| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

戦姫絶唱シンフォギア~響き交わる伴装者~

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第5楽章~交わる想い、繋がるとき~
  スカイタワーの決戦

 
前書き
米国より譲渡されたソロモンの杖によって引き起こされた、スカイタワーの決戦から(ry
月を崩壊させる強大な力を持つカ・ディンギルを起動させるため、新たな戦いが幕を開けた……。

これカ・ディンギル起動したら、フィーネをエボルト扱いであのナレーションですね。
世界を滅ぼすタワーも建ってますし。
翔(ビルド)、響(クローズ)、翼(グリス)、クリス(ローグ)、純(マッドローグ)かな? 

 
「瑣末な事でも構わん!カ・ディンギルに関する情報をかき集めろッ!」
 司令室にて、弦十郎の指示で職員達は端末を操作し、カ・ディンギルへの手がかりを探し続けていた。
 張り詰めた空気に充ちた司令室。そこへ、ノイズ出現のアラートが鳴り響き、藤尭が反応を確認した。
「飛行タイプの超大型ノイズが一度に三体ッ!──いえ、もう一体出現ッ!」
『合計四体……すぐに追いかけます!』
 通信しながらライダースジャケットを羽織り、緒川が投げ渡したヘルメットを被ると、翼はスタジオから駆け出す。
 愛車であるバイクに飛び乗り、エンジンをかけるとフルスロットルで現場へと出撃した。

「──今は人を襲うというよりも、ただ移動している……と。……はい。はいッ!」
「響……」
 通信を終えた響は、心配そうな表情でこちらを見る未来に笑いかける。
「平気。わたしと翔くん、翼さんの3人で何とかするから。だから未来は、学校に戻って」
「リディアンに?」
「いざとなったら、地下のシェルターを解放して、この辺の人達を避難させないといけない。未来にはそれを手伝ってもらいたいんだ」
「う、うん……分かった」

 響は少し申し訳なさそうに呟く。
「……ごめん。未来を巻き込んじゃって」
「ううん、巻き込まれたなんて思ってないよ。わたしがリディアンに戻るのは……」
「おーい!」
 そこへ聞き覚えのある声が近付いてくる。
 振り向くと、翔が駆けて来る所だった。
「翔くん!」
「やっぱり小日向も居たか……って、あれ?もしかして俺、タイミング悪かったか?」
 隣まで走って来た所でようやく、未来の話をぶった切ってしまった事に気が付く翔。
 しかし、未来は笑って返した。
「ううん。丁度今から言う所」
「そ、そうか……。なら、しばらく黙っていよう」
 一歩身を引く翔。未来は、響の顔を見ながら続けた。

「わたしがリディアンに戻るのは、響がどんなに遠くに行ったとしても、ちゃんと戻ってこられるように……。響の居場所、帰る場所を、守ってあげる事でもあるんだから」
「わたしの……帰る場所」
「そう。だから行って。わたしも響のように、大切なものを守れるくらいに強くなるから──」

 それから未来は、翔の方を見て言った。
「風鳴くん。響のこと、よろしくね。響が無茶しないように……ううん、無茶しても無事に帰ってこられるように、わたしの代わりに守ってあげてほしいな」
「任せてくれ。響は何があっても、俺が守ってみせる」
 力強く頷く翔に、未来は安心したように微笑んだ。
 響は2人を交互に見ると、まずは未来の手を握って口にした。
「未来……。小日向未来は、わたしにとっての陽だまりなの。未来の近くが1番あったかいところで、わたしが絶対に帰ってくるところっ!これまでもそうだし、これからもそうっ!だからわたしは、絶対に帰って来るっ!」
「響……」
「一緒に流れ星を見る約束、まだだしねっ!」
「うんっ!」

 そして、今度は翔の手を握り、その顔を見つめる。
「それから翔くん。翔くんは、わたしにとっての木陰……かな」
「木陰……?」
「うん。翔くんの隣は、未来とはまた違った意味で落ち着ける場所。陽だまりと同じくらいの、わたしにとっての居場所!だから、また三人で笑ったり、遊んだりするためにも、必ず帰って来ようねっ!」
「ああ、そうだな。……流れ星、俺も一緒に見に行ってもいいか?」
「勿論だよ!今度は翔くんや翼さんも一緒に見に行こう!」
 響、翔、未来の3人はお互いに顔を見合わせる。
「じゃあ、行ってくるよ!」
「二人とも、行ってらっしゃい」
「行ってきます……で、いいんだよな?」
「だね~」
 そうして2人は、街の方へと駆け出して行く。その背中を、未来は静かに見送っていた。

 ∮

『翼です』
「響です」
「翔です」
『聞こえているな?ノイズ進行状況に関する最新情報だ。同時多発的に出現したノイズの進行経路の先には、東京スカイタワーがある事が判明した』
「東京……スカイタワー……」

 東京スカイタワー。世界で1番高い電波塔として知られる、東京の数ある建築物の代表格だ。
『カ・ディンギルが塔を意味するのであれば、スカイタワーはまさにそのものじゃないでしょうか?』
 藤尭さんの言う事はそれらしいけど……なんだろう、あからさまに誘導されている気がしてならない。普通、スカイタワーに何か仕掛けてるなら、こんな目立つ事はしないはず……。
 十中八九、罠に違いない。叔父さんも気付いているはずだ。しかし、それでも敢えて俺達を向かわせるということは……。
 ……なるほど。ここは、叔父さんの策に乗る事にしよう。

『スカイタワーには、俺達二課が活動時に使用している映像や、交信といった電波情報を統括制御する役割も備わっている。3人とも、東京スカイタワーに急行だ!』
『了解!』
 先に姉さんが通信を切る。多分、バイクで現場に向かってる所だろう。
「スカイタワー……でも、ここからじゃ──うっわッ!?」
 スカイタワーまでの距離をどうするか、響がそう呟こうとしたその時だった。
 プロペラ音と共に、空から白いヘリコプターがこちらへと降りてくる。
『なんともならないことを、なんとかするのが俺達の仕事だッ!そいつに運んでもらえッ!』
「りょ、了解ですッ!」
「流石叔父さん!手際がいいッ!」
 俺と響はヘリに乗り込み、そのままスカイタワーの上空へと向かって行った。

(カ・ディンギルの情報を得た直後に、塔に集結する大型ノイズ。罠だとしても──ここは乗るしかないッ!)
 弦十郎は、己の策が功を奏すると信じ、装者達にノイズを任せる。

(これは明らかに陽動。本物のカ・ディンギルは別の場所にあるはず……。誰にも知られずに塔を建造するには……ッ!まさか、カ・ディンギルの正体は!?)
 そして緒川もまた、マネージャー業の間だけかけている伊達眼鏡を外すと、すぐさま車をリディアンへと向けて走らせるのだった。

 ∮

 東京スカイタワーの周囲を取り巻くように旋回する、4体の空中要塞型ノイズ。
 4体は、旅客機で例えれば、貨物室のハッチのようになっている器官を開き、そこから大量のノイズを街へと投下していく。
 更に背部の器官からは空母から飛び立つ戦闘機の如く、フライトノイズが何体も飛び立っていく。
 そんな空中要塞型ノイズの頭上へと回ったヘリから、響は飛び降りる準備をしていた。
「響、そっちは頼むぞ!」
「任せて。翔くんはもう一体の方ね!」
 そう言って響は先に飛び降りると、その聖なる(うた)を口ずさむ。

「──Balwisyall(バルウィッシェエル) Nescell(ネスケル) gungnir(ガングニール) tron(トロン)──」

 そしてヘリはもう一体の要塞型ノイズの頭上へと移動し、翔はそこで飛び降りると、自身の胸の歌を口ずさんだ。

「──Toryufrce(トゥリューファース) Ikuyumiya(イクユミヤ) haiya(ハイヤァー) torn(トロン)──」

 橙色と、灰色の閃光が二人を包み、その姿を変じさせる。

「何故どうして、広い世界の中で──」
 響は右腕のパワージャッキを引っ張り、拳を真下へと真っ直ぐ向け、落下の勢いを全て乗せた一撃を空中要塞型ノイズへとぶつける。

〈我流・撃槍衝打〉

 空中要塞型ノイズの中心部に風穴が空き、響はそこを抜けて地上へと落ちていく。
 風穴を抜けた直後、ノイズは爆発し霧散した。

 一方、翔もエルボーカッターにエネルギーを集約し、その両腕を交差させてノイズの背へと振り下ろした。

〈斬月光・十文刃〉

 空中要塞型ノイズは、その背部から×印に切断されて爆散した。
 爆炎を抜け、翔は道路にクレーターを作りながらも着地する。

 そこへ、バイクから華麗に倒立前転を決めながらギアを纏って飛び降りた翼が、空中で姿勢を整えながらアームドギアを振るう。
「はぁッ!」

〈蒼ノ一閃〉

 飛ばされた青の孤月は、投下されるノイズらの大半を滅するも、親元である空中要塞型ノイズには届かずに消える。
 アームドギアを振り抜いて着地した翼は、苦い表情で歯を食いしばった。
 そこへ、響と翔も合流する。
「相手に頭上を取られることが、こうも立ち回りにくいとは──ッ!」
「ヘリを使って、わたし達も空から──ッ!?」
 響が言った直後、ヘリはノイズに襲われ爆発した。
「そんな……」
「──よくもッ!」
 ヘリを襲ったフライトノイズ達は、そのまま急旋回し、ミサイルのようにこちらへと突撃する。
「だぁッ!」
「はッ!」
「ふんッ!」
 跳躍してそれを回避した3人は、それぞれの元へと突っ込んでくる2体目、3体目をそれぞれ、拳で砕き、剣で斬り伏せ、手刀で叩き落とす。

 しかし、空中要塞型ノイズは更に小型ノイズを投下して来る。これではキリがない。
「空飛ぶノイズ、どうすれば……」
「臆するな立花ッ!『防人』が後ずされば、それだけ戦線が後退するという事だッ!」
「でもどうするんだ姉さん?さっき生弓矢なら届くかもって試したけど、投下されたノイズが盾になって届かないんだ……!」
「くッ……。せめて、広範囲に圧倒的な火力を叩き込める者がいれば……」
 そうこうしている間にも、3人に迫るフライトノイズの群勢。3人が構えたその時……凄まじい射撃音と共に、フライトノイズの群れが一斉に爆発した。
「あ……ッ!え……?」
「今のは……まさかッ!?」
「イチイバルの重火力射撃、だとぉ!?」

 振り返る3人。そこには、両手に三連装ガトリング砲を構えた赤き鎧の少女、雪音クリスが立っていた。
「──空飛ぶノイズが何だってんだッ!そんな雑魚に手間取ってんじゃねぇッ!」
「雪音クリス……何故ここに!?」
「ちッ……こいつがピーチクパーチクやかましいから、ちょっと出張ってみただけ。それに勘違いするなよ?お前達の助っ人になった覚えはねぇッ!」
『助っ人だ。少々到着が遅くなったかもしれないがなッ!』
「な……むぐ……ッ!」
 その手に握っていた二課の通信機を通して、弦十郎が即座にそのツンデレを粉砕する。
 クリスはあっさり自分の言葉を否定され、言い返せなくなり顔を赤くする。
「助っ人……?」
『そうだ。第2号聖遺物『イチイバル』のシンフォギアを纏う戦士──雪音クリスだ!』
「クリスちゃ~んッ!」
 感極まってクリスに抱き着く響。慌ててそれを振り払おうとして、クリスはその手から通信機を落とした。

「ありがとう~ッ!絶対に分かり合えるって信じてた~ッ!」
「なッ……このバカッ!あたしの話を聞いてねぇのかよッ!」
「とにかく今は、連携してノイズを……」
 抱き着く響を振り払い、通信機を拾ってクリスは3人から離れる。
「勝手にやらせてもらうッ!邪魔だけはすんなよなッ!」
「ええッ!?」
「お前そこは空気読めよ……」
 クリスはそのままアームドギアのクロスボウを展開し、空中から迫るフライトノイズへと向けて放つ。
 綺麗に晴れ渡る青空に、季節にはまだ早いいくつもの花火が散った。
「傷ごとエグれば、忘れられるってコトだろ?イイ子ちゃんな正義なんて──」
「空中のノイズはあの子に任せて、私達は地上のノイズを!」
「は、はいッ!」
 払われるように爆散していく空中のノイズ達。
 地上に溢れるノイズらもまた、青き剣に斬り伏せられ、橙の四肢に叩き砕かれ、灰の刃に断たれて散る。

 そんな中、ノイズから距離を置く為に飛び退いた翼とクリスが、偶然にも互いの背中をぶつけてしまった。
「──ッ!なにしやがるッ!すっこんでなッ!」
「あなたこそいい加減にして。1人で戦っているつもり?」
 翼の一言が火をつけ、そのまま言い争いへと発展してしまう。
「あたしはいつだって1人だッ!こちとら仲間と馴れ合ったつもりはこれっぽっちもねぇよッ!」
「む……ッ!」
「確かにあたし達が争う理由なんてないのかもな?だからって、争わない理由もあるものかよッ!この間までやり合ってたんだぞッ!そんな簡単に人と人が──あ……」
 クリスの口を閉じたのは、拳と握られたその手を優しく包む響だった。
「……できるよ。誰とだって仲良くなれる」
 そう言って響は、もう片方の手で翼と手を繋ぐ。
 響を介して、翼とクリスの手が繋がれた。

「どうしてわたしにはアームドギアがないんだろうって、ずっと考えてた。いつまでも半人前はやだなーって。でも、今は思わない。何もこの手に握ってないから、2人とこうして手を握り合える!仲良くなれるからねっ!」
 2人を交互に見て微笑む響。
「立花……」
 その言葉に、翼はその手に握っていた刀を足元に突き刺すと、その右手をクリスの方へと差し伸べた。
「──手を」
「あ、あ……むぅ……」
「ん」
「あ……うう……」
 しばらく悩んだ後、迷うようにゆっくりと、クリスはその左手を翼の手へと伸ばす。
 翼は焦れったくなり、そのままクリスの手を掴む。
「ひゃ──ッ!?きゅ、急に掴むなっての……。このバカにあてられたのかッ!?」
「そうだと思う。そして、あなたもきっと」
「……冗談だろ?」
 微笑む翼に、頬を赤らめながらクリスは顔をぷいっと逸らす。
 そんな2人を、響は笑いながら見守っていた。

「……3人とも、仲直りは終わったか?」
 そこへ、3人が言葉を交わしている間に邪魔が入らぬよう、露払いを続けていた翔が降り立つ。
 その直後、空に浮かぶノイズの影が4人を覆った。
「……どうする?親玉をやらないと、キリがないぞ」
「だったら、あたしに考えがある。あたしでなきゃ出来ないことだッ!」
 クリスの言葉に、一同の視線が彼女に集まる。
「イチイバルの特性は、超射程広域攻撃。──派手にぶっ放してやるッ!」
「まさか、絶唱を──」
「ばーかッ!あたしの命は安物じゃねぇッ!」
「ならばどうやって?」
「ギアの出力を引き上げつつも、放出を抑える。行き場の無くなったエネルギーを、臨界まで貯め込み、一気に解き放ってやる!」
 自信満々に笑ってそう語るクリス。
「だが、チャージ中は丸裸も同然。これだけの数を相手にする状況では、危険すぎる!」
「そうですね……だけどッ!わたし達がクリスちゃんを守ればいいだけのことッ!」
「露払いなら慣れている。任せてもらおうか」
「ッ……!」
 驚くクリスに微笑みかける響と翔、釣られて翼も頬を緩める。
 3人が地上のノイズ達へと向かい、それぞれの武器を構えた……。



 その時だった。

シュタッ……

「ッ!?何だ!?」
 彼らの目の前に突如、全身を包む黒地に青のアンダースーツの上から、各関節部にオレンジ色のパイプのようなパーツが存在するプロテクターを着た、謎の存在が着地した。
 その顔は黒いバイザーと、口を覆うマスクが付いたメットで隠されている。
「誰ッ!?」
「何者だ!」
 響、翔、翼が警戒する中、クリスはその姿を見て驚いたように目を見開いた。
「おい……うそ、だよな……?まさか……」
 その様子に、3人はクリスの方を振り向く。
 クリスは肩を震わせ、いやいやをするように首を横に振りながら、目の前にいる鎧の少年に呼びかけた。
「……ジュンくん、なのか……?」
「……」
 鎧の少年は一言も喋ること無く……ただ、その言葉にコクリと首を縦に振って答えた。
「「ッ!?」」
 驚く響と翼。しかし、誰よりも驚いているのは誰なのか、それは言うまでもない……。
「純……!?なんで、どうしてお前が……!?」
 カ・ディンギルの起動が迫る中、それはかつてない試練として、装者達の前に立ち塞がった。 
 

 
後書き
原作の名シーンと言えるやり取りに入る隙がない場合、翔くんをどうしておくか……。カレーに溶け込んだ玉ねぎ、と称されるレベルで違和感なく溶け込ませる為に、常に考えてます。

紅介「オイオイ、街がノイズだらけってマジかよ!?」
飛鳥「学園の地下にある避難シェルターが開放された。これは一大事だぞ!」
流星「でも、僕たちにはやるべき事がある…」
恭一郎「他の生徒達の避難誘導。翔や純ならきっとそれを最優先するはずだ。しかし、今は2人とも学園に不在……。つまりは──」
紅介「……俺達の出番、だよな。よっしゃ!そうと決まれば、活動開始だぜ!」
恭一郎「では点呼!加賀美恭一郎、コードネーム『ミラーナイト』!」
紅介「穂村紅介、コードネーム『グレンファイヤー』!」
飛鳥「大野飛鳥、コードネーム『ジャンバード』!」
流星「大野流星、コードネーム『ジャンスター』!」
4人「「「「我ら、U(アルティメイト)F(フレンズ)Z(ゼータ)!学園の危機は、俺(僕)達が救う!!」」」」
恭一郎「各自散開!各フロアに分かれ、避難誘導!」

今日のアイオニアン組でしたー。ちなみに翔を含めて6人なのでゼータです。
あと、土日の更新は(うっかり筆が早まって書き上げない限りは)お休みです。その間にビッキーの誕生日特別編を書き上げますので!
残された時間は、あと1週間……。

アイオニアン音楽院:リディアン音楽院の姉妹校にして、男子校。概要はほぼリディアンと変わらないが、その地下には二課に繋がる通路が通っている。と言っても、二課へと直通しているのではなく、二課のエレベーターホールへと続く通路と貨物運搬用の電動トロッコの線路が走っているのみである。
かつては男性のシンフォギア候補者を探す為の研究施設であったが、エネルギー固着型プロテクターが生物学上、男性には装着する適性がないと言う研究結果が決定打となりプロジェクトは頓挫。シェルター以外の施設は既に破棄されている。

次回……。
遂に再会した王子と姫君。
友と交える拳は、果たして何処へ向かうのか。
次回、『繋いだ手だけが紡ぐもの』
"ちゃんと歌ってるシンフォギアSS"は、次回もしっかり歌っているぜ! 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧