| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

ユア・ブラッド・マイン 〜phantom vocal〜

作者:ケンケン4
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

12話〜My HERO 《中編》

 
前書き
戦闘描写とか久しぶりすぎて書けませんでした。 

 
精錬開始(マイニング)ーーー我が歌は世界を変える歌(ユア・ブラッド・マイン)

精錬許可(ローディング)ーーーその歌は世界を変える(ユアブラッド・マイン)

俺はニヤリとして最初の『音』を作る。俺達の鉄脈術は音を物質に変える能力。その能力を使って。

「星が降るこんな日に!」

そう『音』を発した……いや、歌った瞬間。俺たちの周りから星の形をした硬そうな物質がチンピラ達の方へ高速で飛んでいく。その星達はまるで投げナイフのように身体に刺さる。

「うわあ!?なんだこれ!」
「いきなり星が飛んできやがった!」
「痛え……。」

俺はすぐさま俺は振り返り、裏路地から追ってくるチンピラ達に向かって再び『音』を作り出す。

「どんな壁にぶつかったって!」

すると俺たちの前に大きな壁が出来て奥からくるチンピラ達の進行を完全にシャットアウトする。これで挟み撃ちの危険性がなくなった。

「よし……これで……。」
「幻!」

柊の叫び声ではっとなる。見るといつの間にか星の弾からなんとかかわしたのだろう。1人の魔鉄製のバットを持ったチンピラが俺たちに向かってきてた。しかも不味い。いまから音の弾を使ってもこの距離じゃ撃つ前に懐に入られる。

「死ねええぇぇえええええ!」

やばい。と思った瞬間。

「おいたはダメよ♡」

そう言ってチンピラの影からさっと現れた人影がさっと首すじに向けて手刀を打っていた。「うっ」と言って倒れるチンピラ。

「マスター……?」
「マスターさん!?」

俺たちは思わぬ援軍に驚いているとマスターの影からぴょんと小さい影が飛び出してきた。

「うーん。初陣にしてはおそまつね。まあ、無事で良かったわ、二人とも。」
「「西川先生!!」」

そう言えば西川先生とマスターは何故かペアだと言うことは知っていたが何故……?と思っているとマスターは珍しくため息を吐いて。

「あなた達が店を飛び出して行ったからやな予感がしたからあゆみを呼んだのよ。きっとこの辺りのゴロツキに襲われるかもしれなかったから。」
「……ごめんなさい。」

柊がそう謝ると西川先生は柊の頭をよしよしと撫でると。

「大丈夫よ。悪いのはここに倒れてるゴロツキと幻だから。柊さんは悪くないわ。」
「……すまん。」
「とにかくここから出て私達の喫茶に戻りましょ。そこで話をすればいいわ〜。」

マスターがそう促すので俺たちはボロボロのチンピラ達をそのままにその場を後にした。
























































「う……。」

ボロボロのチンピラ達は鉄脈術が解けて、血だらけになりながらもなんとか目を開けた。

「く……そ……。まさかあいつら契約済みだったとは……。」
「なあ……。」

するとチンピラの1人が思い出したかのように少し考えて。

「なんだよ?」
「あの幻って呼ばれてたクソガキ。これに似てねえか?」

そう言って写真を取り出してチンピラの1人にみせるとチンピラはさあと顔が青くなる。

「おま……!この人は……!」
「気付いてしまいましたか。」

その瞬間。日本刀だろうか?斬れ味鋭い得物でそのチンピラ達の首や胴体が一瞬で切断される。

「……え?」

チンピラ達は自分が死んだとも思ってないだろう。それほど速い手さばきで今の切断は行われていた。
そしてその切断をした男はボソッと。

「まったく……面倒なことになってきました。幻様の記憶も戻り、よりによって美羽様と契約をなさるとは……。」
「貴方が面倒って言うからよっぽどなのね。」

すると銀髪というよりは灰色かかったセミロングの髪の少女がその男に近寄る。外見的にその少女は魔女だという事が分かる外見だった。
男はふっと笑って。

「ええ、面倒ですよ。いかんせんこれで第2次渋谷大抗争が起こるということなのですから。」
「ふーん。でも貴方は楽しそうよ?幹也。」

幹也と呼ばれた男は笑みを崩さないままその少女に。

「楽しい……かも知れませんね。夢幻派の血を継ぐ幻様と戦うのは。」
「ふーん。ま、いいけど。」

そう話終えるとその2人は渋谷の裏路地の闇の中へと消えていった。  
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧