| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

曇天に哭く修羅

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第一部
  そうだったのか

 
前書き
原作の焔は両親を殺された復讐の為に命を削って強くなりましたが、この話の焔は命を削らずに原作よりも強くなっています。

魔術師としての力だけで。

レイアやエンドから伝えられた戦闘技術やオリジナル設定で覚醒した写輪眼などの能力もフルに活用すると原作で登場した中で最強の魔術師であり【魔神】である《神代蘇芳》の実力を優に超えています。
_〆(。。) 

 
翌日の修業。

午前は昨日と同じ。

ストレッチ・筋トレ・ランニング。

これを昼まで。

午後は上下が黒の胴着を着て道場へ。

ここまでは前日と変わりない。

黒鋼焔(くろがねほむら)》は今日の課題を出す。


「もう覚えた『音隼(おとはや)』は慣れていけば実戦でも十分なレベルになるだろうから別の【練氣術】を覚えることにしようか」


告げられたのは『盾梟(たてさら)』と『禍孔雀(かくじゃく)

《立華紫闇(たちばなしあん》には想像がつかない技だ。


「百聞は一見にしかず。音隼と二つの技を用いて演舞するから見ててくれ。身体強化した状態でね。『喰牙(くうが)』の見本を見せた時の組み手とは比較にならないほど速いから」


永遠(とわ)レイア》と焔が向かい合う。

先ずは焔が動いた。

彼女の背中から黄金の粒子が翼に見えるような勢いで噴き出し一瞬でレイアとの間合いが侵食され格闘する為の距離となる。

昨日の修業で紫闇も身に付けた黒鋼流練氣術の一つ、[三羽鳥(さんばどり)ノ一・音隼]

この技では高速運動に加えて飛行も含めた立体的な機動も可能となるが、紫闇の前で出されたものは彼のそれとは全く別物。

繰り出す使い手の実力と技の熟練度・完成度が増せばここまでになるのだ。

しかしこれは演舞。

攻守が有る戦闘。

続きが有る。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


焔の足から【魔晄(まこう)】の粒子が発生した。

背中のように噴射。

宙を舞いながら踊るように前後左右へと体を振りながら動き回り右足での蹴撃。

華麗な足技はレイアの左腕で防がれた。

互いの攻守が入れ替わる。

レイアは魔晄の防壁と(ゆる)い身体強化のみ。

武器の【魔晄外装】は出さない。

しかしそんなことはまるで気休めにならないような疾風の駆動で接近すると彼の左脚が(なめ)らかに鋭く跳ね上がった。

狙うは焔の右側頭。

だがこめかみに入る直前、焔の魔晄防壁が膨張して迫る蹴り足を受け止める。


「これが三羽鳥ノ一・盾梟(たてさら)。魔晄防壁をより強固なものとする技」


焔の右拳が輝く。

【刻名館学園】の不良を一撃で沈めてみせた紫闇の[必殺技]と同じように。

彼女の雰囲気が激変した。


「よく見ておけ紫闇」


レイアが眼前で両腕を交差させ守りに徹す。


「破あッッ!!」


焔が突き出した拳がレイアに触れると爆発して拳を包む金の魔晄が粒子となって飛散する。


「三羽鳥ノ一・禍孔雀(かくじゃく)。御覧の通り打撃の威力を上げる為の技だよ。全ての打撃技が必殺と言って良い威力に変化するから便利」

(そうか。俺の必殺技は禍孔雀だったのか)


紫闇は焔の禍孔雀を見て呆然とした。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


紫闇は盾梟の訓練に移る。

用意されたのは何やらピッチングマシーンに似た[鉄球ぶつけ装置]という機械だ。

何でもこのマシーンから拳大の鉄球をボールのように発射して紫闇に当てるから、その度に盾で体を覆うイメージをしてほしいという。


「というわけで早速始めようか」


焔の合図でレイアが装置に手を掛ける。


「最初の内は体には当てないけど魔晄防壁は張っておくんだぞ。速度を落とすから飛んでくる鉄球に反応することに注力するんだ」


装置からは50㎞の速さで鉄球が発射されていき、これによって紫闇の感覚を慣らす。

徐々に速度が上がっていく。

そして60㎞に達した時。


「試しに鉄球を横から押してみて。まだ装置の正面には立たなくて良いから。鉄球の勢いと圧力を肌で感じることにしよう」


紫闇は飛んでくる鉄球が自身の前を通りすぎる瞬間に手の平で押してみることにした。

しかし上手くいかない。


「普通の人間がそんな速度で迫る鉄球に怖がるのは当然だから気にしなくて良いぞ。確りと着弾の直前に防壁を操る為の訓練だからな」


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


一時間後、紫闇は70㎞に対応できるようになり、二時間後には80㎞で飛んでくる鉄球の正面に立ってノーガードで受け止められるまでに盾梟を使えるようになる。


「盾梟は音隼より覚え易いかもしれないけど、この短時間で修得するなんて凄いよ」

「そ、そうかな?」


焔の称賛に照れてしまう。


「黒鋼の人間じゃない僕が言うのもなんだけど、黒鋼の人間でも修業の二日目でここまで成長した人って居ないんじゃないかなあ」


レイアの発言に焔が苦笑った。


「まあ、あたしどころか黒鋼史上最強の爺ちゃんですらも修業開始時の初期状態に限定すれば【魔晄】の総量で紫闇に敵わないだろうね。本来やるべき魔晄の増幅と特殊操作の修業をすっ飛ばしちゃってるわけだし」


しかし問題は黒鋼流の修業における初級が終わって次に来る段階であろう。

肉体だけでなく精神にも基礎技術の修得とは比べ物にならない負担を掛ける。

とは言っても修業がその段階に至るまではもう少し余裕が有るので先のことだが。


「さて、じゃあ次は最後の三羽鳥である禍孔雀の訓練に移るとしようか。内容は今までで一番単純。まず拳に魔晄を集中させる。そして突きを出すと同時に『爆発』するイメージ。これを繰り返すだけだよ」
 
 

 
後書き
レイアやエンドのように、紫闇よりも魔晄の量が多いオリキャラが何人も居ます。
_〆(。。) 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧