った通り、公演の準備の手伝いくらいはやってやる。公演を観るのなんかはこのバカザル一人いれば十分だろ」
「あぁ……、そうですか。それは残念。ですが、勇者様のお仲間さんだけでも観ていってくださるなら大歓迎です。もちろんお代はけっこうですので」
座長さん、隙あらばなにか利益になりそうなイベントを提案しようとしていてなかなか抜け目がない。さすがにそれに乗っかる我らが勇者様ではなく、あっさりスルーした。
結局座長さんは残念そうな顔をしながらも、最初の予定通り公演の準備のバイトを了承してくれた。バイト代は、ビビアンさんが言った金額よりも少し多い上、さらにいつでも劇場に入れるフリーパスまで用意してくれた。って言ってもたぶん使うのってナギだけだと思う。
ビビアンさんはこのあと稽古があるといって稽古場に向かった。ナギが名残惜しそうな目で彼女を見送るが、ユウリの冷ややかな視線に気付き我に返った。シーラは劇団の人を見かける度に、声をかけたりかけられたりして久々の仕事仲間との会話を楽しんでいる。
いいなあ、シーラは同い年くらいの友達や仲間がたくさんいて。
生まれも育ちもカザーブ一筋だった私には、同年代の友達はおろか知り合いもほとんどいない。例の魔物襲撃事件によってもともと少なかった同年代の子達は私以外全員亡くなってしまったし、辺鄙な村だったから他所からやってくる人も滅多にいない。
でもそういえば、一人だけいた。ルークと言う名の男の子で、確か何ヵ月もたたないうちにまたいなくなっちゃったんだ。病弱で、修行だか療養だかでその子が師匠の家にやってきて、私と一緒に武術の稽古をしてたっけ。
親が忙しくて、たまに寂しいと言っていたその子は、普通とは違う雰囲気をまとっていた。今頃どうしてるかな。
なんてぼんやり思い出に浸ってる場合じゃなかった。これから大道具さんのところへいって手伝わなきゃいけないんだった。
私はユウリ、ナギと一緒に舞台の設置や飾りつけ、照明の準備など。シーラはここで仕事してたときもやっていた、チラシ配りとお客さんの呼び込み、案内や誘導などを任された。
こういう裏方の仕事は、初めての経験もあって楽しかった。誰かのためにする仕事って、こんなにやりがいがあるんだな、と感じさせてくれる。
そんなこんなであっという間に時間は過ぎ、気づけばお昼を回っていた。仕事が落ち着いたところで、皆食堂にあつまり、ビビアンさんからもらった食事券を使ってお昼を食べることにした。
食堂は劇場内に併設されており、食事をしながら歌や踊りを観ることができるスペースになっている。今はお客さんがいないので、食事代さえ払えば私たちや従業員もここで食事をすることができるそうだ。
席に座るとほどなくシーラがやってきた。皆の分の料理を注文し、他愛のない話をしていると、やがて料理が運ばれてきた。鶏肉の香草焼きをパンで挟んだその料理を頬張った瞬間、食べたことのない刺激と風味が口の中に広がった。肉の旨味と未知の香辛料が程よくマッチして、あとを引く味だ。
「なんだろ、この味……。すごく辛いけど食べ始めると止まらなくなるね」
「多分それねー、唐辛子だよ。この辺だといっぱい採れるみたいだよ♪ 辛いもの好きにはたまらないよね~」
「う……。オレには辛すぎて食べれねぇ……。なんでお前ら平気なんだよ?」
ナギが涙目になりながら、唐辛子入りサンドイッチを少しずつ食べている。ユウリも平然としながら食べているところを見ると、ナギだけ辛い料理が苦手なようだ。
「ユウリは唐辛子は大丈夫なの?」
「……別に普通に食えるだろ、このくらい」
食べ終わったユウリが食後のお茶を飲みながら言った。
「なんだよ、なんかオレだけ子供みたいじゃんか」
「知能は子供と一緒だろ」
「今の言い方、完全にオレをバカにしてるだろ!」
いちいち横槍をいれてくるユウリに反論するナギ。そうやって反応するからユウリもそう言ってしまうのに、なぜナギは気づかないのだろう。
なんて話していると、シーラと同じバニーガールの格好をした二人組の女の子が、私たちのところにやって来た。二人とも、私とそう変わらない年なのにスタイルいいし、化粧をしているので大人っぽい。視線と雰囲気から察するに、ユウリとナギに興味があるようだ。
「すいません、勇者様とお仲間さんですか?」
面倒くさそうにちらっと一瞥し、小さく頷くユウリ。その途端、女の子達は黄色い声を上げる。
「ユウリさんて、クールでカッコいいですね!」
「そちらの銀髪の方は、お名前なんて言うんですか?」
「オレはナギ。一応盗賊やってる」
「盗賊ですか!? カッコいい~!!」
「あのっ、あとでサインください!」
嬉しそうな悲鳴を上げながら、一人また一人と、どんどん女の子が群がっていく。そのうちまた別の女の子たちがやってきて、いつのまにか男性陣は十数人の女の子たちに囲まれて動けないでいた。
確かに二人とも、見た目はいい方だ。もともと端正な顔立ちのユウリは、クールな印象も合いまって、孤高の王子様のような雰囲気を醸し出しており、対するナギも、ユウリとは種類は異なるが、長身で切れ長の瞳に大人びた容姿、さらにはこの地域では珍しい銀の髪が、好奇心旺盛な女性の興味を抱かせている。どっちも黙っていればの話だけれど。
普段の二人を知っている人間にはわかるが、ユウリは相変わらず無愛想だし、ナギは鼻の下伸びちゃってるしで、温度差がすごい。逆にこっちがいたたまれない気分になってくる。
そんな中、一人の女の子が私の方に近づいてきた。その子は何も言わずこちらをちらっと見ると、ちっと舌打ちをし、そのまま人だかりに入っていった。
 な、なんなの一体?! 私は信じられないものを見た気がした。
 と同時に、見知らぬ女の子に舌打ちされるのが、こんなにも憤りを感じるとは思いもしなかった。
 それと、時折こっちを見る女の子が、なんであなたみたいな人がここにいるの? とでも言わんばかりの顔で睨みつけてくる。何もしていないのに、なぜ私にばかり敵意を向けてくるのだろう。私には、彼女たちの考えていることがさっぱりわからなかった。
 同情を得たくてシーラの方を見たが、彼女はいつの間にか近くにいる大道具の男性と楽しくおしゃべりをしている。なんだか私だけ疎外感を感じた。
 デレデレのナギが(少なくとも私にはそう見える)、照明係の女の子に握手を求められる姿が目に入ると、私は一人ため息をついた。
 すると、食堂の入り口に群がっていた人垣の一部がざわついた。その向こうから、頭二つ、三つ分ほど高い位置に、ぴょこんとウサギの耳が現れたではないか。
 シーラにも同じものがついているが、とどのつまり目の前に近づいてくる人もバニーガールということだ。その割には、やたら身長が高い気がする。疑念を抱きながらも、その人物が現れるのを凝視する。
「あら、ずいぶん賑やかね」
突然、低い男性の声が聞こえた。と同時に、人垣をかき分け、大きな人影が現れる。
その瞬間、私の目は点になった。
なぜなら、そこにいたのはバニーガールの格好をした屈強な大男だったからだ。しかもカツラと化粧までばっちりしており、バニースーツに隆々とした筋肉がはみ出そうになっている。
 確かにバニーガールだけれど……いや、バニーガールなの?
 バニーガールの意味を延々と考えていると、おしゃべりをしていたシーラがはっとした表情で声を上げた。
「アルヴィス!! 久しぶり!!」
アルヴィスと呼ばれたバニーガール(?)は、シーラの言葉に笑顔で返した。
 急展開で頭が追い付かない中、あることを思い出した。
 昨日ドリスさんも言っていたシーラの知り合い、その人こそがアルヴィスさんだと言うことを。

 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧