| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

ドラえもん のび太の転生ロックマンX

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

ネオバイオレン

ハンターベース
 
「エックス!ようやくカウンターハンターの基地を発見したぞ!」
 
「本当ですか!?ケイン博士!!」
 
「あぁ、ダブルゼロ ポイント 北極点じゃ!!」
 
「よし!」
 
エックスは遅れてきたマーティとビートブードの方を見る。マーティの背中にはミニドラが付いている。
 
「いよいよこれが最後の戦いだ!二人とも気を引き締めて行くぞ!!」
 
「「了解!」」
 
「ドラ!」
 
「ちょっと待った、ミニドラはダメ。」
 
「ドラッ!?」
 
「危ないところへ連れて行けないからケイン博士のところで大人しくしているんだ。」
 
「ドラララ!!!」
 
エックスに言われてミニドラは不満そうな態度をとる。
 
「いいか、お前を危ない目に逢わせたくないんだ。ちゃんとお留守番していればご褒美にどら焼き買ってきてあげるから、なっ?」
 
「ドラ!?ドララ!!」
 
どら焼きにつられてミニドラは容易く承諾する。
 
「ゼロの修復にはまだ少し時間がかかる。それまで頑張っておくれ。」
 
「はい!これより出動する!!」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ダブルポイント ゼロ
 
カウンターハンター基地
 
「・・・・・副隊長、戻った方がよろしいのでは?」
 
ビートブードは、自分の上で歯をガタガタ震わせているマーティを見て言う。
 
「な、なに・・・・言ってんのよ・・・・・・こ、こ、こ、こ、ここまで来てそれはないでしょ?」
 
「だって副隊長、寒がってるんじゃないですか。それじゃあ、敵を倒す前に自分が氷漬けになっちゃいますよ。」
 
「・・・・・しょうがない、このトラップ地帯を抜けたら何とかするからそれまで我慢してくれ。」
 
一番前を行っているエックスはそう言いながらエアダッシュをして移動する。
 
 
 
 
 
 
 
 
しばらくするとようやく罠が一切ない小部屋へと辿り着いた。
 
「よし。ビートブード、マーティをここに寝かせてくれ。」
 
「はい、わかりました。」
 
ビートブードは、ほぼ動かなくなったマーティを寝かせる。
 
「さ・・・・・寒い・・・・・・・気が遠くなる・・・・・・・」
 
「よく耐えたな。念のために四次元ポケット持ってきておいてよかったよ。」
 
エックスはアーマーの中から四次元ポケットを取り出して何かを出す。
 
「あべこべクリーム。」
 
エックスはクリームを手に取るとマーティの体に塗り始める。
 
「あ・・・・・・・あ・・・・・・・・」
 
「我慢してくれ、これ塗らないとここで氷漬けになっちゃうんだから。」
 
少し抵抗を感じながらもエックスはクリームを塗る。するとマーティの顔色が徐々に戻り震えなくなった。
 
「ほ・・・・ほんと後一歩で河原の向こうのマーメイド型に連れて行かれるところだった・・・・・・・」
 
「残りの部分は自分で塗ってくれよ。変なところに塗ったら君だっていやだろ?」
 
「えっ?え・・・・・・」
 
エックスに言われてマーティは顔を赤くする。
 
「その・・・・・・エックスがやってくれるって言うんだったら別に構わないけど・・・・・・」
 
「ん?」
 
「その・・・・・・お手柔らかにやってね・・・・・・」
 
(うわぁ・・・・・・ここで大きく勝負に出たよ!副隊長!エックス隊長、副隊長の気持ちに気づいてあげてください!!)
 
「そ・・・・・そうか・・・・・」
 
(く・・・・・・くる!もう少しで・・・・・・・はあ・・・・はあ!アタシ・・・・・・エックスに触られて・・・・・・!!)
 
(副隊長、告白出るか?出るのか!?出ちゃうのか!?)
 
(こんなことしずかちゃんだったら絶対怒られるんだけどな・・・・・・・)
 
エックスはそう思いながらもクリームをマーティの背中に塗ろうとする。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「待ってたぜ!!エックス!!この間の礼をたっぷりしてやるぜ!!」
 
そんなところへバイオレンが現れた。
 
「なっ!?ビートブード、悪いが代わりに塗ってやってくれ!!俺が相手をしている!!」
 
エックスは塗るのをやめてクリームをビートブードに預けるとバイオレンへと向かって行く。その場に残されたビートブードは、思わずマーティの方を見る。
 
「どうして・・・・・・・こんな時ばっかりに敵が出てくるのよ・・・・・・・・・・」
 
マーティは、涙目で落ち込んでいた。
 
「・・・・・・副隊長、元気出してください。後もうちょっとだったのは残念だったけどエックス隊長、少し顔を赤くしていましたよ。この調子で攻めて行けば隊長の心を鷲摑みに・・・・・」
 
「・・・・・・・許さん・・・・・・・・あのゴリラ許さん!!」
 
マーティは、怒りに燃えて槍を展開してバイオレン目掛けて走っていく。
 
「あっ!待ってください、副隊長!!ブラのホックまだ付けてないですよ!?外れちゃいますって・・・・・・・って聞いてます!?」
 
背中にクリーム塗っているときブラのホックを付け直し忘れてのを知らずにマーティはバスターを撃っているエックスよりも前に出て槍でバイオレンの頭部を突き刺す。
 
「なっ!?」
 
「このゴリラ~!!!」
 
「ま、マーティ!?」
 
彼女のとんでもない行動に思わずエックスは後を引く。マーティはお構いなしに槍を引き抜くと続けてパイルバンカーを展開して、バイオレンの腹に叩きこんでいく。
 
「ぐおっ!?」
 
「許さん許さん許さん許さん!!!許さないわよ!!!!」
 
そうしている間にもブラがドンドンずり下がって行く。エックスとビートブードは思わず自分の目を両手で隠す。バイオレンは、突然の奇襲及びボコボコにやられて涙目だった。
 
「こ・・・・・こんな女に・・・・・・・」
 
「いつもチャンスの時ばっかり・・・・・・・」
 
「ひいいぃい!!」
 
「出てくるんじゃないわよぉおお!!!」
 
とどめとばかりに戦闘の途中で外れた彼の鉄球を持ち上げて放り投げる。同時にブラは完全に外れた。
 
「ブボッ!!」
 
鉄球は見事に腹部にクリーンヒットする。
 
「エ、エックスどころか・・・・こんな女までが俺より優れているというのか!?この俺のパワーが通じぬとは・・・・・・・」
 
「はあ・・・・はあ・・・・・・」
 
マーティは、息を荒くしてバイオレンを見る。
 
「こんな・・・・・・・・・変態女にやられるとは・・・・・ぐわああぁぁぁあああああああ!!!!」
 
バイオレンは、見事に大爆発する。
 
「はあ・・・・・はあ・・・・・・ん?変態?」
 
バイオレンの最後の一言にマーティは反応し、自分を見てみる。
 
「・・・・・・」
 
すぐ近くに落ちているブラ。
 
後ろを向いて自分のことを見ようともしないエックスとビートブード。
 
 
上半身裸の自分。
 
 
 
「・・・・・み・・・・・・・見られた・・・・・・・・・」
 
更に天井を見ると監視カメラ。おそらく敵側も完全に見ていただろう。
 
「う・・・・・・嘘よね・・・・・・・こんなこと・・・・・・・・嘘よね?」
 
跪いて恥ずかしさのあまりに彼女は顔を真っ赤にして涙を出し始める。
 
「み、見られた・・・・・・・・アタシの裸見られた・・・・・・・・エックスどころか全員に見られた・・・・・・」
 
「ま、マーティ・・・・・・・言うのもなんだけど・・・・・早くソレ、付け直してくれ。」
 
「俺たちは何も見てません!!正直言って何も見てません!!隊長も俺も何も見てません!!!本当です!!だから、急いで付けてください!!」
 
二人は後ろを向いて言うが最早彼女の聴覚センサーには届いていない。
 
 
 
 
 
 
 
 
「いやあああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあああ!!!!」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この日、マーティにとって思い出したくもない黒歴史が誕生した。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧