| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

兵法伝説リヴァイアサン

作者:かつみ
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

独裁者の力

とかげ先生「リバイア様は戦略も戦術も史上最強の天才軍師。勝つ自信を与え、恐るべき速度と精度で組織を動かす。だがお前は個々の力を引き出し、さらに単純な戦術で凄まじい強さにする」
ボナパルト「僕とリバイアさんを足して、やっと初代と同等ですか?」
とかげ先生「初代様とてリバイア様よりは知略は劣り、お前ほど勤勉でもない。だがやはりリバイア流用兵術が一番上手いのは初代様だ」

ボナパルト「やはり作戦を変える。ノエルと戦うときには君に指揮を任せるつもりだったが、僕がやる」
ベリィ「お願いします。ノエルどころか李牧にも敵いませんでした」
ボナパルト(ベリィが無理なら、シーザーしかいないと思っていたが、どうもノエルと戦えるのは僕だけのようだ。見てしまったんだよな、ベリィが指揮官だと動きが悪くなるの…僕より上手いはずだったのに)

 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧