| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

ナナシノゲエム抗

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
< 前ページ 目次
 

用語解説・登場人物
  主要人物

 
前書き
本作でメインとなる主要人物の紹介です。
Episodeが進行する度に内容を追加します。 

 
笹部 達樹(ささべ たつき)19歳
南都大学工学部・1回生
本作の主人公。TSのカラーは黄色。
工学部機械工学科の一回生。幼馴染であるまりを頼り、彼女の家に居候している。
優しさと生真面目を兼ね揃えた性格で、入学当初からの親友である岡沢からも講義に取り組む姿勢を見てそれを指摘している。
まりの身に起こった出来事を知る唯一の人物で、彼女をこれ以上傷つけまいと長年腐心していた。その為に、知らなかったとはいえ、まりのトラウマを掘り起こした川越に対して憤りを隠せずやや辛い言動を放った。

張宮 まり(はりみや まり)27歳 女
南都大学・工学部助手
工学部に勤務している助手で、達樹の幼馴染。TSのカラーはオレンジ。
本来は明るく社交的な性格だが、怪談や心霊現象等オカルト要素の含まれた話を苦手としており、同僚の川越からはそれをからかわれていた。
6年前に実兄を「呪いのゲエム」で亡くしており、上記の苦手な事と相まって当時の出来事と「呪いのゲエム」の話題そのものがトラウマとなっている。そのトラウマを克服しようと達樹の反対を押し切ってTSを購入したが、未だに払拭しきれていない。

露屋敷 美恵子(つゆやしき みえこ)49歳
南都市市長
南都大学のキャンパスがある南都市の市長。布裕美の母親でもある。TSのカラーはアイスブルー。
元々は市議で、6年前の市長選挙に出馬して当選し、任期を終えた2年前の選挙に当選している。常に冷静沈着、仕事も真面目にこなす等完璧に思えるが、性格は冷めており感情もほとんど表に出すこともない。
なお心躯を除く6名の中で唯一南都大学の出身ではない。

寺尾 奏巳(てらお そうみ)30歳
会社員
株式会社・那由多商事に勤務しているサラリーマンで、南都大学卒業生。TSのカラーは深緑。
主要人物の中でも平凡な日常に生きており、『関係ない』が口癖で、自身に関係ない事やそれに巻き込まれることを嫌う。しかし根はまともで自己中心的ではなく、困っている人物を見かけると自ら進んで助け、また関係ない人物が巻き込まれるのを嫌いとしている。
上記にも記した通り南都大学の出身で、大山と川越の事をよく知る人物の一人。


日金島 洋介(ひがねじま ようすけ)26歳
小説家
元南都大学生。『ナナシノゲエム』本編の男性主人公の立ち位置にある。TSのカラーは白。
三回生の時に受賞して以来頭角を表わしてきている小説家。最新作は「晴れ間の教室」。若いながらもファンの年齢層も幅広く、布裕美や美恵子も彼の作品を気に入っている。
清二の従兄(洋介の母と清二の父が姉弟)で、5年前の事件後に失踪した従弟・清二と恋の身を案じている。
冷静な性格で、当事者であった経験を生かして呪いのゲエムの真相を灯華らと共に探っている。


和村 灯華(なごむら とうか)26歳
刑事
元南都大学生。『ナナシノゲエム』本編の女性主人公の立ち位置にある。TSのカラーはエナメルネイビー。
警視総監の父(5年前までは警視副総監)和村春次の娘で、洋介の恋人。総監の娘という立場だが、捜査一課のメンバーとして活動しており、同僚の刑事・明元とコンビを組んで捜査に取り組んでいる。
芯が強く意志も固い女性で、6年前に追い込まれていた洋介の傍に寄り添い支え、共に呪いの解決へと導いた。洋介と同じく根本的な性格は変わってはおらず、警察官という自分の立場を生かし父・春次や同僚たちと共に捜査とバックアップを行っている。


朽無 心躯(くちなし しんく)23歳
サイバーテロリスト
裏社会を拠点にサイバー犯罪に手を染めている男。TSのカラーは黒。(心躯独自の改造が施されており、TSの表面に白い薔薇の線画が描かれている)
朽無心躯という名前は偽名。本名、年齢、性別、国籍、経歴は不明とされているが、セキュリティ万全のサーバーへのハッキングを繰り返していることから、警察から『特別手配に近い指名手配』を受けている。 
< 前ページ 目次
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧