| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

ナナシノゲエム抗

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

用語解説・登場人物
  協力者

 
前書き
主要人物たちをサポートする人物の紹介です。
原作からの人物には※を付けています。 

 
川越 悠之助(かわごえ ゆうのすけ)46歳※
南都大学・人文学部文化人類学科教授

南都大学に勤務している教授で、まりの同僚。
「不可視事象研究会」の顧問を請け負っている。
5年前の事件で呪いのゲエムを受け取った清二のサポートを行ったが、その過程で門下生を多数失ったことで、事情を知らない清二の両親や他の教授らからバッシングを受けていた。現在もそのことを引きずっており、大山は密かに彼の心を案じている。
現在でも呪いを食い止めるべく、洋介や灯華、大山らと共にゲエムに関する情報交換を行い、清二達の帰りを待っている。

大山 法基(おおやま ほうき)享年35歳(実質上41歳)※
電子生命体

6年前の事件に洋介と灯華と共に関与し、最終的に死去した南都大学の准教授。肉体は消滅したものの、精神自体はゲエム内で生きながらえた。
川越の友人でもあり、5年前呪いのゲエムについて独自に調べていた所、清二に発見され川越と再会する。その後は元凶の昇華まで清二と共に行動したが、事件解決後、清二が愛用していたTSごと捨てられ、異変に気付いた川越によって保護された。
川越と同じく、以前協力した洋介らと共にゲエムに関する情報交換を行い、清二達の帰りを待っている。


エリア(えりあ)外観14~16歳(製造3年目)
AI

朽無心躯によって造られた少女型人工知能。
人間のような会話は出来るが、感情は皆無で常に冷静沈着。心躯の命令に忠実であり、彼のことを「心躯様」と呼んでいる。
AIらしくネットワークに接続できる機器に侵入できるほか、心躯の作ったプログラムを任意で作動させたり、心躯のTSやPCだけでは賄えない外部電波の妨害・遮断、法的・社会的に認知されていない非正規の電波を探知する役目を持っている。

藤沼 令一(ふじぬま れいいち)62歳
執事

美恵子が若い頃から露屋敷家に仕えている老執事。
相手に真摯に向き合い、誰に対しても物腰柔らかい紳士的な気質を持つ人物で、自分以外にも露屋敷家に仕えている者や美恵子親子からの信頼は厚い。

生田 潮(いくた うしお) 48歳※

あるゲームソフト開発会社に勤務していた男。
最初の呪いのゲエムの元凶『生田あさひ』の父親であり、6年前の事件では娘を説得し、5年前の事件では新たな元凶と対峙した清二たちの助けとなった。

 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧