| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

ドラえもん のび太の転生ロックマンX

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

バブリー・クラブロス

 
前書き
平成最後の大盤振る舞い。

大投稿開始。 

 
翌日 ハンターベース
 
オストリーグの命を懸けた行いによりハンターベースへのミサイル攻撃は失敗に終わった。
 
しかし、イレギュラーはまだ残っており、ゼロのパーツを持つカウンターハンターも後一人残っていた。
 
エックスたち第17精鋭部隊はこの戦いを一刻も早く終わらせるべく、そして、ゼロを助けるために動き出そうとしていた。
 
「昨日の砂漠基地での戦いが終わり、ついにイレギュラー反応も残り3つ。ゼロのパーツを持ったカウンターハンターも残り一人になった。」
 
「いよいよ大詰めって言うわけですね。」
 
「っで、残りの反応は?」
 
「エネルゲン水晶鉱山、中央コンピュータ施設、後深海基地だ。そのうちカウンターハンターの指定した場所はエネルゲン水晶鉱山にある。」
 
「じゃあ、隊長と副隊長は深海基地へ、俺は・・・・・・」
 
「あっ、ちょっと待って。深海基地ならアタシ一人でいいわ。」
 
マーティの一言にエックスとビートブードは目を丸くする。
 
「マーティ、いくらなんでもそれには無理が・・・・・・」
 
「あら?海なら元レスキュー部隊に入っていたアタシの方が詳しいのよ。水中でも移動も利くし、水中戦に不慣れなエックスたちよりはうまく戦えるはずよ。それにハンターベースには誰かしら残っていた方がいいんじゃない。あのカウンターハンターって奴等きっとゼロのパーツを諦めているとは思えないわ。」
 
「・・・・・・・・」
 
「・・・・エックス隊長、副隊長の言う事にも一理あります。連中が奪われたものをあきらめるとは到底思えません。ハンターベースは俺が残るのでエックス隊長は残りのカウンターハンターを。」
 
「・・・・・・そうだな、奴らがもしここを襲ってきたら一般のハンターじゃ止めようがない。よし、俺がエネルゲン水晶鉱山、マーティは深海基地、ビートブードはここに残ってカウンターハンターの攻撃に備えてくれ。」
 
「了解しました。」
 
「後、マーティは念のために簡易転送装置を持っていくこと。危なくなったら引き返すんだぞ。」
 
「何よ、失礼しちゃうわね。」
 
マーティは膨れっ面になって言う。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
深海基地へと向かうべく、ハンターベースから出発したマーティは、海中へ繋がる洞窟から基地を目指していた。
 
通常は海から直接行くこともできるのだが基地のレーダーに引っかかりやすくすぐに見つかってしまうため、普段はあまり使われない洞窟からのルートを利用して乗り込もうとしていた。
 
深海には、魚類・クラゲ型が泳いでいたが彼女の泳ぎなら避けられた。
 
「思えばこうやって泳ぐのも久しぶりね・・・・・・」
 
彼女は泳ぎながら思った。もっとも彼女が最後に泳いだのはシグマの反乱が終了してイレギュラーハンターに入るべくケインの元へ行く前だったのだが。元々、マーメイドタイプで水中ぐらいでしか活動できなかったマーティだったがケインの改造によって地上での二本足での通常形態、水中においての人魚形態へと使い分けられるようになった。
 
しかし、イレギュラーハンターに入ると水上任務中心であったレスキュー部隊とは違い地上での任務が中心になったため、こちらの形態になることはほとんどなくなった。
 
そうこう考えているうちにマーティは深海基地の入口へと乗り込んで行った。
 
「へえ・・・・・・なんか予想していたよりも破壊された形跡はないわね。」
 
彼女は通常形態へと戻ると基地の中を歩き始める。
 
本部の情報によれば、この基地を占拠したのは、元第6艦隊所属の特A級ハンター バブリー・クラブロス。ホイール・アリゲイツと同じ部隊に所属していたカニ型レプリロイドで、かなり金に貪欲な守銭奴な人物らしく、シグマの反乱時もシグマから多額の大金を受け取ったうえで参加していたらしい。今回の目的は何なのかは不明だが何か裏があるのは確かである。
 
「・・・・って、気になっていたけど思っていたよりもメカニロイドの配置が少ないわね。もしかして、メカニロイドまでケチっているのかしら?」
 
マーティは、ただでさえ少ないメカニロイドをバスターショットで破壊しながら進んで行く。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「・・・・・・・ほんとに何にもなかった。」
 
マーティはほとんどトラップに引っかかることなく扉の前に辿り着いた。
 
「守銭奴っては聞いていたけどここまでケチっているとは思わなかったわ。」
 
呆れながら気を引き締め直し、彼女は扉の中へと入っていく。
 
「イレギュラーハンターよ!!大人しく出て・・・・・・」
 
その直後、彼女の真上から何かが降ってきた。
 
「えっ!?何っ!?」
 
避けようにも間に合わずマーティは、檻に閉じ込められる。
 
「なにこれ!?」
 
「よっしゃ―――――――!!とったど――――――!!!」
 
彼女は動揺していると天井からレプリロイドが降りてきた。このレプリロイドこそこの基地を占拠した主犯バブリー・クラブロスである。
 
「よっしゃ、よっしゃ、よりによって美人な女性型が捕まるとはな。ターゲットじゃねえけど十分高く付くぜ!!」
 
「なっ、何の話よ!?」
 
喜んでいるクラブロスを見てマーティは思わず聞く。
 
「売り物に話す義理はねえがメイドの土産として教えてやるよ。俺はちょっと商売をしている身なんでね、時々女性型レプリロイドをオークションに売り飛ばすのよ!観賞用・奴隷用としてな。」
 
「ど、奴隷!?」
 
「裏の世界では結構好評なんだぜ~!まあ、今回はその予定はなかったんだがな。今回の獲物はあのシグマを倒したって言うエックスが狙いなんだからな!」
 
「エックスを!?」
 
「依頼主が前金として1000万ゼニーPON☆ってくれたぜ。だが、それだけじゃねえ。奴を倒せばその倍以上の莫大な賞金がもらえるんだ!こんなおいしい仕事ないね!」
 
「くっ!」
 
「ねーちゃんのことも少し調べておいたぜ。エックスと同じ第17部隊所属のA級ハンター マーティ。エックスが最も信頼している副官でもある女だ。奴がアンタが戻ってこないところを不思議に思ってこの基地に来る。そして、俺がねーちゃんを人質にして奴を迂闊に攻撃させないようにする。するとどうなる?俺の勝ちが決まり、奴は死、ねーちゃんはオークションの商品、俺は大金を頂くという事さ!ハッハハハハハハ!!笑いが止まらないね~!!」
 
クラブロスは大笑いしながら話す。あまりにも汚いやり方にマーティは怒りを感じる。
 
「ふざけるんじゃないわよ!!金、金って!!アタシはアンタの商品になんてなるつもりはないわよ!!」
 
「クッククク・・・・・言うね。だったら、こうやっても強気で言えるかな?」
 
クラブロスは、壁のレバーを引く。すると部屋に海水が入り始める。
 
「!?」
 
「この部屋はな、海水で満たせるように作ってあるのよ。下手なことを言うとこの部屋いっぱいを海水で沈めちまうぜ?見る限り泳ぎがうまそうじゃないしな。」
 
「・・・・・・そう、だったらやってみたら?」
 
クラブロスの言葉を聞いてマーティはあえて挑発するように言う。
 
「言ってくれるなねーちゃん。でも、その態度もいつまでもつかな?」
 
クラブロスは、さらに部屋を海水で満たす。だんだん水位が上昇し、彼女の首元にまで上った。
 
「ほれほれ、これ以上我慢していると全身がドップリ浸かっちまうぜ?」
 
「ふん、カニに頭を下げるほどアタシはよくできていないのよ。」
 
「なっ!?カニ!?俺が最も気にしていることを言いやがったな!!」
 
クラブロスの態度が一変する。
 
「俺は自分のことをカニって言う奴は大っ嫌いなんだ!!アリゲイツの野郎もそうだ!!俺のことカニ、カニって言いやがって!!」
 
クラブロスはレバーを全開にする。すると海水は部屋を完全に満たしてしまった。
 
「へっへへへへ・・・・・・これでもう抵抗できないぜ。その装備を全部外して恥ずかしい写真をオークションにかけて、その後てめえをダッチワイフ用に改造して高値で売り飛ばしてやる!!メモリーもゴチャゴチャにしてな!!」
 
クラブロスは、マーティの入った檻へと近づいて行く。中ではマーティが息苦しそうにしていた。
 
「ぐうぅう・・・・・・」
 
「ケッケッケ、ここまでどう来たのかは知らねえがきつそうだな・・・・・」
 
クラブロスは笑うとマーティの檻を外して掴もうとする。
 
「さあて、ここから別の場所でお楽しみと行こうじゃないの。情けない姿になりにな・・・・・・」
 
「・・・・・・(ニヤリ)」
 
「!?」
 
急に態度を変えたマーティにクラブロスは動揺する。その隙を見てマーティは、槍を展開してクラブロスへと突き刺す。
 
「ぐ、グエェ!?」
 
クラブロスは思わず距離を置く。マーティは逃がすまいと足を変形させて人魚形態へとなる。
 
「お、お前!?その姿は!?」
 
「悪かったわね、アタシは元々マーメイドタイプだったのさ!!」
 
マーティは、素早い泳ぎでクラブロスの背後に回るとトンファーを展開して打ち付ける。
 
「パイルバンカー!!」
 
「うぉおあぁ!?」
 
クラブロスは突き飛ばされながらも態勢を整え直すがマーティの泳ぎについて来れない。
 
「くっ!コイツ!!バブルスプラッシュ!!」
 
腹部から泡を吐きつけるがマーティは魚の如く泳いで避け切る。
 
「クッ・・・・・・このままではまずい!!急いでレバーを戻さねば!」
 
クラブロスは泡でバリアを張って向かおうとするがマーティはシールドブーメランを投げつけてレバーを戻した。
 
「なっ!?」
 
「どうしたの?元に戻したかったんでしょ?」
 
部屋から海水が抜かれ、部屋は元の状態に戻る。マーティは素早く足を元に戻すとダッシュでクラブロスの前に迫る。
 
「ひっ!?」
 
「よくも散々人のことを金もうけのために見てくれたわね!!」
 
マーティは槍でクラブロスの体を突きまくる。
 
「ぐわあぁぁぁ!?」
 
「同じレプリロイド・・・・・それも女を競売にかけるなんて・・・・・・体は機械でも女は女なのよ!!それを売り物にするなんて許さない!!」
 
マーティの猛攻でクラブロスは、ボロボロになった。さっきまでの威勢はどこへ行ったのかクラブロスはもうヘロヘロだった。
 
「た、助けてくれ・・・・・・・・助けてくれたら10万ゼニーやるから・・・・・・・」
 
クラブロスは、金で助けてもらおうとするがマーティの殺気は収まる様子はない。
 
「・・・・・・ダメ。」
 
「じゃ、じゃあ100万でどうだ!?」
 
「無理。」
 
「じゃあ500万!!」
 
「・・・・」
 
「700万!!」
 
「・・・・・」
 
「・・・・・今まで俺が稼いできた金を全部やるよ!それならどうだ!?」
 
命が助かるなら安いもんだとクラブロスは大きく出る。でも、マーティは首を縦に振らなかった。
 
「・・・・・・」
 
「じゃ、じゃあ・・・・・・・・な、何をやればいいんだよ!?」
 
「アンタまだわからないの?」
 
マーティは槍を振り上げる。
 
「アンタの今までやってきたことは・・・・・・・」
 
「ひっ、ひいいいぃぃぃぃいい!!!」
 
「金じゃ払いきれないのよ!!!」
 
思いっきり振り下ろしてクラブロスの体を真っ二つにする。
 
「カ・・・・・・・・・カ・・・・・カ、ネ・・・・・・」
 
もがくように動きながらクラブロスは機能を停止する。
 
「・・・・・・今まで女を売ってきた罪・・・・・地獄で受けなさい。」
 
マーティは、クラブロスの体からDNAデータを取ると泳ぎながら帰って行った。その後、クラブロスが死亡したことにより深海基地は大爆発を起こした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「・・・・・・・・エックス。アタシ、できたわよ。今はまだまだ遠いけど絶対にあなたの隣にいても恥ずかしくない女になってみせるからね。絶対に。」
 
 
海岸から海を見渡しながらマーティは新たな決意をした。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧