| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

戦姫絶唱シンフォギア~響き交わる伴装者~

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第1楽章~覚醒の伴装者~
  前奏曲(プレリュード)は突然に……

 
前書き
後書きのネタパートまでしっかりバックアップしたから、後書きのわちゃわちゃした感じが好きだった古参読者さんは喜んでくれるかな……なんて事をふと考える。
またコメント欄を賑やかにしてくれると嬉しいな……。 

 
「あの!翼さんの弟さんって、もしかして君の事だよね?」
 
「ッ!?な……」
何で……立花がここに?
俺は困惑し、そして理解した。了子さんに見事に嵌められたのだと。
直接会って話しなさい。ここが男の見せ所よ~、と笑ってる姿が脳裏に浮かぶ。
しかし、この反応は初対面のような……立花はやはり、俺の事など覚えていないのだろうか?
「あっ、ごめん!驚かせちゃった?」
「い、いや……」
立花がこちらの動揺に気付く。不味いぞ、このままだと俺が思ってる以上に気まずくなる。
なんとか会話を成り立たせようと考えるが、出てきたのは堅い言葉だった。
「立花……響、だよな?」
堅い!ガッチガチじゃねぇか!今ので絶対堅苦しいやつだって認識された……ああ、自分で余計に気まずい空気を……。
 
「はい!立花響、15歳です!」
「……へ?」
その一言で、俺の緊張があっという間に緩んだ。
おい立花、今なんと?
「誕生日は9月の13日で、血液型はO型。身長はこの間の測定では157cm!体重は乙女の秘密なので言えません!趣味は人助けで、好きなものはご飯&ご飯!」
えっ、何この自己紹介。滅茶苦茶自分のプロフィール出してくるじゃん。
ってか立花の知らなかった情報がめっちゃあるんだけど!?待って、覚えるつもりもないのに記憶に焼き付いてくのどうにかしてくれない!?
「あ、あと、彼氏いない歴は年齢と同じッ!」
「……プッ」
「へ?」
「アッハッハッハッハッ、ちょ、ちょっと待って、今のちょっとっブフッ!フフハッハッハッハッハ!!」
「な、なんで笑ってるんですか?」
何がおかしかったんだろう、と言いたげな顔でこちらを見つめる立花。
いや、こんなに面白い自己紹介聞かされたら、さっきまでうだうだと悩んでいた自分が馬鹿らしくなってくるじゃないか!
「いや、悪い悪い。でも流石に今のを笑わずに聞ける奴はそうそういないだろう!」
「あはは~。でも、さっきよりは明るい顔になりましたね」
 
そう言われてハッとした。
気が付けば、とっくに緊張は解れていた。
さっきまで俺の心を曇らせていた迷いも、既に吹き飛んでいる。
立花は、俺の胸中を知るまでもないだろう。だが、俺が緊張でガチガチになっている事に気付き、咄嗟にこんな突拍子もない自己紹介で俺を笑わせる事を思い浮かぶなんて……。よく人を見ている子なんだな、と実感した。
 
「さて……先に名乗られたからには、此方も名乗らなくては風鳴の名が廃るな」
ソファーから立ち上がると、俺は先程の立花の自己紹介を振り返りながら言った。
「風鳴翔、16歳。誕生日は7月の5日で、血液型はA型。身長は168cmで、体重62.1kgだ。至って平均的だな。趣味は映画鑑賞、主に特撮映画が好きだ。そして好きな物はもちろん、三度の飯!」
「おお!やっぱり美味しいご飯が嫌いな人はいませんよね~」
「どうやら、話が合いそうだ。ああ、それと……」
興味津々、という感じで聞き入っている立花。
キラキラした彼女の目を見て、言い知れぬ安心感を抱く自分がいる事に気が付いた。
そういえば、あの頃の彼女は暗い顔でいる事が多かった。きっと今の彼女は、もうあんな目に遭う必要のない生活を送っているのだろう。
そう思うとなんだか少しだけ、肩が軽くなった気がした。
 
「それと、俺も彼女いない歴は年齢と同じだ」
「えええええええ!?翔くんすっごいモテそうなのに!?」
「言われると思ったよ……。ぶっちゃけるとな、肩書きと顔で寄ってくる子の方が圧倒的に多かったから軒並みフッて来たわけ。それに、今俺が通ってるの男子校だからさ。モテるのと彼女が居るかどうかは別なんだよ」
「な、なるほど……。意外に苦労してるんだね……」
特に中学の頃だ。あの頃が一番、その手の輩に腹が立った時期だった。
下手すりゃ人間嫌いを発症しかねなかったと今でも思う。よく耐えられたな、俺。
 
「まあ、これでお互いの事は分かったな」
「そうだね。よろしく、翔くん」
差し出されたその手を見て実感する。
ああ、この手こそ俺が待ち望んでいたものだ。
この二課に入りたいと願った理由を、もう一度思い描く。
そうだ。俺は今度こそこの手を握る為に……今度こそは彼女を守る事で、あの日を償う為にここに居るのだ。
だから……そっと、差し伸べられた手を取って、壊れないように優しく握りしめた。 
 

 
後書き
響「ところで、何て呼べばいいんです?」
翔「同い歳だし、翔で構わないぞ」
響「わかりました、翔さん!」
翔「なんか違うな」
響「翔センパイ!」
翔「艶やかな感じで」
響「翔……せんぱぁい……♡」
翔「身の毛もよだつ風に」
響「恨めし……翔ぅぅぅ…………!」
翔「インパクトが足りないかな」
響「翔司令!」
翔「アシストウェポン風に!」
響「アクセスコード!バスターボラー!」
翔「もうこれ原型無いな」
響「じゃあ翔くん、でいい?」
翔「それが一番しっくり来るな」
響「じゃあ今度は翔くんの番ね!」
翔「なっ!?……た、立花!」
響「うーんやっぱり姉弟……」

ここ確か、呼び方決まらずちょっと迷ったからネタにしたんだよなぁ。
原文はリア友。ネタ提供ありがとう!
さて、次回は姉さん会議です。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧