| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

Liber incendio Vulgate

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

的場聖持

 
前書き
本編のもの以外に能力効果を追加。
φ(・ω・ ) 

 
的場聖持(まとばせいじ)

性別・男

一人称・俺

年令・16才

────────────────

身長171㎝

体重60㎏

─────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

《性格》

清濁を併せ呑む/勤勉/純粋

──────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

《容姿モデル》

【GRANBLUE FANTASY】

[灰白の豹アイル]

───────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

学園都市で[風紀委員(ジャッジメント)]をしている。

仕事は真面目で戦闘を好まない。

肉体性能は非常に高く、体術に優れる。

【STUDENT】のリーダー《野口勝哉》は風紀委員支部の先輩であり、彼にとっては生みの親。

──────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

野口勝哉は【7計画】なるものを発案し、人工的に[レベル7]の能力者を作ろうとした。

その集大成が的場聖持。

【セーフティー】を付けられ本来の力を発揮できないでいた聖持だが、STUDENTとの戦いによって覚醒する。

その最中に《騎城優斗》の【プログラム】と勝哉の【コード】も付与されたことで予定より強くなった。

セーフティーを付けたのは【63計画】を主導していた最高責任者の《神田裂守(かんださきもり)

───────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

《能力》

弱点設定(ダメージポイント)

[レベル5.9まで]

至近距離で使う。

細胞を破壊する。

感覚では『磁力のようなもの』で擬似的な磁場を作り、触れたものに対して磁石の[S極]と[N極]が反発するような現象を起こし、それによって細胞を破断させるらしい。

─────────────────

[レベル6.0~6.7]

遠距離攻撃が可能。

追尾機能の付与。

飛来ヶ所の座標を指定。

──────────────────

[6.8~6.9]

弱点を設定する。

概念的に干渉して生み出す。

自分と同格以下の相手なら、ほぼ効く。

──────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

《野口勝哉が付けたコード(CODE)》

Disparar todo/万物を射貫(いぬ)

現在(いま)こそ神は標的と為る

【神を穿つ者】

──────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

完全攻撃(パーフェクター)

[レベル7]

弱点設定の辿り着いた形態。

[レベル7]となった的場聖持が持つ能力の一つであり、[レベル6]でもトップクラスの野口勝哉を圧倒する桁違いの性能を発揮する。

攻撃に触れた相手は攻撃された部分が強制的に弱点と化してしまうので回避するしかない。

完全攻撃を止めようとしても、一旦発動すればレベル7並みの干渉でなければ全ての干渉を遮断してしまう。

──────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

無敵貫通(トータルキラー)

[レベル7]

科学と魔術の融合に近い。

魔術系の力で物理や能力を相殺する。

科学系の力で魔術や神秘を相殺する。

この『科学系』とは【とある魔術の禁書目録】の《エイワス》と同じく[一切の魔術に関わらない純粋な物理の世界]に属するもの。

身体能力が上昇する。

自身に掛かる物理法則の操作。

レベル7以下の干渉を遮断。


完全攻撃と無敵貫通の遮断を合わせると攻防一体となった恐るべき特性を持つ。

───────────────────

───────────────────

《騎城優斗が付与したプログラム》

人間の[脳]は『睡眠』を取った時に記憶の定着や整理をしているのだが、聖持の脳はその機能が極端に高い。

普通の人間なら勉強や訓練をして、毎日少しずつ色々と覚えていくものだが聖持は一眠りするだけで学んだことの『ほぼ100%』を自分の経験と感覚に反映できる。

[睡眠記憶]と言われる学習能力。

────────────────

聖持は皆から色々と教えてもらっていたことが有るが、ある程度まで自分が楽しくなると最初から居た人間が居なくなっていった。

あまりにも上達するのが早すぎて、教えていた者をあっという間に追い抜き、プライドと心をへし折ってしまうのだ。

だから聖持は野口勝哉が有り難かった。

どんなに自分が上手くなり上達しても、聖持の側から離れることが無かったから。

優斗が聖持に付与した[プログラム]とは『睡眠記憶』と『高速学習』を睡眠無しでも使えるようにして、更に強化するもの。

───────────────────

記憶は一度、脳の【海馬】に蓄えられる。

但し、何度も練習するように同じ刺激を与えていないと直ぐに忘れてしまう。

これは記憶を『一時的に』留めるだけの[短期記憶]として蓄えられているから。

例えば初めて聞いた電話番号を思い出せないのは短期記憶である為に忘れているから。

これを安定して暗算でもするように記憶を引き出す、或いは取り出せるようにする為には【長期記憶】として脳に[定着]させる必要が有る。

この時の記憶形成に睡眠が関わっている。

───────────────────

[記憶]とは学校の勉強などで習い、頭の中で覚えていくものだけには限らない。

例えば自転車の乗り方など最初は上手くいかなかった人も沢山居らっしゃるはずだ。

こういう体を動かす感覚、運動やスポーツ技術の向上に必要な【手順記憶】が有る。

1日かけても修得出来なかった技術がぐっすり寝た次の日には簡単にこなせるようになっていることも。

────────────────

《騎城優斗》は[プログラム]を付与することによって《的場聖持》に自分の体術・知識・演算・感覚まで覚えさせ、融合した。

聖持は『睡眠記憶』と『手順記憶』という二つの記憶が共に凄まじく優れている。

優斗のプログラムとは『記憶の再編成』による記憶と技術、感覚の定着、そしてそれを睡眠無しで行えるようになること。

殆どの体術は見ただけで理解・認識・把握して、自分ものにすることが出来る。

それだけでなく、演算や感覚の融合によって能力の方も強化されることになった。

──────────────

プログラムには【STUDENT】メンバーのデータも有り、彼らの技術も使えるようになっているのだが、聖持がそのデータを使う為に必要なレベルになっていなければプログラムの情報が解禁されることは無い。
 
 

 
後書き
φ(-ω-。`) 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧