| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

ドラえもん のび太の転生ロックマンX

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

ロックマンX
  アイシー・ペンギーゴ

ハンター・ベース メディカルルーム
 
「ほれ、エックス。修理は終わったぞい。」
 
ケイン博士の声でエックスは目を覚まして作業台から起き上がる。
 
「全く、修理も終わっていないうちに出撃するからこんなことになるんじゃぞ。」
 
「すみません、ケイン博士。」
 
エックスは、申し訳なさそうにケインに頭を下げる。そんなエックスに対してケインは特に文句を言わず肩に手を置いた。
 
「エックス、お前が自分で責任を感じておるのはよおくわかる。じゃが、シグマはこれまでの暴走メカニロイドやイレギュラーとはわけが違う。そのことを忘れてはならんぞ?」
 
「ケイン博士・・・・・・」
 
エックスは、後ろを向いて部屋から出ていこうとするケインの後姿を見て思った。
 
 
彼にとって自分の最高傑作ともいえるシグマは息子同然であった。
 
しかし、そんな彼までもがイレギュラーとなってしまった。イレギュラーになった以上、人類の敵になったシグマを討たなければならない。しかし、大半のハンターがシグマとともに組織から離脱してしまった。おそらく立ち向かえる可能性があるのはエックスとゼロぐらいしかいない。
 
エックスが元々戦いを好まない性格だという事も承知の上で遠回りにシグマを止めてくれと頼んでいるのだ。
 
それは、エックス以上に複雑な思いをしているに等しいものである。
 
「・・・・さて、儂は少し休ませてもらおうかのう。」
 
ケインはそのまま部屋から去っていく。エックスもこのままにしておくわけにもいかないためハンターベースの司令部へと向かう。司令部の方は反乱のこともあって慌ただしい様子だった。
 
「エックス!メンテの方は?」
 
「先ほどケイン博士に済ませてもらった。」
 
「今、各地で大規模なイレギュラー反応が確認されています!反乱が本格的に動き出しているようです!」
 
「・・・・・・くっ、シグマを追うよりもこちらを片付けるのが先決か!」
 
「エックスは、急いで現場に急行してください!」
 
「了解!」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
雪山エリア
 
エックスは、最初の目的地である雪山へと到着した。
 
「・・・・・・雪山には碌な思い出がないな。」
 
エックスは、目の前に広がる銀世界を見ながら思わず言う。
 
のび太だった頃、未来の自分のガールフレンドを助けていいところを見せようと思って大恥をかいたこと、古代の日本で凍死しかけたこと、他にもいろいろあるが今はそれどころじゃない。
 
『そのエリアを占拠しているのは元特A級ハンター アイシー・ペンギーゴです。異名「雪原の皇帝」と言われるように吹雪と氷での攻撃を得意としています。』
 
「了解、これよりミッションを開始します。」
 
エックスは、雪山の基地へと乗り込んでいく。
 
進んですぐに丸太を斬り飛ばしてくるメカニロイドと遭遇する。
 
「ちっ、ペンギーゴが配置した物か!」
 
エックスは、確実にバスターで的確に破壊していく。引き続いで蜂型、ウサギ型のメカニロイドもエックスへの攻撃を行うがチャージショットで迎え撃つ。
 
「うおぉ!?」
 
途中、エックスのすぐ真上を回転ノコギリが飛んでくる。すぐに避けるが頬を僅かに掠った。
 
「そこか!」
 
エックスはフルチャージショットで攻撃してきた長身のダチョウ型メカニロイドを破壊する。
 
「伊達にのび太だった頃、射撃に自信があったんだ。宇宙にも通じるほどにね!」
 
メカニロイドを殲滅したのを確認するとエックスはペンギーゴが待ち構えていると思われる最深部へと目指す。
 
「ん?」
 
そのとき、エックスに妙な感覚が走った。
 
(何だろう?なんか呼ばれているような気が・・・・・・・それも何か知っている人が・・・・・)
 
 
エックスは、妙な感覚に引き寄せながらも向かっていく。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「これは・・・・・カプセル?」
 
エックスの目の前にあるもの。
 
それは、白と青で縁取られた円盤状の機械でこの場にあるにしてはかなり違和感があった。エックスは警戒しながら機械へと近づいて行く。
 
それを感知したのか、円盤はふわりと浮かび上がる。エックスはとっさにバスターを構えるが浮かび上がった円盤の下で白衣を着た白い髭を豊かに蓄えた老人の立体映像が映し出された。
 
「あ、あなたは!?」
 
エックスは、思わずこの老人に見覚えがあった。
 
自分がエックスとして新たな生を与えられたときに最初に目にした人物。その人物が今目の前で姿を現しているのだ。
 
『わしは、トーマス・ライト。このメッセージをエックス・・・・お前の未来に託す・・・・』
 
「ライト?俺は・・・・・この人を知っている?」
 
深い記憶を刺激する電子音声がエックスの聴覚回路に響き、彼は自然にバスターを下した。
 
『エックス、やはり来てしまったようじゃな。できればお前には、平和な日々を送って欲しかったのじゃが・・・・・これも運命なのかのう・・・・。』
 
「・・・・・・・」
 
『カプセルに入るのじゃ、エックス。そうすれば、お前はダッシュができるようになり、移動能力が大幅にアップするはずじゃ。このフットパーツの他にも各パーツが各地に隠れておる。強くなりたいのならそれを見つけ出すことじゃ!辛い事も多かろうがわしの残した力で未来を正しい方向に導いておくれ・・・・・わしのエックスよ。』
 
ライトの姿が消えるとエックスはカプセルの中に入る。するとエネルギーが充填されていくと同時に温かいものに抱かれるような感覚が身体中に満ちてゆく。そして、カプセルの中から出ると足は白と青を基調にしたフットパーツが装着されていた。
 
「すごい・・・・・今付けられたばかりなのに全く違和感がない。」
 
エックスが後ろを振り向くとカプセルは消えていた。
 
エックスは思いっきり走ろうとする。すると今までとは比べ物にならないほど早く移動できるようになっていた。
 
「早いぞ!このスピードなら最深部まで・・・・・ん?」
 
エックスは足を止める。丁度目の前にある雪の盛り上がりに違和感を感じたからだ。手で掘り返してみると作業用のライドアーマーが埋もれていた。
 
「・・・・・・そう言えば、VAVAは、これを戦闘に使っていたけど本当にできるのかな?」
 
エックスはライドアーマーに乗り込みエンジンを入れる。ライドアーマーは移動しながら拳で向かってくる敵を次々と破壊していった。
 
「イレギュラーハンターもライドアーマーを使っているぞ!」
 
「なんでこっちのやり方知ってんだ!?教えた憶えないのに!?」
 
「なんとなくやってみました。」
 
「「なんとなく!?」」
 
エックスは、ペンギーゴの部下が乗り込んでいたライドアーマーに向かって攻撃する。部下たちは、ライドアーマーが動かなくなるや乗り捨てて逃げて行く。
 
 
 
やがて、アーマーが入らないほどの入り口に辿りく。
 
「・・・・・・・・・・あっ、入り口も壊せないかな?昔、ドラえもんと一緒に大きなプラモデルのロボット造った時似たようなことやったし。」
 
エックスは、思いっきりライドアーマーの拳で扉を破壊した。
 
 
「なっ!?何事だっクワッ!?裏切りかクワッ!?」
 
突然ライドアーマーが中に入り込んできたことに中で待機していたペンギーゴは飛び上がる。
 
「あっ、ペンギーゴ。」
 
「エックス!お前の仕業か!!普通こんなところまでライドアーマーに乗ってくるなんて失礼にもほどがあるぞ!!」
 
「いやあ、できるかなって・・・・・」
 
「できるかなじゃないっクワッ!!!早くそいつを外に置いて改めて出直してくるクワッ!!」
 
「わかったよ。」
 
エックスは仕方なく、ライドアーマーごと外にいったん戻る。
 
「これでいいかい?」

「うん、それでいい。」
 
エックスは改めて戻ってくる。しかし、外が丸見えになってしまったのは違和感がぬぐえない。
 
「うぅ・・・・・俺様の仕掛け部屋が見事に丸裸に・・・・・」
 
「ペンギーゴ、何故シグマなんかに着いたんだ!?」
 
「お前、ちょっとこの空気読め!!・・・・・まあ、いい。シグマ様は俺の実力を認めてくれた。なんもない南極でくすぶっているよりここで派手にやっていた方が遥かにいいぜ!!」
 
「お前は間違っている!シグマのやっていることは反逆だ!!」
 
「人の部屋をぶっ壊したB級ハンターに言われたくないっクワッ!!行くぞ!!」
 
ペンギーゴは、這って高速で一気にエックスに迫る。エックスはジャンプして避けてペンギーゴを攻撃しようとするが
 
 


「クワッ~!?どこのB級が壁壊したせいで落ちる~!!!」
 
「あっ。」
 
エックスが遠くから見守る中、ペンギーゴはエックスが外に置いてきたライドアーマーに直撃。
 
「クベッ!?」
 
 
 
エンジンに直撃したのかライドアーマーごと大爆発した。
 
 
「ペンギーゴ・・・・・・・・・」
 
エックスは急いでペンギーゴのところへと向かう。ペンギーゴは爆発で見事に黒焦げになりこと切れていた。
 
「・・・・・・・勝ったっていうべきなのかな?・・・・・・なんかごめん。」
 
エックスは申し訳ない顔をしながらペンギーゴの黒焦げの亡骸をハンターベースへと持って帰った。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ちなみにペンギーゴの亡骸を調べたケイン博士から彼のDNAデータをもらい、彼の得意技であった「ショットガンアイス」を使えるようになった。
 
「・・・・・・・ごめん、ペンギーゴ。今度は部屋の前でちゃんとおいてから入るよ。」
 
エックスは、申し訳なさそうに言いながらも次のエリアへと向かうのであった。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧