| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

ドラえもん のび太の転生ロックマンX

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

新第17精鋭部隊

ハンターベース
 
「また、17部隊がイレギュラーの製造工場を破壊したそうだ・・・・・」
 
「ほんとかよ?今月に入って工場破壊したのこれで3件目だぞ?」
 
シグマの反乱が終結して以降、新しい人材の登用などもあってハンターベースはかつての活気を取り戻しつつあった。
 
「しかし、信じらねえな・・・・あの甘ちゃんハンターが今じゃ精鋭部隊の隊長か・・・・・。」
 
「そんなに驚くことなんですか?今の17部隊のエックス隊長?」
 
「驚くも何もお前は最近入隊したばかりだからな。エックス隊長は、仕事以外昼寝やらアヤトリって言うひもで何か変なものをするやらで・・・・・」
 
「何の話をしてるんだい?」
 
「何の話って・・・・・うわあぁ!?」
 
歩きながら会話していたハンター二人が後ろを振り向いた瞬間思わず悲鳴を上げて尻もちをついた。
 
「あ、あぁ・・・・・・・」
 
声を掛けてきた相手はマンドリラーだった。
 
「別に・・・・・・後ろから声を掛けて来て驚くのにそこまで反応するかな?」
 
「えっ!?突っ込むところそっち!?」
 
新入りハンターは思わず言う。
 
マンドリラーはかつてシグマの反乱に参加していた元イレギュラーであり、本来ならば処分されるはずのレプリロイドである。しかし、エックス及びケインの助言により、処分は免れハンターランクがB級に降格、一定期間の施設内勤務のみという罰で済んだ。
 
しかし、新入りや反乱を体験したハンターにとってはマンドリラーへの警戒心は強い。マンドリラーもそれを飲んだうえで現在の職に就いている。
 
「い、いえ・・・・・その・・・・・・最近またイレギュラーが増えてきたなあ~って話をしていただけです!!」
 
「そうなのかい?」
 
「は、はい!!自分たちはそのことについて話していただけであります!!」
 
「ふ~ん~。」
 
二人はビシッと背筋を伸ばして言う。マンドリラーは首をかしげるものの別に気にする様子なくその場から離れて行った。
 
「・・・・・・・・行ったか?」
 
「は、はい・・・・行ったようです。」
 
「ふう~!」
 
二人は肩の力を抜いて思わず深呼吸した。
 
「あ、あれが・・・・・・前の戦いで発電所を占拠したって言うマンドリラーなんですか?」
 
「おうよ。エックス隊長とケイン氏が言うには害はないって言うが・・・・・・・・・あのでっかい腕で叩かれたら・・・・・おぉおう・・・・・・・ゾッとする・・・・・」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第17精鋭部隊 隊長室(現在のエックスの部屋)
 
「エックス隊長~。上層部からの書類が届いたよ。」
 
マンドリラーは、欠伸を掻きながらエックスに書類を渡す。
 
「ご苦労様、本部内での仕事はどうだい?」
 
「そうだな・・・・強いて言うならみんな俺を見ると何故かびっくりするんだよ・・・・」
 
「まあ、シグマの反乱からそう経っていないんだ。警戒されるのも仕方ないさ。」
 
エックスはそう言うと渡された書類に目を通す。
 
「ドッゲザタウンのハンター基地が破壊されたか・・・・・・・こちらでイレギュラーの製造工場を破壊しているのはいいけどこうも各地で基地を破壊されちゃあな・・・・・・」
 
エックスは、そう言うと窓から外の景色を眺める。
 
「あの戦いから半年・・・・・・・・街の復興は思っていたよりも進んではいるけど各地で事件が続いているんじゃ安心もできないな・・・・・」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dr.ケインの研究所
 
「じいさん!アンタがこの間作ってくれたこの武器、イレギュラーに全然効かなかったじゃない!!」
 
マーティは、机に待機状態にした武器を叩きつけてケインに言う。
 
「何を言っておるんじゃ!多少の大型レプリロイド相手なら十分貫通できるとは言ったが超大型のメカニロイドなら何でも貫けるとは一言も言っておらんぞ!」
 
「でもかすり傷すら付けられなかったのよ!エックスが助けてくれなかったら・・・・・・・」
 
エックスの名を挙げた瞬間、マーティの覇気は急激に落ち始める。
 
「アタシ・・・・・ただでさえ女性型でA級って変って見られてそうだし・・・・・・ビートブードみたいな取柄もないし・・・・」
 
急に自虐し始めたマーティに対してケインは仕方ないという顔をして彼女の肩を叩く。
 
「何自分で自分を責めておるんじゃ。お前は、自分からハンターになったんじゃろ?だったらそんなこと言わずにもっとビシッとせんか。」
 
「でも、アタシって泳ぐことぐらいしか・・・・・・」
 
「それでも十分な取り柄になるじゃろ?エックスは射撃がうまいが接近戦はそこまでうまくはない。ビートブードやマンドリラーもパワーはあるが俊敏さに欠けておる。レプリロイドとてみんながみんな完ぺきではないんじゃ。」
 
「・・・・・・」
 
「それに・・・・・・エックスに惚れておるんじゃろ?(ニヤリ)」
 
「!?!?!?!?!?」
 
自分に激励をかけてくれたかと思いきや急に思いにもよらぬことを言われてマーティは顔を赤くする。
 
「フッフフ・・・・図星じゃのう。じゃったら、あいつに自分のことを見てほしいと焦るのもわからなくもない。」
 
「そ、そんな・・・・そんなわけじゃないし!!私だっていつまでも守られている側が嫌で・・・・・・」
 
「そんなちっぽけな理由ならあの時頼み込んだ時途中で折れてあきらめて帰っておるわい。」
 
「・・・・・・・・・」
 
「・・・・・さて、この間渡したこれだけじゃ確かに心細いじゃろう。そこで今回はお前に合わせていろいろ作ってみたぞい。」
 
ケインはマーティの目の前にいくつかの武器を並べて見た。
 
「えっと・・・・・・銃にトンファー、シールド?」
 
「銃は、ハンターが一般的に使う量産型バスターショットのをベースにエックスのバスターのデータを応用して出力を上げておる。しかし、最大出力で撃つとカードリッジがすぐに底を尽きてしまうからできるだけけん制用に撃つことじゃな。もう一つのトンファー『パイルバンカー』は、この槍程の距離ではないが接近戦では使い勝手がいい。このシールド・・・・・そうじゃな『シールドブーメラン』は、アルマージのシールドのデータを基にエックスがフルチャージをして放ったバリアをシールドのビーム刃にして敵にフリスピーのように投げて攻撃することもできる。但しコントロールが難しいから気を付けて使うんじゃよ?」
 
武器を手に取ってみてマーティは、思わず涙目でケインを見る。
 
「爺さん・・・・・アンタって人は・・・・・・」
 
「フッフフ、わしとて恋する乙女をからかってばかりいないという事じゃ。まだ改良する余地の多いものばかりじゃがこれでエックスのことを支えてやってくれ。今はまだあいつを目覚めさせることはわしにもできんからな。」
 
「あいつ?」
 
「ん?エックスから聞いておらんのか?」
 
不思議そうな顔をしているマーティにケインは丁寧に説明をする。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ハンターベース 留置所
 
「やあ、イーグリード。元気かい?」
 
エックスは牢の外から留置されているイーグリードに声を掛けた。手錠などで動きは制限されているものの特に異常はないようだった。
 
「元気なのは元気さ。まあ、復帰した時にリハビリは必要だと思うが。」
 
「ケイン博士からの話だと翼は完全に治ったんだろ?」
 
「まあな。ただ、本当にまた空を飛べるのかが少し不安だが・・・・・」
 
イーグリードは自分の翼を見ながら言う。エックスとの戦闘において破壊された翼は新しいものに変えられ、戦いがあったのがウソのように感じさせられる。
 
「・・・・・フッ、こうなってしまうと反乱前に部隊をやめたオストリーグの気持ちが少しわかったような気がするよ。」
 
「オストリーグ?確かブースターの故障での墜落で引退した・・・・・」
 
「あぁ。先月、あいつから手紙が届いたんだ。どうやら地上での勤務は慣れて来たらしい。相変わらず空を飛ぶことはできないようだが・・・・・・」
 
「そうか・・・・・」
 
「俺は出所後、復隊する前にあいつに会う予定にしているんだ。リハビリもそれに合わせてな。」
 
イーグリードは苦笑しながら言う。
 
「早くまた空が飛べるようになればいいな。ゼロがいたらきっと『早く戻って来い』って言うよ。」
 
「ゼロ?まだ、修理の目途が着いていないのか?」
 
「あぁ・・・・・・」
 
「エックス隊長!」
 
そこへ一人のハンターがエックスの元へと慌てて来た。
 
「どうした?そんなに慌てて・・・・・」
 
「上層部からの緊急指令です!各地でイレギュラーが出現!その中には前回の反乱で行方を暗ませていた特A級ハンターの姿も・・・・・・」
 
「なんだとっ!?」
 
エックスは深刻な顔をして言う。
 
「どうしたんだエックス?」
 
「・・・・イーグリード、悪いけど今回の面談はこれで終わりだ。この次はいつになるかわからないけどできるだけ日程を合わせるよ!」
 
エックスは急いでその場を後にした。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧