| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

ドラえもん のび太の転生ロックマンX

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

クリスター・マイマイン

エネルゲン水晶鉱山
 
マーティが深海基地に向かっている頃、エックスはカウンターハンターが待ち構えているエネルゲン水晶鉱山へと乗り込んでいた。ここはかつてアルマージが占拠していた鉱山とは違い、エネルゲン水晶以外にも希少な鉱石が採掘できる他、鉱山の内部のほとんどがクリスタルになっているため一種の自然の芸術にも見えるところである。
 
「・・・・・・ここを占拠したイレギュラーに関してはほとんどデータがないな。」
 
エックスは、キラキラと輝く鉱山の中を歩きながら防衛装置を破壊していく。途中でクリスタルで塞がれている道もあったが元々採掘用に配備されていたラビットもあったため、それを利用して奥へと進んで行く。
 
「ん?」
 
途中でいつもの感覚を感じ、エックスはラビットを止める。すぐ目の前では崖があり、その下にはいくつかの抜け穴らしきものが確認できる。
 
「あの抜け穴のどれかか・・・・。」
 
エックスはラビットから降り、落下しないように慎重に抜け穴の中を確認していく。その中の一つの奥にカプセルが確認できた。
 
「あった。」
 
エックスは滑り落ちないように抜け穴の中へと入る。目の前に立つとカプセルが開きライトが姿を現す。
 
『エックス、よくぞここまで来てくれた。ここでは第三の目となるヘッドパーツを与えよう。精密機械を組み込んだことにより、前回のように頭突きをすることはできんようになったがお前のエネルギーを利用して様々なものを探知するレーダーとして使う事ができる。この鉱山や迷路のようなところではでは大いに役に立つじゃろう。』
 
「ありがとうございます、博士。俺もこの迷路みたいな鉱山で丁度迷うかもしれないと心配していたところです。」
 
エックスはカプセルに入り、ヘッドパーツを装着する。これにより全身のパーツが揃い、アーマーが完成した。
 
『くれぐれも気を付けるんじゃぞ、エックス。』
 
「はい。」
 
エックスはそう言うと洞穴の入口へと戻る。すると足が滑って一瞬落ちそうになる。
 
「おぉ!?」
 
『え、エックス!?』
 
落ちそうになったところをライトは一瞬ヒヤッとしたがエックスはすぐに態勢を取り直して抜け穴から登って行った。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「・・・・・・・・ヘッドパーツのレーダーの反応によればこの先にゼロによく似た反応が感じられるな。」
 
エックスは、ラビットでクリスタルを砕きながら進んで行くとカウンターハンターが指定した場所へと到着する。
 
「・・・・・・」
 
エックスはラビットから飛び降りて奥へと行くとゼロの胴体が保管されていた。
 
「あれが残りのゼロのパーツか。」
 
エックスはそれを確認すると壁を蹴って思いっきりジャンプする。
 
その直後、エックスがいた場所に大型の棘付き鉄球がぶつかる。エックスはすかさずチャージショットで鉄球が飛んできた方角へと撃つ。
 
「ぐおぉ!?」
 
そこには大柄のゴリラのような体型のレプリロイドがいた。
 
「な、何故俺様の不意打ちに気づいた!?」
 
「こういうことをする奴は、色々見たことがあるんでね。それにレーダーで動きも探知できたのさ!!」
 
「くそ!」
 
レプリロイドは、左手の指先からマシンガンを放つがエックスはうまく避けて反撃する。
 
「何っ!?このバイオレン様の攻撃を避け切るだとっ!?」
 
「お前の攻撃は確かに驚異的だ。だが、俺だけしか見ていない上にコントロールも力任せ、そんな攻撃ならほかの二人の方がまだうまく当てられる!!」
 
「くっそ!!調子に乗りやがって!!」
 
バイオレンは怒りに任せてエックスに向けて鉄球を投げる。エックスはジャンプをし、エアダッシュで鉄球とバイオレンを繋ぐチェーンに向かってバスターを構える。
 
「ソニックスライサー!!」
 
衝撃波の刃はチェーンを切り裂き、鉄球のコントロールを失わせた。
 
「お、俺様の鉄球が!?」
 
「これは、お前たちのためにその命を犠牲にしたオストリーグの武器だ!!お前たちのためにどれだけのハンターが命を失ったことか・・・・・・俺はお前たちを許さないぞ!!」
 
「くっ・・・・・・・・・・・俺の自慢の武器がなくなってしまった・・・・・・・・・・・残りの武器じゃあいつに当てられねえ・・・・・・・・・・くそ!!覚えていやがれ!!」
 
バイオレンは悔しそうに歯ぎしりしながらその場から逃げて行った。エックスはそれを確認するとゼロのボディーパーツを回収する。
 
「よし、これでパーツは全て揃った。後はここのイレギュラーを叩くだけだ。」
 
ゼロはラビットのところまで戻り、急いで奥へと向かって行った。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エネルゲン水晶鉱山 最深部
 
「まるかいてちょん、まるかいてちょん、おまめにめがでてうえきばち~うえきばち~、六月六日にUFOが~あっちいって、こっちいって、おっこちて~、お池がふたつできました~!お池におふねをうかべたら~お空に三日月のぼってた~。ひげをつけたら・・・・・・・・」
 
水晶鉱山 最深部では一体のレプリロイドが何かをしていた。
 
そこへエックスがバスターを構えて乗り込んできた。
 
「動くな!!」
 
「うわ~!!警察だぁ!!イレギュラーハンターだぁ~!!」
 
突然現れたエックスを見てレプリロイドは慌てて荷物をまとめて逃げようとする。しかし、見た目がカタツムリなせいなのか意外に遅く、躓いて転んで荷物が散乱してしまった。
 
「あわわわわ!!!」
 
レプリロイドは、慌てて荷物を拾い集める。エックスは思いにもよらない行動に疑問を感じて荷物の中の一つの紙一枚を拾ってみる。
 
「・・・・・・・絵?」
 
「うわ~!見るな見るな!!」
 
カタツムリ型レプリロイドはエックスから紙を取り返す。
 
「・・・・・君、ここで何をしていたんだ?」
 
「どうせ言ったって無駄だ!!僕を見るやつはいっつもそうだ!見た目が気持ち悪いだけでイレギュラーと決めつけて!!僕をまた刑務所にぶち込むつもりなんだろ!!」
 
「ちょっ、俺はまだ何も・・・・・・」
 
「うるさいうるさい!!みんな大っ嫌いだ!!」
 
カタツムリ型レプリロイドは口からゲル状の何かを見境なく吐きつける。エックスは避けるが近くにあったメカニロイドの残骸は命中するや結晶になってしまった。
 
「うわああぁぁぁ~!!」
 
カタツムリ型レプリロイドは今度は背中に背負っている殻に篭るとエックスに向かって体当たりを仕掛けている。
 
「おっと!?」
 
エックスは急いで避けると殻は勢いよく壁にぶつかった。すると結晶に罅が入り崩れてカタツムリ型レプリロイドを生き埋めにしてしまう。
 
「うわわあぁっ!?」
 
「お、おい!」
 
エックスは、急いで結晶をどかしてカタツムリ型レプリロイドを助け出す。
 
「う、うぅ・・・・・・」
 
「・・・・・どうやら、情報と噛み合わないな。」
 
エックスは、カタツムリ型レプリロイドを座らせると近くの手ごろなサイズに崩されているクリスタルに座り、尋問を始める。
 
「まず落ち着いて話を聞いてくれ。そうすれば攻撃しないから。」
 
「・・・・・・本当?」
 
カタツムリ型レプリロイドは、落ち着いた様子で聞く。
 
「あぁ、じゃあまず聞くけど君の名前は?」
 
「クリスター・マイマイン。」
 
「マイマインか。ここで何をしてたんだい?」
 
「絵を描いてた。」
 
「絵?」
 
「ここはすごく静かだから集中できるよって怪しいおじさんに勧誘されて、レンタルしてたんだ。」
 
「・・・・・じゃあ、ここの鉱山を襲ったのは君じゃないのか?」
 
「なんかちゃんと料金払うかわからないからって見張りのゴリラみたいな奴がいたよ。僕はここ借りただけだから」
 
「・・・・・っという事は、あのカウンターハンターが本当の犯人か・・・。」
 
エックスは腕を組みながら言う。マイマインの方はなんか心配そうな様子だった。
 
「・・・・あの・・・・・僕をここで処分するとか言わないよね?」
 
「なんでそんなこと言うんだ?」
 
「前に何回もイレギュラーの疑い掛けられて刑務所に入れられたんだ。」
 
「なんで?」
 
「僕が気持ち悪いから。」
 
マイマインは哀しそうな表情で言う。
 
「みんな僕を見るやつはこう言うんだ。『気色悪いからあっち行け!!』とか『こっちくんな!!』とか。時には石を投げられたこともあるよ。」
 
「・・・・・・そんなひどいことを・・・・・。」
 
「っで、時には街にいただけでイレギュラーの疑い掛けられて・・・・・」
 
「・・・・・・・それであそこまで警戒していたのか。」
 
マイマインの言葉でエックスは何となく納得する。マイマインは、散らばってしまった絵を拾いながら大事そうにしまう。
 
「その絵は?」
 
「僕のことを大事にしてくれた人間のおじいちゃんの顔を描いた絵。このおじいちゃんだけは僕のことを認めてくれた。短い間だったけど、あの頃は楽しかったな・・・・・・・・すぐに亡くなっちゃって、死んだのも僕のせいにされて、また逮捕されたけど。グス・・・・・・・」
 
マイマインは泣き始めた。
 
「その後は・・・・・・・・どこに行っても・・・・・追い払われて・・・・・・・・うぅ・・・・・おじいちゃんの趣味だった絵を描いて新しいことをしてみようと思ったんだけどまたわけわからない理由で捕まって・・・・・・・・うわ~!!また、僕は刑務所にぶち込まれるんだ~!!」
 
子供のように大泣きし始めた。あまりにも理不尽な理由に同じハンターであるエックスも思わず彼に同情しざるを得なかった。何となく昔の自分を見ているようだった。しかし、大きな差は自分は見た目をある程度認めていたのに対してマイマイン自身は存在そのものを否定されてきたのだ。これはあまりにもひどいものだった。
 
「・・・・・・・・これは、ケイン博士に相談した方がいいかもしれないな。」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ハンターベース
 
「お帰りなさい、エックス隊長・・・・・・って、何ですか?その後ろにいる泣いているレプリロイドは?」
 
マイマインを連れ帰ってきたエックスを見てビートブードは思わず動揺する。
 
「あぁ・・・・・ちょっと色々あってな。ケイン博士はいるか?」
 
「えっ?はっ、はあ・・・・今、研究室からゼロのパーツを取りに行って丁度整備室にいるところです。」
 
「そうか。」
 
エックスはそう言うとマイマインを連れて整備室の方へと行く。
 
「あ、あの・・・・・副隊長も戻ってきて・・・・・・行っちゃった。」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
整備室  
 
「なるほどのう・・・・・」
 
ケインは、エックスの話を聞いて隣で泣いているマイマインを見る。
 
「・・・・レプリロイドを生み出した儂としてもそれは聞き捨てならんのう。」
 
「博士、何とかならないんでしょうか?」
 
「う、うぅ・・・・・・」
 
「う~む・・・・・・」
 
ケインはしばらく首を傾げて考えるが何かを思いついたのかマイマインの方を見る。
 
「君、よかったら儂の家に来んか?」
 
「えっ?」
 
「昔はエックスがいたり、シグマが来てくれたりしておったんだが最近は誰も来てくれなくてのう・・・・・・丁度話し相手が欲しかったところじゃったんじゃ。」
 
「え、えっと・・・・・」
 
「もちろん、お前を受け入れてくれそうな場所を探しておこう。別に儂から見てもそこまで気持ち悪いと思わんぞ。きっと、受け入れてくれるところがあるはずじゃ。」
 
「・・・・・いいの?」
 
「いいとも~!」
 
ケインは笑いながらマイマインに返事する。
 
今まで泣いていたマイマインが泣くのを忘れたのかのように嬉しそうな顔をした。
 
「よかったな、マイマイン。」
 
「うん。」
 
「あっ、そうだ博士。ついにゼロのパーツが全て揃いました。」
 
「おぉ!全て手に入れたのか!!これでゼロを蘇らせる事ができるぞ!」
 
エックスの言葉を聞いてケインは大いに喜ぶ。
 
「これは吉報じゃぞ!!しかし、全てのパーツにコントロールパーツを繋げるのにかなり時間がかかる。ワシも急いで完成させるがそれまで頑張ってくれ、エックス!」
 
「はい!」
 
「あの・・・・・」
 
「ん?どうしたマイマイン。」
 
部屋から出ようとしたエックスにマイマインが声をかける。
 
「・・・・・ありがとう。」
 
「・・・・・・いいさ、このくらい。」
 
エックスはそう言うと部屋から走り去っていった。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧