| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

兵法伝説リヴァイアサン

作者:かつみ
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

期待

とかげ先生「この子は頭が良く熱心だな。育てればリバイア様の役に立てそうだ。うまく行けば十傑に…」

ベリィ「李牧!あの小僧は天才です。10歳で十傑に数えられ…」
ボナパルト「ならノエルより格下だな。リバイアを10としたらどれくらいだ?」
ベリィ「はっ…2か3程度です」
ボナパルト「そうか、散開しろ、各個撃破」

李牧「ファランクスを解いた!?」
兵士(ざわざわ)
ボナパルト(ほとんどがノエルの手下、李牧直属はわずかだ)
ボナパルト「ベリィ、全体の指揮を任せる、状況によってはファランクスを組め。ついてこい、ノエルに奇襲をかける!」

ノエル「思いきってポジション変えたが、やっぱり無理ゲロー。あの小僧に任せるんじゃなかった!」
小梅「背後から敵襲です!」
使徒「ファっ!?」
ノエル「あれは陽動ゲロ、本命は…ボナパルトーっ!?」

ベリィ「ちょ、ボナパルト様、李牧つよいですよ!」
使徒「ノエル様が危ない!」
使徒「戻れ!」
李牧「え、おまいら待て」
ベリィ「すげぇボナパルト様マジ神!」 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧