| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

兵法伝説リヴァイアサン

作者:かつみ
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

出会い

凡田「素村先輩!」
メガネ「ん?」
凡田「一年の凡田と申します、素村先輩に憧れてこの高校を受けました!」
メガネ「ほえ」
凡田「何か雑用でもありましたら、いつでも呼んでください!」
メガネ「うーん」

蛇島「誰ですかあの一年?」
メガネ「ついてきたぉ。どうも要領が悪いというか…」
凡田「素村先輩、そうじ終わりました!」
メガネ「うん(下手だぉ)」
蛇島「兄さんは多忙なんだ、君の相手をしている時間はない」
メガネ「そだねー」
凡田orz
恵「あの…」
メガネ「むっ、嫌な気配。めぐ、彼の相手してて」
蛇島「こちらです」
黄金「瞬は?」
恵「外だよ」
凡田(黄金様!?)
逃げるメガネと蛇島
黄金「待ちなさい!」
凡田「あの、先輩は黄金様とお知り合いなんですか?」
恵「うん、clearって知ってる?」
凡田「あ、clearの恵さん!」
恵「テレビ見てたんだね」
凡田「見てました、黄金様にクイックをかぶせて勝ったのも!感動しましたよ!」
黄金「えい」
めぐ胸にダイブする凡田→フルボッキ
黄金「あは、あんた恵推しなのね」
恵「黄金ちゃん!」

恵「え、バイトしながら一人暮らしなの?」
凡田「はい、どうしても素村先輩と同じ高校に行きたくて。しかも恵さんまでいるなんて!」
恵「私なんて…、あ、うちここなの、また学校でね」
凡田(やべー恵さんのヤサ割れた!)

その夜、めちゃくちゃシコった。

凡田「おはようございます!」
メガネ「やー」(残念な奴に会ってしまった)
凡田「先輩、僕の幼なじみに会いにいきませんか?」
(ツバサの写真を見せる)
メガネ「ちょっ!何この子美しすぎる…」
蛇島「姉さんの方が綺麗ですよ」
凡田「僕の実家は九州なのですが、新幹線を予約しています。ツバサが博多駅まで来ますよ」
メガネ「ちょwww」

日曜日
メガネ「ツバサたんかわゆ!」(体液漏れ)
蛇島「そうですね」
メガネ「ちとトイレへ」

シコるメガネ

凡田「どうですか?」
メガネ「最高です!」 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧