| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

戦姫絶唱シンフォギア~響き交わる伴装者~

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
次ページ > 目次
 

夏の1ページ(通算100話記念)

 
前書き
サナギさんから、通算100話突破記念として糖文の寄稿が。
そして熊さんとクラさんからは、推しCPのイラストがそれぞれ届きましたので、ここに掲載させてもらう事にしました!

時系列はGXとAXZの間、二年生の夏休みです。
短編ですが、どうぞお楽しみください! 

 
「後はこれを加えて……出来た!」

隠し味を加え、料理が完成すると同時に玄関が開いた音が響く。

帰ってきた恋人を、響は満面の笑顔で彼を出迎えた。

「ただいま。おっ! この匂いは……」
「おかえり、翔くん! うん、今日はカレーだよっ!」

黄色いヒヨコの絵がプリントされたオレンジ色のエプロンを着けた響。
翔はいつものように、出迎えてくれた響を抱き締めた。

「そうか……楽しみだな」
「腕に海苔をかけて作ったから、楽しみにしてね
「それを言うなら『より』だぞ」
「あれ? ……違ったっけ?」

響の食いしん坊な間違いに、翔がクスッと笑う。
手洗い、うがいを済ませると、翔はキッチンへと向かった。

「響が作ってくれたんだし、食器は俺が並べようかな……」
「大丈夫。今日はわたしがやるから、翔くんは座ってて~」
「そうか……。なら、その言葉に甘えるとしよう」

翔が食卓に着くと、響は完成した料理を盛り付けた皿を並べた。

「お待たせっ! 立花響特製カレーライスの完成だよ!」
「おっ、これは美味そうだ! 早速戴こう」
「あっ、ちょっと待って!」

手を合わせた翔を、響が慌てて止める。

「ん?トッピングがあるのか?」
「えへへ……はい、アーン」

響は自身の皿からカレーを1口よそうと、翔の口に近付けた。

翔「ッ!?」

恋人からのサプライズに驚くも、求められて答えないような甲斐性なしでは無い。

翔は口を開け、響の期待に応えた。

「あー……んむ……」
「どう……かな?」
「程よい辛さと、それでいてまろやかな味……ああ、凄く美味しいよ、響」
「やった! これはね~、立花家秘伝の味を私が自分でアレンジしたんだよっ! お父さんと一緒に作ったの思い出しちゃった」

幼い頃、父である洸と作ったカレーを思い出す響。
その顔は、以前に比べて明るく、晴れ晴れとしていた。

「わたし、お父さんの方のカレー食べたら、あまりの辛さに泣いた事もあったなぁ」
「美味しそうだったからか?」
「うん。エヘヘ……そうなんだ~」
「そうか……。響、ほら」
「へ?」
「あーんだ」

先程のお返しとばかりに、響にあーんをする翔。

響は恥ずかしそうに頬を赤らめながらも、喜んで大口を開けた。

響「あむっ……うん! 美味しい!」

満面の笑みを見せる響に、翔も自然と笑顔を返す。

(いつ見ても可愛いな、響は! おかげでカレーが自然と進む……!)

「しかし、本当に美味いな。何杯でもおかわりしたいくらいだ」
「いっぱいあるから、たくさんお代わりしてね~。よーしッ!わたしも食べちゃうよ~っ!」

これは、とある夏の一日。同じ屋根の下に暮らす恋人達の、ありふれた日常の1ページである。 
 

 
後書き
如何でしたでしょうか?
サナギさん、いい糖文をありがとうございます! 同棲してる二人のラブラブ感、そして洸さんとの父娘の繋がりを感じる事ができるいい糖文でした!

では、ここからは記念イラストの紹介です。


まずは熊さんの純クリ!
塗り方が更に進化して萌え力がやべぇ……。
純くんの顔の良さよ……これはクリスちゃんじゃなくてもトゥンクしちゃいますわぁ……。

「ここじゃダメかい?」
「駄目じゃ……ない、けど……」

みたいな会話が聞こえて来そうですわぁ!
尊い純クリ、ありがとうございます!!


そしてクラさんの翔ひび!
色違いのペアルック着て、満面の笑顔を浮かべる二人が幸せそうで……はぁ、尊い……。
実はこの衣装、火野映司のエスニックファッションから来てるとか。
イケメンだけど、化粧したら女装も似合いそうな翔くんの顔。それがよく映える絵柄ですねぇ……素晴らしい!

それでは次回もお楽しみに! 
次ページ > 目次
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧