| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

陽の目を見ないのでたまには虫干しです

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

GROW
  日月空翔

 
前書き
( ´・ω⊂ヽ゛ 

 
【日月空翔/たちもりあきと】

性別・男

年令・14才

一人称・僕

───────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

身長148cm

体重44㎏

──────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

《性格》

【あんさんぶるスターズ!】

姫宮桃李/ひめみやとうり

─────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【学園都市】で最も大きく人数も多い情報組織として知られている【GROW】の支部【遊人集会/オユウギカイ】のメンバー。

能力者として相当な潜在能力を持っており、【暗黒魔京/ディストピア】の階層世界を治める【執行官/オフィサー】を相手にしても、下位のメンバーなら戦える力を有している。

───────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

GROWに入ってから何度もGROWの中で戦闘能力トップ勢として知られるメンバーに闘いを挑んでいるが、勝ったことは無い。

しかしただ負けているだけではなく、戦う度に少しずつ、着実に成長を果たしており、時として戦闘の最中に大幅なパワーアップを果たす。

現時点で遊人集会に所属するメンバーの中でも2番目に高い戦闘能力の持ち主。

──────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

《能力》

【自由奔放/ボヘミアン】

[レベル6.8]

人間のあらゆる制限から解放される。

常識が一切通用しない。

格下の干渉を受けない。

殆どの能力は真似できる。

無限に近い力・不死に近い肉体・神に近い魂を発現者に与え、それを磨き上げることにより、世界を変えてしまうことも不可能ではない理外の存在へと変貌させる。

───────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

《神仏魔性/ディバイン/DIVINE》

【トリシラス】

インド神《トヴァシュトリ》の息子。

母はアスラ族。

[マハーバーラタ]ではバラモンの彼が苦行を修めて三界を呑み込むことを恐れた《インドラ》が彼を殺すことを決断する程の逸材。

[リグ・ヴェーダ]ではインドラが《トリタ》に命じて殺させているのだが、このトリタは【ゾロアスター教】の聖典[アヴェスター]だと《スラエータオナ》に対応している存在。

スラエータオナはトリシラスと同じく三つの頭を持つ龍蛇《アジ・ダハーカ》を世界の終末まで封じ込めた英雄として知られている。

もし生きて修業を続けていれば、トリシラスは『聖仙(リシ)』に至り、インド神話のアジ・ダハーカとも言える強大な力を持てたのかもしれない。

──────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【アヌ】

メソポタミアの神。

シュメール神話だと《アン》

[エヌマ・エリシュ]では《アンシャル》と《キシャル》の子供になっている。

アッシリアやバビロニアの『天空』や『星』を司っており世界の礎を築いた神々の王。

罪を犯した者を裁く力を持つ。

星々は自身の兵として創造した。

アヌンナキの会議には必ず出席しており議長や判事のようなことをして神々を取り纏めている。 
 

 
後書き
_〆(。。) 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧