| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

ドラえもん のび太の転生ロックマンX

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

スティング・カメリーオ

森林エリア
 
シティ・アーベルからかなり離れたところにある森林基地。
 
このエリアは、第9特殊部隊通称「レンジャー部隊」所属スティング・カメリーオによって占拠されていた。カメリーオは、レンジャー部隊きっての実力者であったが野心家で毒舌、狡猾な性格のため、人望が薄い嫌われ者で隊長になるぐらいの実力はあったものの一歩のところで及ばないというレプリロイドである。
 
そのカメリーオが占拠したエリアだけのことがあって森林には多数のメカニロイド、トラップが設置されていた。
 
「「「メト~!!」」」
 
「ごめんね。」
 
エックスは同情しながらも行く先で待ち構えているメットールをバスターで倒していく。途中の泥沼におぼれかけながらもエックスは着実にカメリーオのいる最深部へと進んで行った。
 
「泥だらけだな・・・・・・こんな格好で家に帰ったらきっとママに怒られるぞ・・・・まあ、今になっては懐かしいことだけど。」
 
エックスはジャンプをして崖の上によじ登る。
 
「ん?」
 
そのまま素通りして行こうと思ったその時、エックスはすぐ脇の林に何かがあると感じた。草をかき分けて探してみるとここにも例のカプセルがあった。
 
「こんな茂みの中に隠れているなんて・・・・・・・よく見つからないもんなんだな・・・・」
 
エックスはそう言いながらもカプセルの前に立つと例の如くカプセルが開き老人の姿が映し出される。
 
『このカプセルに遺したのはボディパーツじゃ。カプセルに入り、このパーツを装着すればお前の防御力は飛躍的に向上し、体に受けるダメージを半減にすることができる。戦いが始まってしまったことは哀しいことじゃが・・・・お前ならそれを終わらせることができるはずじゃ・・・・エックス。』
 
「博士・・・・」
 
エックスはカプセルの中に入る。するとエックスのボディに純白のアーマーが装着される。
 
「これで一通りできたのかな?でも、博士が言うには確かパーツは四つって言っていたからあと一つは・・・・・・頭に付けるのかな?もう付いているけど。」
 
エックスはそんなことを気にしながら足を進めていく。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
道中の洞穴で岩に擬態したレプリロイドや他のエリアにいた量産型のレプリロイドに襲われるもののエックスは的確に急所を狙って仕留めて進んで行く。
 
「あっ、ライドアーマーだ。」
 
エックスは沼地に入り込もうとしたとき、途中で放棄されたと思われるライドアーマーを発見する。
 
「随分ボロボロだな・・・・・」
 
とりあえず機器を確認する。結構老朽化が進んではいるものの沼地を越えるには問題はなさそうだ。
 
エックスは早速ライドアーマーに乗り込んで沼地へと足を踏み入れた。沼地に嵌ることはないものの極地用にカスタマイズしたメカニロイドや他のライドアーマーたちは次々とエックスに襲い掛かってくる。
 
「弱ったな・・・・・こっちのライドアーマーはボロボロなのに・・・・そんなに攻撃されたら壊れちゃうよ・・・・」
 
既にライドアーマーのあちこちから煙が噴き出していた。エックスは一刻も早く沼地から脱出しようと急ぐ。しかし、焦ったあまりに敵のライドアーマーの攻撃をまともに受けてしまった。
 
「しまった!?」
 
ライドアーマーの動きが止まり所々からバチバチと音がし始める。そして次の瞬間エックスは黒ひげの玩具の如くライドアーマーの爆発に巻き込まれて飛ばされて行ってしまった。
 
「うわあぁぁぁぁぁぁぁ!!!」
 
エックスは、森林の奥地へと飛ばされる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「ににに・・・・・」
 
一方、エリアの最深部ではカメリーオが何やら計算をしていた。
 
「ににに・・・あの甘ちゃんハンターを倒せば俺の株は上々に上がるな。シグマ様も丁度いいときに反乱なんて起こしてくれたもんだぜ。まあ、元々弱っちい人間を守るなんて下らねえことだって思ってたしな。それにしてもエックスの奴遅いな・・・・予定ならもう来てもおかしくないが・・・・・途中で沼地に沈んだか?面倒だな、引き上げるのは・・・・・・・ん?」
 
その時遠くから悲鳴のようなものが聞こえた気がした。
 
「気のせいか?まあ、どうせ鳥の鳴く声が・・・・・・」
 
 
「うわあぁぁぁぁぁ・・・・・」
 
「ん!?」
 
「ぶつかるうぅう!!!!」
 
「えっ?」
 
カメリーオが後ろを振り向くと閉じていた扉が壊れ、そこからエックスが勢いよく自分に向かって飛んできた。
 
「え、エックスっ!?」
 
「なんかよくわからないけど好都合だ!喰らえ!カメリーオ!!」
 
エックスはカメリーオに向かってバスターを構える。
 
「なんで!?なんで飛んできたっ!?普通、歩いて入ってくるよな!?いくらなんでもそれは変だろ!?」
 
思わぬ突入の仕方にカメリーオは動揺する。
 
「スパイラルチャージショット!!!」
 
「いくらなんでもゼロ距離射撃は反則だ!!!」
 
避ければよかったものをカメリーオはゼロ距離からのチャージショットをまともに受けてしまう。
 
「ぶ、ぶ、ぶへっ・・・・・・」
 
顔が真っ黒こげになり、ボロボロに崩れてしまいカメリーオは頭部を失う。
 
「なんかどうなるかと思ったけど運よく倒せたな・・・・・・なんかカメリーオには悪いけど。」
 
「悪いならてめえがくたばれエックス!!」
 
「!?」
 
突然カメリーオの体が動き、エックスに襲い掛かる。エックスは思わず距離を取る。
 
「ど、どういう事なんだ!?頭部を失ったはずのカメリーオがまだ動いている!?」
 
「にににに!こんなこともあろうかとメモリーチップは頭部とボディに分けて取り付けてるのさ!よくも俺に不意打ちをしかけやがったな!今度はこっちの番だ!カメレオンスティング!!」
 
カメリーオの尾から矢状のエネルギー弾が発射される。エックスはすぐにバスターを構えるが
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
どういうわけか飛ばされたのはエックスの方ではなく後ろの壁の方だった。
 
「?」
 
「どうだ!?くたばったか?」
 
カメリーオはキョロキョロしながら確認する。どういうことなのかエックスは動揺するが近づいてカメリーオの足を引っかけて転ばせてみる。
 
「ににっ!?くそまだ生きてやがったか!!くそ、どこだ!?どこにいやがる!?」
 
「・・・・・・カメリーオ、まさかだとは思うけど・・・・・・・見えていないのか?」
 
「・・・・・・・・」
 
エックスの質問にカメリーオは硬直した。
 
「・・・・・・そうなんだ。」
 
「うるせえ!給料安いうえに賭けでボロ負けしたからスペア安物しか買えなかったんだよ!!」
 
カメリーオは悔しそうに言う。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その後、カメリーオはエックスに拘束されて捕まったそうな。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧