| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

曇天に哭く修羅

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第一部
  刻印

 
前書き
キャラ設定の紹介は何時しようかな。
_〆(。。) 

 
黒鋼弥以覇(くろがねやいば)》は《立華紫闇(たちばなしあん)》の弟子入りを認めると、後のことを《永遠(とわ)レイア》と《黒鋼焔/くろがねほむら》に任せて出ていった。


「紫闇って空手やってたよね?」

「二ヶ月しかやってませんけど」


レイアの質問に紫闇は思い出す。

彼は《朱衝義人(あかつきよしと)》に出会って直ぐ後に力と強さ、戦闘能力を求めたのだ。

義人に近付く為に判りやすい強さを得る。

それで周囲に自分を認めさせようと。

しかし【魔術師】や【超能力者】という一般的な常識では(はか)れない存在が珍しくない世界で武術というのは特に評価されない。

だから紫闇のことを認めてくれるのは相変わらずレイアや《エンド・プロヴィデンス》、《的場聖持/まとばせいじ》の三人のみであった。

なので空手は辞めている。


「良かったな焔。他流の型は覚えてないぞ。【黒鋼流体術】の指導がやり易くなる。問題は飲み込みの早さと成長率というわけだな」


焔はレイアの言葉に頷く。


「入門テストだよ。一応ね」


彼女は手を差し出す。


「あたしの手を握って。その状態で【魔晄防壁】を展開するんだ。君が魔術師としての【異能】や超能力を持ってるんならそれも見せてもらうところなんだけどね」


紫闇は言われた通りにする。

その瞬間、焔の顔から感情が抜け落ち何を考えているのか読み取れなくなってしまう。


「兄さん。知ってたね?」


レイアに向けられた焔の虚無を宿した瞳に紫闇は思わず氷点下になったような冷気を感じ、得体の知れない寒気に襲われた。


「まあ紫闇が普通じゃないのは昔から判ってたから放置してたんだよ。僕達がむりやり鍛えたところで意味は無いだろうしね」


どういうことなのか。


「合格だよ紫闇。これから宜しく。君もあたしを焔って呼んでくれると良い。年上だけど気にしないで良いから」


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


無事に黒鋼へ弟子入りした紫闇は出来るなら屋敷へ住み込む方が良いと言われ、一旦レイアと自宅に帰り、必要な荷物を纏める。

家族への連絡は無し。

どうせ何の心配もしないから。

そして弟子入りした日から二日後の朝、紫闇は黒鋼の屋敷に有る居間で弥以覇と共にテレビを眺めていた。

無明都市(ロストワールド)】の特番をしている。

画面には白髪の大英雄。

紫闇の憧れ義人だ。


『今から7年前、2064年』


ナレーションが流れる。

紫闇が義人に救われた一年後。


『朱衝義人が率い、彼を含めた世界で最強の魔術師7名からなる特殊部隊として名を馳せていた【マジェスティックセブン】』


この地球上で彼等七人を知らない人間の方が遥かに少ないとされ、宗教や文化、地域を問わず、尊敬の対象となっている偉大な魔術師達。


『彼等が日本の[東京]で《ナイアー=ラトテップ》と激突し、その結果として昨年までは『史上最強』と言われていた《神代蘇芳(かみしろすおう)》を除くマジェスティックセブンの6人を犠牲に最後の【旧支配者(オールドワン)】が封印されました」


当時10才に満たなかった蘇芳は後に魔神となり、『全世界の魔術師の頂点』と言われるまでに成長したが、昨年に現れた学生魔術師によって遺体も残すこと無く消滅させられてしまう。

その最期は最高の歓喜に満ちていた。


『世界は救われ人類が勝利したと思われた時、如何(いか)なる力によってかナイアー=ラトテップは謎の[黒い粒子]を世界中に放ったのです。それは特定の地域を覆い尽くし、今日(こんにち)まで続く無明都市が生まれることになりました』


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


テレビの画面は【無明都市/ロストワールド】を上から撮影した映像に切り替わり、闇色をした半円球状のドームを映し出す。

中がどうなっているかは不明。


『無明都市は世界に千個が生まれました。日本は東京が丸ごと闇の世界と化したのですが、昨年に現れた新しい四人の魔神によって無明都市が解放されているので世界に現存するのは999個になっています』

しかし解放された東京は【聖域】と化す。

聖域は旧支配者などの【上位存在】や魔獣とは似て非なる者達の棲み家となった。

聖域に現れた【精霊】は東京に結界を張って外界と隔離しておりこう告げている。


「我々は人類と敵対するつもりは無い。しかしこの東京という地から追い出し排除しようと言うのならば全力を持って抗うことになる。その代わり東京の在る日本に何か有れば協力させてもらうぞ」


そう言って人間が一人も居ない東京に無数の精霊が棲み付いてしまった。

精霊を排除しようにも結界を通れるのは限られた存在のみであり、精霊の中には上位存在クラスの強さを持つ者が多く居たので手が出せない。

日本政府は仕方なく全ての権限を放棄して、東京が日本の領土でない状態とする。

精霊の条件を受け入れた格好だ。


『無明都市が形成されて(のち)、人類を導く上位存在の【古代旧神/エルダーワン】は【古神旧印/エルダーサイン】というものを魔術師に与えたのです』


それは次のようなもの。
 
魔術師の左手の甲が画面に映った。

そこには一つの[五芒星/ペンタグラム]と、それを取り囲むように配置された一つの[五角形/ペンタゴン]によって構成された10本の線で描かれる模様。

普段は目を凝らさねば判別できないほど薄い。

しかし【魔晄外装/まこうがいそう】を出すとはっきりと手の甲に浮かぶ。

もちろん紫闇の手にも有るが……。


御主(おぬし)はまだ【天覧武踊(てんらんぶよう)】に出とらんからの。この画面に映っとるのは完成した刻印じゃから気にするでない」


紫闇は弥以覇に頷きナレーターの話を聞く。


『古神旧印は初期状態だと一つの点に過ぎませんが他の魔術師と交戦して気絶させることで相手の刻印を奪うことが出来る。こうして刻印が成長し、完成した時に無明都市を一層分解放できます』


古代旧神が何故こんなシステムを作り、彼等自身の手で救わないのかは謎に包まれている。


『日本において刻印の完成者、つまり魔神の称号を得たのは昨年に亡くなった

鉄拳の女帝《白鳥マリア》

暴食《夢国亞理栖(ゆめぐにありす)

気狂い道化《外山道無(とやまみちなし)

オール・タイム・キング《神代蘇芳》

の去年までの世界最強四名と、彼等を倒し彼等に次ぐ都市解放者となった

《皇皇皇/すめらぎこうのう》

《夢絶叶/むぜつかの》

《ミディア・ヴァルトシュタイン》

白良々木眩(しららぎくらむ)

新たな四名の魔神です』


日本は無明都市を消し去ったが他の国はまだ被害者が闇を払うことを待ち望んでいる。

多くの人命と関係者の救済を行うべく魔術師は天覧武踊を盛り上げて数多くの戦いを乗り越え、刻印の完成を急がねばならないのだ。
 
 

 
後書き
焔は同い年のレイアを兄さんと呼んでいますが別に実の家族ではありません。

エンドとレイアの二人は《白鋼水明》から焔の両親を助けたことによって、彼女から非常に(した)われ懐かれています。

精霊は某ゲームのモンスター。
_〆(。。) 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧