| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

陽の目を見ないのでたまには虫干しです

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

執行官/オフィサー
  土御門大真

 
前書き
_〆(。。) 

 
【土御門大真/つちみかどはるま】

性別・男

年令・36才

一人称・私

─────────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

身長186cm

体重78㎏

─────────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

〈性格〉

柔軟/実直/冷徹/勤勉

─────────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

〈容姿モデル〉

【あんさんぶるスターズ!】

[椚章臣/くぬぎあきおみ]

─────────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

《安倍晴明》から14代目の子孫で陰陽師《安倍有世》の末裔に当たる【土御門】の出身。

土御門の初代は安倍晴明ではなく《安倍有世/あべのありよ》というのが一般的らしい。

彼等は代々[安倍氏]の氏長者を勤めた。

─────────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

土御門の系譜は

『陽流』と『陰流』に分かれており、

本家と五つの分家、

更に双方を束ねる宗家が有る。

一般に知られているのは陽流の方であり、陰流の方は徹底して戦闘に特化を行っている存在なので表舞台へは出てこなかった。

─────────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

陰流の分家『土』の土御門出身。

五帝神威拳を五つとも使える。

黄帝派の【大師】

─────────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

以前は【GROW】支部の一つ【道化恐怖症(コルロフォビア)】のメンバーとして活動していた。

当時のコードネームは[アルルカン]

現在は【暗黒魔京(ディストピア)】の階層世界を治める【執行官/オフィサー】の一人。

─────────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

《能力》

【存在証明/アイデント】

[レベル???]

どんな場所でどれだけの事象が起きようと、プラスに働くこと以外では変化しない能力。

時空や次元を超越できる。

常に同じ力を出せる。

存在強度が上昇する。

《イオ・メドヴェキア》が使う【守護星霜/ラグナス】と同系統の能力で上位互換。

─────────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

[正十二経]の気は全て。

[奇経八脈]の気は全て。

[チャクラ]は8番まで。

[仙息]を使う。

[仙気]を使う。

[仙脈]を持つ。

[仙骨]を持つ。

[木気]を使う。

[火気]を使う。

[土気]を使う。

[金気]を使う。

[水気]を使う。

[赤い気]を使う。

[白い気]を使う。

[青い気]を使う。

[黒い気]を使う。

[黄色い気]を使う。

[鬼息]を使う。

[鬼気]を使う。

[鬼脈]を持つ。

[鬼骨]を持つ。

[陰陽太極]の気を使う。

─────────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

《神仏魔性/ディバイン/DIVINE》

【ヨハネの黙示録の四騎士】

〈第一の白い騎士・ルールライダー〉

『勝者』を意味する白い馬に乗る。

『侵入者』を象徴する弓を持つ。

『征服者』を象徴する王冠を被る。

勝利の上の勝利である
[支配]を得る役目を担う。

─────────────────────

〈第二の赤い騎士・ウォーライダー〉

『流血』を象徴する赤い馬に乗る。

『狂奔』を象徴する大剣を持つ。

地上の人間に
[戦争]を起こさせる役目を担う。

─────────────────────

〈第三の黒い騎士・ファミンライダー〉

『荒廃』を意味する黒い馬に乗る。

食料を制限する秤/はかりを持つ。

地上に[飢饉/ききん]を
もたらす役目を担う。

─────────────────────

〈第四の青い騎士・ペイルライダー〉

何を持つか判っていない。

彼だけは直接的に

『人を滅ぼす』

と書かれている。

青冷めた馬に乗る。

冥府を従える。

『死』そのものとされる。

[疫病]を広めて人間を
死に至らしめる役目を担う。

─────────────────────

四人は地上の四分の一を支配し、[獣]と[剣]と[飢饉]と[死]によって地上の人間を殺す権威を神から与えられている。

─────────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【キブ】

ペガーナ神話の神。

獣と人間と言葉を創った。

生命をもたらす神。

─────────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【ドロザンド】

ペガーナの宿世神。

終末を見詰める者。

全ての生物は彼の下僕。

─────────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【ヨハルネト=ラハイ】

ペガーナの神。

小さな夢と幻の神。

ペガーナから小さな夢を送り出している。

また、かつて人々が結んでこの世に定着していない夢や(ねが)いが風に乗ってペガーナに運ばれてきた時、また夢に編み直して人々の元に送り返している。

─────────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【アウラニイス】

アザトースの娘。

最も奔放なる死を運ぶもの。

─────────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【シャニ/シャナイシュチャラ】

インド占星術では土星の神。

九つの惑星ナヴァグラハ(九曜)の一角。

インド神話だと《スーリヤ》または
《ヴィヴァスヴァット》の息子。

兄は冥府神《ヤマ》

名は『ゆっくり動くもの』の意。

インドで土星はマンダ(遅いもの)とも。

─────────────────────

バッファローやカラスに乗って弓矢を携えた戦士であり、三大最高神の一柱、破壊神《シヴァ》から貰った【トリシューラ】を持つ。

不吉をもたらすとされ、激し易い彼を動転させた者に逆襲を果たすという。

─────────────────────

占星術だと象徴しているのは

苦悩/貧困/疾病/障害/遅延

制限/寿命/労働/奉仕/犯罪

民主主義/改革/奴隷/神経

死/悲しみ/老齢/修養/制約

現実/苦行/統率/権威/誠実

大志/謙虚/経験による知恵

惨めさ/勤勉/無執着/拒絶

などだそう。

─────────────────────

彼の持つ呪いの魔眼は障害や遅延、死や緩慢な破壊をもたらすとされており、《パールヴァティー》に請われて仕方無く《ガネーシャ》の頭を見た時は一目で吹き飛ばしてしまった。
 
 

 
後書き
(´・ω・`) 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧