| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

おっちょこちょいのかよちゃん

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
次ページ > 目次
 

15 秀才の兄、病弱の妹

 
前書き
《前回》
 杉山達からなる組織「次郎長」と隣町の小学校のすみ子達「義元」の争いを沈めたかよ子達。杉山と基地に上がらせてもらえる事を約束してもらえたかよ子は杖の秘密が気になるのだった!!

 今回からはあの秀才な男子が活躍します。長山君がメインの話も一度は執筆してみたかったものです! 

 
 一人の少年は秀才だった。何もかも物知りで、成績も優秀だった。だからってそれを鼻にかける事もしない。その為か多くの友人ができた。そんな何も悪い事がないように見える彼でも一つの心配事があった。妹の体である。少年の妹は昨年大きな病にかかり、入院沙汰となった。そのせいで妹は進級できなかった。再び一年生をやっているのだ。
「もう一回、一年生なんてやだよう!お兄ちゃん!!」
 妹はそう言って泣き続けた。兄は自分の博識さの引き換えなのだろうかと自分を責める事もあった。そして兄は妹が大きな病にかからず、今度こそ彼女を進級させて欲しいと願った・・・。

 羽田空港。そこには一人の男性と女性が到着ロビーにいた。
「ここが貴方の国ね、オサム」
 オサムと呼ばれた男は答える。
「ああ、戦争に負けてアメリカの言われた通りにした結果、生温い体制になっちまったんだとよ。かくいう俺も日本の敗戦の時は生まれていないがな」
「それで、この日本のどこをターゲットにするというの?」
「静岡の清水って所だよ。そこに俺達の計画を脅かす可能性のある武器があって、その持ち主を抹殺するという事だ。そして俺達にさらに利用できるであろう奴もいるんだ」
「そう?誰なの?」
「まだ子供だがかなりの物知りだ。上手くこっちの物にできればの話だが・・・」
「まあ、やるしかないわね。ところでどうやって行くの?」
「モノレールってのを使い、そこから山手線って列車を使い、東京駅から新幹線って速い列車を使うよ」
「シンカンセンってそんなに速いの?」
「ああ、『君が生きていた』頃にあった汽車とはえらい違う程だ」
「まあ、何でもいいわ」
 二人は静岡県に向けて東京モノレールに乗車した。

 梅雨の時期が近づくにつれ、気温も湿度が上がり、暑く感じるようになった。かよ子の家も衣替えを済ませていた。かよ子は水色の半袖ワンピースで登校した。
「あ、かよちゃん、おはよう~」
 途中でまる子、たまえ、土橋とし子に会った。
「まるちゃん、たまちゃん、とし子ちゃん、おはよう!ってああ~」
 かよ子はこけそうになった。
「相変わらずかよちゃんはおっちょこちょいだねえ~」
(でもまるちゃんも今日体操着忘れそうになっちゃったじゃない・・・)
 かよ子のおっちょこちょいを指摘するまる子にたまえは心の中で突っ込んだ。かよ子は四人で登校する事にした。学校に着き、昇降口で四人は長山に出会った。
「あ、長山君おはよう」
 とし子が長山を呼んだ。
「やあ、土橋。それからさくら、穂波、山田」
 長山は少し元気がなかった。
「どうしたの?元気ないね」
 とし子が心配になった。
「うん、実は妹の小春が体壊しちゃって今日学校休んでるんだ」
「そっか、小春ちゃん大変だね」
 たまえは長山の妹が気の毒に思った。
「そうだ!今日小春ちゃんのお見舞いに行こうよ!長山君、いいかな?」
 まる子が提案した。
「え?うん、いいよ」
「皆で行こうか」
「うん!」
 皆賛成した。
「ありがとう、皆」
 長山は四人に感謝した。
「あの、長山君・・・」
 かよ子は長山に話し掛けた。
「何だい?」
「私、この前長山が教えてくれた通りにおっちょこちょいを治そうとしてるんだけど、なかなか上手く行かなくて、今日も転びそうになっちゃったよ・・・」
「ああ、すぐに治せる訳じゃないよ。少しずつ、段々と治すようにすればきっとよくなるよ」
「うん・・・。ありがとう」
 かよ子は長山に礼をすると共に自分がおっちょこちょいを治すように小春の病気も治る事を願った。

 放課後、かよ子達は長山の家へと向かった。
「只今」
「お邪魔します」
 長山の母が出迎えた。
「あら、いらっしゃっい」
「母さん、皆小春のお見舞いに来てくれたんだ」
「あら、ありがとうね」
 長山の母は皆を小春の部屋へと通した。
「小春、僕の友達がお見舞いに来てくれたよ」
「こんにちは、小春ちゃん」
「こ、こんにちは・・・」
 長山の妹は弱々しい声で挨拶した。
「小春ちゃん、すぐに元気になれるよ。そしたらまたお友達に会えるよ」
 まる子は声を掛けた。
「うん、ありがとう!こはる、がんばってげんきになるよ!また1ねんせいなんていやだもん!」
(小春ちゃん、病気ばかりなんて嫌だよね・・・。私だったら杉山君に会えなくて寂しいかな・・・)
 かよ子はもし自分が病気がちだったらどうなるか考えた。
「おにいちゃん、おねえちゃんたち・・・」
「どうしたんだい?」
「いま、あじさいさいてるよね?」
「うん、梅雨時だから咲いてるよ」
「こはる、あじさいみたい・・・」
「そうだね、治ったら一緒に行こう!」
「うん!」
 しかし、長山は裏では妹の病気が長引いて紫陽花を見せる事ができるか心配だった。
(どうか小春の為に紫陽花を見せられたら・・・)
 長山はそう思った。
(小春ちゃんに紫陽花、見せてあげられたら・・・。そうだ・・・!!)
 かよ子は数日前、杉山達と隣町の小学校のグループとの抗争を鎮めた時を思い出した。
(あの時フローレンスさんから貰った羽根があれば今すぐ見れるかも・・・!!)
「小春ちゃん、今すぐ見に行けるよ!」
「できるのかい?」
「大丈夫だよ。私、不思議な羽根があるんだ!それで空を翔んで紫陽花が咲いている所へ行こうよ!」
「かよちゃん・・・。まさかそれもおっちょこちょいの一つじゃ・・・」
 たまえは邪推した。
「ううん、本当だよ!今持って来るよ!ちょっと待ってて!」
 かよ子はランドセルを忘れて長山の家を飛び出した。
「かよちゃん、ランドセル置いてっちゃったね」
「またおっちょこちょいしちゃって・・・」
「いや、山田はわざとランドセルを置いてったのかもしれないよ」
「え?」
「ランドセルがあると走るのに大変だし、嘘つきとも思われたくないからじゃないかな」
「そうかもしれないねえ~」

 かよ子は家に帰ると机の中にしまった羽根を取り出した。母にランドセルを忘れて「もう、何やってるのよ」と呆れられたが、家に出るとすぐ羽根を巨大化させ、飛び乗り、長山の家へと向かった。

 かよ子が戻ってきた。それも空を翔んで。
「あ、かよちゃん!」
「ごめん、遅くなって!」
「うわあ、そらとんでる・・・!」
 小春はかよ子の飛行姿に見とれた。
「小春ちゃん、この羽根に乗って紫陽花見に行こう!」
「うん!」
「ねえねえかよちゃん、アタシも連れてってよお~」
「うん、皆で行こうよ!」
 かよ子は羽根に小春の他、まる子、たまえ、とし子、そして長山も乗せた。羽根は人数に問題なく翔んで行った。そしてかよ子達は紫陽花が咲く場所を上空から探した。 
 

 
後書き
次回は・・・
「紫陽花の咲く場所」
 長山の妹、小春の為に紫陽花が咲いている場所を探すかよ子達。そしてあの人物達が遂に清水に到着し、あの少女は不吉な予感を感知する・・・。 
次ページ > 目次
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧