| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

ドラえもん のび太の転生ロックマンX

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

エクスプローズ・ホーネック

兵器開発工場
 
エックスたちがバッファリオと交戦している頃、ジャイアンたちはゼロと共に兵器開発工場へと乗り込んでいた。
 
「ふわぁ・・・・・・昔、恐竜ハンターの基地や鉄人兵団の臨時基地に入ったことはあるけどこの工場はそれ以上だね。」
 
「気を抜くな。俺たちはここでは侵入者なんだ。防衛用のメカニロイドがあちこちでちらほら動き始めている。」
 
ゼロはセンサーで辺りを確認しながら移動する。その後をスネ夫たち四人がミニドラを連れてついてくる。
 
「なあ、スネ夫。この工場の兵器を一つかっぱらって俺たちのものにするって言う方法はねえもんかな?」
 
「あのねジャイアン・・・・・僕たちは飽くまでドラえもんの情報とかがないかどうかを調べに来たんだよ!敵の兵器を奪ったところでドラえもんの居場所を知る手掛かりにはならないよ。」
 
「で、でもよ・・・・・」
 
「武さんの言う事にもわからないでもないわ。ドラちゃんが捕まった時もドラちゃんのひみつ道具が通用しなかったんだから。・・・・・でも、のび太さんは無理をしないようにって言ったんだから無茶なことはよしましょう。」
 
「う、うん・・・・・・・そうだな。」
 
しずかにも言われてジャイアンは少し不満そうな顔をしながら移動を再開する。ゼロは、先陣を切ってゼロバスターとビームサーベルでメカニロイドを破壊していく。
 
「ホーネックの奴・・・・・戻ってきたら今溜まっている書類全部押し付けてやるからな。」
 
最初のメカニロイド製造工場を抜けるとゼロは周囲の安全を確認しながら歩いて行く。
 
「・・・・・・センサーで確認してみたがこの辺のイレギュラーは一通り片づいたようだ。」
 
「じゃあ、ここから別れるんですか?」
 
「そうだな、俺はもう少し奥へ行ってみる。お前たちは自分の身の安全を確保しながらデータ収集に当たってくれ。終わり次第、その簡易転送装置でハンターベースに戻るんだ。」
 
「おいおい、一人で行くつもりかよ?」
 
「お前たちはエックスのかけがえのない仲間だ。お前たちに万が一のことがあればエックスに合わせる顔がないからな。」
 
ゼロはそう言うとダッシュで奥へと去ってしまった。
 
「なんだよ・・・・・・のび太の親友なら俺たちの仲間で変わりねえだろ。」
 
ジャイアンは、納得いかない顔で言う。
 
「でも、僕たちは人間だよ。のび太みたいな無茶はできないよ。」
 
「そうね、あまり心配かけさせるわけにもいかないから私たちは、自分の仕事を最優先しましょう。」
 
四人は、一つの格納庫へと入る。
 
「暗いね。」
 
玉美はミニドラを抱えながら中を覗く。
 
「あっ!みんな、ここに梯子があるよ。」
 
少し奥へ進むとスネ夫が地下へと続く梯子を発見した。四人は慎重に梯子を下りて奥へと進んで行く。すると停止しているメカニロイドが何かを吊り下げているところへ出くわす。
 
「おっ!あれって・・・・・」
 
「頭がないロボットだぁ~。」
 
「ドラララ!」
 
「ライドアーマーだ。」
 
スネ夫は、懐中電灯で見ながら確認する。
 
「ここにコンピューターがあるわ。」
 
しずかはライドアーマーのロックをかけていると思われるコンピューターを操作してみる。いろいろ専門用語などはあったが大抵のものは何とか読めた。
 
「何かわかったしずかちゃん。」
 
「えっと・・・・・このロボットは、DRA-00 キメラって呼ぶらしいわ。」
 
「えっ?普通のライドアーマーじゃねえのか。」
 
「待って・・・・・・このロボットはどうやら換装機能があるみたいで空中飛行・水中移動もできる設計になっているそうよ。これは試作機らしいわ。」
 
「へえ・・・・・僕たちは意外なものを発見したってわけか。オプションの装備はこの工場にあるのかい?」
 
スネ夫に聞かれてしずかはパネルを操作してみる。
 
「・・・・・・この工場には本体の試作機が数機生産されてあるだけみたい。パーツは他の場所で生産するって書いてあるわ。」
 
「う~ん・・・・・じゃあ、今度はこの工場の兵器がどこへ流されているのかを調べよう。」
 
スネ夫がしずかと相談している最中、玉美はじっとライドアーマー キメラをじっと見ていた。
 
「ん?どうしたんだい、玉美ちゃん。」
 
ジャイアンは玉美に聞いてみる。
 
「あのロボットって、人が乗るの?」
 
「えっ・・・・・・ま、まあ・・・・・・乗れるんじゃないかな?一応、ゲームでも乗れてたし。・・・・・まさか、乗りたいの?」
 
「うん!」
 
「ドラララ!」
 
玉美とミニドラの返事にジャイアンは呆気にとられる。まあ、ドラえもんの傍で生活していてひみつ道具に触れる機会が多いのだからやってみたいという好奇心があるのは仕方ないが。
 
「う・・・・・ん・・・・・」
 
ジャイアンは腕を組みながら考える。
 
「ジャイアン、そろそろ次の場所へ行くよ。」
 
「・・・・・2人はちょっと先に行っててくれ。」
 
「えっ?どうしたの。」
 
「・・・・・・・玉美ちゃんがトイレに行きたいそうだからちょっと連れてってからそっちに行く。」
 
「それなら私が・・・・・・」
 
「しずかちゃんはスネ夫と一緒に情報収集を続けてくれ。俺だとこういうのはチンプンカンプンだからな。」
 
「わ、わかったよ。」
 
そう言うと二人は先に奥の方へと進んで行った。それを確認するとジャイアンはこっそりキメラのロックを解除してメカニロイドから切り離した。
 
「わあ・・・・・・大きいね。」
 
ジャイアンは玉美とミニドラをコックピットに乗せると自分もキメラに乗り込んで操縦桿を握る。
 
「えっと・・・・・・・トラックの免許は取り合えずとっていたけど、意外にボタンとか少ないんだな。これが起動スイッチかな?」
 
ジャイアンがボタンを押すとキメラがゆっくりと立ち上がる。
 
「動いた動いた!!」
 
「ドラララ~!!」
 
キメラはゆっくり歩きながら二人の後を追っていく。
 
「走らせるには・・・・・・・・このボタンかな?」
 
次のボタンを押すとキメラは思いっきりジャンプした。
 
「わあぁぁ!?」
 
急に飛び上がったキメラにジャイアン達は驚く。
 
「や、やべぇ!早く止めねえと!」
 
ジャイアンは別のボタンを押すが今度はダッシュ移動をし始める。
 
「わ、わ、わぁ!?」
 
「わぁ~!」
 
「ドララ!?」
 
キメラが着地した瞬間、下に設置されていた移動式の床が起動して三人は地上に上げられてしまう。
 
「ど、どこへ行くんだよ~!?」
 
地上に到着した時は、地上ではイレギュラーたちが輸送機に資材を積んでいたところだった。
 
「な、なんだお前たちは!?」
 
「あっ、やべぇことになった!」
 
イレギュラーたちは一斉にキメラに向かって攻撃を開始する。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
兵器開発工場 最深部
 
ゼロは工場の最深部へと到着していた。
 
「・・・・・ここだな。」
 
ゼロはゼロバスターで扉を破壊して中に乗り込む。その部屋の奥の席で誰かが椅子に腰を掛けてモニターを眺めていた。
 
「・・・・・・・・・・随分早いご到着のようですね。ゼロ隊長。」
 
椅子がゼロの方へ向くとそこにはホーネックが座っていた。
 
「・・・・・ホーネック、一体どうしたというんだ?ドップラー軍になど入って・・・・・」
 
「・・・・・・私はね・・・・己の能力を認めてもらうための世界にしたいと考えているのですよ。」
 
ホーネックは椅子から立ち上がり、ゼロと対峙する。
 
「己の能力を認めてもらうため?」
 
「・・・・・・今のイレギュラーハンターの組織を見て思わないのですか?」
 
「どういう事だ?」
 
「レプリロイドはそれぞれ与えられた能力がある。その能力を活かすことによって世界をより良い方向へ導くが本来の役割です。それなのにもかかわらず・・・・・・」
 
ホーネックは頭を押さえて言う。
 
「我々の組織の実態を見てどう思います?書類もまともに整理できない上司、元B級ハンターが中心に再編された17部隊。」
 
「・・・・俺とエックスのことか。」
 
「それだけではありません。その元B級の副官が階級すらなかったレスキューマーメイドタイプの女性型、さらに部下たちは元イレギュラーとそのイレギュラーの弟・・・・・・これで精鋭と言えますか?」
 
「マンドリラーとビートブードのことを言わなくたっていいだろ。あいつ等もアイツらで反省している。」
 
「それが甘いのですよ。このような能力をまともに活かせない輩が増えれば世界は更に混沌としたものへとなってしまいます。それをドップラー博士が正そうとしているのです。」
 
「それは間違いだ!今お前たちがやっているのは破壊だ!」
 
「今はそうです。しかし、歴史の中で世界を正しい方向へ導くためには時に破壊・暴力が必要な時もあるのです。我々はその力となるのです。」
 
「・・・・・・どうしても、戻ってきてはくれないんだな。」
 
「知れたことを。貴方のような自分の仕事を人にやらせる輩のところにいたら私の才能が押し潰されてしまいます。」
 
ホーネックはボタンを押すと肩にミサイルポッドやバズーカ砲を装備する。
 
「・・・・・すまないな、だったらここでお前をイレギュラー認定する。」
 
「結構!ならば私はここで鬱憤を晴らさせていただきます!!」
 
ホーネックは、ミサイルとバズーカ砲を同時にゼロに向かって発射する。ゼロは、バスターで牽制しながらミサイルを回避しようとする。しかし、ミサイルは方向反転してゼロに向かってくる。
 
「くっ!追尾式か!」
 
ゼロは、バスターでミサイルを撃ち落としていくが間に合わず何弾か命中する。
 
「グッ!?」
 
「ハッハハハハハハ!どうです?私が貴方用に作ったミサイルのお味は?」
 
ホーネックは針を展開してゼロに飛び掛かる。ゼロは何とか右腕を構えて地面に打ち込む。
 
「アースクラッシュ!!」
 
「ぬっ!?」
 
ホーネックは地面から振動で飛ばされる瓦礫を回避する。ゼロはその隙を狙ってビームサーベルでホーネックのバズーカ砲を切断する。
 
「これしき!パラスティックボム !!」
 
ホーネックは無数の小型のハチ型爆弾を発射する。爆弾はゼロを包囲してその距離を詰めては爆発して行った。
 
「ぐぅう・・・・・・・・」
 
ゼロは防御態勢をとって何とか凌ぐもののエックスのようなアーマーもないため徐々に追い詰められていく。
 
「わかりますか?この苦しみが!!今の今まで貴方が放置した書類を処理させられて動力炉をキリキリ痛めていた私の痛みが!!満足にエネルギー補給すらままならなかったこの私の苦しみが!!」
 
「ぐわあぁぁああ・・・・・・・・・」
 
「死ね死ね死ね死ね!!私に呪われて地獄に落ちろ!!」
 
ホーネックは本音を吐き散らしながらゼロを追い詰める。ゼロは近づくことすらままならず膝をついた。
 
「くうぅ・・・・・・・・・」
 
「フッフフフフ・・・・・どうですか?エックス隊長のような強化アーマーを身に着けていないあなたにはさぞお辛い事でしょうね・・・・・・」
 
ホーネックは満足したかのようにまた針を展開してゼロの真上に飛ぶ。
 
「・・・・・・ホーネック・・・・・」
 
「今度は貴方が地獄でキリキリ苦しみなさい!!!」
 
ホーネックは勢いをつけてゼロに向かって行く。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「母ちゃ~~~~ん!!!」
 
「ん?」
 
外から聞こえる叫び声にホーネックは、動きを止める。
 
「なんだ?今の叫び声は?」
 
「あの声・・・・・まさか!?」
 
「スネ夫~~~!!ジャイ子と母ちゃんのことを頼んだぞ!!!」
 
壁を突き破って二人の目の前にキメラに乗ったジャイアンたちが現れた。キメラはイレギュラーたちの攻撃で装甲が傷ついていたが操縦桿が外れていて暴走状態だった。ちなみに玉美とミニドラは気絶している。
 
「ライドアーマー キメラ!?なぜ人間が!?」
 
「誰か止めてくれ~!!」
 
泣き叫ぶジャイアンの乗ったキメラは見境なく部屋を破壊しながら迫ってくる。
 
「まっ、待て!?そ、そこは・・・・・ブボッ!?」
 
何かを言おうとしたホーネックは、キメラの拳に殴られて壁に激突する。
 
「おい、早くそいつを止めろ!」
 
「止められないんだよ~!!」
 
「くっ!」
 
ゼロは無理やり体を動かして自分が斬りおとしたホーネックのバズーカ砲を取るとキメラの両足に撃ち込む。脚部を失ったキメラは腕を振るい続けていたがビームサーベルで斬りおとして完全に無力化した。
 
「た、助かった・・・・・・・」
 
ジャイアンはホッとしてコックピットから出てくる。ゼロは不機嫌そうな顔でジャイアンの前で腕を組んで立っていた。
 
「・・・・・・危険なことはするなと言ったはずだぞ?」
 
「悪かったよ。俺も本当はこんなことするつもりじゃなかったんだ。」
 
謝るジャイアンの前に目を覚ました玉美が駆けつけてくる。
 
「玉美が悪いんだよ。玉美がお兄ちゃんに乗ってみたいってわがまま言ったから・・・・・・・・」
 
半泣きで謝る玉美を見て流石に気まずいと思ったのかゼロは彼女の頭を撫でる。
 
「今回は、無事だったから大目に見てやる。だが、今度こんなことしたらお兄ちゃんに言って怒ってもらうからな。」
 
「うん。」
 
その直後工場全体の警報が鳴り始めた。
 
「なんだ?」
 
『機密保持のため自爆装置が作動しました!施設にいるスタッフは急いで脱出してください!繰り返します、本工場は・・・・・・・』
 
「じ、自爆!?」
 
ジャイアンは顔を真っ青にする。
 
「まずい!早くほかの二人を見つけて脱出するぞ!」
 
ゼロは倒れているホーネックを慌てて担ぐと、三人を連れて動き出した。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
工場外
 
工場の外に出ると同時に、工場は爆発しながら崩壊していった。
 
しばらく歩いて行くとスネ夫としずかが工場から奪ったものと思われるキメラの傍で待っていた。
 
「ジャイアン!」
 
「おぉ!スネ夫!無事だったか!」
 
ジャイアンは玉美を背負ったままスネ夫の方へと駆けて行く。
 
「ジャイアンたちの悲鳴が聞こえてきたから急いで戻ろうとしたんだけど敵に見つかっちゃって。運よくライドアーマーを奪えたからここまで逃げられたんだけど・・・・・・・」
 
「でも、みんな無事でよかったわ。」
 
「すまねえな、2人とも。俺の勝手な行動で・・・・・・・すまない!」
 
ジャイアンは二人の前で土下座をして謝罪する。
 
「やめなよ、ジャイアン。別に怒ってるわけじゃないんだから。」
 
「スネ夫・・・・・」
 
「それに武さんのおかげでゼロさんも軽いけがで済んだんだから、ねっ?」
 
「しずかちゃん・・・・・うおぉぉぉお!!!心の友よ~!!」
 
2人の温かい態度にジャイアンは号泣する。
 
「・・・・・・フッ、大した奴らだよ。エックス、お前の仲間は。」
 
「う、うぅ・・・・・・・・」
 
ゼロの後ろに降ろされたホーネックが喚き声を挙げる。一同は思わず彼の方を見る。
 
「う、うぅ・・・・・・・・ん?」
 
ホーネックは目を開けると身体を痛そうにしながらも立ち上がる。
 
「いててて・・・・・・ぜ、ゼロ隊長?一体・・・・・何が起こったんですか?」
 
「ホーネック!?お前・・・・・元に戻ったのか!?」
 
「何ですか?戻ったとかなんかとか・・・・・私は至って正常ですよ!う~ん~、でもなんか忘れているような・・・・・」
 
ホーネックは頭を抱えながら困った顔をする。
 
「まさか・・・・イレギュラー化していた時のことを何も覚えていないのか?」
 
「イレギュラー?いえ、私はマックさんと一緒に式典に出席して、お互いの隊長の愚痴を言いながらお酒を飲んで、酔っぱらいながら用意されていた部屋で寝て・・・・・・・そこからは何とも・・・・・・・」
 
「じゃあ、工場のことは何も覚えていないのか。」
 
ホーネックを見ながらゼロは言う。
 
「はい・・・・・・自分も今まで一体どうしていたのか・・・・・・・」
 
「工場じゃ、データは取ってきたけどパスワードが必要なようで全く分からなかったよ。」
 
スネ夫はデータをインストールしてある端末をゼロに渡す。
 
「ふん・・・・・・じじいなら暗号を解くことができるかもしれない。一旦、ハンターベースに戻るか。ホーネックの治療も必要だしな。」
 
「あいてて・・・・・・・・なんで私はこんなに怪我をしているのか・・・・・・・・」
 
一同は簡易転送装置でその場を後にした。
 
 
ちなみにスネ夫としずかが強奪したキメラはこの後ハンター本部に回収され、解析されるのであった。 
 

 
後書き
ホーネック、ブチ切れるの巻 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧