| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

ドラえもん のび太の転生ロックマンX

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

戦いの後

シグマの反乱終結から二か月。
 
イレギュラーたちによって破壊された都市は復興作業が進み、シグマと共に多くのハンターが離脱してしまったイレギュラーハンター本部では部隊の再編及び人材の確保に頭を悩ませていた。
 
そして、またここにハンターを志す者が訪れた。

「・・・・・・・・・」

「ふむ、判断力及び射撃、身体機能も上々。それに模擬試験の結果も悪くない。いいだろう、君を正式にイレギュラーハンターに任命する。ランクはA級だ。今後ともよろしく頼むぞ。」 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ハンターベース 屋上
 
「・・・・・・・・・・」
 
エックスは、久しぶりに一人屋上で寝っ転がりながら空を眺めていた。
 
壊れていた右腕はケインに直してもらい、代わりに付けていたゼロのものは回収されたゼロのボディに返還した。しかし、現在のところゼロの修復は見込みがないという。話によればゼロの体の構造は自分と同様にかなり複雑らしく一から作り直すことさえ難しいそうだ。
 
「また、ここで昼寝ですか?エックス隊長。」
 
そこへ一人のレプリロイドが歩いてきた。エックスは体を起こして相手を見る。
 
「マック?」
 
「勘弁してくださいよ。上層部からの報告書を渡そうと思ったらどこにもいないし、独房にぶち込まれているマンドリラーに聞いたら『多分屋上にいるんじゃないかな?』って教えてもらってやっと見つけたんですから・・・・・」
 
マックと呼ばれたハンターは愚痴を言いながらエックスに書類を渡す。だが何か違和感を感じた。
 
「・・・・・・そう言えばさっきから丁寧語で言うわ、隊長って言うわ、一体どうなっているんだ?いつもの君ならため口で聞いてくるのに・・・・・」
 
「言ったとおりですよ。本日をもってB級ハンター エックスは特A級に昇級及び第17精鋭部隊隊長に任命されたんですよ!上になった相手にため口なんて言えませんよ!!」
 あ
「はあっ!?」
 
エックスは思わず飛び上がった。いきなりのそんなことが目の前で起きたためマックも思わず尻もちをつく。
 
「驚かさないでくださいよ!?」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イレギュラーハンター上層部
 
「い、一体どういうつもりかね?え、エックス隊長?」
 
イレギュラーハンター総監は何故か荒々しいオーラ全開で入ってきたエックスを目の前にして冷や汗をかいていた。本来なら自分が部下であるエックスを叱らねばならないのだがここまでプレッシャーを感じるエックスを見たのが初めてであったため押されてしまっていた。
 
「総監!これは一体どういう事なんですか!!私が隊長になるなど・・・・・・組織の中には私以上に優秀なハンターがいるはずです!!」
 
エックスがこの状態になっているのには二つの理由がある。
 
一つは勝手に上層部が決めていたこと。いくらシグマの反乱を終わらせたとはいえ、あの功績は自分だけではなくここにはいないゼロ、夢かはわからないがドラえもんのおかげで成しえたことなのだ。それを上層部がうまく組織の士気を上げるために利用している。これは許せないことだ。
 
もう一つは・・・・・・・隊長に就いたら今の業務が倍以上に増えることだ。
 
正直言ってシグマがまだ隊長をしていた頃、被害状況などの報告書をまとめるやら、部隊をまとめるやらで彼が偉く苦労していたことを知っていたからだ。それに仕事の量が増えれば唯一気を紛らわせることができる昼寝の時間が大幅に減ってしまう。それだけはどうしても避けたかった。
 
「お、落ち着きたまえ・・・・・・エックス隊長。これは我々上層部が全員一致したうえでの判断でケイン氏の推薦でもあるのだ!?(汗)君は今回のシグマの反乱を終結させるのに大きく貢献してくれた。本来ならこれにはとどまらない功績であるのだぞ!?」
 
「・・・・・だからって、ハンター歴なら同僚のビートブードの方が長いし、他のハンターでも・・・・」
 
「確かにハンター歴とランクなら彼の方が上だ。しかし、先日の兄であるクワンガーのイレギュラー化、及び監禁中の脱走のこともある。その様な男を隊長にするわけにはいかんのだよ。」
 
「・・・・・・なら、せめてA級のマックを・・・・・」
 
「あれは駄目だ!?彼はさぼりの常習犯故に隊長などにしたらむしろ組織全体の士気が下がってしまう!!」
 
「しかしですね・・・・・」
 
「いい加減にせんか、エックス。」
 
そこへケインがやってきた。
 
「ケイン博士・・・・」
 
「こ、これはケイン氏!!わざわざこちらに来られていたとは!!」
 
総監は、敬礼をしながらケインに挨拶する。ケインは、エックスを見ながら言う。
 
「エックス、今回の騒動を治められたのは、お前だけの力によるものではないことはよおぉく理解しておる。」
 
「ですが・・・・」
 
「何を遠慮しておるんじゃ!儂に言わせたらお主を新総監にしてやってもいいくらいなんじゃぞ!!」
 
「ケイン氏、いくらなんでも言い過ぎです・・・・・」
 
「お前はこの度の戦いでの一番の功労者なんじゃ。儂なんか感謝してもしきれんぐらいじゃ。」
 
ケインはニッコリとしながらエックスに言う。ここまで言われてしまえばさすがのエックスも断るわけにはいかない。
 
「(前の俺だったら調子に乗るから遠慮していたんだけどな・・・・・・・)は、博士がそこまで言うのでしたら・・・・・・・」
 
エックスは仕方なく引き受けることにした。
 
「おぉ!引き受けてくれるかね、エックス隊長!!」
 
総監もほっとしたような顔で言う。
 
「早速ではあるがこれが再編した17部隊・・・・・君の率いる部隊のメンバーリストだ。目を通しておいてくれたまえ。」
 
総監からリストを渡されるとエックスは、ケインと共に部屋を後にした。
 
「・・・・・・・・・ふう~!!あのB級ハンターだったレプリロイドがあそこまで殺気を発するとは・・・・・・・本当に危ないところだった・・・・・・」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ハンターベース 廊下
 
「博士、いくらなんでも俺に隊長が務まるとは思えませんが・・・・・・」
 
エックスは、施設の中を歩きながらケインに言う。
 
「何を言っておるんじゃ!そんな調子ではゼロに笑われるぞ!!」
 
「はっはは・・・・・・ところで博士。マンドリラーの件、総監には聞き忘れてしまいましたが・・・・・・」
 
エックスは思い出したように言う。
 
「あぁ、あの件なら大丈夫じゃ。かなり苦労したがB級にまで降格させるのとしばらくの監視付きでの行動で何とか話を付けたわい。」
 
「そうですか!ありがとうございます!!」
 
「後、イーグリードとブートビードの方もしばらくの監禁、ランクの降格でなんとかできたぞ。あっ、ちなみにカメリーオの方はどうにもならんかった。一応白状した件で処分は免れたが。」
 
「いろいろとすみません。」
 
「ところでエックス・・・・・・・この間の話なんじゃが・・・・・・・」
 
ケインはエックスをじろじろ見ながら言う。
 
「この間話してくれた『四次元ポケット』という物から出す『ひみつ道具』、わしにいくつか・・・・・・」
 
「渡しません。」
 
「ケチ~!!わしだって研究への探求心という物があるんじゃぞ~!!壊さないから!ねっ?ねっ?」
 
「ダメです!」
 
「そんなこと言わんで~!」
 
ケインは、まるで子供のように駄々こねながらエックスに頼み込む。
 
実は、シグマの反乱終結直後にエックスはケインにのみ自分の過去について明かした。
 
最初は目を丸くしたケインではあったがエックスがポケットから出した道具を見て納得してくれた。しかし、逆にその構造を解明したいという欲求にいくつかのひみつ道具を貸してほしいとたびたび頼むようになった。無論、しつこく断られたら諦めるが。
 
「せめて『タケコプター』だけでも・・・・・・・」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ハンターベース 第17部隊隊長室
 
「ふう・・・・・・まさか俺がこの部屋に入ることになるなんてな・・・・・・」
 
エックスは、かつての上司が使用していた部屋を眺めながら言う。まだ荷物の整理が終わっていないこともあって部屋には段ボールが山積みにされていた。
 
「自分の部屋から荷物を持ってこなくちゃいけないから早くしないとな・・・・・・・『ロボッター』を使えば楽だけど・・・・・・って、いけないけない!!ひみつ道具に頼っていたらのび太のまんまじゃないか!しっかりしなくては・・・・・・」
 
エックスは、誘惑を打ち消して部屋の片づけに入る。そんなときに部屋のドアからノック音が聞こえた。
 
「どうぞ。(誰だろう?まだリスト見ていないけど・・・・・・)」
 
部屋のドアが開く音がすると同時に誰かが入ってきたことは分かった。
 
「あっ、悪いけど書類は机の上に置いといて。後で目を通しておくか・・・・・・」
 
エックスが相手の顔を見ようと前を向いた瞬間、あっと声が出た。
 
「・・・・・・・・・」
 
「き、君は確か・・・・・・・」
 
相手は女性型で見覚えのある顔だった。ただ、若干、姿が変わっており全体的に言えばビキニアーマーを身に着けた人間に近いタイプだった。何故か顔が真っ赤になっていたが。
 
「・・・・・・・・・」
 
「・・・・・・・ま、マーティ・・・・・・・だよね?」
 
エックスは、彼女の顔を見ながら言う。確かに顔はかつてオクトパルドの戦いのときに知り合った人魚型レプリロイドのマーティだった。しかし、下半身は足が二本だし、あまりハンターというには格好が・・・・・・・
 
「ど、どうして君がここに?」
 
「・・・・・・・・・」
 
マーティは顔を赤くしたまま書類を見せる。書類には丁度部隊のメンバーの情報がまとめてあり、彼女のが一番前に載せてあった。
 
「えっと・・・・・・・A級・・・・・・・第17精鋭部隊副隊長マーティ・・・・・・・えっ!?ビートブードかマックじゃないの!?」
 
エックスは思わず彼女の顔を二度見する。てっきり副隊長はあの二人のどっちかかと思った。マーティは、ボソボソとだが言い始める。
 
「べ、別に・・・・・・・アンタのことが気になってハンターになったとか・・・・・・・そういうわけじゃないからね・・・・・・・・」
 
「・・・・・・・・あっ。」
 
エックスは少し前にケインと別れる直後の話を思い出した。
 
 
「・・・・おっ、そう言えばエックス。」
 
「はい?」
 
「お主、女性型で知り合いいなかったか?」
 
「えっ?何を突然・・・・・」
 
「うむ、そのレプリロイドがわしのところにきて戦闘用に改造してほしいって懇願してきての。あまりにもしつこかったもんで改造してやったんじゃよ。」
 
「そうなんですか。」
 
「何かお前の名前とボソボソ言っておったぞ。まあ、一目でわかるようにしておいたがのう。」
 
「どんな風にですか?」
 
「フッフフフフフ・・・・・・秘密じゃ秘密。」
 
 
 
 
 
 
 
「・・・・・・・まさか、ケイン博士が言っていた女性型って・・・・・・」
 
「と、とにかく!!アタシ、この部隊の副隊長することになったから!!その・・・・・・・・よろしくお願いします!!・・・・・・・きゃっ!?」
 
マーティはそう言うと走って部屋を出ようとするがよく見ていなかったせいで段ボールの山にぶつかる。段ボールの山はバランスを崩し二人の前に崩れた。
 
「うわあああぁぁぁぁ!?」
 
「きゃああぁぁぁぁ!!」
 
部屋は書類だらけになってしまい、二人は書類の中から顔を出す。
 
「・・・・・・何か言うことは?」
 
「・・・・・わかったわよ。手伝うわよぉ・・・・・・・」
 
罪悪感なのかけじめなのかマーティは、顔を赤くしたままエックスと共に部屋の片づけをするのであった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
数日後

「ケイン氏、いくらなんでも隊長に賄賂を貢ごうとはどうかしていますよ?」

数日後、A級に降格されたビートブードと共にケインは、お菓子の詰め合わせを持ってエックスの部屋へと向かっていた。

「何を人聞きが悪い!?儂とて科学者としての欲求があるんじゃ!どんなことをしてでも借りるぞい!」

「全く・・・・・・隊長に叱られても知りませんよ。」

二人は、部屋へと入って行く。
 
「エックス、ひみつど・・・じゃなかった!!・・・・気分転換に甘いものを・・・・・なにやっとんじゃ?この二人?」
 
「さ、さぁあ?」

2人が来た時、部屋にいたのは困った顔をしたエックスと顔を真っ赤にしたまま書類整理をしているマーティの姿があった。

 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧