| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

俺様勇者と武闘家日記

作者:星海月
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第1部
カザーブ~ノアニール
  エルフの里

「なんなんだ、この村は……?」
カザーブを出たあと、私たちは予定通りの日数で旅路を経て、無事ノアニールにたどり着いた。
だが、村を見回してまず目に入ったのは、村人が全員眠ったままの状態であちこちに立っていたり、横たわっていたりしている姿だった。しかもただ寝ているだけではない。立ったままイビキをかいている人もいれば、食事の最中に鼻ちょうちんを出してる人だっている。
とにかく起きている人は誰一人おらず、それはあまりにも不自然な光景だった。
「とりあえず、手分けして村の中を回ってみようぜ」
真相を探るため、ナギの提案に賛成した私たちは、休む間もなく皆で村中を歩き回ることにした。
それから約数十分後、村から少し離れた家の近くで、ただ一人眠っていない老人と出会った。
その老人は私たちに気づくと、仰天したような表情をしたあと、ものすごい早さでこちらにやってきたではないか。
「おお、まさか、起きている人間に会えるとは思っても見なかった。なんという奇跡なんじゃ……」
そう言うと老人は、ユウリの目の前で泣き崩れた。栄養失調なのかガリガリに痩せ細っており、顔も痩せこけ今にも倒れそうだ。
ユウリはその場にしゃがむと、なおも震える老人の体を支えながら尋ねた。
「一体この村に何があった? 詳しい話を聞かせてもらえるか」
老人は顔をあげると、ユウリの顔をまじまじと見た。
「あなたは……。初めてお会いするが、なぜか懐かしい感じがする……」
「? なんの話だ?」
ユウリが訝しげな顔をすると、老人ははっと我に返った様子で頭を振った。
「いや……気のせいじゃな。すまない、旅の人。わしはマディン。この村に住んでおる」
マディンさんの話によると、村がこうなっているのはエルフの女王を怒らせてしまったからだと言う。
「今から約十二年前、わしの息子はエルフの女王の娘さんと恋に落ちてしまったんじゃ」
世界には様々な種族がいる。とりわけ仲が悪いのが、私たち人間と、エルフの二種族なんだそうだ。
無知で傲慢な人間と、寿命が長くプライドの高いエルフが恋に落ちるなど、前代未聞。
エルフの女王は人間が自分の娘を誑かしたと思いこんだ。そして自分の娘にも、それは本当の恋ではない、あなたは騙されていると説得し続けていたらしい。
けれど、女王の娘……アンさんは、母や周りのエルフたちの反対を押し切って、マディンさんの息子と駆け落ちをしてしまったのだ。
しかもそれだけならまだしも、アンさんはエルフ族の宝である、『夢見るルビー』という宝石も持ち出してしまったらしい。
それを知ったエルフの女王は、悪いのはすべて人間だといい、ここノアニールに呪いをかけてしまった。
それから何年たっても息子とエルフの娘は戻らず、村人も未だ目覚めることはないと言う。
「息子たちを待っているが、あれから十年以上の年月が経った今でも一度も戻ってきていない。会えずとも、せめて今どこで何をしているかが知りたいのじゃ……」
「近くにエルフの里があるんだろう。なぜ直接女王に会って話をしない」
ユウリがもっともな意見を言うが、老人は眉間に皺を寄せながら首を横に振り、
「会いに行こうとした。だが、呪いはわしにもかけられていてな。何度この村から出ようとしても出られないのじゃ。これでは息子たちを探すことすらできない……」
そういうと、手を両手で覆い、嗚咽を漏らした。
村から出ることも出来ないなんて……。なんでここまでひどいことをするんだろう。
「そんなに自己中心的な奴らなのか、エルフ族は。なら、勇者である俺が直談判してやろう」
「なんと、あなた様は勇者なのか?! ということは、オルテガ様のご子息では?!」
マディンさんのその言葉に、ユウリは目を丸くした。
「親父のことを知っているのか?!」
「うむ。確かあれは村が呪いにかけられる前日のことじゃ。わしは直接お会いしたわけではなかったが、宿屋から出ていくのを見たんじゃ」
「ということは、その日にこの村を出たってことか……。なんの用事があってこの村に来たんだ?」
「さあ……。宿屋にいた人なら知ってるかもしれんが、生憎わしは偶然見かけただけなんでな。オルテガ様の真意はわしにはわからぬ」
「……まあいい。そんなことより今はエルフの女王のところに行くのが先決だ。おいジジイ、その女王がいる場所を教えろ」
「女王がいるエルフの里は、ここから西に半日ほど歩いた先にある。……じゃが、本当に助けてくれるのか?」
「ふん。最初はあまり気乗りしなかったけどな。お前の話を聞いたら気が変わった」
そういうとユウリは、すっくと立ち上がり、マディンさんに手をさしのべた。
「俺がこの馬鹿げた呪いを終わらせてやる」
勇者のその言葉を聞いて、マディンさんの瞳に光が宿る。
「おお……! ありがとう……! あなたこそ、真の勇者じゃ!!」
マディンさんはユウリの手を両手でしっかりと握りしめると、ゆっくりと立ち上がり、何度も何度もお礼を言った。
その光景をしばらく眺めていると、いつの間にかユウリがこちらを見ているではないか。
「何をボーッとしてる。早くエルフの里に向かうぞ」
「あ、ごめん。今行くよ」
私はあわてて皆のあとを追う。
ユウリの言うとおり、ボーッと見てしまっていたのは自覚していた。なぜなら、さっきの二人のやりとりが、まさに私が憧れていた勇者の姿に見えてしまったからだ。
普段の彼からは想像もつかないが、彼は人々を救う勇者なのだと言うことを、改めて認識させられた。



「あなた方人間にお話しすることは何もありません。どうかお引き取り下さい」
にべもなくそう言い放たれ、私たちは目の前にいる人……ではなくエルフの女王様の言葉通り、その場から離れるしかなかった。
そもそもなぜ私たちがエルフの女王様とこんなやり取りをしているのか、順を追って説明しなければならない。
里の行き方を老人に教えてもらい、あっさりとたどり着いた私たちは、美しいエルフの女性に煙たがられても全く動じないユウリを先頭に、どんどん奥へと入っていった。里の奥にはエルフの女王様が一段高いところに座っており、左右には人間のお城で言う見張りの兵士のような立ち位置のエルフたちがこちらを見て睨んでいる。こちらが近づくにつれ、女王様の端麗かつ無機質な顔立ちが、次第に険しい表情に変わっていく。
「あなた方は人間ですね。勝手に我ら神聖なるエルフの地を踏み歩く粗野で乱暴な種族が、私に何の用ですか?」
右側にいるエルフの一人がいきなり棘のある質問を突きつける。だがそんな質問にも臆することなく、我らがユウリはロマリア王に謁見したときの立ち居振舞いで優雅に返した。
「突然このような形で拝謁することをお許しください。私は勇者オルテガの息子のユウリと申します。私たちはノアニールからやって参りました」
「そのような名の村など知りません。どうかお帰り下さいませ」
言葉を途中で遮られ、ユウリの眉根がぴくりと上がる。
「しかし、現にノアニールにいる老人から話を聞きました。あの村に呪いをかけたのはエルフの里の女王様であると」
「まあ! その言い方では女王様が一方的に悪いように聞こえますわ」
左側のエルフが嫌みったらしい様子で口を挟む。
「けして女王様のことを責めているわけではありません。ただ、なぜあの老人と話し合うこともせず村に呪いをかけてしまったのか、女王様のお心が知りたくてこうしてお目にかかったのです」
なおもユウリは女王様との話し合いを求める。だが、当の女王様はこちらを見ようともしない。
「人間というものはなんと愚かで浅ましいのでしょう。そもそもアン王女様は人間の男などに恋をするような方ではありません。この里の宝である『夢見るルビー』を持ち出してしまったのも、人間の男に唆されたからに決まっておりますわ」
右側のエルフが汚らわしいものでも見るかのようにこちらを睨む。
「そうよ! 実の娘にエルフの宝を持ち出された女王様の心労があなた方にわかって!?」
左側のエルフは今にもこちらに掴みかかりそうな勢いである。それを右側のエルフが静かに制した。
「女王様は今気分が優れないそうです。これ以上あなた方が側にいればお体を悪くする危険性もございます。どうかお引き取りを」
そう言うと、彼女は手にしている護衛用の槍をゆっくりとこちらに傾けた。
見目麗しい三人のエルフに門前払いされ、なす術もない私たち。
一見すると冷静な表情をしているが、ずっと一緒に旅をしてきた私たちにはわかる。ユウリが今までにないくらい腹を立てているのだと言うことを。けれどプライドの高い彼は、ここで暴言を吐いたり暴れるようなことはしないだろう。ただ静かな口調からは、明らかに怒気を含んでいるように感じる。
「ならば最後に一つだけ。娘さんが行方不明になったあと、ご自分で探されたりはしなかったのですか?」
そういうと、攻撃的な目を女王様に向ける。
すると、今までこちらを全く見ようとしなかった女王様の目がかすかに光った。
「あなた方に……。何がわかると言うのでしょうか」
その声は絶望に満ちていた。そして、冒頭へと戻る。
「あなた方人間にお話しすることは何もありません。どうかお引き取り下さい」
ユウリもこれ以上は何も言えなかった。仕方なく私たちはエルフの里を後にし、老人の待つノアニールの村へと戻った。



「しっかしどういうつもりなんだろうな、エルフの女王様は」
ノアニールに戻ったあと、マディンさんの家にお邪魔させてもらうことにした私たちは、彼のご厚意により、ここで一泊することになった。
夕食は、村の途中の森にいた獣や魔物の肉を倒して剥ぎ取り、マディンさんと皆で食べた。
何しろマディンさんの家には必要最低限の食糧しかないのだ。急に四人も泊めさせてもらう上、食事までごちそうになるわけにはいかない。なので自分達で食べる分は自分達で調達するしかなかった。
その後リビングで明日の予定を話し合い、一息ついたところでナギは眉をひそめて言った。
ちなみにマディンさんは日が沈むと同時に休んでしまった。十年以上も一人で自給自足の生活しているため、このサイクルは崩したくないらしい。
「う~ん、女王様の気持ちもわからなくはないけど、だからって十二年も呪いをかけ続けてるなんて、ひどいと思う」
「エルフって、寿命が長い分、時間の感じ方も違うって本に書いてあったよ☆」
「へえ、そうなんだ……って、なんでシーラお酒持ってんの?!」
「えへへ、おじーちゃん、お酒飲まないからってあたしにくれたのー!」
いやいや、あげると言われたからってそんな簡単にもらっちゃっていいの? ユウリはユウリで村に戻るなり一人でどっかに行っちゃうし。
なんて考えてたら、噂をすればなんとやら。息切れしながらユウリが戻ってきたではないか。
「ユウリ、どこ行ってたの?」
「村の周辺を探っていた。何か手がかりがないかと思ってな」
「手がかりって?」
「本っ当にバカだなお前は。駆け落ちした二人の足取りに決まってるだろうが」
「えーっ! ユウリ一人で探してたの!? 言ってくれれば私も手伝ったのに」
「普通の人間なら言わずとも察するだろ。俺に従い黙って手伝うのが当然だろうが」
そういうものかなあ? うーん、こういうところはやっぱりいつものユウリだ。
「で、結局手がかりはあったのか?」
ナギの問いに、ユウリは首を横に振る。
「手がかりはないが、この近くに人が入れそうな洞窟があった。何もないよりはましだからな。明日その洞窟に行くぞ」
洞窟かあ。そんなところに二人がいるとは思えないけど、でも何もしないよりはいいよね。
「うん、わかった。明日そこに行ってみよう」
「まー、勇者様がそう言うんなら仕方ねーな。オレもエルフたちにあんな言い方されて黙ってらんねーし、協力するぜ」
「あたしもおじいちゃんにお酒のお礼しなきゃなんないし、頑張るー!」
やっぱり皆思うことは同じようだ。私も女王様や他のエルフの考えには腹に据えかねていた。

みんなそれぞれ決意をしたところで、今日のところはこれでお開きになり、マディンさんの家の二階で休ませてもらうことにした。
さすがに一部屋に四人は狭かったが、長旅でずっと野宿だった私たちにとっては、屋根のある場所で寝られるだけでも贅沢だ。
ただひとつ不満があるとしたら、ナギの寝相の悪さだ。野宿のときも一人だけとんでもないところに寝転がってることがしょっちゅうあったが、それは室内でも例外ではない。今回も寝てる間壁に激突したり、足で私の顔を蹴られたりされて、何度も起こされた。
特に被害を被ったのはユウリで、朝起きたら髪はボサボサで、額には青アザまでついている。まあ、すぐに回復呪文で治ったみたいだけど、あのあと何度もナギにベギラマを放っていたのは私も少し同感だ。
ともあれ、一晩休んで体力も回復した私たちは(一人だけダメージを食らってはいるが)、食事もそこそこに洞窟へと向かうことにした。
 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧