| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

兵法伝説リヴァイアサン

作者:かつみ
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

窮地

ベリィ「李牧…」(まずい、この戦力では…しかも指揮官がノエルと大差ない。下手したら精神的な隙が少ない分ノエル以上かもれん。しかしボナパルト様なら何かお考えのはず)
ボナパルト「おい小僧、お前ごときこの三代目リバイアが相手をするまでもない。ベリィ、もんでやれ」
ベリィ「ファッ!?」
とかげ先生(そうだボナパルト、お前の戦略とベリィの戦術が最適解だ)
ボナパルト「僕は帰る、任せたぞ」
李牧「ボナパルト…追うべきか」
使徒「ボナパルトを追え!」
李牧「待て、あれは罠だ」
使徒「うるせぇぞ小僧」
ベリィ(そうか、李牧はノエルほど使徒どもから支持されてはいない。こっちはボナパルト様が士気を高めてくれている、しかも今崩れた)
 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧