| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

兵法伝説リヴァイアサン

作者:かつみ
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

知略

ボナパルト「李牧がよほど怖いようだな」
ベリィ「怖いですよ、あの小僧が来る前は、私はリバイア様のもとで一二を争うと言われたものです」
ボナパルト「その実力者が、まだ子供だった李牧以下だったか」
ベリィ「はい、悔しいですが李牧は特別です」
ボナパルト「リバイアと李牧はどちらが上だ?」
ベリィ「リバイア様に決まっています、あのお方は計り知れません」
ボナパルト「なら、李牧とお前の差は僅かだ。差が大きいと見当もつかない。僕もリバイアやノエルとの差が分からない」
ベリィ「ボナパルト様も天才です。まさかリバイア様と引き分ける御仁がいるとは…」
ボナパルト「リバイアと知略で勝負したら確実に負けるよ。奴の読みと誘導を潰せば何とかなる。これもリバイア流用兵術」
とかげ先生「教えはしたが、リバイア様と五分でやれるとは信じられない!」 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧