| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

戦姫絶唱シンフォギア~響き交わる伴装者~

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第6楽章~魔塔カ・ディンギル~
  シンフォギア

 
前書き
叫ぶ用意は出来ているか!
黒バックのEDで再生する為の『Synchrogazer』の検索は?
流すタイミングは分かっているな!?
よし!ならば、準備を終えたものからLet’sスクロールッ!
最高に熱いあの展開を楽しもうじゃないか! 

 
「……姉さん……ねえさぁぁぁぁぁぁぁぁぁんッ!!」
「翼さん……あ、あ……あ……」
 その身に変えて、発射直前のカ・ディンギルへと特攻した翼。爆煙が晴れた後、そこに残るのは輝きを失った魔塔の残骸のみ。
 翔と響は揃って膝を着き、崩れ落ちる。
 その叫びは虚しく、砕けた月の浮かぶ夜空へと消えて行った。
 
 ∮
 
「天羽々斬、反応途絶……」
「ああ……」
 歯を食いしばり、悔しさを滲ませる藤尭。顔を両手で覆って泣き始める友里。
 翼による決死の特攻を、シェルターにいた全員が見届けていた。

「身命を賭して、カ・ディンギルを破壊したか、翼……。お前の歌、世界に届いたぞ……世界を守りきったぞ……ッ!」
 弦十郎の声が、握りしめた拳が震えている。彼は司令であると同時に、翼の肉親だ。その悔しさは、誰よりも大きい。

「翼さん……ッ!」
「翼さんもまた、諦めない人だったという事か……」
 恭一郎と飛鳥は、翼がその目に焼き付けた勇姿に涙する。
「わかんないよッ!?どうしてみんな戦うのッ!?」
 そこで、未だ泣き止まずにいる弓美が声を荒らげた。アニメが大好きで、毎日常にその話しかしていない程の彼女が、この中で一番、日常を破壊され、非日常の只中へと突き落とされた一般人らしい感情を爆発させていた。
「痛い思いして……怖い思いしてッ!死ぬために戦ってるのッ!?」

「……分からないの?」
「え……あッ!?」
 弓美を真っ直ぐに見て、その両肩を掴む未来。
 その目に諦めの色はなく、強い意志が宿っている。しかし、そんな未来の目からも、一筋の涙が伝っていた。
「あ……あぁ……うぅぅ……うわあああああああああああああああああッ!」
 未来の言う通り、彼女も理解している。戦場に散った彼女達が……まだ戦場に立つ二人が何故、戦っているのか……。
 それを素直に認めた瞬間、様々な感情が綯い交ぜになり……彼女は泣き崩れた。
 
 ∮
 
「ええいッ!どこまでも忌々しいッ!」
 フィーネは瓦礫に鎖鞭を叩き付け、苛立ちを限界まで募らせていた。
「月の破壊はバラルの呪詛を解くと同時に、重力崩壊を引き起こす……ッ!惑星規模の天変地異に人類は恐怖しッ!うろたえッ!そして聖遺物の力を振るう私の元に帰順する筈であったッ!」

 絶たれてしまった自らの野望を吐露しながら、フィーネは項垂れる二人の元へと近づいていく。

「痛みだけが人の心を繋ぐ絆……たったひとつの真実なのにッ!それを、お前がッ!お前達がぁッ!」
「ッ!それ以上響に近寄らせるかッ!」
 フィーネの接近に気が付き、翔はふらつきながら立ち上がる。

 しかし次の瞬間、フィーネの裏拳が翔の右頬にぶつけられた。
「ごッ!?」
 ネフシュタンと融合した事で強化された筋力で、翔は左方へと勢いよく吹っ飛ばされ、地面を転がった。
「ッ!翔く……」
 そしてフィーネはそのまま、響の横っ腹を力任せに蹴り飛ばす。
「う……」
 地面を転がる響。立ち上がる力は、既に残されていない。
 そのまま力なく、うつ伏せに倒れる響の傍にしゃがむと、フィーネは彼女の髪を掴んで頭を持ち上げる。

「まあ、それでもお前は役に立ったよ。生体と聖遺物の初の融合症例。お前達という先例がいたからこそ、私は己が身を、ネフシュタンの鎧と同化させる事が出来たのだからなッ!」
 フィーネは響の頭を鷲掴むと、その体を力任せに放り投げる。

「や……め……ろおおおおおおおッ!」
 立ち上がった翔は、残る力の全てを込めて駆け出す。
 しかし、ダメージの残る身体での疾走では間に合わない。
 人形のようにダラリとなった響はそのまま投げられ、地面を転がり瓦礫へと叩きつけられた。その目には既に、光がない。クリスと純が倒れ、翼が特攻し、カ・ディンギルは破壊出来たものの、リディアンはボロボロだ。
 諦めずに進もうとした先で心が……既に折れかけていた。
「フィーネええええええええええッ!」
 足を止めず、そのまま握った拳を突き出す翔。

 しかし、フィーネはそれを軽く避けると、バランスを崩した翔の背中に肘を叩き付けた。
「がはッ!?」
「融合症例第2号、お前のお陰でより詳細なデータを得る事が出来た。その礼に、二人仲良く痛め付けてやろうッ!」
 肘打ちを当てられ、地面に横たわった翔の頭を掴むと、フィーネは響と同じ方へとその体を放り投げる。
 普通の生活ではありえない軌道で宙を舞い、地面へと激突して転がる翔。
 瓦礫にぶつかって何とか止まった時、視線の先には仰向けに横たわった響の姿があった。

「……ひび、き……かはっ……」
 指先すら動かす力が残っていない。本当は今すぐにでも立ち上がりたい。横たわる響に向かって、手を伸ばしたい。
 でも……もうそれだけの力も残っていない。
「…………翼さん、クリスちゃん。それから、純くんも……。さんにんとも、もういない……」
 弱々しく呟く声が聞こえる。響の目から希望が消えていく。
 翔は自らを引き込もうとする絶望に抗おうしていたが、既に身体が限界を迎えていた。
「学校も壊れて、みんないなくなって……。翔くん……わたし……わたしは何のために、何のために戦っているの……?」
「響……。俺達は……」
(まだだ……まだ、諦めたくない……。俺の心は、まだ……諦めてはいない……のに……)
 最後に残った2人の装者は今、地に伏す寸前であった。
 
 ∮
 
「……ん?」
 聞こえてきた大勢の足音に、弦十郎はシェルターの出入り口を見る。
 顔を覗かせたのは緒川、そして大勢の一般人だった。
「司令ッ!周辺区画のシェルターにて、生存者、発見しました」
「そうか、良かったッ!」
 緒川からの報告に安堵する弦十郎。すると、ディスプレイに映っていた響の映像を見た一人の少女が、ぱぁっと顔を明るくした。
「あっ!おかーさん、カッコいいお姉ちゃんだッ!」
「あっ!ちょっと、待ちなさい!」
 母親の元を離れ、少女は藤尭が座る机の方へと駆け寄る。
「すいません……」
 謝る母親に、創世が声をかける。
「ビッキーの事、知ってるんですか?」
「ええ……詳しくは言えませんが、うちの子はあの子に助けてもらったんです。自分の危険を顧みず、助けてくれたんです。きっと、他にもそういう人達が……」
「……響の、人助け」
 
 そこへ、更に二人の市民が入って来る。
「おや、あの時の少年じゃないか!」
「この子があの時の、ですか?」
 サングラスをかけた黒髪の男性が、パートナーらしき金髪の女性と共に、ディスプレイに映る翔を見て驚いていた。

「あの、失礼ですがあなたは……?」
 怪訝そうな顔をする恭一郎に、男性は微笑みながら答える。
「なに。少し前にたまたま出会って、ちょっと人生相談を受けただけの仲だよ」
「は、はぁ……」
「ねえ、カッコいいお姉ちゃん、助けられないの?」
 ディスプレイを覗き込み、響が大変な事になっているのだけは理解した少女は、響を心配する気持ちでいっぱいなのがよく分かる表情で、未来達を見回した。
「……助けようと思ってもどうしようもないんです。わたし達には、何も出来ないですし……」
「じゃあ、一緒に応援しよっ!ねえ、ここから話しかけられないの?」
 少女にそう聞かれ、藤尭は俯きながら答える。
「あ……うん、出来ないんだよ……」
「あ、応援……ッ!」

 すると、未来は何かに気が付いたように、弦十郎の隣へと向かう。
「ここから響達にわたし達の声を、無事を報せるには、どうすればいいんですか?……響を、翔くんを助けたいんですッ!」
「助ける……?」
「学校の施設がまだ生きていれば、リンクしてここから声を送れるかもしれませんッ!」
「何をすればいいんですかッ!」
 藤尭の言葉に希望を見いだした未来は、自分に出来る事をするべく名乗り出る。
「待って、ヒナッ!」
「……止めても無駄だよ、わたしは響と翔くんのために──」

「わたしもです」
「え……」
 手を挙げたのは、詩織だった。創世も頷いている。
「あたしも……あたしにも手伝わせてッ!こんな時、大好きなアニメなら、友達の為にできる事をやるんだ──ッ!」
 先程まで泣き続けていた弓美も、吹っ切れたのか覚悟を決めた目でそう宣言する。

「僕達も手伝おう。翔が、純が僕達を守る為に頑張ったんだ。今度は僕らが、それに応えるッ!」
「僕も同じだ。今の僕達にできる最善で、二人に応援を届けてみせるッ!」
「男なら、ここで動かぬ道理なし……って、翔に言われそうだ。だから、僕も行く」
「あいつらばかりに、カッコつけさせられっぱなしでたまるかよッ!」
 アイオニアンの男子四人も揃って賛同の声を上げた。

「みんな……うんッ!みんなで二人を助けようッ!」

 未来の声に、七人の友人達は強く頷いた。
「素晴らしい友情だ……なら、我々も手伝わせてもらおう」
「子供達だけに、危険な真似はさせられませんわ!」
「ありがとうございます!……えっと……」
「通りすがりの、ただの世話焼きお兄さんさ」
「同じく通りすがりの、ただの子供好きお姉さんですわ」
 サングラスの男性と金髪ツインテールの女性も加わり、道案内として緒川を先頭にして、彼らは電力管理施設へと向かって行った。

 通う学び舎は違えど、心はひとつ。大事な友達を助ける為に。
 
 ∮
 
「……もうずっと遠い昔、あのお方に仕える巫女であった私は、いつしかあのお方を、創造主を愛するようになっていた」
 明るくなり始めた東の空を見ながら、フィーネは語り始めた。
「……だが、この胸の内を告げる事は出来なかった。その前に、私から、人類から言葉が奪われた。バラルの呪詛によって、唯一創造主と語り合える統一言語が奪われたのだ……ッ!私は数千年に渡り、たった1人バラルの呪詛を解き放つ為、抗ってきた……。いつの日か統一言語にて、胸の内の想いを届けるために……」
 フィーネの声に、悲哀が混ざり始める。こちらに背を向け語るフィーネの顔は、おそらく泣いているのだろう。
 ようやく悲願が叶う。そう思っていた瞬間に、カ・ディンギルを破壊され、悲願を断たれてしまったのだ。泣きたくもなるのは分かる。

 だが……それで納得出来る二人ではない。
「……胸の……想い……?だからって──」
「……ああ……こんな……歪んだやり方は──」
「是非を問うだとッ!?自分の恋心を、愛する人に二度と伝えられなくなる哀しみも知らぬお前達がぁッ!!」
 次の瞬間、再び二人が瓦礫に叩きつけられた重たい音が響く。
 融合症例由来の頑丈さに命を救われている、とも言える程に、二人は更にボロボロになっていった。
 
 ∮
 
「この向こうに、切替レバーが?」
 未来達、リディアンの四人は、緒川と共に電力管理施設の扉の前に立っていた。
 アイオニアンの男子四人は、サングラスの男性と金髪ツインテールの女性に率いられ、電力管理施設に向かう道や、施設の周辺に転がる瓦礫の撤去をしている。
 役割を分担する事で、彼女たちは足止めを食うことなくここまで辿り着いた。電力を復旧させてシェルターへと戻る頃には、瓦礫が撤去されて進みやすくなった通路を歩けるだろう。

「こちらから動力を送ることで、学校施設の再起動が出来るかもしれません」
「でも、緒川さんだとこの隙間には……」
 未来の言う通り、電力管理施設へと向かうための自動扉には、ドアが歪んだ事で小さな隙間が空いている。しかし、それは大人が通るには小さ過ぎる隙間であった。

「……あ、あたしが行くよッ!」
「えっ……弓美!」
 名乗り出たのはなんと、弓美だった。
 驚く未来に、弓美は自分が向かう理由を続ける。

「大人じゃ無理でも、あたしならそこから入って行ける。アニメだったらさ、こういう時、身体のちっこいキャラの役回りだしね。それで響が助けられるならッ!」
「でも、それはアニメの話じゃない」
「アニメを真に受けて何が悪いっ!ここでやらなきゃ、あたしアニメ以下だよ!非実在青少年にもなれやしない!この先、響の友達と胸を張って答えられないじゃないッ!」

 弓美の言葉に、未来は微笑んだ。
 先程まで絶望の只中にいた弓美が、こんなにも自分を奮い立たせている。
 彼女は今、諦めずに前を向く決意を抱いているのだ。

「ナイス決断です。わたしもお手伝いしますわ」
「だね。ビッキーが頑張ってるのに、その友達が頑張らない理由はないよね」
「みんな……」
 創世、詩織もまた、気持ちは同じ。緒川はそんな彼女達を見て微笑むと、切替レバーの位置を伝え、彼女達四人を見送った。
 
「来ましたッ!動力、学校施設に接続!」
「校庭のスピーカー、行けそうですッ!」
 電力が復旧し、藤尭、並びに別の部屋から持ってきたコンソールを操作する友里は、いつも司令室でやっているのと同じ調子で報告した。
「やったぁ!」
 少女が歓声を上げる。
「マイクの接続、終わったよ」
 一人、シェルターに残っていた流星が、二課の職員が何処かの部屋で見つけて来た有線マイクの調子を確認し終え、コードに繋いだ。
 
 ∮
 
「シンフォギア・システムの最大の問題は、絶唱使用時のバックファイア。融合体であるお前達が絶唱を放った場合、どこまで負荷を抑えられるのか。研究者として興味深い所ではあるが……ハッ、もはやお前達で実験してみようとは思わぬ。この身も同じ融合体だからな。新霊長は私1人がいればいい。私に並ぶものは、全て絶やしてくれる。つがいともなれば尚更だ」
 鎖鞭の先端が、それぞれ響と翔に向けられる。
 一方的に嬲られ続け、二人の意識は既に朦朧としていた。
「……身体が……もう、動かない……。これ以上は……」
 力なく横たわった響に手を伸ばす事さえ叶わず、翔は悔しさを噛み締めた。
 
『──仰ぎ見よ太陽を、よろずの愛を学べ~』
「フッ、ハハ……ん?」
 トドメを刺そうとしていたフィーネの耳に、何処からともなく歌が聞こえてきた。
 それはとても明るく、前向きで、『歌』を賛美するフレーズから成る曲だった。

「……チッ、耳障りなッ!何が聞こえているッ!」
 周囲を見回したフィーネの目に、瓦礫に押し倒されながらも完全には壊れていないスピーカーが映る。
 歌はそこから聞こえていた。
「何だこれは……」

(あ……校……歌……?)
(この……声……あいつら……も……?)
 沈みかけていた意識が、急速に浮上していく。
 リディアンの校歌は、二人の耳を通して心に響いていた。
 
(……響、翔くん、わたし達は無事だよッ!二人が帰って来るのを待っているッ!だから、負けないで……ッ!)
 創世、弓美、詩織ら三人を始め、シェルターに集まったリディアンの生徒達。そして歌詞を教えられたUFZの四人と共に、未来は願いを込めて歌う。
 歌うという事そのものを賛美する校歌を。響が帰って来る場所を示す歌を。戦場に倒れた装者達が、命を賭けて守った人々が歌う希望の唄を。
 
 フィーネの目に映ったものだけではなく、校庭の四隅に存在していたスピーカー全てから、校歌は戦場にどんどん拡がっていく。
 止まない歌声に対して忌々しげに、フィーネは舌打ちした。
「チッ!何処から聞こえて来る?この不快な……歌……。……『歌』、だと……ッ!?」

 それが『歌』だと気付いた時、フィーネは目を見開いた。
 気が付けば歌と共に、無数の黄色い小さな光が粒子となり、暁の空へと立ち昇っていく。
「聞こえる……みんなの声が……」
「聴こえる……みんなの歌が……」
 朝日が地上を照らし始め、二人はその手を握って拳とする。
「良かった……。わたしを支えてくれるみんな、いつだって傍にッ!」
「ああ……。まだ皆は、希望を捨てていない……諦めていないッ!」

 拳を握った二人の身体に光が宿る。その胸に宿る聖遺物が、再び力強く輝きを放つ。
 そして二人の目には、希望(ちから)が戻っていた。
「みんなが唄ってるんだ……。だから、まだ唄える……ッ!」
「まだ、頑張れるッ!」
「「戦える──ッ!!」」
 
 次の瞬間、二人の身体から溢れ出した力に、フィーネは吹き飛ばされた。
「──くうッ!?」
 後ずさるフィーネ。顔を上げるとその先では……全身から眩いばかりの光を放ちながら立ち上がり、フィーネを真っ直ぐに見据える二人の姿があった。
「「…………」」
「まだ戦えるだと……?何を支えに立ち上がる……?何を握って力と変える……?鳴り渡る不快な歌の仕業か?……そうだ、お前達が纏っているものはなんだ?心は確かに折り砕いた筈ッ!──なのに、何を纏っている?それは私が作ったモノか?お前達が纏うそれは一体なんだッ!?何なのだあああーーーッ!?」
「「──ッ!」」

 昇る朝日が照らす戦場から、五色の光が柱と立つ。
 崩れたカ・ディンギルの頂点からは、青い光に包まれた翼が。
 森の奥からは、それぞれ赤と金色の光と共にクリスと純が。
 そして、フィーネの目の前では響と翔が、それぞれ黄色と白銀の光をその身に立ち上がる。
 光が弾けたその瞬間、五人は一斉に空へと飛び立った。
 
「「シンフォギアァァァァァァァァッ!」」
 
 そこには、色鮮やかに輝く羽を翔かせ、神々しいほどの純白をその身に纏った三人の戦姫と、神秘的な光を放つ白銀をその身に纏い、陽光を反射して優しく煌めく翼を広げた二人の戦騎が降臨していた。 
 

 
後書き
Listen to my song~♪

というわけで、如何でしたか?
書き終えた瞬間、遂にここまで到達したかッ!という気分になりました。
UFZとリディアン三人娘も、裏方ですがしっかり活躍出来たかなと思います。
あと千優、慧理那がまさかの再登場。ほら、こういうシーンって以前助けられた人に限らず、"何らかの形で関わった一般人"が出てくるからこそ熱いわけですし。

個人的に今回のポイントがあるとすれば、フィーネのセリフに追加した部分かなぁと。
果たして融合症例同士が子を成した場合、どうなるのか……その話題は薄い本案件確定デスネー。

それと、伴装者二人のエクスドライブモードですが、翔くんはウルトラマンノア、純くんはシャイニングウルトラマンゼロにウルティメイトイージスの意匠を追加したものがモチーフとなっております。

最近気づいたんですけど、フィーネの「痛みこそ絆」ってあれ……ひょっとして、ユベルと同じなんじゃないかなって。
エンキさんに何も伝えてもらえずにアレコレあったのが原因でああなったの、絶対ユベルと同じでしょ……。

次回──『エクスドライブ』
とうとう発動したエクスドライブモード。伴装者二人のそれがどう活躍するのか、お楽しみに!

……あれ?この調子で行くと、今週中に最終回を迎えてしまうのでは?
って言ってたら本当に達成出来たんだよね……。我ながらよくもまあ毎日書き続けたものだ……。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧