| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

陽の目を見ないのでたまには虫干しです

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

GROW
  キルシュ・ソルティレイズ

 
前書き
(;´Д`) 

 
【キルシュ・ソルティレイズ】

性別・女

年令・17才

一人称・私/アタシ

──────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

身長177cm

体重71㎏

─────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

《性格》

平静/冷徹/無情/酷薄

─────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

《容姿モデル》

【ファントムオブキル】

キル姫[レーヴァテイン]

─────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

学園都市の名門【聖セルビア学園】の二年生で生徒会の[書記]を勤める優秀な生徒。

同都市でも最大の情報組織【GROW】の支部【クライアントオーダー】のメンバー。

────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

まだ能力者として覚醒する以前から自身が普段発している『言葉』だけで現実に影響を与えるほど強い【言霊】の力を持っていた。

そして自然に能力を発現している[原石]という状態で【第0学区・最深区】の能力開発を受け、【人工原石】という特別な存在になる。

────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

かつて『音』や『振動』、『波長』などに関係した能力者が集まった【オーケストラ】という組織に所属しており中心人物の一人でもあった。

しかし学園都市の暗部が襲撃してきたことによってオーケストラは壊滅してしまう。

狙われたのはオーケストラが都市の外部と交流を行っており、地上では学園都市が独占している能力開発の技術やノウハウが流出するかもしれないと危惧した人間が都市の上層部に居たから。

後日、沢山の仲間を失ったキルシュはその人物を抹殺してからというもの性格が豹変してしまい、学園都市の上層部を憎むようになった。

なので学園都市の壊滅を目指している【OBJECT】や【SUBJECT】、【偉大な正義(グランドライト)】に対しての印象は悪くない。

──────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

肉体能力と運動神経、白兵戦闘の資質はかなりのものであり、地獄の訓練によってその才能が遺憾無く引き出されているので能力無しでも強い。

─────────────────

キルシュの武器モデルは【進撃の巨人】の調査兵団が使っているものに似たブレード

これが二本。

二刀流も可能。

量子保管した予備も有る。

剣の名前は【エルガー】

ドイツ語で『怒り』の意。

──────────────

《特殊機能》

[不確定性原理]と[絶対確率]を制御して無数の刃を存在させ、その無数の刃で攻撃する。

──────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

《近接戦闘イメージ》

【進撃の巨人】

リミッター解除した《ミカサ・アッカーマン》が立体起動装置を使って戦っている時。

──────────────────

【NARUTO -ナルト-】

【裏蓮華】を使用時の《ロック・リー》

───────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

《能力》

【天霊符音/イルフィル】

[レベル6.7]

言葉を現実にする言霊。

共振波によって干渉する。

波動や波紋は次元を越える。

超自然存在にも効く。

言葉を構成する『あ』や『い』と言う一語一音の発音でも力を発揮することが出来る。

意思を強く込めると効果が強まる。
 
 

 
後書き
( ゚Д゚) 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧