| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

ドラえもん のび太の転生ロックマンX

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

ロックマンX3
  ゼロは仕事ができない

21XX年
 
科学者レプリロイド「ドップラー博士」により、イレギュラーは一掃された。
 
そして、その記念としてドップラー博士が建設している平和都市「ドッペルタウン」に優秀なレプリロイドたちが次々と招待されていた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ドラえもん のび太の転生ロックマンX3「時を超えた再会」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ハンターベース グラビティー・ビートブード自室
 
「拝啓 グラビティー・ビートブード様 あなた様は抽選により「ドッペルタウン設立記念式典」に選ばれました。・・・・・う~ん、式典に出席か・・・・・・」
 
ビートブードは届いた招待状を眺めながら言う。
 
ここんところイレギュラーも減少傾向にあり、コンピューターハッキング事件から一年が経っていた。
 
「まあ、ここ最近は平和だしたまにはこういうのに出るのも悪くないかもな。」
 
ビートブードはそう思いながら招待状をしまおうとする。
 
「式典は来週の金曜日か・・・・・まっ、ちょうど非番だし、ゆっくりくつろぎながら・・・・・・・・」
 
「ビートブード・・・・・・」
 
「ん?」
 
自分の後ろから聞き覚えのある声に彼は後ろを振り向く。入り口でマーティが手招きをしながら立っていた。
 
「副隊長、どうしたんですか?エックス隊長となんか喧嘩でもしたんですか?」
 
「いや・・・・・そういうわけじゃないんだけど・・・・・・」
 
マーティは言いづらそうな顔をしながら部屋に入ってくる。いつもはそんな顔をしない彼女にビートブードは違和感を感じる。
 
「本当にどうしたんです?」
 
「・・・・・・・アンタ、来週の金曜日空いてる?」
 
「へっ?」
 
マーティの質問にビートブードは思わず口から出る。
 
「実はエックスが大事な話があるって言うのよ。でも、アタシその日、本部にいなくちゃいけなくて・・・・・・・・アンタが時間空いているって言うなら代わってほしんだけど・・・・・・・・」
 
「大事な話・・・・・・!?もしや・・・・」
 
ビートブードは何かを察したのかマーティを見る。
 
「や、やっぱりアンタも大事な用事とかあるのよね?そりゃあ、休日なんだもん。仕方ないわよね。」
 
まだ答えも聞いていないのにマーティは勝手に断られると解釈し始める。
 
「はあ・・・・・・マンドリラーはなんか無理っぽいからアンタに頼もうかと思ったけど・・・・・はあ・・・・・・しょうがないからエックスには別の日にしてって頼みに・・・・・・」
 
「あ・・・・・あっ、だ、大丈夫ですよ・・・・・・・」
 
ビートブードは一瞬迷いながらも答える。その言葉を聞いてマーティの態度が一変する。
 
「ほ、本当に!?」
 
「え、えぇ・・・・・・・・だ、大丈夫ですよ・・・・・・・」
 
マーティは暗い顔からすぐさま明るい表情になる。
 
「ありがとう、ビートブード!!アンタって本当にいい奴ね~!!」
 
「はっ、はあ・・・・・・・」
 
「よかった!じゃあ、早速エックスに伝えてくるわ!!」
 
マーティはすぐさまビートブードの部屋を後にして行った。
 
「・・・・・・やれやれ・・・・・・俺も本当に人が好過ぎるな・・・・・・・」
 
ビートブードは招待券を見て自分に呆れる。
 
「・・・・・まあ、副隊長もこれでエックス隊長と結ばれるし、やっとゴールインするからいいか。イーグリード隊長も先月ハネムーンに出かけたし。」
 
ビートブードはベッドに寝っ転がってこの招待券をどうするか考える。
 
「どうしような・・・・・・・・マンドリラーはこういうのにあまり興味ないし・・・・・招待している対象がレプリロイドだからな・・・・・・・あっ!そうだ!!」
 
ビートブードはベッドから起き上がって部屋から出て行く。
 
「どうせならマックにあげるか。どうせ暇持て余しているし、こういうのに行きたがるはずだからな。」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第0特殊部隊 隊長室
 
「えっ?ゼロ隊長、出席されないのですか?」
 
ゼロ宛に届けられた招待状を持ちながらハチ型レプリロイド エクスプローズ・ホーネックは、驚いた顔をする。ゼロもイレギュラーハンターに復帰後、数々の戦果を残して今では第0特殊部隊の隊長へと昇格していた。
 
「俺はこういう集まりに行くのが苦手でな。別に行かなくたっていいんじゃないか?」
 
「いや、ダメですよ!せっかくドップラー博士が抽選で選んでくれたんですよ?」
 
ホーネックに言われてゼロは頭を抱える。
 
正直言って式典のようなイベントに参加するのはあまり好きではなかったのだ。
 
「・・・・・・・だったら、お前が俺の代理として出席してくれないか?」
 
「何言うんですか!?そんなことをしたら・・・・・・・」
 
「俺だってこの部隊の隊長になってからまだ仕事に慣れていないんだ。それにお前は副隊長だ。俺の代理として十分だろ。」
 
「ですが・・・・・・」
 
「・・・・・・頼む。ただでさえ書類が終わっていないんだ・・・・・・・」
 
ゼロは、珍しく困った顔で頼み込む。
 
特A級ハンターとして有名な彼であったがこういう事務関係はエックス以上に苦手で部屋は書類の山になっていた。
 
その現実を見てホーネックは黙る。
 
「・・・・・・・しょうがないですね。だったら、式典から帰ってくるまでに書類仕上げてくださいよ。」
 
「ほっ。」
 
「た・だ・し・他にも書類がありますから終わらなかったら・・・・・・・・ケイン博士特製のスペシャル青汁・・・・・・・・一か月、朝昼晩飲んでもらいますからね。一リットル。」
 
「いっ!?」
 
ホーネックの言葉にゼロは顔色を真っ青にする。
 
ケイン特製スペシャル青汁とはケインが健康生活を目指して生み出した、成分が全く謎の青汁でとてつもなく苦く飲んでもなお口に独特の風味が残り、一般ハンターは、強制的にスリープモードへ切り替えようとする恐るべき殺人兵器なのだ!!(但しケイン本人は、飲んでも全く何の害もない)
 
 
 
そんなゼロを他所にホーネックは部屋を後にしていく。
 
「では、私は自分の仕事に戻るので・・・・・・・・仕事しっかりやってくださいよ?ゼ・ロ・た・い・ちょ・う。」
 
「・・・・・・・・・」
 
ホーネックが部屋から出て行くとゼロは通信機を使って17部隊の隊長室へ連絡する。
 
『はい、17部隊・・・・・・』
 
「エックス!!」
 
『なんだゼロか。どうしたんだい?』
 
「頼む!!助けてくれ!!」
 
『はっ?』
 
「来週の金曜日までに書類を全部終わらせなくちゃならないんだ。手伝ってくれ!!」
 
『いや、でも俺は自分の部隊の物が・・・・・・・・・』
 
「嘘つけ!!お前の方はマーティと一緒にやってとっとと片付けちまっているだろうがぁ!!」
 
『そんなこと言ったって・・・・・・・ゼロが溜めたんだろ?だったら自分で・・・・・・』
 
「そんなこと言わずに頼む!!!あの爺の作った危険な飲み物を飲まされそうになっているんだ!!」
 
『あぁ・・・・あの青汁?まあ、確かに苦いけど牛乳入れると若干緩和されて飲みやすくなるよ。俺もマーティも毎日飲んで・・・・・・』
 
「お前らもうレプリロイドじゃねえぇえ!!!」
 
『まあ・・・・・そんなわけだから自分で・・・・・・』
 
「くそ!だったら、お前が所持している年代物の漫画全部サーベルで切り刻むぞ!!」
 
『なんでそんな脅しになるのさ!?無茶苦茶だよ!!』
 
ゼロが頼んでいるはずなのにいつの間にかエックスに対して脅迫している。
 
「とにかくだ!来週の金曜日までに書類を全部終わらせなくちゃならないんだ!!」
 
『そんな風に言われても来週の金曜日は・・・・・・・・』
 
「さもないと今からお前の部屋に行って徹底的に破壊する!!!」
 
『それはイレギュラーのやることだよ!ゼロ!!』
 
「・・・・・・お願いしますお願いしますお願いしますお願いしますお願いしますお願いしますお願いしますお願いしますお願いしますお願いしますお願いしますお願いしますお願いしますお願いしますお願いしますお願いします・・・・・・・・・」
 
『・・・・・(あっ、ゼロが壊れた。)』
 
ひたすら頼むゼロにエックスも流石に呆れた。
 
『・・・・・・・しょうがないな。手伝うだけだからね。』
 
「・・・・・・・恩に着る。」
 
『はあ・・・・・・』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第17精鋭部隊 隊長室
 
「・・・・・・ごめん、マーティ。来週の予定はキャンセルになったよ。」
 
エックスは申し訳なさそうにマーティに謝る。対するマーティはせっかくビートブードに頼んでまで作った時間を奪ったゼロに対して怒りを燃やしていた。
 
「うぅううううう!!!折角時間作ったのに!!!!」
 
「でも、この埋め合わせは必ずするから。だから、一緒に手伝ってくれないかな?」
 
「・・・・・・・・え、エックスが頼んだら断れないじゃない・・・・・」
 
マーティも流石に怒るのをやめて恥ずかしそうにする。
 
「とにかくゼロの部屋に行こう。そんなに書類が溜まってなければいいけど・・・・」
 
エックスは、マーティを連れてゼロの部屋へと向かう。
 
「全く・・・・・ゼロって戦闘の時は頼りになるのにこういうのはほんと迷惑かけるんだから。」
 
「まあ、俺もB級時代は書類出すの苦労していたから。」
 
エックスは苦笑しながら言う。
 
のび太だった頃、まともに宿題を出すことがほとんどなかった彼にしてみてはゼロに対して同情するところもある。しかし、エックスの場合は小学生だったから笑って済ませられるものでゼロの場合はとても笑えるものではない。
 
「もう、この仕事終わったらゼロの所持金がなくなるまで奢ってもらいましょう!」
 
「流石にやりすぎな気がするけど・・・・・・・」
 
そんなことを話している間に二人は部屋の前に着いた。
 
「ゼロ、手伝いに来たよ。」
 
エックスはノックをして言う。するとドアの向こう側からゼロの声が聞こえる。
 
『おう、来てくれたか。悪いがゆっくり開けて入ってきてくれ。』
 
「えっ?どういうことだい?」
 
『とにかくゆっくり開けてくれ。』
 
ゼロの言葉に二人とも半信半疑だった。とりあえず普通の力でドアを開けてみる。
 
「ゼロ、一体どのくらいため・・・・・・」
 
「うわぁあ!!ゆっくり開けろって言っただ・・・・・・うわあああああああああ!!」
 
するとものすごい音が鳴り、ゼロの悲鳴が聞こえた。
 
「ゼロ?」
 
「一体どうしたのかしら?」
 
エックスたちは部屋の中へと入ってみる。
 
 
 
「「・・・・・・・・・・」」
 
そこにはゼロの姿がなく、部屋一面書類に埋もれていた。
 
「・・・・・・・・ここって倉庫だったのかしら?」
 
あまりの光景にマーティは絶句していた。そんなところへホーネックがまた新しい書類を持ってきた。
 
「あっ、エックス隊長。マーティ副隊長まで。」
 
「ホーネック!これは一体どういう事なんだ!?」
 
「見ての通り、部屋一面提出待ちの書類です。」
 
「・・・・・・・・」
 
「・・・・・・・これは、一生奢ってもらっても終わらないわね。」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
一週間後
 
「副隊長、エックス隊長からプロポーズ受けているかな・・・・・・」
 
ビートブードは、仕事で隊長室で留守番するため、部屋からあまり出ないようにインスタントラーメンなどの携帯食を大量に持っていきながらエックスの部屋へと向かっていた。
 
「さてと!今日はここで・・・・・・・・・えっ?」
 
ビートブードが部屋のドアを開けるとそこには出かけているはずのエックスとマーティがひたすら書類を書いていた。
 
「え、エックス隊長!?副隊長!?」
 
ほぼ死に顔に近い二人を見てビートブードは思わず唖然とする。ビートブードが入ってきたことに気がついたのか二人はビートブードを見る。
 
「ビ・・・・・・・・ビートブード・・・・・・?」
 
「は、はい!?」
 
「す、すまないけど・・・・・・・・・・ゼロの部屋から新しい書類を・・・・・・・・・・・ガクッ。」
 
「エックス隊長!!」
 
「ア・・・・・・・・アタシも・・・・・・・・もう・・・・・・無理・・・・・・・ガクッ。」
 
「副隊長!!!」
 
意識を失った二人にビートブードは思わず叫ぶ。
 
「大変だ大変だ!?とにかく二人をメンテナンスルームへ連れて行かないと!!」
 
ビートブードは二人を担いで急いで部屋から出て行く。
 
 
 
 
 
 
 
 
結局ゼロの書類は一週間かけてもすべて終わらずゼロは青汁の刑になるとビクビク震えながらホーネックの帰りを待ったがホーネックはそれっきり戻ってこなかった・・・・・・・。
 
 
17部隊でもビートブードの代理として出席したマックも式典が終了しているはずなのにもかかわらず帰ってこなかった。それどころかドッペルタウンに招待されたレプリロイド全員が出かけたっきり帰ってこないという。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それから数か月後・・・・・・・・・
 
突然、沈静化したはずのイレギュラーたちが一斉に反乱を起こした。
 
ドップラー博士が首謀者だと突き止めたイレギュラーハンター本部は、エックスとゼロ、そして17部隊にドップラー博士の捕獲とドップラー軍の壊滅を命じた。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧