| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

曇天に哭く修羅

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第一部
  呪縛

 
前書き
やっとオリキャラが再登場。
_〆(。。) 

 
立華紫闇(たちばなしあん)》は家を出る。

気を紛らわす為だ。

街を徘徊するが気は晴れない。

降りだした雨に打たれて歩く。

目前で魔術学園ではない一般校の生徒が以前、《江神春斗/こうがみはると》にやられた【刻名館学園】の連中に絡まれていた。


(俺が行っても無駄だろうな。[狩人(ハンター)]に通報して後は任せることにしよう。ここで動いたって俺が痛い目に()うだけだ)


なのに紫闇は【魔晄外装(まこうがいそう)】を出す。

そして刻名の集団に近付く。

気付くと彼は後ろから不意討ちを喰らわせ一人を殴り倒してしまっていた。


(ああー……そういうことか。もう取り返しが効く時期は過ぎちまってるのか)


大英雄《朱衝義人(あかつきよしと)》への憧れは紫闇の心に巣食い、人生に根を張っているらしい。

まるで『呪縛』のようだ。


(俺が特別じゃないとかモブキャラだとか、んなもん知ったことかよ。負け犬で終わっちまう人生なんか嫌に決まってんだろッ!!)


刻名館の生徒は紫闇が前に逃がしてしまった相手だということに気付いて激昂し、外装を出すと一斉に襲いかかってくる。

しかし紫闇は逃げない。

今の彼は《佐々木青獅(ささきあおし)》と戦った時、そして以前に刻名の生徒達から逃げ出した時のようなことは絶対にしないと決意していた。

もう恐怖や苦痛に負けたくなかったから。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


五人の集団に突っ込み拳を振るった紫闇だったが簡単に攻撃を躱されてしまう。

空振りした紫闇が体勢が崩れたところを躱した男子とは別の男子が背中から攻撃する。

(たち)の悪い不良が多いことで有名な刻名館の生徒だけあって喧嘩慣れしているらしい。

仲間との集団戦闘もお手の物。

学校での訓練をサボってはいても、恐らく佐々木青獅より手強い相手のはずだ。

紫闇はダメージのせいか耳が聞こえ難い。

打ち所も悪かったのか頭も痛くなってくる。


「ちく、しょう……! なんて弱いんだ……俺は……! こんな連中にさえ……」


紫闇の劣等感が怒りと化す。

更に怒りが闘志となって点火する。

彼の中で何かが爆発した。


『必殺技』


これまでのように【魔晄(まこう)】を右拳に集め金色に輝かせると刻名館の生徒でもリーダー格のような男子に狙いを付けて踏み込む。

彼等は何故か微動だにしない。


(なら遠慮なくッッ!!)


渾身の力を相手の顔面にぶつけた。

直後、今までの必殺技とは比べ物にならない爆発が起こり金の粒子が飛散して辺りを包む。

リーダー格は吹き飛んで水たまりに落ちたまま立ち上がってくることは無い。

完全にKOしたようだ。


(何だ今の。火事場の馬鹿力……なのか?)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


一人を倒したがまだ四人居る。

士気を取り戻した刻名の生徒は取り囲んで四方から紫闇の守りも構わず叩きのめす。


(どれだけ奮起しても、どれだけ強い想いを持っていてもモブキャラなことに変わりはない)


だから掴めないのか。

勝利の栄光を。

紫闇は激しい変化を欲した。

運命を覆すほどの。


「無駄にしつこかったな」


刻名館の生徒が外装に力を込める。

止めを刺す気だろう。

彼等がその一撃を振るおうとした直前、予想外の乱入者が鈴の音色を響かせ現れる。


「楽しそうだね。私も混ぜておくれよ」


声の方には一人の女子と青年。

紫闇は二人を知っていた。

少女は《江神春斗(こうがみはると)》に助けられる前に老人と一緒に居てぶつかりかけた娘だ。

黒い帯に白い甚平(じんべい)という姿。

背は紫闇より僅かに低い。

紫闇が170cmくらいなので165cmくらい。

長い(つや)の有る黒髪には鈴飾り。


青年は全身が真っ白。

薄幸が似合う線が細い美形。

背は180cmほど。


(あの人が何でこんな所に)


彼は紫闇の幼馴染みで《エンド・プロヴィデンス》の兄でもある《永遠(とわ)レイア》と言い、紫闇が実際に知る【魔術師】の中でも《的場聖持(まとばせいじ)》と並ぶ最強の部類。


「ちょっと待ってて紫闇。直ぐ終わるから」


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


レイアの放った言葉の直後、幼さの残る美貌の少女は猛獣が獲物に見せるような恐ろしい笑顔を見せると白銀の[魔晄防壁]を展開。

次に顕現したのは彼女の外装。

右腕の肘から先を隠している。

(いか)めしい黒鉄の籠手。

紫闇の外装と同じような形状。

規格外と言われる欠陥品の外装だった。


が、その強さは桁外れ。

手加減しているのは解るが見えない。

紫闇の五感では捉えることが出来ない程に少女は迅速果断に躍動している。

少女の鈴飾りが鳴る度に刻名館の生徒は体から馴染みの無い音を鳴らす。

紫闇は()れる音が何か気付く。

人体の破壊される音だ。

少女は訳が解らない速さで武術を行使しながら人の体で破壊の調(しらべ)を奏でている。

彼女は愉しそうに嬉しそうに(わら)う。

恐ろしくて勇ましく、(おぞ)ましいのに美しい蹂躙を眺めていた紫闇だが、遂に意識を手放して眠りに落ちた。
 
 

 
後書き
必殺技で殴った時に刻名館の生徒が止まっていた原因は話が進むと出てきます。
_〆(。。) 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧