| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

ドラえもん のび太の転生ロックマンX

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

アシッド・シーフォース

巨大ダム 
 
ヴァジュリーラをエックスに任せたゼロたちはダムを占拠したイレギュラーを討伐するべくダムの中を移動し続けていた。
 
「ここから先は水の中だな。」
 
ゼロは目の前にある水面を見ながら言う。
 
「ここからは二手に別れよう。お前たちは上の方から、俺とマーティは水中から進んで行く。」
 
「万が一のためにラッシュをそっちに行かせるから。ラッシュ、みんなの道案内をお願いね。」
 
『クゥウン・・・・・』
 
マーティに言われるとラッシュは少し寂しそうな声を出す。そんなラッシュを彼女は頭を優しく撫でる。
 
「大丈夫よ、少し離れているだけだから。すぐに会えるわ。」
 
『クゥウ・・・・・』
 
そう言うとマーティは、下半身をマーメイド形態に変形させて水中に潜る。
 
「じゃあ、みんな。また後で会いましょう。」
 
「ほわぁ・・・・・本当に人魚だったんだ・・・・・」
 
「今更ながらあんな恋人がいるなんてのび太の奴羨ましいな・・・・・・」
 
その姿を見て呆気にとられるジャイアンとスネ夫。
 
『ワン、ワン!』
 
ラッシュは開き直ったのか吠えて呆然としている二人を呼びかける。
 
「二人とも!私たちも行くわよ。」
 
「置いて行っちゃうよ~。」
 
「「あっ、待って~!」」
 
四人はラッシュを先頭にダムの上部の方へと向かってく。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
巨大ダム 水路
 
「はああぁぁああ!!」
 
「くっ!私の動きをこんな短時間で読んでいるというのか!?」
 
一方、ヴァジュリーラとエックスの戦闘は序盤は苦戦はしていたものの攻撃パターンを掴んだエックスが徐々に押し上げていた。
 
「ドラえもんの居場所を言うんだ!!」
 
エックスは器用にチャージをしてはヴァジュリーラに向かってバスターを放つ。フルチャージならもっとダメージを与えられるのだがヴァジュリーラを破壊してしまえばドラえもんの居場所が分からなくなってしまう。そのため、完全に破壊しない程度に出力を抑えて撃っていた。
 
先ほどまで自分のスピードを生かして翻弄していたヴァジュリーラではあったがダメージの蓄積もあって動きが鈍ってきていた。
 
「バカな・・・・・・私は、ドップラー博士が生み出した最高傑作『ナイトメアポリス』の一人なんだぞ!?何故、旧式の奴に・・・・・!もしや・・・・・」
 
ヴァジュリーラは、攻撃をやめてエックスと対峙する。
 
「どうした?ドラえもんの居場所を言う気になったのか?」
 
エックスは警戒を緩めずバスターのエネルギーをチャージする。
 
「・・・・・・貴様のパワーがこれほどの物とは恐れ入ったものだ。・・・・・ならば一つだけ教えてやる。タヌ・・・・・いや、そのドラえもんという奴は今ドップラー博士が貴様たちのことを研究するために秘密研究所で奴の解析を行っている。だが、早くせんと解体されるかもしれんぞ?」
 
「貴様!!」
 
エックスはフルチャージショットを放つ。しかし、ヴァジュリーラは素早く避けその場から消え去った。
 
『今回はここで手を引くが次はこうはいかんぞ。ハッハハハハ・・・・・・』
 
「待てぇえ!!」
 
エックスは、見境なくバスターを撃つ。しかし、それはただ無駄に天井のパイプを破壊するだけに過ぎなかった。
 
「ドラえもん・・・・・・・・・・・ドラえもぉぉぉおおおおおんんん!!!!」
 
エックスはドラえもんの名を叫ぶ。その背後で聞いている輩がいるとも知らずに。
 
 
 
(なるほどな・・・・・・・あのメカニロイドの出来損ないは奴の大事なもんだったのか。まあ、お手並みは拝見させてもらった。後で楽しませてもらうぜエックス。貴様が俺に味合わせたこの痛みをな。)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
巨大ダム 堤防
 
『ワン、ワン!』
 
「お~い~!一人でそんなに早く行くなよ~!」
 
一人で走っていくラッシュにジャイアン達は必死になって追いかけていた。ここに来る途中、制御室でキメラのオプションパーツデータを入手できたことはお手柄だったがダムの水質を戻すための浄化施設がどういうわけかエラーを発生していて、それがイレギュラーが占拠したエリアと一致しているため、ラッシュに向かってもらっているのだ。
 
「しっかし、本当に大きなダムだな。」
 
ジャイアンは、堤防から見えるダムの光景を見て言う。
 
「そりゃあ、一応22世紀の世界なんだもの。僕らの時代よりも大きなダムがあるのは当り前さ。」
 
「でも、ああいうものを見せられちゃうと悲しいわね。」
 
しずかが見ているのは、水面に浮かんでいる魚の死骸だった。それも大量で明らかにイレギュラーの手による汚染の影響だともいえる。
 
「こんなに魚をダメにしやがって・・・・・許せねえ!!」
 
「ジャイアンは食べるためでしょ。」
 
「うるせえ!」
 
「いで!?」
 
四人がラッシュと一緒に堤防を渡りきると丁度ゼロたちが水面から出てきたところだった。ラッシュはマーティを見るなり尻尾を振って走っていく。
 
『ワンワン!!』
 
「ん?ラッシュ、もう来たの?」
 
『ハッ、ハッ、ハッ、ハッ・・・・・』
 
ラッシュは、飼い犬のようにマーティの前に来るとお座りをする。
 
「呆れたもんだな・・・・・一時間も離れていないのに。」
 
「それだけマーティさんのこと慕っているのよ。」
 
「お前たちの方は何かあったか?こっちは水中でイカみたいなメカニロイドと交戦したが。」
 
「俺たちの方は特に敵はいなかったぜ。あっ、スネ夫がライドアーマーのオプションのデータ見つけたって言ってたな。」
 
「オプションデータ?ハンターベースに持って帰ったアレのか?」
 
「多分ね。コードネームが“カンガルー”ってなってたけど。」
 
「それは戻って調べればわかるだろう。今は目の前にいる敵を倒すことが先だ。
 
一同はイレギュラー反応が大きい浄化施設の入口へと入る。扉を開けた瞬間、強烈な悪臭がゼロたちを襲う。
 
「うえぇ・・・・・・なんだこのにおい・・・・・」
 
「俺んちのトイレよりも臭いぜ。」
 
「見て、この部屋ゴミだらけよ。」
 
しずかの指をさしているところを見るとゴミが散らばっていた。しかし、よく見て見ると何かで溶かされている。
 
「おかしい。反応はここから出ているが何もいないぞ。」
 
ゼロはバスターを展開して奥へと入っていく。
 
反応はあるものの中には誰もいない。
 
「・・・・・・もしかして反応が偽物・・・・・ってわけじゃないわよね?」
 
『クンクンクンクン・・・・・・・・』
 
ラッシュは鼻を嗅ぎながら敵を探す。するとゼロが踏もうとした不気味な色をした水たまりの前で急に足を止める。
 
『ウゥ~~~!!!ワン!ワンワンワン!!』
 
「ん?どうしたラッシュ?」
 
「あんまりにもクセェもんだからもう部屋から出たいんじゃないのか?」
 
「だったら早く出た方がいいよ。このままいたら僕たちも臭くなっちゃうよ。」
 
『ワン!ワン!!』
 
ラッシュは、吠えながら水たまりを踏みつける。
 
 
 
 
 
シュウゥ・・・・・・
 
『ワオォン!?』
 
「ラッシュ!」
 
嫌な音がしたと同時にラッシュは足を引っ込める。マーティが足を見て見るとまるで酸に溶かされたのかのように白くなっていた。水たまりは一か所に集まると徐々に一体のレプリロイドの姿へと変貌する。その姿は一見タツノオトシゴにも見える。
 
「これが奴の正体か。」
 
「マタ・・・・・・人間・・・・来タ・・・・ココ・・・・・汚シニ・・・・・・・」
 
イレギュラー アシッド・シーフォースはまるで憎んでいるかのようにゼロたちを睨みつける。
 
「ねえ・・・・こいつ何か僕たちに恨みでもあるのかな?」
 
「知るかよ。やいやい、てめえ!よくもこのダムを汚くしやがったな!魚もあんなに死なせちまって、どうしてくれるんだ!!」
 
「・・・・・・・違ウ・・・・・・・アレ、全部オ前タチノセイ・・・・・・・・・」
 
「?」
 
「俺・・・・・・何度モ注意シタ、綺麗ニシテタ・・・・・・・デモ、オ前タチ人間・・・・・・ミンナ捨テル・・・・」
 
シーフォースは目から涙を零して言う。
 
「こいつ・・・・・・泣いているのか?」
 
「オ前ラノセイ!!オ前ラノセイデ!!」
 
シーフォースは、液体の塊を生成してゼロたちに向かって投げる。ゼロはバスターで塊を吹き飛ばすが飛び散った液体はゼロのアーマーを溶かす。
 
「この液体・・・・・強酸だったのか!?」
 
「オ前タチモ溶ケロ!!」
 
シーフォースは次々と強酸の塊を生成してはゼロたちに向かって飛ばしてくる。ゼロはボディを溶かされながらも撃ち落としていくが、ジャイアンたちは大慌てで逃げて行った。
 
「うわぁ!?今度はこっちに飛んできた!?」
 
「避けろ避けろ!!」
 
マーティもバスターショットで攻撃するが運が悪く効果はほとんどない。
 
「属性チップがあればなんとかなるのに!」
 
「溶ケロ溶ケロ!!」
 
シーフォースは、焦点の合わない目で攻撃を続ける。
 
「くっ!このままバスターで攻撃したんじゃ埒が明かん!」
 
ゼロは、バスターを戻してビームサーベルを引き抜くとシーフォースの懐目掛けて突っ走る。
 
「シネ死ネ!」
 
「バスターがダメなら斬るまでだ!!」
 
ゼロは、強酸を避けながらシーフォースの目の間にまでくるとサーベルを振り下ろす。
 
「喰らえ!!」
 
「・・・・・・・・・」
 
しかしサーベルがシーフォースに届こうとした瞬間、シーフォースの体はスライムのようにドロドロに溶けてその場から消えた。
 
「何!?」
 
ゼロは周囲を警戒するがシーフォースはゼロの背後で再び姿を現した。
 
「ゼロ!後ろよ!」
 
「なっ!?」
 
ゼロが後ろを向いた瞬間、シーフォースはゼロを抱きしめる。
 
「ぐわあぁぁぁあああああああ!!!!」
 
ゼロの体が音を立てながら溶け始める。
 
「大変だ!このままだとゼロさんが溶かされちゃう。」
 
「しずかちゃん、なんか役に立つ道具はねえのかよ!?」
 
「そんなこと言われても・・・・」
 
しずかはエックスから預かったポケットから何か道具を出そうとするがいいものが見つからない。
 
「くっ!」
 
マーティは、槍を展開してシーフォースに突き刺すが逆に槍の先端が溶けてしまった。
 
「うっそ!?」
 
「・・・・・・・・」
 
シーフォースは、口から強酸の液を吐き出してマーティのビキニアーマーを融解させる。
 
「いやいやいやいや!いやぁ~!!」
 
音を立てながら溶けかけているアーマーが外れないようにしようとマーティは、必死に押さえる。
 
「クッ・・・・・万事休すか・・・・・・」
 
ゼロはもはや助からないと判断する。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「フロストシールド!!」
 
「グッ!?」
 
その時聞き覚えのある声とシーフォースの苦しむ声が聞こえた。目を開けて見てみるとそこにはバスターを構えたエックスがいた。
 
「エックス!」
 
「「「のび(さん)!!」」」
 
「お兄ちゃん!」
 
「エックス・・・・・」
 
「遅れてすまない。」
 
エックスが放ったフロストシールドはシーフォースの体に命中し体を凍りつかせていた。
 
「グッ、グウゥウウウ・・・・・・・・」
 
シーフォースは力を失いゼロを離す。
 
「どうやらパワー切れのようだな。」
 
ゼロはサーベルでシーフォースの体を斬る。シーフォースはもだえ苦しむようによろめいて行く。
 
「ア・・・・・アァ・・・・・・・」
 
「野郎。まだ・・・・・・・」
 
急所を斬られながらも動き続けるシーフォースにゼロはとどめを刺そうとバスターを展開する。
 
「待ってくれ、ゼロ。」
 
しかし、その手をエックスが押さえさせる。
 
「何故止めるエックス?」
 
「何か様子がおかしくないか?俺たちを狙わずに外へ行くなんて・・・・・・」
 
確かにシーフォースはエックスたちに目もくれず外へと出て行った。
 
「怖くなって逃げだしたんじゃないの?」
 
「まさか。」
 
「ねえ、これ見て!」
 
しずかは部屋の隅から何かの端末とディスプレイを発見する。端末を挿入して開いてみると何かメッセージが残されていることが分かった。
 
「これは一体・・・・・・・」
 
一同は、メッセージを開いてみる。すると若い女性の姿が映った。
 
「この人は?」
 
『21XX年、〇月〇日。どうやら私も限界のようです。その前にシーフォース。このメッセージをあなたに残しておきます。貴方を環境再生のための新型レプリロイドとして開発し、ついにあなたがこのダムの環境を改善するまでに至りました。設計した亡き父、そして、貴方を生み出した私も誇らしく思うわ。本当は、さらに改良を重ねて貴方の兄弟機を製作したいところだったけど父譲りの病状が私にも現れてきたの。今まで薬で誤魔化してきたけど・・・ゲホッ、ゲッホ!ゲホッ!・・・・・・・残念ながらあなたの完成まで持たないみたい。私の研究はドップラー博士に引き継がせることにしたわ。同じレプリロイドである博士ならあなたの能力を完成させるのに協力してくれるはずよ。このダムみたいに貴方が世界を綺麗にしてくれるようになったら私も父も満足よ。だから、私がいなくなっても・・・・・・・美しい自然を大切に守ってね。追伸、私が亡くなったらこの収容カプセルに入れてダムに沈めてちょうだい。きれいな水の底で魚たちに囲まれて寂しくないし、貴方がここを離れるようになっても私はここで眠っています。さようなら。』
 
そこでメッセージは途切れた。どうやら遺言だったらしい。
 
「・・・・・・・おそらく、この映像の女性があのイレギュラーの開発者だったんだろうな。」
 
「そうか!あのレプリロイドは元々環境再生のために開発されていたのか!それが人間がごみを何度も捨てるようになって分解処理しきれなくなってあそこまで変貌したんだ!」
 
「だとすると可哀そうね。」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「ア・・・・・・アァ・・・・・・・・・・・」
 
シーフォースは、ボロボロの体でダムの水中へと潜っていた。濁って魚がほとんど死滅してしまった湖底に辿り着き、彼は何かを探すように彷徨う。
 
「ア・・・・・・・ア・・・・・・・!!」
 
そして、一つのカプセルを発見する。汚い藻を払って見てみるとそこには先ほどエックスたちが映像で見た女性の寝顔があった。
 
「ハ・・・・・カ・・・・・・セ・・・・・・・・」
 
シーフォースは泣きながらカプセルに抱き着いた。
 
「ハカセ・・・・・・・・ゴメン・・・・・・・俺・・・・・・取リ返シノツカナイコトシタ・・・・・・ハカセノ眠ルココ・・・・・・汚シタ・・・・・・俺、ハカセトノ約束ヤブッタ・・・・・・・・・」
 
シーフォースは機能停止寸前になっているのにもかかわらずひたすら女性に謝り続ける。
 
「俺、結局人間ト同ジ。自然壊ス奴ダッタ・・・・・ハカセニ寂シイ思イサセタ・・・・・・ゴメン。」
 
シーフォースはとうとう体が動かなくなる。
 
「セメテ・・・・・・・・ココ、ダ・・・・・・ケ・・・・・ハ・・・・・・・・」
 
機能停止すると同時に水中のゴミなどがシーフォースに集まって行く。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「おい!これは・・・・・・」
 
エックスたちは、外に出てきたときダムの光景を見て唖然とした。
 
「ダムの水が綺麗になってる!?」
 
先ほどまで汚かったダムの水は嘘のように綺麗になっていた。それどころか死にかけていた魚たちが見違えるように泳いでいる姿も見えた。
 
「シーフォースがやったんだ・・・・・・せめてもの罪滅ぼしとして生みの親である彼女の眠るこの場所を守るために・・・・・・・・俺たちも今残されている環境を守るように努めなくちゃいけないな。」
 
「・・・・・そうかもしれんな。」
 
一同はダムの景色を見ながらそう感じた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「・・・・・・あの・・・・・エックス。」
 
「ん?」
 
浄化施設から出てこようとしないマーティにエックスは顔を向ける。
 
「何か感慨深そうにしているところ悪いけどアタシ・・・・・アーマー溶けちゃって・・・・・・・なんか体に巻くものはない?」
 
「そうは言われても・・・・・・あっ!そうだ!しずかちゃん、『着せ替えカメラ』を出してくれ。」
 
エックスに言われて、しずかは着せ替えカメラを出す。
 
「これで何か服を・・・・・・」
 
「あぁ、それなら僕に任せてよ。」
 
スネ夫は紙に適当に絵を描き始める。
 
「大丈夫なのかい、スネ夫?」
 
「任せなって、将来デザイナーを目指しているんだから。」
 
「スネ夫の奴、高校の時美術コンテストで全国の時惜しかったけど銀賞取っているんだぜ?」
 
「そうなんだ。」
 
「よし、しずかちゃん。後はこれを彼女に合わせて。」
 
「わかったわ。」
 
しずかは絵を受け取ると早速浄化槽施設の中へと入っていく。
 
「ところでどんな服にしたんだい?」
 
「気になるかい?一応モデルはKOFの・・・・・・・」
 
「なんじゃこりゃあぁあああ!!!」
 
「「「「「!?」」」」」
 
マーティの叫びに一同は思わず入口の方を見る。するとしずかが焦った顔で戻ってきた。
 
「スネ夫さん!どうしてあんな服にしたの!?」
 
「えっ?そんなにまずかった?」
 
「まずいにもほどがあるわよ!」
 
スネ夫としずかの会話を他所にエックスは、施設の入口へと行く。
 
「マーティ、大丈夫か・・・・・・・」
 
「誰が来てって言ったのよ!!」
 
「ブッ!?」
 
「あっ・・・・・・・」
 
入り口から顔を覗くなりエックスはマーティの平手を受ける。そして、撃たれた方を見るとそこにはボロボロのアーマーから浴衣の左右を切り取って肌の露出を多くしたデザインの赤い装束の格好になったマーティがいた。
 
「ご、ごめんエックス!?」
 
まさかエックスとは思わずマーティは茫然としてしまっているエックスを揺さぶる。
 
「まさか、エックスだとは思わなくて・・・・・・・大丈夫?」
 
マーティは先ほどぶってしまったエックスの頬を撫でる。レプリロイドは人間とは違い腫れたり青くなったりはしないがかなり痛そうにみえた。エックスは思わず彼女の恰好を見て顔を赤くした。
 
「だ、大丈夫だよ。」
 
「・・・・・・・本当にごめんね。」
 
マーティは、エックスの顔を見ながら心配そうに言う。
 
「とりあえずみんなと一緒にハンターベースに戻ろう。」
 
「でも・・・・この格好・・・・・・」
 
「俺が傍にいるから。」
 
「・・・・・・・うん。」
 
彼女は顔を赤くしながらエックスの手をしっかりと握る。
 
お互い顔を赤くしながら出てきたときはみんな驚いた顔をしていたが。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧