| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

Liber incendio Vulgate

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

人形の残骸
  八鬼雲 静

 
前書き
_〆(。。) 

 
【八鬼雲静/やきぐもしずか】

性別・男

年令・18才

一人称・僕

────────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

身長189cm

体重83kg

───────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

〈性格〉

マイペース/泰然自若/純粋

───────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

〈容姿モデル〉

【アイドリッシュセブン】

[四葉環/よつばたまき]

───────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

《神田裂守/かんださきもり》に捕まってしまい、【第0学区・目的区】で【63計画】へと強制的に参加させられていた青年。

第二世代の【人形/ドール】

実験体の中で無事に63計画を生き延びることが出来た数少ない人間であり、【人形の残骸(ドールディブリス)】と呼ばれている存在。

計画時の記憶は喪失してしまった。

───────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

計画後は2年以上ホームレスとして【学園都市】と第0学区を行ったり来たり彷徨(うろつ)いていたが、偶然にも同じ人形の《白良々木眩(しららぎくらむ)》と再会して【森宮高等学校】に入学する。

【モリミヤバカ集団】の一人。

───────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

眩は63計画で同じ部屋に入れられていたせいなのか再会してからも仲が良い。

昔は何度も眩を助けている。

第二世代の人形では最も心が脆く、精神が壊れてしまうのが早かったが眩以外は全く気付かなかった。

だがそのお陰で計画を生き残れたとも言える。

────────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

神田裂守は63計画において何時まで経っても結果を出せない被験者を利用して実戦をさせていたのだが、静はそれに自ら進んで参加している。

理由は眩や他の仲間を戦わせ、誰かを殺してしまうのは残酷だと思い悪役を買って出た。

同じ実験体の仲間を最も殺している。

それによって静は更に壊れていった。

────────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

63計画にさせられた者の中では『鬼』の血を引いていた《千神祭/ちかみまつり》を抜いて肉体性能が高かったことに裂守が目を付け、肉体面を中心に能力を伸ばして改造されている。

人間が持つには過剰なエネルギーを持つ。

気/生命力

想心力/クラシア

霊力

この三つは特に多く保持している。

────────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

《能力》

【日就月将/エヴォルヴ】

[レベル???]

常時発動型で演算不要の力。

───────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

〈モデル能力〉

【仮面ライダーアギト】

《アギト》の[限り無く進化する力]

───────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

能力の強度(レベル)が無限に上昇する。

保有者が死ぬまで肉体・精神・霊魂の成長と進化が止まらないようになってしまう能力。

《八鬼雲静》は今の姿を維持している。

寿命は減るが老化はしない。

状態異常は殆ど受け付けない。

眠りや食事は不要。

自分が生きる為のエネルギーが生成可能。

環境の影響は殆ど受けない。

静止状態でも進化・成長するが、何かの活動をしていることによって能力の効果が上昇する。

能力の関係しない生身を成長進化させる能力なので、無効化や中断が起きたとしても成長進化した分はそのまま。

────────────────────

イメージは【デュラララ!!】の作者《成田良悟》先生が高校の時にノートへ書いていた『僕の考えた最強キャラ』を元にして生まれた【世界の中心、針山さん】のキャラクター《No.37564》

彼に寿命という制限を付けた感じだが、寿命が有る故に進化速度は速く、神仏魔性/ディバインと合わせて使えばかなり厄介。

────────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

〈神仏魔性/ディバイン/DIVINE〉

【アトラス】

ティーターン神族の一柱。

巨躯で知られる巨神。

─────────────────

名は

[支える者]

[耐える者]

[歯向かう者]

を意味する。

─────────────────

ティーターノマキアーでは《クロノス》と同じティーターン側に付いていた。

自軍はゼウス達オリュンポスに敗れる。

その後は世界の極西で孤独に『天の蒼穹』を背負い続ける役目を言い渡されてしまう。

天を担ぐ怪力はヘラクレスなみ。

────────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【ポルピュリオーン】

ギリシャ神話の巨人族ギガースの一人。

ギガントマキアーではヘラクレスの矢とゼウスの雷によって倒されている。

ギガースの中ではテュポーンと同一視されることも有るエンケラドスを差し置いて、《アルキュオネウス》と並ぶ二大巨頭。

ギガースは大きな体に『神に殺されない能力』と山を簡単に投げる怪力が特徴。

───────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【エンケラドス】

ギガース(ギガンテス)の一人。

意味は[大音響を鳴らす者]

ギガントマキアでは《アテナ》の投げたシケリア島の下敷きになってしまい、[エトナ火山]の下から炎を吐いているという。

しかしエトナ火山の下に居るのはゼウス最大の敵だった《テュポーン》だというのが一般的なので一部で同一の存在ともされている。
 
 

 
後書き
日就月将は実際の四字熟語です。

能力イメージはそこから。
_〆(。。) 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧