| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

Liber incendio Vulgate

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

SUBJECT
  黒瀬 號

 
前書き
_〆(。。) 

 
【黒瀬 號/くろせごう】

性別・男

年令・20才

一人称・俺

──────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

身長191cm

体重93㎏

──────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

《性格》

快活/大胆/慎重/堅実

──────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

《容姿モデル》

【バンドやろうぜ!】

[小金井進/こがねいしん]

──────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

自分の冤罪を晴らすため、そして陥れた相手への復讐をする為に【無白の証明/イノセントゲイン】に所属しながら【SUBJECT】のメンバーとしても活動している。

──────────────────

以前は【偉大な正義/グランドライト】という学園都市へ抵抗する組織の一員で、5人居たトップの一人だった。

しかし、彼がそんな所で活動していたのは7年前に背負わされてしまった冤罪のせい。

─────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

號は中一だった13才の時、友達と一緒に居たところを学園都市の暗部に襲われる。

彼は友達を守る為に立ち向かい、その場に来ていた暗部の五人を有無も言わせず殺害した。

全員が起きたことを理解できず、揃いも揃って一撃の元に肉片と化してしまう。

離れて様子を見ていた仲間の暗部も映像を千分の一にまで落とし、何度も確認して漸く起きた事態を理解することが出来た。

──────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

正当防衛になるはずだが、何故か號は『能力犯罪刑務所』に収監されてしまう。

刑務所で過ごす内、収監された者を中心に構成された【監獄の騎士/シュプリンガー】という組織に入って任務をこなすことで刑期を短縮するようになり、2年で出所できるようになる。

────────────────

そして15才で[偉大な正義/グランドライト]に入り、一年でトップ5になった後、17才で抜けてから[SUBJECT]のメンバーとして加入し支部長になった。

───────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

SUBJECT[第一八学区・支部長]

担当は【交渉】

──────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

骨・筋肉・皮膚を始め、あらゆる部位や臓器が異常なほど頑丈かつ、強大なパワー、凶悪なスピードを誇り、【後方のアックア】すら上回る肉体と身体能力の特異体質。

小学一年生で既に最新鋭の[駆動鎧装/パワードスーツ]を手玉に取るような状態だった。

《黒瀬 號》は能力犯罪刑務所に入るまでは鍛えたことすら無かったが入所してからは一心不乱に修練を積む。

結果としてそれは正解だったらしく、格闘技術の修得と能力の爆発的な成長を起こすことになる。

──────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

《能力》

【超人加速/オクロック】

[レベル6.1]

名前は[オーバークロック]の略。


モデルは【僕のヒーローアカデミア】の外伝【ヴィジランテ】のヴィラン《試験体6号(ナンバーシックス)》の個性【オーバークロック】

あれの強化版。


自分の肉体に関わる速度全般の上昇。

時間への干渉は出来ない。

加速に対応できる肉体の取得。

試験体六号は体を改造して少しでも加速に耐えられるようしていましたが完全では無かった。

自分以外を加速させる。

超速再生
 
 

 
後書き
_〆(。。) 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧