| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

ドラえもん のび太の転生ロックマンX

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

スクリュー・マサイダー

エネルゲン水晶鉱山
 
「ハア、ハア・・・・・」
 
エックスたちがジャングルエリアに行っている頃、ビートブードは、マンドリラーと共にイレギュラーが占拠した鉱山へと行っていた。
 
「なぁ・・・・ビートブード。」
 
「ん?」
 
洞窟の中を移動しながらビートブードはマンドリラーの方を見る。
 
「どうしたんだ?」
 
「ここさっきも通らなかったかい?」
 
「えっ?」
 
マンドリラーの指摘を見て彼は辺りを確認する。元々限られた明かりと同じような道ばかりが続いているため見間違いだと思っても仕方がないのだが明らかに同じ道であるように見えた。
 
「そ、そんなはずは・・・・・・・・」
 
「だって、ほら。アレ、俺が付けた目印だよ。」
 
マンドリラーは一つの岩を拾い上げるそこには大きく「✖」の印が付けられていた。
 
「・・・・・っていうことは戻ってきちゃったのか?」
 
「そうなるね。」
 
ビートブードは頭を押さえながらしゃがみ込む。
 
どうもこの坑道は、迷路のようになっているらしい。元々エネルゲン水晶は現在の社会では欠かせないエネルギー源であるためこのような鉱山があってもおかしくはないのだがここまで同じ場所に戻ってくるようなことはそこまでない。もしかしたら、イレギュラーが事前に侵入者対策に自分で細工していたのかもしれない。
 
「このままではいつまでたっても進めない・・・・・」
 
「う~ん~・・・・・・・・・・・!」
 
マンドリラーは、ちょっと考えて何かひらめいたような表情をする。
 
「どうしたの?」
 
「俺の腕もドリルだからこれで掘り進めばいいんじゃないか?」
 
「それはそうだけど・・・・マンドリラーのドリルって採掘作業用のじゃないんじゃ。」
 
「大丈夫大丈夫。このぐらいの岩の硬さだったら何とかなるよ。」
 
ビートブードが心配している中マンドリラーは腕をドリルに変形させて岩を掘り始める。
 
「うん、結構岩盤が適度な硬さだから崩れてくることはないよ。」
 
「そうかな?」
 
二人は掘った穴からどんどん先へと進んで行く。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エネルゲン水晶鉱山 最深部
 
「今日ノ分ハコレグライデイイ。」
 
その頃、鉱山を占拠していたイレギュラー スクリュー・マサイダーは、ドップラー軍へ採掘したエネルゲン水晶を届けるべく。水晶を積んだコンテナを秘密通路から運び出そうとしていた。
 
「ドップラー博士・・・・・コレデ喜ブ。俺タチ、レプリロイドノ理想郷、マモナク誕生スル・・・・・」
 
その目には何も映っておらずただひたすら仕事をしているように見えた。
 
「・・・・・・ン?」
 
マサイダーは一旦足を止める。
 
「・・・・・・何カ聞コエタ?」
 
しかし、後ろを振り向いても誰もいない。
 
「空耳?デモ、レプリロイド、空耳聞クノカ?」
 
マサイダーは、そう言うとまたコンテナを引き始める。
 
「・・・・・・マタ、聞コエタ。」
 
しかしやはり後ろを見ても誰もいない。不思議に思って彼は上を見上げてみる。
 
すると
 
「「うわあぁぁぁぁああ!?」」
 
「!?」
 
上からマンドリラーとビートブードが落ちてきた。急に上から現れた二人に回避行動をとる暇がなくマサイダーは二人に押しつぶされた。
 
「だから言ったじゃないか!無暗に掘り進んでも変なところに落ちるかもしれないって!」
 
「でも~、いつまでも同じところをぐるぐるしているよりはましだと思うよ?」
 
下にマサイダーがいるとも知らずに怒るビートブード。
 
「・・・・・それにしても変なところに出てきちゃったな。これだとどう帰ればいいのかわからないぞ。困ったな・・・・・」
 
「・・・・・・なあ、ビートブード。」
 
「ごめん、考えさせてくれ。今後の自分たちの運命を左右する選択になるんだから・・・・・・・・」
 
「何か踏んでいるように感じるんだけど気のせいかい?」
 
「えっ?」
 
ビートブードは自分の足元を見てみる。
 
そこは確かにゴツゴツしているが岩ではない。
 
手を触れてみると何か尖ったものがある。
 
「・・・・・・・あっ。」
 
よく見ると自分たちはレプリロイドらしきものの上に立っていた。慌てて避けて見ると二人が落ちてきた衝撃で伸びたマサイダーの姿があった。
 
「・・・・・・」
 
ビートブードは近くにあった木材を拾って突いてみる。
 
反応はない。
 
「・・・・・・もしかして・・・・殺っちゃった?」
 
「俺に聞かれてもな・・・・・」
 
ビートブードは真青になってマンドリラーに聞く。
 
「ど、どうしよう・・・・いくらイレギュラーでもこんなにあっさり殺っちゃうなんて・・・・・」
 
「まあ・・・・・・事故だからしょうがないんじゃないかな?」
 
「事故で済むか!!俺たちはもしかしたら罪もないレプリロイドを破壊したことになるんだぞ!?」
 
「そんなこと言われてもな・・・・・・・・後で穴掘って墓でも作ってあげればいいんじゃないか?」
 
「ペットじゃないんだから・・・・・・」
 
ビートブードは申し訳なさそうな顔で倒れているマサイダーを見る。
 
「うん、その・・・・・ごめんね。」
 
「ゴメンネデ許スカ!!」
 
「うぉ!?」
 
突然起き上がってきたマサイダーにビートブードは驚く。
 
「生きていたのか!?」
 
「俺、コノ程度デクタバルカ!!」
 
マサイダーは怒りの眼で二人を睨みつける。
 
「なんであんなに怒ってるのかな?」
 
「俺たちのせいだよ!!」
 
「トルネードファング!!」
 
マサイダーは、右手のドリルから3つのトルネードファングを繰り出す。
 
「何か飛ばして来たよ。」
 
「任せろ!バクホール!!」
 
ビートブードは、無効化にするべくバクホールを展開する。しかし、一つはバクホールに吸収されたものの残りの二つは二人の眉間に命中する。
 
「ふおぉっ!?」
 
「あいててて!?」
 
二人は思わず両手で押さえる。
 
「ビートブード、もっとしっかり狙わないと。」
 
「この武器は癖が強いからコントロールが難しいんだよ!!」
 
「サッサト失セロ!!」
 
マサイダーはドリルを回転させながら突進して来る。
 
「なんの!」
 
マンドリラーも右腕をドリルに変形させてマサイダーに向かって行く。
 
互いのドリルが命中し、互角に見えた。
 
「・・・・・・あり?」
 
マンドリラーはドリルに変形させた右腕を見る。ドリルの回転率がマサイダーの方が上だったのか彼のドリルは徐々に押されていく。
 
「ソンナドリルデ俺ハ、倒セナイ!!」
 
マサイダーは、ドリルの回転率を上げて前進して来る。するとマンドリラーのドリルの先端部がぐにゃりと曲がってしまい、彼は後方に勢いよく吹き飛ばされた。
 
「うおぉぉおおお!?」
 
「マンドリラー!?」
 
岩盤にぶつかって倒れたマンドリラーにビートブードは駆け寄る。
 
「大丈夫か?」
 
「なんとか・・・・・・でも、これじゃあ、もうダメだな。」
 
マンドリラーは、変形してしまった右腕のドリルを見て言う。幸いまだ動くが攻撃には使えないだろう。
 
「どうしようかな・・・・・・こんな山の中じゃエレクトリックスパークの効果薄いし。」
 
マンドリラーは困った顔で首を傾げる。その間にもマサイダーは突進をしてくる。
 
「くう!こうなったら当たって砕けろだ!!」
 
ビートブードも自らの角を活かして突進する。だが、ドリルの回転によって接触した瞬間、ビートブードは勢いよく上に投げ飛ばされた。
 
「うわぁあああ~!?」
 
「弱イ!弱イ!イレギュラーハンター弱イ!!」
 
吹き飛ばされたビートブードをマンドリラーがキャッチする。
 
「大丈夫かい?ビートブード。」
 
「う、う・・・ん・・・・・俺たちじゃ相手が悪かったみたい・・・・・でも、このままおめおめ逃げるのもな・・・・・・・って言うか逃げるにしても帰り道がわからない・・・・・」
 
「う~ん~・・・・・・ビートブードの角もドリルだったらいいのにね。」
 
「そんなこと言われても・・・・・・・・・!ん!?ちょっと待てよ。」
 
何か思いついたのかビートブードはマンドリラーの右腕をいじり始める。
 
「何するんだい?」
 
ビートブードはドリルの部分を外すと自分がくっつく。
 
「これでドリルを回転する要領でやってみてくれ。」
 
「えっ?」
 
「いいから!」
 
「コレ以上時間長引クトドップラー博士困ル。ソロソロ終ワリニスル!!」
 
とどめを刺そうとマサイダーは、ドリルを回転させて二人に向かって来る。マンドリラーはドリルを回転させるようにビートブードが掴まっている右腕を回転させる。
 
「酔うんじゃないの?」
 
「うぅ・・・・・気にするな!これに続けて電流流して!!」
 
「そんなことしたらショートしちゃうよ?」
 
「後でケイン博士に直してもらえばいいから!」
 
「うん・・・・・・わかったよ。」
 
ビートブードの指示の元マンドリラーは、右腕に電流を流す。回転していることもあって右腕はまるで電流を帯びた巨大なドリルのように見えた。
 
「よし、このまま突っ込め!!」
 
「どうなっても知らないよ。」
 
「クタバレ!!」
 
「ブラアァァアアアアア!!!」
 
右腕を前にしてマンドリラーはマサイダーへと向かって行く。
 
「無駄ナコトヲ!今、楽ニシテヤル!!」
 
双方の攻撃が激突すると同時にマンドリラーの右腕に帯びていた電流がマサイダーを直撃する。
 
「グオォオオオオ!?ナ、ナンナンダコレハァア!?」
 
「ドリルに電気を帯び立たせて伝導率を上げたんだ!確かに普通に使えば効果は薄まるが武器に帯びたたせて使えば効果はそのままだ!」
 
「グオォォオオオオ!?カ、体ガショートスルッウゥウウウ!?」
 
かつてエックスがアルマージを倒した時のようにマサイダーは体のあちこちから煙を吹き出す。同時にドリルの回転が止まり、ビートブードの角が彼の胸部を貫く。
 
「ガ、ガァア・・・・・・」
 
動力部を貫かれてマサイダーは膝をついてそのまま機能を停止する。それを確認するとマンドリラーは電流を止め、回転を止めた。止まると身体から煙を吹き出したビートブードがゆっくりと離れた。
 
「大丈夫かい?」
 
「ゲフン、ゲフン・・・・・・・後少し遅かったら兄貴のところへ行ってたかも・・・・・・」
 
ビートブードはゆっくり起き上がると機能停止したマサイダーの方を見る。
 
「コイツを連れて帰って調べたいところだけど俺たちの状態じゃな・・・・・」
 
「これ使って運べばいいんじゃないか?」
 
マンドリラーは後方にあるコンテナを見て言う。
 
「そうだな。でも、今の時代トロッコって・・・・・」
 
「乗れるだけましなんだから贅沢は言わない方がいいと思うよ?」
 
二人はマサイダーをコンテナ乗せると待機してあったトロッコに繋いでゆっくり出口を目指して進んで行った。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エネルゲン水晶鉱山 外
 
トロッコは、ゆっくりと外へ出た。
 
「うわぁ・・・・意外にも俺たちが入った入り口の反対側にあったんだ・・・・・・」
 
「木を見て森を見ずとはこのことを言うんだろうね~。」
 
トロッコを止めるとビートブードは早速ハンターベースと連絡を取ってマサイダーの回収を頼む。
 
「通信はこれで良しと。後は・・・・・」
 
「ビートブード、あれなんだろう?」
 
「ん?」
 
マンドリラーの指さす方を見てビートブードはあっと声を出した。
 
そこには以前カウンターハンター基地で見たカプセルが待機状態であったからだ。ビートブードが前に立ってみると案の定カプセルが開き、ライトが姿を現した。
 
『君はビートブードだったかな?エックスがいつも世話になっている。』
 
「あ、あっ、いえ・・・・・・俺も隊長には随分世話になっているので。」
 
『本来ならエックスに直接このカプセルに入って装着してほしいのじゃが、ただでさえこの事態じゃ。わしの代わりにエックスにパーツを届けてほしい。』
 
「構いませんよ。」
 
ビートブードが返事をするとカプセルにヘッドパーツが出現する。
 
『今回のヘッドパーツは、前回の探知機能を強化して、最新鋭の人工衛星から送られるデータをもとに、その地帯の簡易的な情報マップを表示してくれる。これなら敵の位置もある程度正確に教えてくれるはずじゃ。後、ヘッドパーツ用の強化チップも授けよう。このチップは微弱だがダメージを回復する機能を有している。ある程度のダメージならこれですぐに治癒してくれるはずじゃ。』
 
「わかりました。パーツと強化チップ、エックス隊長にお渡ししておきます。」
 
『頼んだぞ。』
 
「ところでえっと・・・・・・ライト博士。」
 
『?何かね?』
 
「貴方とエックス隊長っていったいどういう関係なんですか?」
 
『ふむ・・・・・・そのことに関してはあまり明言することはできんが少なくとも君達の味方であることに変わりはないよ。だが、わしにはパワーアップパーツを渡すことしかできない。どうか、エックスのことをサポートしてほしい。』
 
「・・・・大丈夫ですよ。今でも副隊長がしっかり支えてくれていますし、俺たち17部隊も頑張っていますから!」
 
ビートブードは、カプセルからパーツとチップを受け取るとマンドリラーのところに戻ってハンターベースへと戻って行った。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
???
 
「・・・・・よし、まあこれで見た目は奴にでも遠目では気づかんだろう。」
 
とある廃工場で何者かが何かを組み立て終えたところだった。
 
「音声も取っておいた。これで奴をおびき寄せ・・・・・クッ!また頭が!!」
 
レプリロイドは両手で頭を押さえて苦しむ。
 
「・・・クッ!待ってろよエックス・・・・・・お前に見せてやる・・・・・地獄を見て来た俺の『鬼』をよ・・・・・・」 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧