| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

ドラえもん のび太の転生ロックマンX

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

アジールフライヤー

 
前書き
アジフライのインパクト・・・・・・ 

 
カウンターハンター基地
 
「よいしょ、よいしょ・・・」
 
マーティはエックスを引っ張りながら進んで行く。
 
サーゲスをどうにか倒す事ができたエックスではあるがダメージは予想以上に大きく、一人で立つのも困難な状態だった。本当ならすぐにでもハンターベースに戻って修理をするべきなのだが基地の防衛システムの一環なのかここでは簡易転送装置が起動しない。そのため、今ビートブードと交代交代でエックスを支えながら進んでいた。
 
「ぐっ・・・・・・」
 
「大丈夫エックス?」
 
マーティは心配そうにエックスの顔を見る。正直言ってあまり顔色が良くない。
 
「だ、大丈夫だ・・・・・」
 
「こんな時に転送装置が使えればいいのですが・・・・・・」
 
「使えないものを言っても仕方ないさ。一刻も早く奥へと向かおう。幸いカウンターハンターも後アジールだけだ。」
 
「でも、今のエックスの状態じゃ・・・・」
 
「君を置いてなんて逝ったりはしないさ。だから、進もう。」
 
エックスは、そう言いながら足を進める。三人は梯子や移動用リフトに乗って移動すると深い下りへと辿り着く。
 
「結構深いですね・・・・・・・安全のためにロープをつけながら行きましょう。」
 
「そうね。」
 
ビートブードは飛行しながら先導し、マーティはエックスをしっかり固定してロープを伝って降りて行く。しばらくするとマーティは腕にしびれを覚え始めた。
 
「うぅ・・・・・流石に一人背負って降りると疲れるわね・・・・」
 
「すまない・・・・・」
 
「・・・・・・フッ、いいのよ。こうなったのもアタシが原因なんだから、早く終わらせて爺さんに直してもらいましょう。」
 
詫びるエックスに対してマーティは笑いながら答える。すると先に降下しているビートブードが二人に声を掛ける。
 
「副隊長!ここの壁だけ何故かホログラムで偽装されています。結構広い空間になっていて敵もいないようです!!」
 
「占めた・・・・そこで一旦休憩を取りましょう。」
 
マーティは、ビートブードがいるところまで降りると壁に触れて見る。確かに他の壁と違って手を触れるとすっと中に入り、少し広い空間へと辿り着いた。
 
「どうやら、敵が設置したわけでもないようですね・・・・・・・でも一体どうやって・・・・」
 
しかし、奥を見ると見覚えのあるカプセルがあった。
 
「副隊長・・・・・・・もしかしてメカニロイドを収納しているカプセルでしょうか?」
 
「いいえ・・・・おそらくだけど・・・・・」
 
マーティとビートブードは恐る恐るカプセルに近づく。するとカプセルが開きライトが姿を見せた。
 
『よくぞここまで来たエックス!!ここでは波動拳と並ぶ必殺技を授けよう!!ほれ!さっさと・・・・・・!?ど、どうしたんじゃエックス!?その姿は!?』
 
かつてのように胴着の恰好をしていたライトだったがエックスの姿を見て唖然とする。
 
「さっきの戦闘でアタシを庇ったばっかりに怪我をしたのよ・・・・」
 
『なんじゃとっ!?それは一大事じゃ!!マーティ、エックスを急いでこのカプセルに入れるのじゃ!!』
 
ライトに言われるままにマーティは、エックスをカプセルに入れる。するとカプセルの上下から小型の修理アームが展開され、エックスを修理し始める。
 
「副隊長、このコン・・・・いや、この老人は一体何者なんですか?」
 
「さあ・・・・・・一応、エックスとは何らかの関係はあるとは思うけど・・・・・・・」
 
二人は、修理が終わるまで近くに座って待機した。
 
 
 
 
 
 
 
しばらくするとエックスがカプセルから出てきた。
 
「エックス!」
 
「エックス隊長!」
 
「二人とも、心配かけてすまなかったな。」
 
エックスは、2人を見ながら言うとライトの方を見る。
 
「ありがとうございましたライト博士。もし、ここにカプセルがなかったら俺でもどうなっていたか・・・・・」
 
『わしだけのおかげではない。そこにいる仲間がおったからこそわしもお前を修理することができたのじゃ。』
 
「博士・・・・・」
 
『この戦いもあともう少しじゃ。頑張るんじゃぞ、エックス。』
 
「はい、博士。」
 
『あっ、言い忘れるところじゃったが今回習得させた必殺技は“昇龍拳”じゃ。拳を炎に包んで飛び上がり、相手に強力なアッパーカットを放つもので空中にいる敵に対して有効じゃ。気をつけて使うんじゃぞ。』
 
「はい。」
 
エックスは二人の方を見る。
 
「いよいよこれで最後だ!みんな気を引き締めて行くぞ!!」
 
「了解です!」
 
「えぇ!」
 
三人は壁を伝って再び降りて行く。
 
「あっ、そうだ。エックス隊長、これお返しします。」
 
「あっ、四次元ポケット!君が拾ってくれてたのか。ありがとう。」
 
「いえいえ・・・・・」
 
 
 
 
『・・・・・・・エックス、頼もしい仲間を見つけた様じゃな。それにマーティもわしが想像していた以上に支えてくれているみたいじゃ。彼女にも何かサポートできるようなものを作っておいてもいいかもしれんな・・・・・・』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
三人は、扉の前に辿り着く。
 
「・・・・また、トゲ床じゃないでしょうね?」
 
「俺も正直言ってあの床もう嫌です。一歩間違えれば串刺しになりそうだし。」
 
「そうだな・・・・・・俺もできればそうならないように考えたいな。」
 
三人は扉の中を通る。心配が的中しまたもやトゲ床が設置されていた。
 
「まただ・・・・」
 
「もう、いや!あいつ等どんな趣味してんのよ!!」
 
「ここに来る道中もこの床ばっかりだったのに・・・・・・・・」
 
三人が嘆いていると上から何かが迫ってきた。
 
 
 
「何よあれ?」
 
「鳥だ!」
 
「飛行機だ!」
 
「いやあれは・・・・・」
 
「やっと来ましたね、エックス。」
 
三人が上を見るとそこには顔だけ残して、他はドラム缶を横にしたような空中浮遊型の機械に改造されているアジールが浮遊していた。
 
「「「・・・・・・・キモッ。」」」
 
「なっ!?いきなり見てキモイとは!?」
 
三人の反応にアジールは唖然とする。
 
「お前・・・・・・ずいぶん変わり果てた姿になったな。顔以外全く別物だぞ。」
 
「貴方を倒すためにサーゲスにアップグレードしてもらったら大爆発して・・・・・・・・・」
 
「あっ、頭以外吹っ飛んだんだ・・・・・・。」
 
「ですが性能は十分です。それにここは一歩落ちれば串刺しにされる足場・・・・・それに比べて私は空中戦に有利になっています。今の私に負ける道理はないので・・・・・・」
 
「昇龍拳!!」
 
話している最中のアジールフライヤーにエックスは迷いなく昇竜拳を仕掛ける。急所を撃たれたのかアジールフライヤーは、爆発しながら落ちていく。
 
「まさか・・・・・・・戦闘開始前にやられるとは・・・・・・・・」
 
「・・・・・えっ?まさかこれで終わり?」
 
マーティは、ビートブードと顔を見合わせて言う。
 
「う~ん・・・・・まあ、最後の一人を倒したんだし一件落着には変わりないと思いますが・・・・・・」
 
「えっ?えっ!?そ、それでいいわけ!?さっきのエロジジイの時はあんなに苦労したのに!?」
 
「でも、いいじゃありませんか。これで戦いが終わったんだし、副隊長もこれで帰ってエックス隊長とデート行けるんですし。」
 
「うん・・・・・」
 
マーティはいまいち納得いかなかったものの終わったんならこれでいいかと考え直した。
 
しかし、アジールフライヤーは最後にとんでもないことを叫ぶ。
 
「シグマ様~!!どうか我らの仇を!!!グワアァァァァァァアアアア!!!!」
 
それだけを叫ぶとアジールフライヤーは木っ端みじんに吹き飛んだ。
 
「シグマだと!?」
 
エックスは驚いた顔で言う。
 
「シグマって・・・・・・確か半年前に死んだはずのイレギュラーよね?」
 
「はい、俺とエックス隊長の元上司で前回の反乱の首謀者です。ですが・・・・・あの時エックス隊長がボディ諸共破壊したはずです。」
 
三人が動揺していると不気味な声が聞こえ始める。
 
『クッククク・・・・・・・久しぶりだな、エックス。』
 
「「!?」」
 
聞き覚えのある声にエックスとビートブードは思わず驚く。
 
「その声・・・・・まさか本当にシグマなのか!?」
 
『・・・・・・・どうやらカウンターハンターの作戦は失敗に終わったようだな。だが、安心したまえ。お前たちのために楽しい趣向を用意してあるのだよ。』
 
「御託はいい!!どこにいるんだ!?」
 
『クックック・・・・・・・そう慌てるな。私は中央コンピューターのところにいる。待っているぞ・・・・・ファ――――――ハッハッハッハッハッハ!!!』
 
シグマの笑い声が消えると部屋の奥の隠し扉が開く。
 
「どういう事なんだ・・・・・・奴は確かにあの時死んだはずなのに・・・・・」
 
「エックス隊長、とりあえず進みましょう。何はともあれ確かめるべきです。」
 
「そうだな・・・・・マーティ、転送装置は使えるか?」
 
「えぇ、さっきの奴を倒したと同時に使えるようになったわ。」
 
「じゃあ、君だけでもハンターベースに・・・・・」
 
「貴方と一緒じゃなきゃ戻らないわよ?」
 
「・・・・・・・・・わかった。よし、中央コンピューターまで行くぞ!!」
 
三人は走ってその場を後にして行った。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カウンターハンター基地 中央コンピューター
 
「ここは中央コンピューターか。」
 
エックスたち三人は道中のトラップを掻い潜って中央コンピューターにまでたどり着いた。まあ、最も、以前のヒャクレッガーが占拠したエリアに構造が似ていたという事もあるが。
 
「ここに・・・・・シグマ隊長が・・・・」
 
ビートブードは辺りを警戒しながら周囲を見渡す。すると高速で動くかのように三人の目の前にシグマが現れた。
 
「シグマ!!」
 
エックスはバスターを構える。以前の姿と比べてボディの体色や各部のパーツがかなり異なっているが間違いなくシグマだった。
 
「クックックッ・・・・・・・久しぶりだな、エックス。この日を待ちわびていたぞ。」
 
「黙れ!!すべてお前が黒幕だったのか!!カウンターハンターを使って・・・・・オストリーグを利用したり・・・・他のレプリロイドの命を奪って!!」
 
「オストリーグのことか。クックックッ・・・・サーゲスは実に有能だったな。奴を操るのは愚か、こんな代物まで残したのだからな。」
 
「こんな代物?」
 
エックスが奇妙に思うとシグマのすぐ隣に別のレプリロイドが現れた。
 
「なっ!?」
 
「ぜ、ゼロッ!?」
 
「えっ!?あれが!?」
 
体色は赤から黒に変化しているものの間違いなくゼロだった。
 
「紹介しよう、彼が私の新たなパートナー ゼロだ。」
 
「そんな・・・・パーツは全部・・・・・・!ま、まさか取り返したパーツは全部偽物だったというのか!?」
 
「う、嘘ッ!?」
 
「でも、目の前にゼロがいるって言うことは・・・・・・」
 
「クックックッ・・・・・・では、昔の仲間同士。存分に戦ってくれたまえ。」
 
シグマが言うとゼロ?は、背部に設置されているビームサーベルを引き抜いてエックスたち三人に近づいて行く。
 
「ゼロと戦うしかないのか・・・・・・・・・・やっと会えたと思ったのに・・・・・・」
 
「エックス・・・・・」
 
悔しそうな顔をするエックスにマーティは何とも言えない顔になる。
 
「隊長、やるしかありません。ゼロには申し訳ないけど・・・・・・」
 
「・・・・・・・くっ!許してくれゼロ。」
 
エックスも覚悟を決めてバスターを構える。ゼロ?はエックスに向かって行く。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「避けろエックス!!」
 
「「「!?」」」
 
その直後、三人の後ろから声がした。三人が避けると二つの光弾と斬撃がゼロ?に命中し、吹き飛ばされる。
 
「い、今の声は・・・・・まさか!?」
 
エックスは飛んできた方を見るとそこにはもう一人のゼロがこちらに向かってきていた。ゼロは三人のところへ到着するなり、シグマを見る。
 
「ゼ、ゼロ!?じゃあ・・・・さっきのは一体・・・」
 
「あれがゼロ・・・・・」
 
「シグマ!俺のコピーにしては出来が良くないようだな!!」
 
現れたゼロに対してシグマは、苦虫を嚙み潰したような顔をする。
 
「おのれゼロ!!何故貴様は私に牙をむける!?貴様の本当の敵は私ではないはずだ!!」
 
「俺はお前が嫌いなのさ。」
 
「チィ!!」
 
シグマは上へと姿を消していく。
 
「逃がさん!!」
 
ゼロは先ほどと同じダブルチャージウェーブを送り出すが逃げられてしまう。エックスたちはゼロを見る。
 
「ゼロ・・・・・ほ、本物なんだよな?」
 
「た、確かに・・・・・・偽物が勝っちゃうなんて言うことも否定できませんからね。」
 
「おいおい・・・・俺は本物だ。その証拠に・・・・・・」
 
ゼロの後ろから何かが出てくる。
 
「ドラ!」
 
「「「ミニドラ!?」」」
 
ミニドラはゼロの肩から飛び降りるとエックスたちのところへ走ってくる。
 
「そいつに付いて来られちまってな。まあ、道案内にはなったが。」
 
「来ちゃダメだって言っただろ?」
 
「ドラ・・・・・・・」
 
「そう怒るな。それに今俺たちがすべきことはシグマを倒すことだ!」
 
ゼロは、部屋の中央に立つと拳を思いっきり床に叩きつける。
 
「アースクラッシュ!!」
 
すると床が崩れ、大きな穴ができる。
 
「ゼロ?」
 
「エックス、俺はこの基地のメインコンピューターを破壊する。お前はシグマを追いかけろ!この穴の先にある部屋にシグマの本体が潜んでいるはずだ!」
 
「ゼロ!まさか、死ぬ気か!?」
 
「心配するな、二度も死ぬつもりはない。」
 
ゼロはそう言うと先へと進んで行ってしまう。エックスたちとミニドラはゼロがあけた穴を見る。
 
「ドララ・・・・・・」
 
「思ったより深そうですね。」
 
「あぁ・・・・・だが、この先にシグマがいるというなら行くしかない。二人とも、覚悟はできているか?」
 
「えぇ、もちろんよ。」
 
「心得ています。」
 
「ドラ!!」
 
「・・・・・・よし、それじゃあ、行くぞ!!」
 
エックスたちは、穴へ飛び込んで行った。  
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧