| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

或る皇国将校の回想録

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

幕間 とある勅任特務魔導官の一日

皇紀五百六十八年 四月二十日 午前第五刻半
役宅内寝室 羽鳥守人


 羽鳥守人はかつての軍隊時代に叩き込まれた習慣を遵守し、まだ日が昇り切っていない午前第五刻半に目を覚ました。
もっとも、その光景を見た者が羽鳥守人に軍役の経験があると判断するのは難しいだろう。もそもそと手探りの末に見つけた度の弱い眼鏡をかけたその顔は文士か教師と言った方が似合う風貌であったし、部屋も生活の場では無く古本の保存庫として扱っているのかと思わせる様相を呈している。人によってはひょっとしたら主計将校であるのかと考えるかもしれない程に武人然としてものは彼自身にも生活の場にも感じられない。六年前まで〈皇国〉陸軍の銃兵将校――それも前線で鋭剣を振るい陸軍野戦銃兵章を授与されている猛者であった――など信じられないだろう。
 羽鳥は、そのような事は意に介さずに自分なりの秩序で積み上げた古本の山を乱さずに朝飯を済ませ冷めかけの黒茶を呷り、羽鳥は独り身の虚しさを感じながら厨房で皿を洗う。
 そして買ったものの封も切っていない高級酒の水晶瓶の数を数え――溜息をつく。
 ――増えている。
酒はこの男の数少ない楽しみであるが近頃はそれを楽しむ時間もない。
「畜生め、一度物騒な世間になったらこの様だ。
これでは当分、酒を飲めんな。軍に呼び戻される事も想定しなければならんか」
 ぶつぶつと独り言を呟きながら連日の激務による疲労が抜け切らない目を擦り、眼鏡を掛けなおす。
 羽鳥守人は現在、皇室魔導院で勅任二等特務魔導官の座についている。
もっとも、名称こそ魔導の文字が付いているが、羽鳥の額には魔導士の証である銀盤は無い。
 これには相応の紆余曲折の歴史がある。
そもそも〈皇国〉の歴史に通ずる者たちの間で知られている皇室魔導院の原型は皇家の下で部省体制の国家だった時代に導術士達は導部と言われる組織にて占いの様な事を行っていた。
そして、諸将家が〈皇国〉の覇権を争っていた時代に衰退しつつあった皇家が戦火の中で爆発的に増加した導術士の需要に目をつけ、将家達から資金を得る為に魔導師範学校を創った。この師範学校は〈皇国〉の古都であり現在も(名目上は)皇家の治める故府に現存しており、今も一般的には皇室魔導院の前身として語られている。
 やがて五将家が内地及び西領の覇権を確立し、東海列州をも平らげようとしていた時、導術士達はその異端の能力、それに必然的に付随する情報通信を介した工作を疑われ五将家に徹底的に駆り立て、主だった導術士の勢力が全て戮滅された。後世では滅魔亡導と言われるこの粛清は明らかに将家側の過剰反応であったが、当時はそれ故に徹底しており、生き残りの導術士達は皇家の庇護を求め嘗ての学び舎であった故府へと逃げ込み皇家は伝統を尊重し、それを受け入れた。
 そして、僅か三百名にまで減じた導術士の再興の為に名目上はとして(当時の人間達も未来視など信じていないが)占師としての導術利用を掲げ、五将家の承認を受けることで皇室魔導院が創立されたのであった。
 そして五将家の支配が確立され、導術が一般的な生活に浸透する事で滅魔亡導の再来の危険が笑い話となり、導術士の数も往時と遜色が無くなると魔導院は皇紀五三七年に養成機関として魔導師範学校を再建し、天領の導術通信の管理、導術利用の研究を任務とする事を皇主へと献策した。
 天領は経済の自由化に伴い富と情報が流れ込む場所へと変貌しつつあり、その土地の導術通信を管理する事は皇室魔導院の実態を変化させていった。当時、五将家による支配への反発は未だに根強く、魔導院は内乱の芽を摘む事を口実に国内外の導術通信を監視し始めた。これは実際に有効である事から、五将家も認めざるを得なかったが――それを認めたのは失策だったと先代の護州公である守原時康は後に残された私書の中で述懐している。
 魔導院が監視している通信の真偽の調査の為に導術士ではない諜報員を使い始めたのだ。
形式上、彼等も導術士とされ、“勅任特務魔導官”と名付けられた。そして必要性に応じ、やがて導術士と特務魔導官の数は逆転し、皇室魔導院は〈皇国〉最大の諜報機関となった。
 そして限定的とは言え警察権を握った際には、五将家は反対した。すでに交易を通して国際政治が急速に重要視される中で〈皇国〉執政府が諜報機関持つの必要性は認めていたがそれを支配できない事はいたく気に入らなかったからだ。
だが、既に万民輔弼宣旨書の発布を控えており、執政府は彼らの手を離れ五将家はかつてのような独裁的な政治力は失いつつあった。
そしてそれ故に、五将家は子飼いの僅かな導術士を覗き、導術を信用することはできなくなった。
 兵科としての導術兵も魔導院の手勢が入る事を恐れ、導入が遅々として進まない事は上層部の間では広く知られている。


          閑話休題 


同日午前第十三刻 皇室魔導院 特務局内国第三部

 羽鳥守人の職場である皇室魔導院内国第三部は主に将家の監視を担当している。その為、この何処か教員室の様な並んだ机に座る者は少なく、大半は皇都を含め、各地に散らばって居た。
 だが、現在は北領失陥を受け、各地の鎮台が軍への再編の準備を行い、五将家の要人は皇都で政争を激化させている為、人員もそれに従い皇都に集まっている。
 更に言うと人員以上に仕事も増え、書類仕事も増えている、情報を扱う場とはそうした所なのである。
 羽鳥もその法則に従って昨夜の捜索報告書類をようやく提出し、疲労に凝り固まった肩を回しながら部長室を出ようとしていたが、そこに部長が声を投げ掛けた。
「あぁ、今日行う、宮野木と安東の件の調査はどうだね?」
「準備は万端です、ただ皆、疲労が出てきています。
守原よりも動向を掴むのに労力がかかりましたから何しろ宮野木の老公は厄介ですからね、この様な時は駒州公よりもやり辛いかもしれません」
自身も疲労を自覚しているのか部長もうんざりしたように頷く。
「あの老人は根っからの反駒城だ、大体の行動は予想がつく。具体的な確証を掴めれば良いが」
 部長は最近白髪が目立ち始めた頭を手で梳きながらぼやく。
「あの家は権謀で五将家に居るようなモノですからね。現在の背州公はやり過ぎですが。」
 羽鳥も溜息をつく。
 ――守原も宮野木も北領が落とされても未だ政争に夢中。この国の陸軍はまともな戦略をとれるのか不安になる。
 内情の憂いを脳裏から追い出し、自身の職場――少なくとも当面は――を出た。


同日 午後第一刻 皇都内 割烹屋 星岡亭  


 皇都でも古参の料理屋に入り、少し外れた席に座る。
「よう、時間通りだな。」
 羽鳥が親しげに声をかける。
「今は暇だからな。貴様は随分忙しいだろうが」
 一見、筋者の様にもみえる小柄だが、がっしりとした体躯の先客が答える。
「もう間もなく貴様の抱えた面倒も一区切りがつく、時間を割くのもやぶさかではないさ。
それにしても、貴様、休暇はとうに終わっているのに良いのか?」
「大隊長殿が怠けているから大隊長の代行で大隊の面倒を見ているだけだ。
だが、それももう終わりだ。奴がもうまもなく帰ってくる以上、独立捜索剣虎兵第十一大隊はもう俺達の手を離れるだろうな」
 その男――新城直衛――が答える。現在、最も名が知れ渡っている部隊である独立捜索剣虎兵第十一大隊、その大隊長代行である彼と羽鳥は、陸軍幼年学校の同期であり、同じ班員として(半強制的に)親交を深めた仲であり、新城直衛の数少ない友人だと言える。

「馬堂豊久大隊長殿、か。厄介な奴が英雄になったものだ」
 出てきた料理をつつきながらうんざりした様子を隠そうともしない羽鳥に新城は唇を歪めて答える。
「厄介なのは否定しないがな、俺は悪くは言わないよ。奴には貸しも借りも数えるのが面倒な程ある。何しろ餓鬼の時分からの付き合いだ」
 
「しかし、貴様も奴の代行で派手に恨みを買ったな。
俺も彼方此方に火事の匂いをかぎ回る羽目になって酒どころか本もおちおち読めん」

「俺も目立たない様にしているつもりだったのだが。
昔から他人に関わらぬ様にしていた、煩い奴は一人で間に合っているからな」
 ――だがそれもこの三ヶ月で台無しだ。
ぼやきながら新城は茶をすするが羽鳥はそれを鼻で笑う。。
「今までだってお前は十二分に悪目立ちしていたろうが。
貴様が期待するよりも、馬鹿は少ないのさ」

「何が言いたい。」
 答える声は何処かわざとらしさを感じさせる。
「それがいかんのだ」
 羽鳥はそれをすかさず指摘する。
「貴様は人を試さずにはいられない悪癖を持っている。
そして貴様の基準にそぐわぬ奴は容赦無く排除する。
あぁそうだ。貴様が弾きたい馬鹿は何も気がつかないで貴様を蔑視するだろうさ。
だがな、頭の良い馬鹿は違う。貴様の演技に気付き、怒る。
だから、貴様は毒にも薬にもならない輩には蔑まれ、厄介事を押しつける輩から恨まれるのだ。そして面倒ごとには愛される」
 羽鳥は相手を嘲弄するような内容を悪びれずに語る。
「そして俺の友人は人格者で大人物ばかりと言いたい訳だ」
 新城も皮肉気に口を歪める。
「貴様、自分を褒めてそんなに楽しいか?」

 ――楽しいね。
あっけらかんとした羽鳥の返答にその皮肉な微笑は苦笑へと変わる。
「何だその顔は?俺は紛れもない人格者だぞ。それこそ自分で自分を褒めたいくらいだ」
そう言う羽鳥も今にも嗤い出しそうな表情をしている。
 ――褒めているじゃないか。
 新城も苦笑を深める。
「ん、話が逸れたな。貴様が俺を呼び出した理由は何だ?」
羽鳥はそう言いながら真顔に戻る。仕事に有益な話を聞き出せるかもしれないと考えているのだ。
「俺がこれから如何するべきか、貴様の意見を聞きたくてな」
 戦場の英雄が嘆息する。
「その手の相談は何時も馬堂のガキが相手じゃないのか?
皇宮の土産話なぞ奴が食いつきそうなものだが」
 諜報員はそれに対して気のない返事をする。短い間ではあったが豊久と羽鳥は商売敵として知り合っている。
「駄目だ、あいつは確かにこの手の事が得意だが、馬堂が関われば其方を優先する。
――本人がそう公言しているからな、間違いない」
新城から見ればそれもまた公平さの一つなのだろう。
「ふん、その辺は奴も将家らしい――そうだな、まず一つ、
実仁親王殿下と駒城は完全な一枚板では無い、お前はその間に立つのだ、何方も完全には信用しない事だ。
尤も、貴様の義兄上は別だ。あの御仁は、普通ならとても政治には向かない程の善人だ。それを補う才覚を持つのだから恐ろしいのだが。
もう一つは、守原が妙な動きをしている、貴様だけでなく周りも注意する事だ。」
 そう言った時には羽鳥の瞳には先程までの稚気は無く、高い悟性を感じさせる光が閃いていた。
「守原の妙な動き?おい、それは何だ?」
 羽鳥らしくない、曖昧な言葉を新城が問いただす。
「何が狙いか分からん。兵部省内で何やら工作している様だが、龍州絡みだけではなさそうだ」
 龍州鎮台は軍への再編を急いでいる、遅くとも秋には〈帝国〉軍が来寇するのは確実だ。
 それを迎撃する司令部の参謀人事は五将家の政争の具の一つだ。
 五将家は各家が子飼いの者を入れ、影響力を強めようと画策している。
「大して分かってないのか」
 新城は呆れた様な声を出す。
「その程度の話でなければ貴様に話せん。貴様の為に職を捨てる程の馬鹿では無いからな」
 羽鳥は当たり前だと言い返す。
 そうして漸く運ばれてきた料理を二人は無言で食べた。

「さて、近衛、か。どうしたものか」
新城は食事が終わると思い出した様に憂鬱な溜息をついた。
「近衛衆兵か。貴様も苦労するな」
 羽鳥は面白そうにその様子を見る。
「俺はもう意見を言った。後は貴様次第だな。」
己に出来るのは此処までだ、と線を引いた。そうした線を引く事は新城の価値観にも適っていることを羽鳥は知っている。
「いじめられるのは趣味じゃない。何も知らずに駒にされるのも嫌いだ」
 少し考えながら新城は口にした。
「そうだろうな。ならば逆の立場を取るか?」
 答えを分かりきっているのか気の抜けた口調で尋ねる。
「それは俺の趣味には合わないし得手でもない。」
 新城はそう言って茶碗の底に目を落とす。
「それにな、俺は邪魔な相手は完膚無きまでに叩き潰す。
俺はそうしてきたしそれが俺の好みだ。」
 それを聞いた羽鳥は呵呵と笑いながら言った。
「あぁそうだろうな。貴様は何時もそうだ。
だからこそお前は何もかもに決定的な何かを持ち込む。
だから貴様ははた迷惑な輩なのだ」
 ――世間が物騒になればこうして英雄になるのだろうが。
 喉元でその言葉を押しとどめた。
 ――自分までこの男を英雄扱いする必要はあるまい、今は友人として会っているのだから。


午後第八刻 宮野木家上屋敷周辺
勅任二等特務魔導官 羽鳥守人


 二等特務魔導官は現場の指揮を任される事が多い。羽鳥も不自然にならない様に部下を配置し、自身も目立たぬ様に定期的に動きながら指示を出す。
「……宮野木、か」
 謀略を得意とし、駒城篤胤と渡り合い続けた老人を脳裏に浮かべ、溜息をつく。
 ――厄介な二人の老人は、表舞台へと謀略の網を伸ばすのだろう、厄介極まりないことになるのは間違いない。
「アスローン・モルト、楽しみにしていたのだがな」
――勅任特務魔導官の夜は長く、それに比して通人を気取る夜は短い、酒を嗜める夜は暫く無いだろう。
 悲しそうに頭を振ると羽鳥は光帯の光を咀嚼している薄闇へと歩みを進めた。
 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧