| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

兵法伝説リヴァイアサン

作者:かつみ
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

圧勝のはずが

ノエル「大魔王もバオーンも動けない、必勝の布陣で仕留め損なった…一体何が悪い!」
李牧(悪くない、あまりにボナパルトが凄いというだけだ。さすがはリバイア)
仲達「お前の戦術は超一流だ。あれを破れるのはリバイアくらいだな」
ノエル「奴が先代と同等だと言うのか?」
仲達「そうだ」

シーザー「司令、僕は戦術指揮なら司令より上だと思っていました。昨日のを見て思いました、やはり司令は父と同じリバイアなんですね」
ボナパルト「君の方が上だ、とかげ先生が神眼を使ってくださったから命拾いしただけだ」
シーザー「あそこで魔法剣フレアなんて僕には思い付きませんし、ましてや最強の使徒にぶっつけ本番ですよ!」
ボナパルト「神器での殴り合いでは敵わない、スリップでかわす道もふさがれ、恵さんにも同時に襲いかかるとはね。奴はクズだが戦術指揮の天才だ。フレアで使徒を潰し、動揺したノエル自身に撃たせて使徒を止めるしかない」
士元「見事、よく見ておけ。ボンはリバイアさんに匹敵する兵法の達人だ」
シーザー「はい!」
ボナパルト「兄さんのお陰です。魔法剣がこんなに優れたものとは知りませんでした」

 Jディフェンダー
ジョーカー(闘神)、終盤の士元専用装備
改造により反応速度が速く、扱いがとても難しい。


 Tディフェンダー
魔法剣士基本装備
あらゆる局面に対応できる、勇者テイトーの剣

 Sディフェンダー
シャチジョーカー 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧