| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

兵法伝説リヴァイアサン

作者:かつみ
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

殴り合いを知恵比べに持ち込むえげつなさ

ノエル「使徒だけじゃなく、拳闘バカどもも投入したゲロ。なんだ不満ゲロ?」
ジミー「貴様の汚い陰謀には毎度呆れる」
リリーナ「ノエル様を侮辱したな!」
ジミー「だから何だ」
ノエル「なら、敵で一番強い奴を一騎討ちで仕留めるゲロ」
ジミー「良かろう」

伝令「ノエルと使徒10匹、さらに遊牧民をジミーが率いています!」
ボナパルト「そうか」

ジミー「一番強い奴、出てこい。俺が負けたらノエルは退く」
リリーナ「何を勝手な」
ノエル「それで良いゲロ」
一軍兵「私が…」
ボナパルト「僕が勝ったら退けよ」
一軍兵「ボナパルト様!」
ボナパルト「彼の強さは大魔王様と同じくらいだ、なら何とかなる」
ジミー「何の冗談だ司令殿」
ボナパルト「バックアップしろ!」
ボナパルトに気と魔力が集まる。
ノエル「汚いさすがボナパルトきたない。こっちもバックア」
ジミー「いらん」
リリーナ「あいつ、マァムを殺した魔法剣を…」
ジミー「フレアか」
ボナパルト「そうだ」
ジミー(盾に触れたら灰になるか)
ジミーの飛拳
大盾に隠れるボナパルト、受け流し
ジミー「やるな司令殿、引き分けだ」
ノエル「ファっ!?」
ジミー「我らはノエルと魔王軍の戦いには関わらん、退くぞ」
ノエル(時間を稼がせてしまった、もうすぐ大魔王が来る)
 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧