| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

ドラえもん のび太の転生ロックマンX

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

VAVA 第二戦

シグマパレス
 
「イレギュラーハンター ゼロだ!!」
 
「いつの間にここまで!?」
 
「ライドアーマー隊は何をしている!?」
 
「表の方からも敵が・・・・うわあぁぁぁ!!」
 
シグマパレス内のレプリロイドたちは、表側からエックス、裏側からのゼロの攻撃により混乱状態に陥っていた。
 
「エックスの奴、どうやらうまくいっているようだな。」
 
ゼロはバスターで敵を撃ち落としながら城の中へと進んで行く。圧倒的なゼロの実力を目の前にしてレプリロイドたちは思わず後ずさる。
 
「くうっ!」
 
「死にたくなかったら道を開けろ。そうすれば命だけは・・・・・」
 
「ぎゃあぁ!!」
 
「なっ!?」
 
投降を呼びかけようとした矢先、目の前にいたレプリロイドは何かに胸を撃ち抜かれ倒れた。ゼロはそのレプリロイドの背後を見る。
 
「投降を呼びかけるとは・・・・・ずいぶん甘くなったなゼロ?」
 
「VAVA!貴様!!」
 
「イレギュラーを狩るのがお前たちの仕事じゃなかったのか?こいつは既にシグマについていた。」
 
「お前がそれを言うか!?何の見境もなく破壊するお前が!!」
 
「クッククク・・・・・・」
 
VAVAは、笑いながらゼロの前から走り去る。
 
「待て!!」
 
ゼロは、バスターをチャージしながらVAVAの後を追う。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「エレクトリックスパーク!!」
 
「ぐわぁぁあ!!」
 
エックスは目の前に現れるメカニロイドを破壊すると砲台を破壊しながら城の奥へと進んでいた。
 
「だいぶ数が減ったな・・・・・・・ゼロがうまく誘導してくれたのかな・・・・」
 
エックスはそんなことを考えながらも進んで行く。だが、同時に違和感を感じるようになっていく。
 
(・・・・・・それにしても・・・・・VAVAの姿が見えない。クワンガーの時といい既に姿を現してもおかしくないはずなのに・・・・・・)
 
エックスは少し不安になりゼロに連絡を取ろうとする。
 
「こちらエックス。ゼロ、そちらの状況は?」
 
『・・・・・・・・』
 
「ゼロ?」
 
返事がない。
 
エックスの不安はさらに増大する。
 
クワンガー戦以降姿を暗ましたVAVA。
 
連絡が途絶えたゼロ。
 
更にその背後で待ち構えているシグマ。
 
エックスは少しでも不安を紛らわせようと先を急ぐ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最深部辺りの扉が開くとそこには一つのカプセルがあった。謎の老人のとは形状は違うものの中に入っている人物は明らかだった。
 
「ゼロ!!」
 
エックスは急いでカプセルに向かう。しかし、ゼロは慌てて制する。
 
「来るなエックス!!罠だ!!」
 
「なっ!?」
 
ゼロの言葉に反応してエックスは一気に後方へと下がる。その瞬間、エックスがいたところに何やら巨大な何かが落下してきた。
 
「ちっ、仕留め損ねたか。」
 
ライドアーマーに乗り込んだVAVAだ。
 
「VAVA!」
 
「エックス、すまん。俺としたことがVAVAの挑発に乗せられてしまった。」
 
「余計なことは言うなゼロ。」
 
VAVAは、コックピットからコントローラーを取り出すとスイッチを押す。その瞬間カプセルに電流が走りゼロを痛めつける。
 
「ぐわあぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」
 
「ゼロ!!」
 
「おっと、お前の相手はこの俺だぜ?エックス。」
 
苦しんでいるゼロを目にしてエックスは助けようとするもののVAVAのライドアーマーによって阻まれる。
 
「VAVA、ゼロを離せ!!」
 
「そうして欲しいか?だったら俺を倒すしかねえな!!」
 
VAVAはライドアーマーの拳をエックスに向けて放つ。
 
「くっ!スパイラルチャージショット!!」
 
エックスは避けながらチャージを行い、VAVAのコックピットに向かって発射するがライドアーマーの手が受け止めて防ぐ。
 
「無駄だ。このライドアーマーにはお前たちのバスターがほぼビームだという事を考えて耐ビームコーティングを施しておいた。よって、お前の通常バスターは無意味だ!」
 
「くっ!だったら他のはどうだ!ストームトルネード!!」
 
エックスはVAVAに向けてストームトルネードを放つ。しかし、VAVAは、一瞬押されたかと思わせ一気にライドアーマーのバーニアを吹かしてエックスに体当たりをした。
 
「ぐわあぁ!!」
 
「ふん、前にも言ったはずだ。俺のライドアーマーをそこらの量産型と一緒にするなって。」
 
壁に打ち付けられて倒れたエックスの右腕に向かってVAVAは、ライドアーマーの足で踏みつける。
 
「うわああぁぁぁぁ!!」
 
「そして、お前たちの兵装はほとんど右腕に集中している。つまり、そこを潰せばお前たちの戦闘能力は失われる。」
 
VAVAは、ライドアーマーのパワーを上げてさらにエックスの右腕を攻撃する。
 
「ぐわあぁぁぁぁぁぁぁ!!」
 
エックスの右腕に激痛が走り装甲が歪んでいく。
 
「エックス・・・・・・・」
 
カプセルの中でゼロはどうにかしなくてはと試行錯誤していた。
 
カプセルから出てもおそらくダメージが増えてとても助けになるとは思えない。
 
しかし、このままではエックスが殺されていくのを見ているようなものだ。
 
「どうした?早くしないと右腕がなくなるぞ?オラ!」
 
「があぁぁぁあああ!!」
 
「・・・・・・・!!」
 
ゼロはVAVAのライドアーマーの背後を見てふと気が付いた。
 
確かにVAVAのライドアーマーは耐ビームコーティングをしている上に機動性が高いこともあって通常のバスターでは破壊できない。しかし、コーティングができないバーニア部に最大出力で攻撃できれば・・・・・・・・・当然自分の犠牲になる覚悟の上ではあるが。
 
(ここでエックスを失うわけにはいかない・・・・・・・あいつはシグマを倒すことができる可能性を持つこの世界の希望だ・・・・・・・ここで死なせはしない!!)
 
ゼロは自己犠牲覚悟の上で強引にカプセルを破り、VAVAの背後にとりついた。
 
「お前の相手はエックスではない!!この俺だぁ!!」
 
「何ぃ!?ゼロ、この死にぞこないがぁ!!」
 
VAVAはゼロを振りほどこうとエックスから離れて行く。ゼロは何とか起き上がろうとするエックスを見ながら叫ぶ。
 
「エックス!俺がしてやれるのはここまでだ!!」
 
「ゼロ?一体・・・・・」
 
エックスが立ち上がった次の瞬間、ゼロのバスターがVAVAのライドアーマーに放たれる。バーニアからの引火によって機器が誘爆し、ライドアーマーはすさまじい威力で大爆発する。その威力に呑まれてゼロの体も吹き飛ばされた。
 
「ゼロ・・・・・・ゼロォオ!!!!」
 
エックスは体の半分を吹き飛ばされたゼロの元へかけようとするが思わず足を止める。
 
「・・・・・・・・・・ゼロめ、余計なことをしてくれる・・・・・。」
 
爆発した煙の中からVAVAがほぼ無傷の状態で現れる。
 
「VAVA!!あの爆発の中でまだ・・・・・・・」
 
「全く、ゼロといい、ナウマンダーといい、でしゃばらなければ長生きできたものを・・・・・・・大人しく死んだクワンガーの方がよっぽど利口だ。」
 
「ナウマンダー?・・・・!じゃ、じゃあナウマンダーを倒したのも・・・・・・・」
 
「ん?あぁ、俺が始末した。元から図体ばかりデカい能無しだったからな。無駄な抵抗ばかりして呆れたもんだぜ。」
 
「貴様・・・・・そうやって仲間であるはずのレプリロイドを殺して何とも思わないのか!!」
 
「仲間?ふん、俺にそんなものはない!今も昔も!これからもな!!」
 
「許さないぞVAVA!!」
 
エックスは、ダメージが大きい右腕を強制的にバスターに変形させる。
 
「そんなバスターで何ができる?その様じゃ精々数発がやっとだ。お前もゼロと一緒にあの世に送ってやる!!」
 
VAVAは、腕のバルカンとキャノン砲を同時に発射してエックスを攻撃する。
 
「ホーミングトーピード!!」
 
エックスは腕の痛みに構わず追尾式のミサイルを放つ。
 
「無駄なあがきはよせ!!」
 
VAVAは飛んでくるミサイルを迎撃してエックスに照準を向けようとする。だが、いつの間にかエックスはすぐ目の前にまで来ていた。
 
「何!?」
 
「うおぉぉぉぉ!!!」
 
エックスは左腕で思いっきりVAVAを殴る。
 
「くっ!このくらいで・・・・」
 
「まだだぁ!!」
 
次は変形したままの右腕でVAVAの顔を殴りつける。同時にショットを放ち、VAVAの頭部の一部を吹き飛ばす。同時にエックスの右腕から煙が出る。
 
「今のはクワンガーの分だぁ!!そして、これはその弟のビートブードの分!!」
 
エックスは倒れたVAVAに跨り、殴り続ける。
 
「これはナウマンダー!!これは貴様に殺された他のレプリロイドたちの分!!」
 
「ぐぅ・・・・・・・」
 
顔面が変形して視覚を失ってもVAVAは抵抗しようとする。
 
「これはゼロの分!!これは俺の分だぁ!!」
 
「があぁ・・・・・・・」
 
「うおぉぉぉぉぉお!!!!」
 
VAVAに抵抗する力は残っていなかった。いや、正確には頭部が完全に破壊されたため動かなくなった。それでもエックスはVAVAの顔を殴るのをやめない。
 
思えばここまで彼がやったのはあの夜以降ではなかろうか?
 
かけがえのない親友であるドラえもんに安心して未来に帰ってもらうために普段はやられてばかりで抵抗できなかったジャイアン相手に何度も立ち上がったあの夜のように。
 
 
 
 
「はあ・・・・はあ・・・・・」
 
はっと正気に戻り、エックスは動かなくなったVAVAを見る。
 
「うっ!!」
 
今まで怒りのあまりに忘れていた右腕の痛みを思い出し思わず抑えるがすぐに吹き飛ばされたゼロの方へと向かう。見る限り下半身と左腕は完全に吹き飛んでしまっている。
 
「ゼロ!しっかりしてくれ、ゼロ!!」
 
エックスはゼロを抱き上げると必死にゆすって声を掛ける。すると僅かながらゼロの目が開いた。
 
「エックス・・・・・・・・いつも・・・・お前に油断するなと言っておきながら・・・・・この様だ・・・・・」
 
「もう、これ以上しゃべらないで!!すぐにハンターベースに戻って治療を・・・・・・・・」
 
エックスは立ち上がろうとするがゼロはエックスの右腕を握り首を横に振る。
 
「ダメだ・・・・・・こうしている間にも・・・・・・・シグマは計画を確実に進めている・・・・・」
 
「でもこのままじゃ・・・・・・それにおれのバスターの状態じゃ・・・・」
 
エックスは自分の右腕を見る。完全に歪んでしまい、配線があちこち焼き切れている。おそらく交換しなくては駄目だろう。
 
「・・・・・・・俺のバスターを使え。」
 
ゼロは唯一残された右腕を自分の意思で外す。
 
「以前・・・・・・・爺に聞いたことがあって・・・・・俺とお前のバスターは基本的な機能はほぼ同じらしい・・・・だが、俺みたいにアースクラッシュは使えん。それでも攻撃力は格段に上昇するはずだ・・・・・・コントロールが難しいのが難点だが・・・・・」
 
「ゼロ・・・・・・」
 
「・・・・・・・フッ。そんな悲しそうな顔をするな。お前は世界の希望なんだ・・・・・・・・・・・」
 
ゼロの目が再び閉じようとする。
 
「じゃあな・・・・・エックス・・・・・・シグマを倒して・・・・・・・見せてくれよ・・・・・・・・・・平和な世界を・・・・・・・・・・」
 
 
ゼロの目が完全に閉じる。
 
「ゼロ・・・・うぅ・・・・・・・また死なせてしまった・・・・・・・・・何が希望だよ・・・・・・・・結局、誰も助けられないじゃないか・・・・・・そんな俺のどこが希望なんだよ・・・・」
 
エックスは、機能を停止したゼロの体を抱きしめながら泣く。
 
「・・・・・・・ドラえもん・・・・・・・助けてよ・・・・・・・・・もう、寝坊しないから・・・・・・・・遅刻もしないし、宿題だって一人で頑張るから・・・・・・・・・・・だから・・・・・助けてよ・・・・・・ドラえもん・・・・・・・・」
 
無駄なことはわかっている。
 
だが、今のエックスはどうしても彼に助けてきてほしいと思った。
 
ドラえもんに。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧