| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

戦姫絶唱シンフォギア~響き交わる伴装者~

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第4楽章~小波の王子と雪の音の歌姫~
  ヒーローの条件

 
前書き
ゲスト回、スタート! 

 
「……なるほど。つまり君はその一言で、自分の正義を見失ってしまったというわけだね?」
 事の端末を語ると、千優さんは黙って聞いてくれた。
「はい……。あの一言がどうしても、胸に刺さって抜けなくて……。俺は、本当にあの子の隣に居ていい男なのかなって……。こんな偽善者が彼女を支えようだなんて、浅ましいじゃないですか。なのに、それも忘れて、許されたと舞い上がって……。千優さん……これから俺は、あの子にどう接していけばいいんでしょうか?」
 見返りを求めていたわけじゃない。でも、こんな僕にあの子を支える資格なんて、果たしてあるのだろうか。
 自分の弱さに蓋をして、古傷を隠すための手段は自己満足の人助け。
 かっこ悪いなんてものじゃない。滑稽なくらい浅はかだ。
 本当に……俺は、何を思って立花の隣に立っていられるつもりになっていたんだろう……。
 
「……いいじゃないか、偽善者だって」
「……え?」
 真優さんの言葉に首を傾げると、真優さんは自信たっぷりに、堂々と言った。
「やらぬ善よりやる偽善、むしろ偽物だって善は善。全然アリだろ動かねぇよりは、断然そっちがCOOL GUY」
「それって……ライドランの?」
「主題歌の歌詞だとも。知っているだろう?」
 当然知っている。
『黒竜拳士ライドラン』。それはヒーローになる夢を持つ青年がある日、本物のヒーローの力を手に入れ、街の平和を守る為に戦う物語。
 戦いの中で己の正義に迷い、苦悩し、それでも信じた道を貫き進む主人公の心を描いた主題歌のワンフレーズがそれだった。

「つまりはそういう事さ。足が竦んで動けなかったのは、人間として当然の恐怖だ。俺だって、例えば目の前にノイズが居たりしたら、怖くて動けないだろう……。でも、君は今、こうして前に進んでるんだろう?果たしてそれは、本当に偽善かい?」

 そう言われてハッとなる。
 本物の偽善者なら、他人の為に本気で命を懸けるような真似はしない。
 でも、俺は……立花を助けたい一心で、ノイズの前に飛び出した。この胸に刻まれた生弓矢の痕こそがその証。
 それをあの一言だけで忘れていたなんて、俺はなんて大馬鹿野郎なんだ……。

「人の為に善をなす者と書いて『偽善者』だ。結局善に嘘も本当もない。自己満足、お節介、衝動的でいいじゃない。ヒーローってのは基本的にそういう生き方から始まるものさ」
「で、でも……彼女を支えようと思った動機は……」
「動機が憐憫なんじゃないかって?じゃあ聞こう、少年はその子の事を可哀想だ、なんて思った事はあるのか?」

 そう言われ、ふと思い返す。
 あれから2年……俺は立花に対して、どんな思いを向けていた?

 次々とフラッシュバックする光景の数々。胸に抱いた後悔に苛まれ続けた日々の記憶。
 しかし、その中の何れにも、憐憫(それ)を強く意識した瞬間は……。
「……ない、ですね」
「それじゃ逆にどんな感情、あるいは思いなら存在していた?」
「俺が立花に向けていた、本当の感情は……」
「俺の見立てが正しければ、それは恐らく……」
 
 思い出せ……。俺はあの頃……まだ俺が"僕"だった頃、立花に向けていた思いは……。
 
 再会して、ようやく掴んだ手で見つけた答えは……。
 
 俺の胸に宿る、この感情の名前は……!
 
「……支えたい、その手を取って進みたい、彼女の支えになりたい……」
「それらを総括する言葉、それらの思いに根ざした感情。それこそが答えだと、俺は思うよ」
 
 それは、愛。
 
 俺が生弓矢のシンフォギアを発現させた時に自覚した、強烈な感情。
 
 なのに俺は今まで、その愛がどんな形なのか分からなくて……小日向の一言に心を揺さぶられ、うっかり見失いかけていた。
 
 でも、今、この瞬間ようやく分かった。
 
 霧の向こうでボヤけていた形が、ここに来てハッキリと見えた。
 
 俺の愛の形、それはきっと……立花響という少女を、1人の女の子として愛する事!
 
 自覚した瞬間、俺の中で何かが弾けた。
 
『翔くん!』
 
 俺の名前を呼ぶ時、名前通り花が咲いたような笑顔になる彼女が好きだ。
 
『しょっ、翔くん!?』
 
 驚いて慌てている時の顔もまた、とても可愛らしい。
 
『ちょっと~、それどういう意味かな翔くん?』
 
 不機嫌な時の膨れた顔は、ついつい指で突っつきたくなるし……。
 
『翔くん……』
 
 涙に曇っている彼女を見ると、ほっとけない気持ちが湧いてくる。
 
 繋いだ手の温かさ。撫でた髪の手触り。名前に違わずよく響く、朗らかな声。
 
 そして何より、デュランダル移送任務の最中……偶然とはいえ、抱き合って眠った時の温もりと感触。
 
 その全てがどうしても、俺を惹き付ける。
 
 2年越しの発展だ。気付くのに時間が掛かりすぎている。
 
 だけど、これだけの情報量なんだ。自覚するには充分すぎる……。
 
 俺、風鳴翔は……立花響が大好きなんだ。
 
 俺が立花に手を伸ばした理由はただ一つ。彼女を愛しているからだと理解した以上、胸に突き刺さっていた言葉の刃は抜け落ちていた。
 
 もう迷う事はない。今の俺がするべき事は……!
 
「ありがとうございます、千優さん!俺……ようやく答えに辿り着けた気がします!」
「それは何よりだ。では、縁があればまた会おう」
 サングラスをかけ直し、手を振る千優さんと別れると姉さんの病室を目指して階段をかけ登る。
 立花に伝えなきゃ……!今すぐに、真っ直ぐに!
 彼女自身に、この『愛してる』を!!
 
 
 
 
 
 と、階段を登り続けていたその時、二課の通信機がアラートを鳴らす。
「ッ!こんな時に……」
 足を止め回線を開くと、叔父さんの口から飛び出したのは予想外の人物だった。
『ネフシュタンの鎧の反応が、そちらに向かって接近している!今すぐ、指定のポイントに向かってくれ!』
「ネフシュタンの鎧!?って事は、あの子が!?……分かりました、すぐ向かいます!」
 通信を切り、階段を降りようとしたその時だった。
「あ!翔くん!」
「おう、立花!」
 聞き慣れた声に振り返り、顔を合わせる。
 ……が、先程意識してしまったせいか、俺の視点はそのまま止まる。
 立花の方もまた、俺の方を見つめて立ち止まる。
 
 見つめ合うこと何秒か、廊下を通って行った台車の音で、俺はようやく我を取り戻す。
「あっと、その……む、向かうぞ!」
「そっ、そうだね!行こう!」
 タイミングは悪いが、しかしこっちも重要だ!
 ネフシュタンの鎧の少女……二度あることは三度あるが、今度は四度目!次こそは必ず!
「立花!今度こそは絶対、あの子と……」
「うん……!今度こそ、絶対に……!」
 
 その手を繋いでみせる!!
 
 ∮
 
 病院を駆け出して行く2人の少年少女を見て、彼は微笑む。

「千優さん、何かあったんですの?」

 検査を終えた愛する人が、年齢を感じさない美しさを放つツインテールを揺らしながら、小首を傾げる。

「なに、ちょっと青春の手助けをしただけだよ」
「また人助け、ですか?いくつになっても、千優さんは変わりませんわね……。でもそれでこそ、わたくしにとってのヒーローですわ♪」

 そう言って慧理那は、自分の腕を俺の腕に絡める。

 出会った頃から全く変わっていない。いや、むしろ出会った頃よりも甘えん坊になっている。
 でも、そんな彼女の事があの頃から変わらず、愛おしい。

「それで、今度はどんな人助けだったんです?話から察するに、学生の恋愛相談に乗ったとか?」
「ああ。それも聞いて驚くなよ?その子、なんとあの風鳴翼ちゃんの──」
 
 待合室で語らう新婚夫婦を、窓から射し込む夕陽が照らす。
 かつての2人と同じように、今、この夕陽の下を駆ける少年少女も、いつかはきっと……。 
 

 
後書き
シンフォギア全然関係ないゲストが、人生相談に乗ってくれて終わっただけの回になってしまった件w
しかし、これでようやく……祝・両片想いへ!
さあさあ、あとは2人が告白すればOKだ。ついでに空気を読まずにやって来てしまったクリスちゃんは、そのままプリンスに再会してしまうがいい。

千優「皆さんどうも。初めましての方は初めまして。俺、ツインテールになります。二次創作SS『俺、リア充を守ります。』の主人公、テイルドラゴンこと仲足千優です」
慧理那「皆さんどうも。ライトノベル『俺、ツインテールになります。』のヒロイン、テイルイエローこと神堂慧理那です」
千優「まさか本編完結してないのに、未来の姿を別作品で描かれるなんてな……」
慧理那「こちらの更新に集中するため、最近更新出来ていなかった事に対するお詫びの意味も込めての出演らしいですわよ」
千優「まあ、俺リアよりこっちの方が先に完結出来そうなのは、原作アニメが完結したって時点で目に見えてるからな」
慧理那「作者的に、『今一番書きたいのはシンフォギアだ』ということで筆が乗っていますので、俺リア読者の皆さんは気長に待ってくれればなと」
千優「ここまでこっちの読者に対しての話しかしてないな……。新規読者さんは、気が向いた時に読んでくれればいいから!それじゃ、この先は彼らシンフォギア装者達の恋を見守ってくれ!」
慧理那「応援、よろしくお願いしますわ!」

黒竜拳士ライドラン:10年ほど前に放送されていた特撮ドラマ『魔眼戦記リュウケンポー』の続編として制作され、放送されている作品。
龍の魂を宿した宝玉、「魔眼石」に選ばれた龍戦士達の戦い。その新たなる世代の物語を描いている。
テーマは『君も、僕らも、"ヒーロー"だ!!』
主人公以外のヒーローは前作のヒーロー達の子孫という設定であり、旧キャストも時折登場するなど、当時子供だったファンを引き入れるだけでなく、今の子供達にも人気を誇っている。
特に、かつては放送時間が重なり、視聴率に影響を与えた某有名特撮作品では近年見る機会が減ってしまったド派手なバイクアクションを多用しており、放送時間を平日の夕方にする事で、前作以上の視聴率獲得に成功。
ちなみに主人公ライドランは、名前の通りバイクを常用し、格闘戦をメインにして戦うヒーロー。黒いボディに真っ赤な目、体を走る黄金のラインに首に巻かれた真紅のマフラーといった出で立ちは、子供達だけでなく大きなお友達にも根強い人気を誇っている。

次回、遂に親友達にバレてしまう2人の秘密!そしていよいよ、純くんに待ち人来たる……。
明日のこの時間もお楽しみに! 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧