| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

緋弾のアリア ──落花流水の二重奏《ビキニウム》──

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

物騒な自己紹介

正面玄関に掲示されていたクラス割振りの紙に書かれていた結果を見た俺が向かった先は、2年A組。ここが、新たな仲間と一年を共にするクラスだ。

どうやら、かの遠山キンジとも同じクラスらしい。少なくとも1年は暇な校内生活を送ることはないようだ──と、俺は安堵の息をつく。

教室の扉を目前に控えた俺は、深呼吸をした後、覚悟を決めて取手に手を掛ける。
……始業式に遅刻したんだ。担任が誰かは知らないが、場合によっては入った瞬間、銃弾が飛んでくる可能性も大いにある。

最悪のビジョンを想定しつつ俺は静かに扉を開き、なるべく目立たないように小さく頭を下げて教室内に入っていった。
しかし、そんな俺の考えも杞憂に終わり、教卓の方から聞こえてきたのは──

 

「あ、如月君も来ましたねぇ。今HRの真っ最中だから、早く座ってー」

 

おっとり、と形容する他ないその声の主は、武偵高の良心こと、高天原ゆとり先生だ。
強襲科の蘭豹やら尋問科の綴やらなんやらと変人の巣窟である武偵校の中では、数少ないマトモな教師である。

この1年間は平穏が保たれるかもな──という期待と、周囲からの視線を受けつつ、俺は先生に指定された席に座る。
席は番号順などとは特に決められていない武偵校だが、偶然にも、キンジが前の席だった。

俺が座ったのを確認した高天原先生は、何故か終始ニコニコ顔だ。俺も含めたクラスメートらに訝しげな表情を向けられている彼女だが、それすらお構い無し。

かといって、ようやく口を開いたかと思えば、


「みんな、何で先生がニコニコしてるか分かる?」
「「「あ、そういうの良いです」」」
「そうかー……」


──問い掛けに口を揃えて返すクラスメートらの団結力よ。

流石に先生もそれは予想外だったようで、悲しげに目を伏せてから、

「実は、かわいい転校生ちゃんを紹介しようと思ってたんですよ。……というワケで、これから自己紹介してもらっちゃいますねー?」


転校してきたかわいい子……誰だ……?
などと腕組みして考えていると、ガタッ、と机から立つ音がした。音的に、教室でも後ろ端の方。

カツン、カツン、と靴音を響かせて教卓の前に立ったその子は、俺とも面識があり──というか、先程まで顔をあわせていた子だった。

一切の汚れの無い雪肌に、ピンク色のツインテール。下手すれば小学生にも見間違えてしまうほどに幼気な、その子は──

 
「強襲科の神崎・H・アリアちゃんでーす!」
「……うげ」

 
我ながら呆れた声を隠すこともせず俺が吃驚していると、次の瞬間、前からガタッ! と物音がした。
俺含めてクラスの面々が視線をやれば、どうやらキンジがイスから転げ落ちて頭を打ったらしい。どうしたよ、お前。

 
「どうした、キンジ」
「いや……なんでもない」
「嘘付け」
 

「絶対何かあったろ」と胸中でツッコミつつ、俺は壇上に立っているアリアへと視線を向ける。

……そういえば、アリアはキンジに強猥されたと言ってたな。
キンジの反応から見るに、その事実に近しいモノはあったのかもしれない。

俺と視線があったアリアは、一瞬こちらを睨み付けてきたが──それも嘘なのかと思えてしまうほどの台詞を、次の瞬間、彼女は言い放った。


「先生。あたしはアイツの隣に座りたい」

 
そう言って指さしたのは、俺。つまり、アリアは空席になっている俺の隣に座りたいと。そう言っているワケだ。
……いやいやいや、ちょっと待て。さっきまでドンパチやってた人間相手に言う台詞か。それは。


「まぁ、先生は良いけど……神崎さん、問題は如月君が了承してくれるかだよ? 確かにあそこは空席だけど──」
「大丈夫。何がなんでも了承させるから」


強い熱意の篭ったその声を聞き止めると同時、物音と共に叫び声を上げて立ち上がった男が居た。
クラス中の視線はソイツに向き、例によって俺も、その聞き馴染みのある声の主を視界に入れた。


「よ、良かったな彩斗っ! ようやく春が来たみたいだぞ!!」
「誤解もいいとこだな、武藤や」

 
黄色い笑みを隠すこともせず浮かべているアイツは、武藤剛気。
ガタイも良く、一見強襲科の人間と思われそうだが──あぁ見えて車輌科のAランクであり、特技は乗り物と名の付くものなら何でも運転できること、だそうだ。

俺含め強襲科の任務の際には、車輌科の武藤にお世話になっている。ちゃっかり有望者だ。

1人で馬鹿騒ぎしている武藤を横目に、アリアはそのまま俺の方へと歩いてくる。
その途中、キンジの席の前で立ち止まったアリアは、シュルッ……とベルトを解いてから、ぽいっ。

 
「キンジ、これ。さっきのベルト」


アリアを見るなりゲンナリとしているキンジ目掛けて、放り投げた。
それを手で受け取ったキンジは、即座に着用したが──いや、ホントにお前ら何してたの? 俺が来る前の体育倉庫で。

 
「あ、分かった! 理子分かっちゃった!! これ、フラグばっきばきに立ってるよ!」

 
何処となく武藤を彷彿とさせる黄色い悲鳴と共に手を挙げて立ち上がったのは、ロリ童顔の金髪ツインテール少女。
身にまとっている制服は何故かロリータ風に改造が施されているが、彼女の趣味らしい。

そんな彼女──探偵科の峰理子と言えば、校内の大抵の人間に伝わるだろう。名前を知らずとも、その奇抜な格好は誰もが1度は目にしているハズである。

傍目、ただの馬鹿騒ぎしている馬鹿なのだが……実力的には申し分ないのだ。といっても、この性格のせいで薄れてはいるが。
 
理子はアリアとキンジを両手で指さすと、探偵科の峰理子ならではの推理を、饒舌に展開し始めた。


「キーくんベルトしてない! そしてそのベルトをツインテールさんが持ってた! これ、謎でしょ謎でしょ!? でも、理子には推理できた! できちゃった!」
 

コイツのことだ。ロクな推理の予感がしない。何せ、探偵科──いや、武偵校でも群を抜くほどの馬鹿なのだから。
 

「キーくんは彼女の前で、ベルトを取るような何らかの行為をした! そして彼女のところにベルトを忘れていった! つまり──2人は、あつーいあつーい恋愛の真っ最中なんだよっ!」


……なるほど。その推理も一理あるな。


「理子、お前はただの馬鹿かと思ってたが──見直したぞ」
「おい、ちょっと待て彩斗。納得すんなっ!」


果たしてその事実は嘘か誠か。本人から聞き出せばいいだけの話だが──今回の理子の推理は、筋が通っている。少なくとも、馬鹿理論の継ぎ接ぎではなかった。


「おぉ、でしょでしょ! だよねぇー。あっくんもそう思うかぁ」
「理子もいい加減にしろっ! だいたい、そんな事実はないっつってんだろ!」
「えー、でも皆そう思ってるよ? そうだよねっ!」


クルン、とロリータ風のスカートを靡かせて半回転しつつ、クラスメートの意見を仰いだ理子目掛けて、我がクラスの面々は、揃って告げる。


「「「激しく同意」」」


武偵高の生徒は、一般科目の他に専門科目を履修する。そのため、クラスや学年を越えて学ぶので、顔見知り率は結構高い。
……のだが、息が合いすぎだろ。お前ら。
 
そんな事態の連なりに、流石のキンジも頭を抱えた時、

 

──バギュギュン!!

 

その音源へと、クラス中の視線が集まる。その先には、肩を震わせながら顔を俯かせているアリアが居た。
手には2丁拳銃のコルト・ガバメントが握られており、そこから放たれた銃弾は、教室の壁に傷を付けるに至っている。

……流石に理子も発砲されるとは思っていなかったのか、顔面蒼白といった感じで、大人しく席へと座った。武藤も同様である。

そんな中で、 チン、チンッ……という空薬莢が落ちる音が、余計に静けさを際だたせた。
だが……まさか自己紹介で発砲とはな。初めて見たぞ。流石の我が担任も涙目だわ。

ここ、武偵高では、必要以上の発砲は控えられている。つまり、してもいい。必要最低限の発砲に留めれば、注意勧告を受けることはないのだ。
 

「れ、恋愛なんて……くっだらない!」


肩は小刻みに震え、頬は怒りの為か、羞恥の為か紅潮している。
万人の恋愛観を真っ向から否定する言葉を言い放ったアリアは、何故かガバメントの銃口を俺と理子に向け──


「アンタら2人……いや、全員覚えておきなさいっ!今度からそういうこと言うヤツには──」


これが、神崎・H・アリアがクラス全体へ向けて発した最初の言葉である。

 
「──風穴開けるわよ!」


物騒なことこの上ない。
 
 

 
後書き
──物騒なことこの上ない。(復唱)

……あ、お気に入りや評価等、お待ちしております。次回もお楽しみにっ。(*ˊ˘ˋ*) 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧