| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

曇天に哭く修羅

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第一部
  挫折

 
前書き
何時もより長いです。
_〆(。。) 

 
入学から十一日目。

《立華紫闇/たちばなしあん》は朝の訓練開始時に教官の《斬崎美鈴(きりさきみすず)》へと実戦訓練が受けられるよう願い出た。

周りの反応はというと。


規格外(ゴミタイプ)が何言ってんだか」

「負けるのがオチだろ」

「貴重な訓練スペースが狭くなる」

「意味も価値も無え」

「無い無い尽くしだな」

「良いじゃんやらせろよ」

「面白いものが見られそうだ」


二軍と一軍の生徒が紫闇に対して口々に文句を言う中で《江神春斗(こうがみはると)》が眼鏡を逆光で輝かせながら前に出る。


「立華紫闇。貴君が踏み出そうとしているのは修羅道も同然の世界。それでも歩もうというのなら、俺が相手になろう」


どうやら彼は気を遣ってくれたようだ。


「心配してくれてありがとな江神。俺は絶対に諦めない。大活躍して【魔神】になって世界中の人間に俺の名を刻んでやる」


周りから冷笑が聞こえるが江神は笑わない。


「その意気や良し」


彼の目が鋭くなり眼光が煌めく。

紫闇は負けじと睨み返した。


「待て立華。貴様と江神を戦わせるわけにはいかん。訓練で死人が出ては困るからな。よって相手はこちらが選ぶ。《佐々木青獅(ささきあおし)》、こいつに『現実』というものを、【魔術師】の厳しさを教えてやれ」


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


(現実と厳しさを教えてやれ、か。俺の負けが決まっているような言い草だな)


紫闇は直ぐに青獅を倒そう、そして春斗を指名しようと思い、相手の顔を見た。

ゾクリと寒気が襲ってくる。


(何ビビってるんだ俺は。大丈夫だ勝てる。だって俺は『特別』なんだから)


佐々木青獅は紫闇が訳も解らずに恐怖していたあの笑顔をしている。

一人の生徒が美鈴の指示で結界発生装置を起動すると体育館の床に走る無数の(みぞ)から半透明な幕が伸びて八角形のドーム型をしたバトルフィールドが形成された。

生徒が続けて装置を操る。

結界に入り口が出来た。

紫闇と青獅が中に入り終えると入り口が閉じられてしまうが棄権(リタイア)すれば開くので問題ない。


(何だこの異常な空気。それに幾ら閉鎖した密室とは言え極端に狭いような)


結界の外に居る皆が遠慮無く悪意に満ちた目を紫闇に対して向けていた。


「逃げ場は無いぞ。立華紫闇」


春斗は眼鏡の奥に有る瞳で結界内の二人を見詰め、戦いを注視している。

紫闇の体は震えていた。


(どういうこった。何でこんなに怖いんだよ。相手は佐々木なんだぞ? 小学生くらいの身長だった筈なのに何で俺よりデカイ? まるで別人じゃねぇか!)


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


開始まで10秒。

館内にアナウンスが響く。


「外装を出せ」


美鈴の合図が掛かる。

紫闇はビクッと震えた。

その途端に(こら)え笑いが起きる。

(あざけ)りも飛ぶ。


「もしかしてチキン?」

「ビビってるダセェ」

啖呵(たんか)切ってあれかよ」


紫闇は外野を無視。

魔晄外装(まこうがいそう)】を出して青獅を見た。

『怖い』


(その笑み消してやる)


体の震えと胃の痛みが治まらない。

しかし構わず開始ブザーが鳴る。

一気に踏み込んだ青獅は両手で灰色の長棒を突き出し相手の顔面に()じ込む。

紫闇は反応できていない。

ひたすら痛みが走り抜けた。


(なんだこれ? 打たれたらこんな痛──)


再び灰色の長棒が来る。

今度は左肩を打ち()えられてしまう。

肩の骨が(きし)みを上げた。

紫闇は痛みで何も出来ない。


(このままじゃダメだ……打ち返せ!)


しかし涙で前が見えず、鼻血が気持ち悪い上に胃痛は戦う前より酷くなってきた。


(反撃しなきゃ、反撃だ、反撃するんだ)


無意識に叫ぶ紫闇の外装が纏われた右拳に【魔晄】が集まり黄金に輝き出す。

それを自分より身長が30cmは低そうな青獅の顔へ思いっきり喰らわせた。

拳が完全にめり込んだところで外装に宿った魔晄が放つ金の光が爆発する。


(倒れない? [必殺技]なのに何で?)


紫闇が戸惑っていても関係ない。

青獅の外装である灰色の長棒が迫り、そのまま紫闇の鳩尾に刺さった。

痛みと共にピシリと音が響く。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


気付けば紫闇は逃げていた。


「ひいぃぃぃぃぃぃー!!」


無様に恥ずかしい悲鳴を挙げているのが自分だと気付いてはいても紫闇にはみっともなく逃げるしか出来ない。

青獅は背中から打つ。

紫闇が弱くとも容赦なく追い詰める。

彼は自分が弱いと解っているので油断せず攻勢に回り徹底的に叩き潰す。

守りに回ると勝てないから。

分を弁えているのだ。

自分に出来ることを突き詰めている。

しかしそのことが余計に紫闇を追い詰めて彼の心に亀裂を入れていく。

長棒と【異能】による炎でボロクソになっていく紫闇の口からは『御免なさい』と謝罪の言葉が飛び出して小便を漏らしてしまうほど。


(俺は特別なのに……)


本当に特別なのか?

自分に疑問視が湧く。


(特別に決まってるだろ!)


なら何故こんな目に遭うのか。

何故青獅には必殺技が効かなかった。


(どうして佐々木から逃げてるんだ)


紫闇の脳内に流れるのは【龍帝学園】へ入る前にぶつけられていた罵声。

必死に否定し続けてきたもの。


『才能が無い』

『無駄な努力』

『みっともない奴だな』

『お前なんかモブだろ』


紫闇の頭にベキリという音が広がる。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


立華紫闇(たちばなしあん)》は自分のことを『特別』な人間だと思って生きてきた。

今まで自分の人生を(さいな)んできた不幸はこれから訪れる幸福の前振り。


(そうじゃなきゃ俺の人生なんか)


何の価値も無いのだ。

何事も上手くいかず、ただ馬鹿にされ、欲しいものは得られない。

そんな人生が嫌だった紫闇。

だからあの魔晄によって拳が光る[必殺技]を身に付けた時は嬉しかった。

しかし全て勘違い。

不様に悲鳴を挙げて逃げている現状に対して彼は自覚せざるを得ない。

自分は特別な人間ではなく『凡人』

『主人公』ではなく『モブキャラ』

幻想が砕かれる。

現実を直視してしまう。

こうして見るも無惨な結果を晒した1ラウンド目終了のブザーが鳴った。


()めるか?」


斬崎美鈴(きりさきみすず)》の声は冷ややかだ。

しかしその問いは今の紫闇に祝福。

救いの導きに思える。


『ダメだ、諦めるな』


自分の中にまだそんな声や想いが有り、抵抗しようと内側から押し留めたものの。


「……はい」


中止を受け入れてしまった。


「両者外装を消してフィールドから出ろ」


羞恥(しゅうち)

悔恨(かいこん)

憎悪

怒気

後悔

悲哀


(ああ、何と言えば良いのか)


もしかしたら『死にたい』というのはこんな気持ちなのかもしれない。

思考を放棄したい紫闇だったが非情にも美鈴はそれを許すことは無かった。


「私も情が有る人間だ。貴様の教官としてハッキリと断言してやる。お前が大成することは無い。学生魔術師としても軍属になった後も最低極まりない人生が待つ。その末に使い捨ての駒として死ぬだろう」


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


美鈴の言葉が紫闇に刺さる。

しかし彼女は止まらない。

冷徹に残酷な事実を突き付ける。


「立華が努力してきたのは身体能力の程度を見れば理解できているつもりだ。しかし人間には適性や限界が有る。実戦形式とは言え特に強者でもない佐々木に訓練で臆す者に『軍人』としての魔術師は務まらん。競技者としての魔術師であろうとな。無駄な努力は止めて大人しく一般人として生きていろ」


紫闇はこれまでの生き方、積み重ねの全てを否定されたような気がした。

生徒達は教官に同調する。


「マジでだせぇ(笑)」

「お前が活躍できるとでも?」

「弱い者いじめの趣味は無いんだよなぁ」

「典型的な脳内チャンピオンじゃねーかw」

「実力差から逃げるのはしゃーないとしてクリーンヒットが効かないのはちょっと」

「はっきり言ってやれよ。格好悪いって」


江神春斗(こうがみはると)》は特に失望していない。

ただ残念な顔をしていた。


「立華紫闇。お前はまともな実戦訓練もしたことが無かったのだな。今までは体力を付けることに主眼を置いていたのか。ならばまだ間に合う。強くなれる筈だ。出来ればもっと昔から実戦に慣れておいてほしかったが」


小・中学生の成長期に戦闘競技者としての基礎を学んでいないのは痛い。

まともに友人も作らず祖父と剣に生きてきた春斗だからこそ解っていた。

犠牲にした期間の重要性を。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


「『敗北』とは打ちのめされ倒れ伏すことを指すのではない。弱さと諦めを受け入れてしまうことを言うのだと私は思っている。お前は諦めないと息巻いてこの(ざま)か? そんな(てい)たらくでよくも【魔神】になるとほざいたな」


春斗の気遣いと美鈴の辛辣(しんらつ)さに何も言えない紫闇はひたすら心が痛む。

気付けば逃げ出していた。

彼は家に着くと直ぐに自分の部屋へと駆け込みベッドへ倒れ込んでしまう。

正に生き地獄。


格好悪い

みっともない

地球上で最も醜い

そんな劣等感を(いだ)いて生きてきた。

人生の大半をである。


耐えられたのはあの[必殺技]が有ったからであり、あれは紫闇の心の支えだった。

しかし必殺技はもう無い。


「どれだけ繰り返した? 報われない努力を。何度持ったっけ? 届かない想いを。ああ……もう嫌だ。こんな人生はもう沢山だ……」


今日のことで夢見ていた将来の、魔術師となって英雄と(たた)えられる道は絶たれてしまったのだろうという確信が有る。

しかし彼は出来なかった。

学園を去る選択を。

頭の中で青獅との実戦訓練が始まる前から終わった後までのことが延々とループしているが、一番痛かったのは春斗に気を遣わせたこと。


「終わりたくない……!」


紫闇にとって春斗は見ていると腹立たしくて妬ましい劣等感が刺激される奴だった。


(江神は誰かを見下してるわけじゃない。俺が全く実戦を経験していないことも含めて気にせず受け入れるだけの度量も有る。だからこそ俺は彼奴(あいつ)のことが嫌いなんだ)


春斗が裏表の無い、損得抜きで良い友人になれるような人間であるが(ゆえ)、余計に紫闇の駄目さが浮かび上がってしまう。


「エンドや聖持より弱くとも憧れの存在で尊敬すべき対象なんだ。俺にとって江神は理想像とも言うべき魔術師の一人なんだよ」


そんな存在が『強くなれる』と言ってくれたのに終わりにはしたくない。

かといって今のままでは駄目だ。

どうにもならない。

紫闇(じぶん)は彼等のような特別では無かった。

そう証明されている。


「もう終わったも同然だろう……!」
 
 

 
後書き
負けるのは原作通り。

少し変えてますけど。

オリキャラの出番が来ないな。
_〆(。。) 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧