| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

GATE ショッカー 彼の地にて、斯く戦えり

作者:日本男児
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第13話 改造手術

 
前書き
前回の次回予告には今回、千堂がショッカー世界に帰るとありましたが長くなりそうなので次に回します。
ご迷惑をおかけしてすみません。
 

 
日本国 東京 とあるレストラン地下


民衆党代表 鳩川由紀夫はゆっくりと意識が戻り、目を開ける。気づけば仰向けの状態で寝かされて、身体を起こそうにも手足をガッチリと金属製の枷でX状に拘束されていた……一糸まとわぬの生まれたままの姿で。



「………ここはどこだ?」


確か、自分は会社党の福井瑞穂に誘われてレストランで会食していた筈だ。それから突然、眠気が襲ってきて……目の前が真っ暗に……。


鳩川は仰向けの状態のまま、周囲を見渡すと薄暗い室内の中で様々な機械が小さく電信音のような音を鳴らしていた。どうやら手術室にいるらしい。



「私はなぜ、こんな場所に………」


なんとか頭を巡らせるが鳩川に思い当たる節はなかった。




すると暗かった室内に眩しく無影灯の光が鳩川の身体を照らす。



「うッ、眩しい!!!」



白い覆面と白衣を着た2人組の男達が鳩川に近づき、手術台の上の彼の身体を見下ろす。




「これより改造手術を始める!」



「素体はどうしますか?原田佳彦(はらだよしひこ)の時はドジョウだったし、韓内人(かんないと)の時はイラガだし……」


執刀医は少し黙り、考える素振りを見せる。


「ん〜、本部からは『ある程度は科学班に任せる』って言ってくれてるからなぁー」


科学戦闘員は悩んでいるようだったが鳩川は冷や汗をかく。最初こそ何を言っているか分からなかったが『改造』とか『手術』とか言っていることからこいつらがショッカーの一員だということは分かった。つまり、自分はショッカーに拉致されて改造人間に改造されるらしい。


(冗談じゃない!私はあの鳩川由紀夫だぞ!)


「お、お前達……ショッカーか!私を誰だか知っているのか?東大を主席で合格し、あの民衆党代表の鳩川由紀夫だぞ!こんなことしてただで済むと思っているのか!?」



しかし鳩川の威圧も意味なく、男は無視して助手に言う。


「うーん、こいつの名前は『鳩川』だし素体は『ハト』にするか!よし、すぐキジバトのゲノムを持ってきてくれ!」


「了解しました!」



「ハトだと!?そんなのは嫌だ!!や、やめろーー!!!」


その言葉を聞いてようやく科学戦闘員が鳩川の顔を見てにこやかに答える。


「分かるぞー、未知の存在になるのに不安なんだろ?助手が戻るまでちゃんと説明するからな……」


コホンと咳払いをすると拘束され怯える鳩川を見下ろして言う。


「貴方には改造手術を受けて改造人間になってもらう。素体は先程、言ったが『キジバト』だ。ハトというのは最高時速157kmで飛ぶことができるんだ!すごいよな」


科学戦闘員は楽しそうに笑顔のまま続けた。


「それと貴様には偉大なるショッカーを侮辱する発言をした罰として"麻酔無し"で手術をするから安心してくれ」


鳩川は残酷なことを平然と言い放つ目の前の科学戦闘員に恐怖したと同時に、自分の身体が切り刻まれる苦痛を想像して鳩川は発狂する。


「いやだぁぁぁぁ!!!!いくらなんでもやりすぎだろ!!!やめてくれぇぇ!」


そんな鳩川の元に助手がハトゲノムが入った薬瓶を持って駆けつける。


「ハトゲノム、持ってきました!すぐ準備します!」


助手はハトゲノムが入った薬瓶から液体を注射器を使って吸い上げていく。
それを見た鳩川は必死に彼らを説得しようとする。


「そうだ!反ショッカー発言をしたことなら謝る!なんなら多額の『お詫び』もするから許してくれ!やめてくれー!」


許しを乞いながら必死にジタバタと暴れながら叫ぶが鳩川の抵抗も虚しく、緑色の液体が入った注射針が鳩川の腕に突き刺さる。


「い、いやぁぁぁぁぁぁぁ!!!」


液体が注入され、血管を通じて体内を循環する。



「うぁ……あ…あ……あ…!!!」


鳩川に今までの人生で感じたことのないほどの苦痛が襲いかかる。顔に青筋が浮かび上がり、苦しそうにうめき声を上げる。



液体の中にはキジバトのDNAゲノムの他にナノマシンが混ざっており、これが体内のヒト遺伝子を変異させる役割を行う。
そしてこれで肉体を変化させる下地が整った。


「それでは第2段階の肉体改造を行う。メス!」



「もう……やめてくれ……頼む……。痛いのは嫌だ!!!」


鳩川は大人気なく目に涙を溜めて科学戦闘員に懇願する。しかし科学戦闘員らは無視してメスを鳩川に向ける。

それを見てこれから行われる行為に震えた鳩川は手術台の上でよじりながら必死に抵抗を続けるが科学戦闘員もプロである。すぐに鳩川を押さえつけると拘束バンドを鳩川の腰と首に巻きつけた。


第2段階の肉体改造は体中の細胞の1つ1つすら改造するのでかなり大掛かりな工程になる。ショッカー世界ならこの時点で手術ロボットによる自動手術に切り替わるのだがここは日本国内である。さすがにショッカーといえど『門』を越えて手術ロボットを運ぶわけにもいかないので前時代的な科学戦闘員による外科手術を行うことにした





………というのも理由としてはあるが実際は反ショッカー発言をした議員をなるべく長時間に渡って苦痛を与える為の『私刑』という意味合いの方が強い。こうすることで対日強硬派の勢いを少しでも削ぐことが1番の目的であった。逆に言えばこうでもしなければならないほどに対日強硬派は暴走寸前なのだ。



「まず、小腸をハトのものに変異させる為、下腹部を切開する!!」
 


そして科学戦闘員はゆっくりと鳩川の下腹部にメスを近づけると鳩川の顔が恐怖に歪む。


「や……やめ―。ぎゃぁぁぁぁぁぁ!!!」



断末魔が手術室に響き渡った。
肉体改造手術は数時間にも及んだ―。
 


最終的に手術は成功し、鳩川の肉体は完全に別物になった。


手術台の上にいたのは想像を絶する苦痛にゼエゼエと息を荒げる虚ろな目をした人間大のハトの化け物だった。身体中が灰色の羽毛に覆われ、背中には翼が生えている。さらに拳が鳥類特有の細い鉤爪を持つ細いものに変わると同時に顔も変異する。口部がくちばしになり、鳩川の特徴的なギョロ目もハトの様なクリっとした目に変わっていた。


肉体改造中、余りの苦しみに途中からショック死寸前までいったが改造人間になりかけているので簡単に死ねる訳もなく、腹を割かれる痛みに苦しみ続けたのだ。



「では第3段階の脳改造に移る!脳改造装置を装着するのだ!」


助手の科学戦闘員は鳩川の頭部にヘッドギアを被せる。
するとヘッドギアは自動的に動作を開始し、鳩川は眠りに落ちる。このヘッドギアから流れる音波によって鳩川の脳は眠りに落ち、洗脳にかかりやすい状態になるのだ。そしてそれと同時に音波から流れる洗脳情報により鳩川の意識は『某国への忠誠』から『ショッカー大首領への忠誠』に変わり、完全にショッカーのメンバーとして染め上げられてしまった。


「第3段階完了。これにて改造手術を終了する!」


そして科学戦闘員達は眠りに落ちた鳩川を残して手術室から立ち去ってしまった。



―しばらくして。


ハトの怪人はギロリと目を開けて覚醒する。そして手足を拘束していた枷を破壊し、ムクリと起き上がるとバサッと翼を広げて鳴き声を上げた。



「クルッポーー!!!!」


それを見ていたかのように手術室上部のレリーフが緑色に妖しく光り、複数のスピーカーを通して低い声を発する。


「目覚めたようだな、鳩川よ!!」



「はい、大首領様。私、鳩川由紀夫は偉大なるショッカーの改造人間でございます。どうぞ、何なりとご命令を………そして―」



そして鳩川は一旦、人間態に戻って膝まづく。頭を地面にこすりつけ、勢いよく土下座をする。


「誠に申し訳ございませんでした!偉大なるショッカーを愚弄するような発言を繰り返したこと!これは万死に値する蛮行でございます!」


「鳩川よ、貴様の罪を許そう。だが今後は我がショッカーの一員としてこの国を裏から操る為に励むのだ!」


「ハッ!!!」


「そしてその時こそ、この国に真の平和と優愛がもたらされるだろう!!」


それを聞いた鳩川はえらく感銘した様子だった。


「なるほど!平和と優愛!それこそ私の望んだ理想の国家でございます!」
  

鳩川は立ち上がってビシッとショッカー式敬礼をする。


「偉大なるショッカー、そして大首領様の為に永遠の忠誠を!!クルッポ!」



こうして反ショッカー発言を繰り返した野党議員達はショッカーによって殺害、或いは改造されショッカーのメンバーになった。


鳩川や福井などのショッカーの改造人間議員らは後に自身らの党を離党し、ショッカーの支援を受けて"世界平和"を公約とする新政党『EP党』を結党するのだった。
主要な党員がEP党に流れたことにより民衆党や会社党、共生党などの主要野党は弱小政党に成り下がったのは言うまでもない。



その頃、オ・ンドゥルゴ基地では―。


「はぁーーー、大変だぁ」   


月明かりの書室に千堂は意気消沈して机に突っ伏していた。

そもそもの始まりは千堂が机の上に置かれた訪日使節団の訪日日程表を見つけたことから始まった。どうやら自分がいない間に誰かが置いていったらしい。ショッカー世界の誰もが訪れたことのない未知の国、日本国で自分がどのように過ごすのか気になり軽い気持ちで目を通した。
千堂はそれを見て軽く目が飛び出しそうになった。余りのハードスケジュール過ぎたのだ。
  

それらをまとめるとこうだ。
初日は首相官邸で総理と会談、その後は首都東京の観光地を総理と共に練り歩き、視察を行う。

2日目は日本世界のマスコミの記者会見に外国大使達と会談。その後は再び、総理と落ち合い晩餐会を行う。

そして最終日の3日目は皇居で日本国の皇帝(天皇)に謁見した後、『銀座事件』犠牲者の鎮魂を込めて銀座で献花と黙祷を行って帰るというのだ。


このハードスケジュールの中で四六時中、使節団の警護を行うのを想像すると気が遠くなりそうだった。
さらに悪いことに使節団の中での千堂の役割にいつの間にか『護衛』だけでなく『対日親善大使』という訳の分からない取ってつけたようなものがついていたことだ。


この事をゾル大佐に聞くとショッカーの印象を少しでも良くする為に作った役職らしくショッカーの中で適任を探したところ、「やはり自衛隊と"友好的な"ファーストコンタクトを行った千堂大尉が適任では?」という意見が出たらしく満場一致で自分に決まったとのことだ。


偉大なるショッカーの上層部に選ばれたことは名誉なことだが、こうも頼られては体が持たない。さらに親善大使の仕事には2日目のマスコミ記者会見の応答が任せれているらしく、それがまたプレッシャーとなって千堂の胃腸を締め付けていた。


「くそ……どうすりゃいいんだぁぁーー!!!」


千堂は1人、誰もいない暗い夜の部屋で吠えた。 
 

 
後書き
鳩川の改造手術を行ったレストランは『仮面ライダーTHE NEXT』にでてきたシザースジャガーのレストランをイメージしてます。

あとリアルが忙しくなってきたので更新が遅れると思います。ご了承ください。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧