| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

魔法少⼥リリカルなのは UnlimitedStrikers

作者:kyonsi
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第53話 人の恋路は応援するに限る

 ――side響――

「ねぇ? どうしても……駄目?」

「駄目です。コチラばかり恥ずかしいじゃないですか」

「……聞きたいなぁ」

 カウンター席で、キャディ店長から差し出されたマグカップを両手でいただいて、軽く頭を下げる。
 紅茶のいい香りが部屋を満たしてる中で、ふと、部屋の中をくるりと見渡して……。

 少しだけ違和感を覚える。
 
 キャディ店長と、ここには居ないサトさんとやらがお店をしてたとは聞いた。
 その割に……インテリアの置き方が好みな場所にある。
 不思議だなーとか思いながら。

「今頃六課でシャーリーとリインが頑張ってる頃かな」

「頑張ってるって……あ、そういう事。ごめんなさい」

 その意味に気づいて直ぐに頭を下げる。母さんが残したあの融合騎をいつでも動かせるように駆動データなどを入力してるようだ。
 あれから頂いた報告を読んで驚いたのが、外は完全に出来上がってるけれど、やはり心は入ってないし、何よりも心を入れたとしても駆動データも何も入っていないため体を動かすことは出来ないし、仮に心を入れて動かせても、今のままではユニゾンは厳しいとまで書かれてあった。

「気にしない。きっとシャーリーもリインも楽しんでるよ。
 自分以外の融合騎の後輩が出来るって、シャーリーも新しく関われることに喜んでたし」
 
「それなら……いいんですが。アチッ」

 一口含めば、思ってた以上に熱く、舌がひりひりする。その様子が可笑しかったのか、キャディ店長もフェイトさんも微笑ましそうに笑ってらっしゃるし。
 
 ゆっくり息を吹いて、冷ましてから一口啜って。
 
「……苦」

 思わず呟いたと同時に隣に座るはやてさんがフフフと笑う。そして、手が伸びてきて。
  
「ちょっと借りるね?」

 フェイトさんが俺のマグカップを預かって、テーブルに置かれた小さなポットから、ティースプーンで何かを紅茶に3杯程度入れてゆっくりとかき回してくれる。その際にふわりと甘い匂いがしてきた。
 
「きっとこれなら飲めるよ? はいどうぞ」

「……ありがとうございます」

 手渡されてからもう一度啜って。

「あ、美味しい」

「良かった。私も昔は紅茶が苦手でね。はちみつ入れたら飲みやすくなるんだ」

「なるほど」

 さっき飲んだ時の嫌な苦さは全く感じられず、ホッと一息つけるレベルまで行った。やー温まるし美味しいなって。
 普段の癖で、あまり甘いもの食べないけど、小さくなってるからか、甘いものがとても美味しい。

「それにしても……本当にごめんなさいね。大変な時期に」

 申し訳無さそうな店長を横目に。フェイトさんと顔を見合わせて苦笑して。
 
「コチラのミスでもありますし」

「うかつな行動してしまった訳ですし、助けてくださって感謝しかないですよ。ね?」

 2人で笑って応える。色んな意味で助けられたわけだし。
 そんな俺達を見て安心したように笑って、すぐに真剣な眼差しで。
 
「地上本部は、自分たちの護りは完璧だと驕り高ぶっている。
 人の手で作られたものなのに……ね。六課も予言の日は陳述会の日だと?」
 
「いえ、それはまだ。海も陸もあまり信じてないんです。 
 アヤ元三佐が離脱して合流してることを伝えてもありえないの一点張りで」
 
「……やっぱり」

「えぇ。地上本部が襲われるだけの理由を上げても、予言と一致する日の可能性が高いという事を伝えてもあまり聞いてもらえず」

 考え込むように、カイゼル髭指先でなぞりながらキャディ店長が応える。
 
「そう。その上、二世魔道士が多くなってしまったことこれでは守れない可能性が出て来てる。
 それは地上の守りのシステムを過信しすぎてる以上、瓦解してしまったら一気に崩れ去る」
 
 予言された最悪の未来になるかはまだわからないけど、最悪なタイミングだよなと改めて思う。
 
 それにしてもキャディ店長、離れてはいるけど、ある程度情報を持っている辺り……離れているのは何かあってのことなのかな?
 
「……こういう時に動くのが、特殊鎮圧部隊……なんだけどねぇ」
  
「「……え?」」

 まさかの言葉に驚く。特殊鎮圧部隊……なんか知ってるのかなって?
 
「えぇ。管理局のカウンターを兼ねているけど、管理局が潰れてしまっては元も子もないから、援護するはずなのだけど」

「あまり動けてない……そういうことですか?」

 不安そうなフェイトさんに対して、キャディ店長はニコリと笑って。

「もしくは、大丈夫という確信があるのかもしれないけどね」

 そこで思い出すのが流だ。こういう事を見越して流を配置して……何か渡すものとかあるから流を呼び出したのかな?
 
 ……それなら。
 
「大丈夫よきっと。話を聞いた限り、幼すぎるっていうのは気がかりだけどね」 

 ……ですよねー。
 
「これで何もなかったら笑い話で終わるんですけどね」

「そうねー」「そうだね」

 苦笑いを浮かべて互いに笑い合う。予言なんて当たらないことが一番だ。もし外れてくれたのなら本当にとりこし苦労ですむ。
 
「さて。私はちょっと買い物に出てくるから。お留守番お願いしてもいいかしら?」

 2人で顔を見合わせて、ニコリと笑って。

「お世話になってますし」「お手伝いしましょうか?」

「フフ、気持ちだけ貰っておくわ。じゃあ行ってくる」

 残念、振られたわ……。

  
 ――sideフェイト――

 出かけていったのを見送って、2人でお部屋まで戻る。

 いつもなら、お仕事したり、調査で得た書類の確認だったりで忙しいのに、こうしてゆっくりしているのはどうなのかな? って。
 ふと、ベットに座った響を見ると。眠そうなのかシパシパと瞬きしている。

「寝る?」

「……いえ……平気、です」

 とは言うものの、完全にお眠モードに入ってる。
 隣に座ってポンポンと膝を叩いて。
 
「キャディ店長が帰ってきたら起こすよ?」

「……じゃあ」

 と、枕の方に行こうとするのを、コチラに引っ張って私の膝の上に来るようにして。
 
「……すぅ」

 あっという間に眠っちゃった。
 
 そう言えば、震離達はちゃんとルヴェラに着いたんだろうか? 遠いから大変な場所だ。
 
 だけど、昔クロノが言ってたな。あの世界でもし転移ポートを安定させることが出来たら驚異になりえるかもしれないと。
 転移魔法が使いにくいし、不自由な世界だからこそ、逆に安全を得て秘密裏に動ける世界だと。
 
 今まで発見できなかったのも、そういうことなんだろうな。
 
 今頃六課は大変だろう。流が居なくなったから、ヴィヴィオが泣いてるかもしれない。そうするとなのはは大変だ。
 なのはは否定しているけど、きっとヴィヴィオを引き取るのはなのはだと思う。
 少しお話をした時言っていた。受け入れ先は探している。だけど、それはきっと私の自己満足じゃないかって考えてしまうって。
 
 そんなことは無いって言って上げたいけど、今のなのははきっと納得しない。だからこれはなのはが自分で答えを出す事だ。
 
 もしかすると、私も……兄代わりの流も居ない今が、なのはとヴィヴィオが向き合ういい時なのかも知れない。
 
 


――side紗雪――

「響と奏の関係……と?」

「そう、気になっちゃってねー。ちょうどフェイトちゃんも響も居ないしねー」

 珍しく二階の陽のあたる場所でお茶を飲んでいたらそこからなのはさんがやって来た。

 なんでも二階からFWメンバーを除いたらヴィヴィオと遊んでくれているのが見えたらしく、しばらく相手を頼むつもりでちょっと一息を入れに来たそうで。

 で、藪から棒にそんな事を聞かれました。ちょっと返答に困るなーと考えながらも、とりあえず……。

「まぁ、響を狙ってる子が3人居るので応援する方は大変ですよねー、と」

「……そうだねー」

 いつかのフェイトさんの告白を聞いてからは、響に気があるということを察してた。極めつけは休暇を使った帰郷に響を誘ったのが決定打になったけど……何かフェイトさんと奏が仲良しになったのは意外だなぁって。

「……やっぱり、紗雪達は奏を応援してるの?」

「勿論。あの人の片思いを長いこと見守っていますから」

 恐る恐る聞いてくるなのはさんに、こちらもニコリと笑って返す。フェイトさんが、ギンガが狙っているのは分かるけど。幼馴染としては奏と引っ付いて欲しいなぁと願ってる。
 勿論、響の意思も尊重しての話だ。最終的に誰に軍配が上がるかわからないし、誰も選ばれないかもしれない。

 人を好くとは大変なことで、難しくて、心地よいから……判断に困るよね。

「さて、本題へ戻りましょうか。響と奏の関係ですよね?」

「……うん、コンビ……ううん、トリオで組んでた期間が長いのは分かるけど、あの2人ってよくお互いの動きを見ないでも確認してるから……どうなんだろうって」

「……それは多分、あの2人の信頼の高さ故の事ですよ。だから、断言出来ます。響と震離は兄妹に近い関係です。そして、響と奏は相棒の様な関係です。今はまだ」

 ズズッとお茶を飲んで、ため息を1つ。

 私と煌。時雨と優夜とはまた違う関係。だけど、ある時期から響は劇的に変わった。全てを奪われた後。何かに取り憑かれるように弱音を吐かず、なんというか前に出る人……先導者のようになったこと。
 その頃の奏との連絡は正直心苦しかった。響が無理や無茶を通して戦うようになった。殿を務めるようになったって、何時も泣いてたけど、その度に信じるしか無いって私達は言えなかった。

 これは優夜と煌も同じだ。実際に見てない、連絡を取れてない以上俺達じゃ分からないって嘆いた。一歩引いて皆を導いてたあの人が、気が付けば一歩踏み出して前に出るようになった。
 傍から見れば、良い変化なのかもしれない。だけど、昔からの彼を知ってる私達は良くない変化じゃないかって勘ぐった。そして……それは今も続いてる。

 言い様もない不安がずっとあるって響と打ち合った煌が悲しそうに言っていたのは記憶に新しい。

「だから、私達は期待してるんです。フェイトさんに、ギンガに。奏では出来ない止め方をあの2人ならしてくれるんじゃないかって」

「……そう」

「まぁ、恋の応援は私達4人は奏ですけどねー。ギンガは……まだわからないですけど、フェイトさんは完全に気があるって分かりますし」

「……そうなんだよねぇ。可愛いよねぇ」

 フェイトさんの反応は見てて面白いと思う。だって。

「あんなに分かりやすい反応してたら気づくなって方が無理ですよー」

「そうだねぇ」

 普段もお仕事する時響に話しかけようとウロウロしてみたりしてりゃ、誰だって気づくなーって。最近は奏と仲良くなったから話す機会はもっと増えるんじゃないかなって思ってる。

 それにしても奏がフェイトさんを先輩呼びしだしたのは何かあったんだろうけど、他に漏れてないから聞けないんだー。

「よし、休憩終わり。ヴィヴィオも沢山遊んだから……今晩は寝てくれそうだし」

「あら。最近寝ないんですか?」

「ううん、元気いっぱい過ぎて沢山お話してるの。嬉しいんだけどその分ヴィヴィオの睡眠時間が減っちゃって、朝が辛そうなの」

「あらまぁ……今日は熟睡出来るといいですねぇ」

「うん、それじゃあねー」

 なのはさんが立ち上がる際に、空き缶を貰って捨てときますよとジェスチャーをする。それに気づいて小さく微笑んだ後、その場を去っていくのを見送る。

 私も飲んでたお茶の空き缶を捨てて、二階からFW陣を観察してると……。

 さっきまで遊んでたヴィヴィオが見えなくなったことに気づく。

 何処にいったのかなーと探してみれば……。

「……微笑ましいなぁ」

 少し離れた木陰でヴィヴィオに体を貸すザフィーラさんの姿が。ヴィヴィオも安心して眠ってるようだし。

「あ、いた……()? どうかしたか?」

 突然呼びかけられて、その名前を使う人の顔を思い浮かべながら振り返る。こう呼ぶのは1人しかいないから。

「なんでもないよ、さ、私達もお仕事頑張りましょうね、煌?」

「おぉ……おぉ?」

 首を傾げる煌の背を押しながら、私達のデスクへと向かう。

 その最中に。

「ねぇ、休憩になったらさ、屋上で一息入れようよ?」

「あぁ、いいね。優夜達も誘うか?」

 ハハハと笑う彼を見て、少しだけ腹が立つ。せっかく勇気を出していってるのに意図を察してくれないから。

「……二人っきりって意味だけど?」

「……マジカヨ。分かった紅茶と後は、お茶請け何食べる?」

 ぎこちなく言うのを見て、ニヤリと笑って。

「でざーと……はいらない?」

 吹き出す煌を見て、背中を擦りながら大笑い。人の恋路が進みそうだからねー。私も偶には大好きな人を労わないといけないし……ね?
 
 

 
後書き
 2日連続で非常に短くなってしまいました。大変申し訳ございません。
 長いだけの文かもしれませんが、楽しんで頂けたのなら幸いです。ここまでお付き合いいただき、感謝いたします。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧