| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

戦姫絶唱シンフォギア~響き交わる伴装者~

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第5楽章~交わる想い、繋がるとき~
  王子の行方

 
前書き
さあ、純クリのターンだよ!
書き上げたのは響の誕生日まであと9日だった頃か……。何もかもが皆、懐かしい。 

 
「しぶといわね……ボウヤ」
 何度目かの攻撃の後、フィーネはそう呟いた。
 目の前には、鞭による擦り傷と蚯蚓脹れでボロボロになりながらも、まだ立ち上がろうとする少年の姿。
「そんなにボロボロになって、それにネフシュタンの侵食も進んでいるはず。なのにどうして、ボウヤは立ち上がれるのかしら?」
「そんなの……決まっているだろう……!」
 ヨロヨロと立ち上がり、痛みに歯を食いしばりながら拳を握る少年。
 フィーネを睨み付けると、少年は絞り出すような声で吼える。
「愛する人を守るため……!この想いを伝えるために、僕は、クリスちゃんには生きててもらわなくちゃいけないんだ!」
「想いを……伝えるため……」
 その言葉に、フィーネは一瞬だけ動揺したような表情を見せる。

「……馬鹿ね。このまま続ければ、その左手は鎧に食い破られて、その命も私の手で刈り取られる。ボウヤに希望はないのよ?」
「それでクリスちゃんが守れるなら、左手ひとつ、安いものさ……ッ!うぐっ、うっああ……!」
 拳を握り締め、構えようとして……鎧の侵食に苦悶の声を漏らす少年。
 蹲りそうになりながらもなお、膝を屈しようとしないその姿に何を思ったのか……フィーネは鞭から手を離すと、その場を離れる。
「なっ……ま、待て……っぐ!」
「……ちょっとその左手、貸しなさい」
 間もなく戻ってきたフィーネは少年の左手首を掴むと、その手にスタンガンを押し当てた。
「ッ!?ぐあああああああああああッ!」
「……はぁ。侵食してると言っても、所詮は欠片。クリスほど酷くはない事を幸運に思いなさい」
 そう言ってスタンガンを離すと、少年の左手から金属片が床へと落ちた。
 フィーネの行動に、少年は困惑の表情を見せる。

「なっ……え……?」
「勘違いしないで頂戴。助けられたなんて思わない事ね、ボウヤ。これは取引よ」
「取引……?」
「そう。私はボウヤを殺さないでおいてあげるし、なんならクリスの命も見逃してあげる。その代わり、私の計画を手伝いなさい。ボウヤは私が計画を進められるよう、私の身を守る騎士になるの」
 その言葉に、少年は迷いを見せる。この魔女に手を貸せば、何かまずい事になるのは目に見えている。しかし、そうしなければこの魔女は自分を殺すだろう。なにより、自分だけでなくクリスの命も危うい。
 少年に残された道は、一つしかなかった。

「……本当に、クリスちゃんには手を出さないんだな?」
「ええ。私は米国の連中とは違うの。契約は守るわ」
「……もう1つ。どうして気が変わったんだ?」
「そうね……ただの気まぐれよ。ちょっとだけ、殺すのが惜しくなっただけ」
 その言葉に、少年は訝しげな表情でフィーネを見る。
 フィーネは少年に顔を近づけると、契約への是非を問う。
「それで……私と契約するか、それともここで死ぬのか。どちらが賢い選択なのか、ボウヤには分かるわよね?」

 少年は出てきた時と変わらず、フィーネを睨み返すと、彼女の問いかけに答えた。
「……いいさ、乗ってやる。それでクリスちゃんも僕も生きていられるなら……その契約呑んでやるよ」
「フフ……いい子ね。それじゃ、契約成立って事でいいのね?」
「契約する以上は、クリスちゃん達の事も教えてくれるんだな?」
「まあ、最低限の事は教えてあげましょう」
 そう言ってフィーネは少年から離れ、屋敷の奥へと戻って行く。
「ほら、とっととついて来なさい。ボウヤ」

 少年は立ち上がると、屋敷へと戻って行くフィーネの背中に向かって叫ぶ。
「純!爽々波純、僕の名前だ!ボウヤじゃない!」
 フィーネは足を止めると、クスリと笑った。
「じゃあ、爽々波クン。早速あなたに仕事を与えるから、こっちにいらっしゃい」
 こうして爽々波純はフィーネと契約を結び、翌日、クリスを狙って放たれたノイズの回収を兼ねた()()()()のテスト運用の為に、街へと出る事になったのだった。
 
 ∮
 
 明朝、山奥の館。そこは武装した兵士に囲まれていた。
 アサルトライフルを手に、兵士達は館への突入を許可する合図を、今か今かと待ち望んでいた。
 やがて、リーダーらしき兵士が片手を挙げる。
 それを合図に、兵士達は屋敷へと走り出した。
 
(……彼女は何を企んでいる?)
 銀の鎧に身を包み、純はフィーネの狙いについて考えていた。
 見張りを頼まれた際、破壊されたドアの陰から彼女が操作するモニターをチラッと見た彼は、表示されていたのが親友とその想い人であった事に気が付いた。
 フィーネは2人から何かのデータを取っている、という所までは分かったが、それ以外にわかることはない。
(おそらく、シンフォギア……だっけ?僕が今着せられているこれに関係している事は分かるんだけど……一体、何を……)
 ──そう思案していた彼の耳に、足音が届く。
 目をやると、銃で武装した男達がこちらへ向かってくるではないか。
 直ぐに通信機を起動し、フィーネへと連絡しようとした所で発砲音が鳴り響いた。
 反射的に身を庇う姿勢を取ると、金属同士がぶつかり、弾かれる音が鳴り響く。撃たれているのは自分だと気が付くまでに数秒かかった。

(銃弾が当たっているはずなのに、無傷……!?これが、シンフォギアシステム……いや、まだ起動はしていないから、ここまではただの防弾チョッキと変わらない、か)
 耳元の通信機のボタンを押し、中のフィーネに連絡する。
「敵襲!ライフル持った連中が館に!」
『チッ!なんてタイミングの悪……』
 次の瞬間、ガラスの割れる音と共に通信が途絶する。
 そして次の瞬間、目の前まで迫っていた兵士達がその屈強な肉体に勢いを乗せて突っ込んできた。
「……ッ!」
 マスクを付けられた口からは、一言の悲鳴も漏れ聞こえない。
 しかし、純は勢いよく弾き飛ばされ床を転がる。
(ッ!この人達、どう見ても一般人じゃないな……。昨日の説明から察するに、多分米国の……)
 兵士は純を置いて部屋の奥へと向かっていく。
 立ち上がろうとした純の頭に、仲間に着いていかずに残った兵士が銃口を当てた。

「Be nice. I'll get away with it right away.(大人しくしてろ。どうせすぐに片付くんだ)」
『What is your purpose? Are you going to kill that person?(あなた達の目的は?あの人を殺すつもりですか?)』
 兵士からの言葉に対して、流暢な英語で答える純。しかし、ここでマスクを付けていたのを思い出す。
(そうだった。マスク付けてるから聞こえないんだった……)
「Once that woman is done, we will collect your armor. Would you like us to give you that life.(あの女を始末したら、お前のその鎧も我々が回収する。大人しくその命を我々に差し出してもらおうか)」
『……RN式、起動』
 純は左手首のブレスレットへと指を触れる。
 次の瞬間、全身の表面を虹色の保護膜が包み込み、身にまとっていた鎧が形状を変え、各関節部にパイプのようなパーツが現れる。
「What!?(何ッ!?)」
 次の瞬間、その拳の一撃で兵士は吹っ飛ばされる。
 気絶した兵士の横に転がる銃を踏み壊し、純はマスクの裏で呟いた。
『生憎、他人に差し出せるほど安い命じゃないんでね』
 
「Uncle Sam, a beardless who hasn't even looked into the abyss of black art──(ブラックアートの深淵を、覗いてすらもいない青二才のアンクルサムが──)」
「Fire!(撃て!)」
 その時、部屋の奥からフィーネの声と共に音が激しい銃声が鳴り響く。
『ッ!?撃ったのか!無防備なあの人を……!』
 慌てて純は部屋の奥へと向かっていく。破壊されたドアを抜けて、彼がそこで見たものは……。
 
 ∮
 
 その日の昼時。
「ッ!?何が、どうなってやがるんだ……」
 フィーネの館に戻って来たクリスは、中の光景に驚いていた。
 部屋は荒らされ、窓ガラスは軒並み割られている。
 そして、部屋には銃を持った屈強な男達の死体が散らばっている。全員、腹部を刺突された痕が残っている事から、ネフシュタンを纏ったフィーネの仕業だと察することができる。
(生きてる奴は……いなさそうだな。こいつら、何処かの兵隊……か?)
 部屋を見回しながら、先へと進んでいく。

 その時、背後から足音が響く。振り返ると、そこには弦十郎が立っていた。
 クリスは慌てて後退る。
「……あ、ち、違うッ!あたしじゃない!やったのは──」
 最後まで言い切る前に、拳銃を構えた黒服のエージェント達が部屋へと突入する。
 取り押さえられると思い、抵抗しようと構えるクリス。
 しかし、黒服達は彼女を通り過ぎて行った。困惑するクリスの頭に、弦十郎の手が優しく乗せられる。
「誰もお前がやったなどと、疑ってはいない。全ては、君や俺達の傍にいた彼女の仕業だ」
「えっ……」
 弦十郎の顔を見上げるクリス。
 弦十郎はクリスから手を離すと、死体の顔や服装を見て確信したように呟く。
「……倒れているのは米軍のようだな。やはり裏で繋がっていたか──」
「風鳴司令ッ!」
 エージェントの1人が、米軍兵のリーダーらしき人物の死体に貼られていた、置き手紙らしきものを剥がす。

 次の瞬間、ブービートラップが作動し、部屋の各所に仕掛けられていた爆弾が爆発した。
 爆煙に包まれる部屋。崩れ落ちる天井。何とか落下する瓦礫を回避したエージェント達は、幸い1人として負傷すること無く互いの無事を確認する。

 そして、弦十郎とクリスのたっていた地点は……なんと、瓦礫を片手で持ち上げながら、空いた方の腕にクリスを抱いて庇う弦十郎の姿があった。

「え……?」
 クリスは目を見開いて驚いていた。
「どうなってんだよ、こいつは……!」
「衝撃は『発勁』でかき消した」
「そうじゃねぇよッ!離せ……よッ!」
 弦十郎の腕を振り払い、クリスは弦十郎から離れると、その顔を睨む。
「何でギアをまとえない奴が、あたしを守ってんだよ!」
 その手で止めた瓦礫を床に降ろし、弦十郎はクリスの方を振り返る。
「俺がお前を守るのは、ギアの有る無しじゃなくて、お前よか少しばかり大人だからだ」
「大人……?あたしは大人が嫌いだ!死んだパパとママも大嫌いだッ!とんだ夢想家で臆病者!あたしはあいつらとは違う!歌で世界を救う?戦地で難民救済?いい大人が夢なんか見てんじゃねーよッ!」

「大人が夢を、ね……」
 弦十郎が呟く。クリスは拳を握りながら続けた。
「本当に戦争を無くしたいのなら、戦う意思と力を持つ奴らを片っ端からブッ潰していけばいい!それが一番合理的で現実的だッ!」
「そいつがお前の流儀か。なら聞くが、そのやり方で、お前は戦いを無くせたのか?」
「──ッ!?それは……」
 弦十郎の言葉に、クリスは反論出来なかった。
 ついこの間、自分がその流儀に基づいて行った行動で、無関係な人々を危険に晒した事を思い知らされたからだ。
 クリスの様子を見て、今度は弦十郎が自らの言葉を紡ぐ番となった。

「……いい大人は夢を見ない、と言ったな。そうじゃない。大人だからこそ、夢を見るんだ。大人になれば背も伸びるし、力も強くなる。財布の中の小遣いだってちっとは増える。子供の頃はただ見るだけだった夢も、大人になったら叶えるチャンスが大きくなる。夢を見る意味が大きくなる。お前の親は、ただ夢を見に戦場へ行ったのか?……違うな。歌で世界を平和にするって夢を叶えるため、自ら望んでこの世の地獄に踏み込んだんじゃないのか?」
「なんで、そんな事……」
「お前に見せたかったんだろう。夢は叶えられるという揺るがない現実をな」
「あ……」
「お前は嫌いと吐き捨てたが、お前の両親は、きっとお前の事を大切に思っていたんだろうな」
 そう言って弦十郎は、涙ぐみながら震えるクリスを優しく抱き締める。
 それはまるで、娘をあやす父親の様に……。

 それでも何とか堪えようとしていたクリスだったが、床に落ちている何かが、崩れ落ちた天井から射し込む太陽の光を反射して輝くのを見つける。
 それは、ヒビが入った黒縁眼鏡。自分を助ける為に、その身を呈して庇ってくれた幼馴染が身に付けていたもの。
(夢……。そうだ、ジュンくんも……)

 幼馴染の純も、自分の夢を……あの日の小さな約束を、ちゃんと叶えていた。
 両親が伝えたかった想いに気が付き、その上で改めて実感した幼馴染の想いの丈。
 溢れ出した感情の波は、クリスの心に巡らされた防波堤をとうとう決壊させた。
「う、うう……ああ……うッ、ひぐ……ッ!う、うわあああんッ!あああ、あああああッ!」
 クリスは思いっきり声を上げて泣いた。
 両親への謝罪と感謝を。幼馴染との約束を。夢の尊さを。
 全てを胸に、ただただ溢れる感情を雫として、その目から流し続けていた。 
 

 
後書き
純「どうも。なんかクリスちゃんを手にかけようとしていた魔女と契約して、変な鎧を着せられるとかいう一部の人達がハッスルしそうな、或いは軽く落ち込みそうな状況に立たされ、その上留守の間にクリスちゃんがフラグ乱立してるよと煽る様なお便りを貰う羽目になっている、プリンスこと爽々波純です。いや、弦十郎さんはやましさ0で男前ムーブかましてるだけなので、僕は別に気にしていません。ただ、お便りというかコメント欄で度々クリスちゃんにセクハラ発言してる人の方が、僕にとっては問題ですね。早く契約終わって帰りたいんだけど、まだ戻れそうにないんだよね……。弦十郎さん、しばらくクリスちゃんの事、代わりに守ってあげてください」

純くん、心の声でした。

次回、フィーネの語っていたカ・ディンギルとは……!? 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧