| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

MOONDREAMER

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第二章 勇美と依姫の幻想郷奮闘記
  第17話 十六夜再び:後編

 遂に始まろうとしている依姫と咲夜の再戦。その前に咲夜が口を開いた。
「あなたは相手の攻撃に対して対処する形の戦法が得意でしたわよね。なら私から行きますよ」
 そう言って咲夜は先手を取る事にしたのだ。
「その余裕が命取りにならなければいいけどね」
 挑発的な態度の咲夜に、依姫も軽口で返した。
「心配ご無用ですわ、では……」
 言って咲夜は最初のスペルカードを取り出し、宣言する。
「【幻符「殺人ドール」!】」
 そして咲夜は自分の手に次々と銀のナイフを現出させては投げる行為を繰り返していった。
 依姫に迫り来るナイフの群れ。だが彼女は落ち着いていた。
「『愛宕様』よ!」
 すかさず火の神に依姫は呼び掛けると、彼女の両手が炎で包まれたのだ。そしてスペル宣言をする。
「【火弾「伊の英雄の秘技」】!」
 続いて右手、左手、また右手と振りかざし火の弾を次々に射出していった。彼女がルーミア戦で使ったものと同じスペルであった。
 これにより咲夜の放ったナイフの群れは弾かれるような音を立てて次々に撃ち落とされていったのだった。
「やりますわね」
 先手を攻略されて、咲夜は感心したように言う。
「でもそんな面倒な事をしなくても、いつぞやの『カナヤマヒコ』とやらは使えばいいのではありませんか?」
「それでは芸がないわ」
 依姫は軽口で返しながらも、これで確信した。──彼女は金山彦命に対処する術を持っているのだと。様子見で金山彦命の力を使わなくて正解であったようだ。
「続いて行かせてもらいますよ、【幻葬「夜霧の幻影殺人鬼」】!」
 そして、咲夜の二回目のスペルカード宣言が行われた。
「!」
 依姫は少し驚いてしまった。何故なら、ナイフが咲夜から撒き散らされるのは先程と同じであったが、それに加えて咲夜の周囲から霧が立ち込めたからである。
 その霧は、見る間に庭の周囲をすっぽり取り囲んでしまったのだ。
「どうですか? 霧の中でナイフに追い詰められるお味は?」
 咲夜は得意気に言う。彼女は依姫とは違い正面からぶつかるタイプの戦法は得意としないのだが、それが彼女のスタイルなのだ。だから恥じる事なく振舞うのだった。
「ええ、粋な計らいね」
 依姫も軽口で返す。
 そんな彼女を霧の中に潜む無数の銀の殺人鬼は狙いを定めて的確に襲ってきたのだ。
「ふん」
 だが、依姫は迫り来るナイフを次々に刀で切り落としていった。その度に甲高い金属と金属がぶつかり合う音が夜の庭に響いた。
「少し、しんどいわね」
 やや弱気な発言をする依姫。彼女とて、視界の晴れない中で敵に狙われながら戦うのはそう簡単な事ではなかったのだ。
 ルーミアとの戦いの時にも味わった事だが、今度の相手はそれよりも一枚も二枚も上手なトリッキーな戦法を取る咲夜なのであった。相対的に難易度は跳ね上がる。
「……ここは勇美と同じやり方で行くとしましょう」
 そう言って依姫は念じて神に語り掛けた。
「『風神』よ、我にこの霧を振り払う力を」
 その言葉に続いて依姫に、メディスン戦で勇美もその力を借りた神が光臨したのだ。
 だが、勇美の時とは違っていた。彼女の時は巨大な送風機を作り出したのだったが、今の依姫に起こっているのは、彼女の手に握られた刀がまるでギロチンの刃のような大刀と変貌していた事であった。
 それを依姫は振りかざし、スペル宣言をする。
「【強刃「風神刀」】!」
 それに続いて、彼女は振り上げた大刀を勢いよく振り下ろしたのだ。
 すると、その刀から分厚い風の刃が放たれ、進路にあるナイフをなぎ払いながら突き進んでいったのだった。
「!!」
 今度は咲夜が驚愕する番であった。霧もナイフも風の刃に吹き飛ばされ、あまつさえその刃は今正に彼女の目の前に肉薄していたのだから。
「依姫さん、やっぱりあなたは凄いです」
 この様子を見守っていた勇美は感嘆の言葉を漏らした。メディスン戦で自分が風神の力を借りた時よりも技の規模も切れも段違いであったからだ。
 だが、その刃は彼女を捕らえる事はなく通り過ぎて行ったのだ。『当然であろう』。
「……やはり厄介ね、貴方の能力」
 やはり依姫は警戒する。
「いえ、間一髪といった所でしたわ」
 しかし、咲夜とて余裕という訳ではなかったのだ。彼女の力は凄まじい汎用性を持つとはいえ、万能ではないからだ。
 だから、彼女は攻め続けなければいけないと思い、次の手を打つのであった。
「続いて行きますわ、【速符「ルミネスリコシェ」】!」
 咲夜の第三回目のスペル宣言がなされたのだ。
「あの時のスペルね」
 そう依姫が呟いた通り、彼女が咲夜と月で戦った時に見たスペルであった。
 そして、あの時と同じように辺りにナイフが展開され、それが意思を持った生き物であるかのように全て依姫に刃を向けたのだ。
(同じ手を使って来た……、やはり彼女には秘策があるのでしょう)
 依姫はそう感じた。だが、今の状況に対処するにはやはり『あの時』と同じが手っ取り早いだろう。依姫は敢えて咲夜の策略に乗る事にした。
「『金山彦命』よ!」
 そう依姫は金属の神に呼び掛けた。
「このうるさい蝿を再び塵へと返せ」
 そして、月では行わなかったスペル宣言をする。
「【金符「解体鋼処」】!」
 依姫が宣言し刀を振り上げると、ナイフを構成する銀は分子レベルまで分解され砂のようにサラサラと空気中へと溶け出していったのだ。
 ここまでは月での時と同じ。だが、今の咲夜の表情は歪な笑みへと変貌していた。
「かかりましたわね、これは囮ですわ」
「そうでしょうね」
 やはりといった風に依姫は嘆息する。
「【幻在「クロックコープス」】!」
 咲夜の四回目のスペル宣言が行われる。そして彼女はナイフを取り出すと、上空のあらぬ方向へそれを投げ放ったのだ。
「どこを狙っているのかしら?」
 依姫は挑発的にそう言いながらも、警戒は怠らない。
 そして、上空からはキラキラ光る粒のようなものが降り注いできたのだ。
「雪、ですか?」
 それを初めて見る勇美はそう呟く。だが、当然それは違う事はすぐに分かるのであった。
 その粒が地面に落ちると、まるで爆竹のように次々と爆ぜていったからだ。
「クロックは『時』で、コープスは『死骸』。すなわちこれは時の死骸ですわ」
 咲夜はそう説明を始める。
「でも、それだとこれが何だか分からないわ」
 当然の疑問を依姫はぶつけた。
「これは失礼しました。要するこれは、時間というエネルギーに傷をつけて切り出した残骸ですわ」
「成る程」
 まだ未知の領域の話であるが、要点はある程度理解した依姫。そして新たな結論を紡ぎだすのだった。
「つまり、これはエネルギー体だから、金属という物質にしか影響しない金山彦命の力は通用しないという事ね」
「ご名答ですわ」
 さらっと咲夜は応えた。
「これまた厄介な」
 依姫は愚痴るようにそう漏らした。
「……なんてね」
 だが、すぐに先程の咲夜のように歪な笑みを見せたのだ。
「どういうつもりですか? 空威張りなら無駄ですからやめて下さいませんか」
 そう咲夜は返すものの、背筋には嫌な汗が張り付いていたのだった。
「貴方、金山彦命の力が分解や攻撃のためだけにあると思ってはいませんか?」
「どういう……?」
 どういう事と咲夜が宣言する前に、依姫はスペル宣言をしたのだ。
「【装甲「金属再興」】!」
 その宣言により、依姫の目の前に徐々に何かが集まっていったのだ。
「それは……、先程の私のナイフの!?」
 咲夜はそれを知ると驚愕した。そう、今依姫の前に集まっているのは分解した咲夜のナイフを構成していた銀であったのだから。
 そして次々に銀の塵が集まり形成されていったのは、大きな盾であった。
 それを依姫は手に持ち、やや上空に向けて掲げて身構えた。
「成る程、それでクロックコープスを」
「その通りよ」
 依姫はそう返しながら、クロックコープスの襲来に備えたのだ。
 すると、依姫に着弾すると次々に派手に爆発を起こしていった。
 だが、彼女には銀の盾が備わっている。それにより機雷をばら蒔いたかのような猛攻も防がれていったのであった。
 そして爆撃は全て盾に受け止められたのだ。
「やりますね」
 この結果には、さすがの咲夜も唖然としてしまった。だが、彼女には秘策がある。
「どうやら出し惜しみなく、本気でいかないといけないみたいですね」
「そうよ、全力で掛かってきなさい」
 そう依姫は咲夜に余裕を見せながら提案する。だが、ここからは依姫にとっても気を抜けない展開となるのだ。
「ではこれは攻略出来ますか? 【時符「プライベートスクウェア」】!」
「……」
 遂にこの時が来た。咲夜の横に時計の形の紋章が現れると──咲夜以外の者の時間が止まったのだった。

◇ ◇ ◇

「ようこそ、私の世界へ」
 咲夜はそう呟くが、当然その言葉を聞く者はこの場にいなかった。
 そして、咲夜はありったけのナイフを時間の止まった依姫目掛けて投げ付けたのだ。
「チェックメイトね」
 続いて、咲夜は止まった時間を再起動させる。
 すると、止まった世界で宙に静止していたナイフも動きだし、一斉に依姫へ向かって飛び掛かっていった。
 ナイフの群れが次々と依姫に刺さっていった。
「依姫さん!」
 その光景に、いてもたってもいられなくなって勇美が叫んだ。
「さすがのあなたの師匠もこれまでだったようね」
「くぅ……」
 咲夜にそう言い切られ、勇美は言葉を詰まらせるしかなかった。だが……。
「それはどうかしらね?」
 それは今しがたナイフの餌食となったと思われた依姫の声であった。いつの間にか、咲夜の背後を取っていたのだった。
「何ですって!?」
 当然咲夜は驚愕する。確かに止まった時の中でナイフを設置して、容易に逃れられなくした筈であったのだ。
「これはどういう事ですか?」
「それは簡単な事よ」
 咲夜に聞かれて依姫は説明をし始める。
「神にも時を操る者が存在するのよ」
 そう言い放つ依姫の背後には、神の姿が浮かび上がっていた。
 その姿は片方の手に砂時計、もう片方の手に大鎌を持った老人。
「『クロノス』、時を司る神よ。神降ろしでは貴方のように自在に時を操るまではいかないけど」
 一瞬の攻撃を回避するには十分な力を発揮出来ると、依姫は付け加えた。
「!!」
 これには咲夜は意表を突かれてしまった。
 ──時間を操れる者は自分一人だと高を括っていたのだ。今までそのような者と対峙した事がなかったのだから。
 故に慢心してしまっていた。それで今回依姫に戦う前に能力を教える余裕まで見せてしまったのである。
(私の能力を教えたのは失敗でしたわね……)
 そう心の中で愚痴る咲夜。その事が依姫に対策を取られる事を許す羽目になったからである。
 だが、彼女はすぐにその考えを否定する。
(これは私が正しいと思ってやった事。だから後悔はない!)
 そう意気込み、咲夜は次の手に移ろうとする。
「私の持ち味は時間を操るだけとは思わない事ですわ」
「!」
 この咲夜の言葉を聞いて依姫は身構えた。咲夜の発する気迫から、決して強がりやハッタリではない事を察する事が出来たからだ。
 そして咲夜から只ならぬオーラのようなものが発せられ始めた。そして彼女は今まで見せた事のない、とっておきのスペルカードを取り出し、宣言する。
「【限符「シンデレラマジック」】!」
 これを聞いた紅魔館の住人達も驚く。
「咲夜さんのスペルカードにそんなのあったっけ?」
「いいえ、ないわ」
 等という言葉が辺りに飛び交った。
 そして、主たるレミリアとて驚きを隠せないでいた。
「咲夜がそんなスペルを持っていたとはね」
 だが、それもつかの間の事。レミリアにはいつもの余裕の表情が湛えられていた。
「これは楽しくなりそうね。咲夜、頑張りなさい」
 そして、自分の右腕たる咲夜を労う言葉を掛けた。
 だが、それがいけなかった。
「はいっ、お嬢さばぁ~~~~~っ!!」
 願ってもない敬愛する主からの声援を貰えて、あろう事かそこで盛大に鼻血を噴出してしまったのだった。
「うわっ!?」
 これには普段冷静な依姫もたじろいでしまった。
「貴方、そんなキャラだったのね……はい、ティッシュ」
 依姫は偶然持ち合わせていたポケットティッシュを咲夜に渡しながら突っ込みを入れた。
「ありがとう。……まあこれが本来の私の性分ですね」
 月では余裕がなかったから本性は出せないでいたと、咲夜は付け加えた。
「つまり、今は本来の貴方のペースって事ね。それは期待出来そうね」
 咲夜の言葉を聞いた依姫は心躍らせながら返した。これでこの勝負をより楽しめると。
「そう余裕を見せていられるのも、今の内ですよ」
 そう咲夜が言うと、彼女から眩い光が発せられた。
「何が起こるのかしら?」
 依姫はニヤリと笑みを浮かべながら、それを見守った。
 そして光は止むと、そこには目を引く光景があったのだ。
 その咲夜の姿はいつもの丈の短いメイド服である事に変わりはなかった。
 だが、彼女の髪は普段の銀髪から、眩い金髪へと変貌していたのだ。
 それだけではなく、彼女の手には普段使い慣れた銀のナイフではなく、半透明に輝くガラス細工の剣のような物が握られていたのだった。
「……随分イメージが変わったわね」
 驚きながらも依姫はそう指摘する。
「変わったのは見た目だけではありませんわ」
 言いながら咲夜は、勢いよく足を踏み込むと依姫目掛けて飛び掛かってきたのだ。
「速いっ!?」
 依姫は思わずそう叫ぶ。咲夜の動きは今までに見た事もない程俊敏になっていたのだから。
 そして咲夜は剣を依姫目掛けて振りかざした。だが、依姫とてそう易々と攻撃を許しはしなかった。咲夜の剣撃に合わせて依姫も刀を抜く。
 それにより刃と刃がぶつかり合って、激しい金切り音と火花が巻き起こったのだ。
「貴方自身だけではなくて、その剣もどうなっているのかしら? そんなガラス細工の剣のどこにここまで強度があるというの?」
「そうですね、説明しないといけませんわね」
 そう言って咲夜はこの力の種明かしを始める。
「この『シンデレラマジック』は、限られた時間の中で私と、私の身に着ける物の性能を極限まで引き出す能力ですわ」
「つまり、真っ向勝負という事ね」
「そういう事ですわ」
 厄介な事になったと依姫は思った。今までの状況なら咲夜の時間操作によるトリックに合わせてクロノスの力を使い、隙を突く事が出来た。
 だが、咲夜は今時間操作を自身の強化に使っている。下手な小細工は通用しないだろう。
(時間切れを狙うか……)
 そう思いつく依姫であったが、その案はすぐに自分の中で却下される事となる。
 まず、彼女がこのスペルに限界時間がある事は言及すれど、その長さまでは言わなかったのが理由の一つである。咲夜とて、自分の能力を依姫に伝えた事により対策をされてしまった二の舞を踏みはしないだろう。
 そして、今の咲夜が制限時間まで持ちこたえる戦法を許すとは思えなかったのが二つ目の理由である。明らかにこのスペルで勝負を決めに来ているからだ。
「どうしました? どうしました? どうしました?」
 咲夜はそう何度も繰り返しながら、激しい剣撃を繰り出して来た。何度もガラスの剣と刀がぶつかり合う。
 完全に依姫が知る咲夜とはかけ離れていた。だから今までと同じ感覚で戦っていたら負けると依姫は感じるのだった。
(自分のイメージを自分で振り払っているわね)
 それは並大抵の覚悟では出来ない事だろうと依姫は考えた。誰しもそう簡単には自分の扱い慣れているスタイルを崩すのは容易ではないからだ。
 そんな彼女を目の当たりにしながら、依姫はある種の尊敬の念さえ覚えていた。
 依姫は自分のスタイルを貫き通し尽くす事を強みとしているが、今の咲夜はそれとは逆の強さがあると言えるからだ。
 だから、依姫は咲夜の心意気に応える事にしたのである。
「『クロノス』よ、今我にその強靭な得物を貸したまえ!」
 依姫は先程からその身に降ろしているクロノスに呼び掛けた。だが、それだけで終わりではなかった。
「更に『祇園様』よ、我にその膂力を貸したまえ!」
 そう、一度に二柱の神の力を借りる事にしたのだ。
 そしてクロノスに続いて、筋骨隆々の大男の神が現出して依姫に取り込まれていった。
 それにより依姫はみるみるうちに力がみなぎってきたのだ。
「見た目は変わらないんですね。筋肉モリモリマッチョウーマンにはならないんですか……」
「勇美はそんなのを見たいのかしら?」
「いいえ、止めておきます」
 と、蛇足なやり取りを勇美としつつも、依姫は目の前の相手に向き直る。
 そして、依姫の目の前に禍々しい大鎌が現れ、それを彼女は掴み身構えたのだ。
 その得物はまるで無縁塚の死神の物のようであった。
 それを持ち、依姫は勢いよく横に振り抜いた。そして咲夜の持つガラスの剣に直撃したのだ。
「くぅっ……」
 そこから強烈な衝撃が走り、呻き声をあげて咲夜は後ろに押し戻される。
「続いてもう一回!」
 更に依姫は大鎌を頭上に高らかにかざすと、それを祇園様から借りた力に任せて思い切り振り下ろしたのだった。
「!!」
 この攻撃を咲夜はもろに受けてしまったのだ。そして再び吹き飛ばされる。
 そして咲夜は地面に倒れた。それに続いて彼女の手から離れたガラスの剣は彼女の強化の恩恵から外れて粉々に砕けてしまったのだった。
 咲夜の髪は目を引く金髪から、何時もの銀髪へと戻ってしまった。
 その様子を見ながら、依姫は咲夜に問う。
「どうしますか、まだ続けますか?」
 それを聞きながら倒れていた咲夜はむくりと起き上がった。
「いいえ、今回もあなたの勝ちですよ」
 清々しくも映る表情で咲夜は言ってのけた。
 彼女とて今度こそ勝とうと意気込み本気になったのだ。それを破られて悔しさが当然あるが、それ以上にどこか気分が良いのであった。
「今回『は』でしょう?」
「神経質なんですね、あなた」
 執着する依姫を咲夜はやや呆れながらたしなめた。
「兎に角、あなたの勝ちなんですから、胸を張りなさい」
「ええ、そうさせてもらうわ」
 そう、咲夜の言うように今度こそ自分は勝ったのだ。胸の内からこみ上げてくる熱く心地よい感覚を依姫は噛み締め始めるのだった。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧