| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

ドラえもん のび太の転生ロックマンX

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

The Day of Σ

ハンターベース
 
「イーグリード隊A班は、ポイント445へ。」
 
「西28区でまた暴走!?」
 
「待て!まだ逆探知が!」
 
「さっきからやってます!イーグリード隊B班、移動完了!」
 
「はい、こちらハンターベース。・・・・えっ?またメカニロイドの暴走!?場所は?・・・・・そんな近くで!?」
 
 
 
 
翌日
 
シティの各方面でメカニロイドの暴走事件が発生していた。これまでとは比べ物にならない規模にハンターベースの通信網は麻痺し、各部隊が対処に追われていた。
 
 
俺もゼロと共にライドチェイサーで現場へと向かっている。
 
「くそ!どうしてこんなことに。」
 
「メカニロイドの暴走・・・・・俺たちを攪乱してるだけの気もするが・・・・」
 
「ん?犯人には何か別の目的があるという事か?」
 
「あるいはな。」
 
その直後に本部から通信が入った。
 
『エックス、ゼロ。緊急事態です!留置されていた元イレギュラーハンター VAVAが脱走しました!』
 
「何だって!?」
 
『最優先で現場に急行してください!』
 
「「了解!!」」
 
俺たちは方向転換して留置場へと向かった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ハンターベース 留置場
 
「こ、これは・・・・・・・」
 
俺は、無残にやられた保安員たちを見て動揺した。
 
こんなことは普通あり得ない。
 
確か独房に入れられるときは武装はすべて取り外されるはずだ。元々同じハンターであるVAVAも当然取り外される。それに武装を隠し通して脱走したとしてもこの数を倒すことは不可能だ。
 
でも、この状況から見たら・・・・・・・・
 
 
「・・・・・違うな。拘束されていたVAVAにこれほどの攻撃力はなかったはずだ。どれも急所を一撃で仕留めている。やったのは極めて高い判断力と戦闘力を持ったレプリロイドだ。」
 
でも、ここを襲撃したものは一体・・・・・・もしかしてメカニロイドを暴走させている犯人と同一人物なのか!?
 
「じゃあ、犯人はVAVAを逃がすためにわざとメカニロイドを暴走させているというのか!?」
 
「・・・・・可能性は十分にある。まさかだが・・・・ん?」
 
本部からの通信だ。
 
「こちらゼロ。」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『エックス、ゼロ。ハッキング地点の逆探知に成功したわ。暴走メカニロイドの発信信号を送っているのはミサイル基地です。全部隊に連絡しましたがほとんど反応が途絶えています。シグマ隊長ともずいぶん前から連絡が取れなくて・・・・・・・・・』
 
 
通信を聞き、俺たちはミサイル基地へと急行した。情報によれば犯人もそこにいる可能性が高いと言う。
 
俺とゼロはバスターを展開して基地の中へと入って行く。
 
つい最近自動警報装置が完成したこともあって基地に人影はなかった。俺たちは基地のミサイルの安全を確認する。
 
「・・・・・ん?誰かいる。」
 
ゼロはミサイル基地のコントロールルームに人影を捕えた。俺たちは急いで部屋に向かう。
 
 
 
「動くな!」
 
「あっ!」
 
俺たち二人は部屋の前に立ち、バスターを向ける。しかし、そこにいたのは
 
「シグマ隊長っ!?」
 
何と連絡が取れなくなっていたシグマ隊長だった。
 
「エックス、ゼロ。どうやら犯人はここの警備システムを使ってコントロールをしていたようだ。」
 
「警備システムでカモフラージュしていたってことですか。」
 
「逆探知に手間取るわけだ。」
 
俺たち二人はバスターを解除して室内へと入って行く。急いで暴走を止めなくては。
 
「シグマ隊長、司令部とは連絡が着かなかったそうですが・・・・・・」
 
「敵に気づかれたくなかったのでな。通信は切っておいた。」
 
シグマ隊長の足音が近づいてくる。
 
「なに、もはや通信など大したものでもなかろう・・・・・・」
 
「っ!?」
 
ゼロはとっさに後ろを振り向いた。俺も何事かと向いたらシグマ隊長がゼロをサーベルで突き刺そうとしていたのだ。
 
「シグマ隊長!?ゼロ!」
 
「ほう、何故気づいた?」
 
攻撃を受け止められたシグマ隊長は動じる様子はなくゼロに聞く。
 
「犯人の戦闘力、あれほどのことをできるレプリロイドは多くない。そして、最初に急所を狙ってくるとわかっていれば避けることもできた!」
 
「流石ゼロと言いたいが私を全く警戒していなかったエックスの甘さこそがレプリロイドとして貴重だと言わねばならんな!」
 
「ぐうぅ!?」
 
シグマ隊長の左腕がゼロの頭部を掴み上げた。
 
「そう思わんか?ゼロ。」
 
「があぁぁぁ!!」
 
ゼロはもがくが離れる様子はない。
 
「シグマ隊長、何をするんですか!?早くゼロを離してください!」
 
俺はバスターをシグマ隊長に向ける。
 
「そうだ、エックス。よく狙え!私を止めたければ今すぐゼロの体ごと私を撃ち抜くほかないぞ?」
 
「なあっ!?」
 
シグマ隊長はゼロを盾にする。迂闊に撃てばゼロごと撃ち抜いてしまう。
 
「どうした?撃て!」
 
俺は何とかゼロを傷つけない方法を考えて見たが見当がつかない。
 
ここにドラえもんがいれば「タンマウォッチ」や「とりよせバッグ」「どくさいスイッチ」で何とかできるかもしれない。
 
でもこの状況でそんなことできるはずないし、ゼロごと撃ち抜く以外方法はない。
 
撃てない俺を見てシグマ隊長は笑う。
 
「ヌゥフッハハハハ、どうだエックス?やはりお前はそうなのか。」
 
シグマ隊長はゼロを真上に放り投げるやゼロを斬りつける。
 
「ぬわぁぁあぁあああ!!!」
 
斬られたゼロは、そのまま落ちて動かなくなる。
 
「ゼロ!」
 
「ぬうん!」
 
「ぐっ!?」
 
シグマ隊長は、隙を逃さず俺を掴み上げた。
 
「ぐうぅ・・・・」
 
俺は何とかバスターを撃とうとシグマ隊長に向けようとする。
 
「ヌハハハッ、言ったはずだぞエックス?引き金を引くのをためらうなと。あれが私を撃つ最後のチャンスだったのだ。」
 
シグマ隊長はサーベルを腰に戻すと小さなボタンを取り出してスイッチを押す。すると基地のミサイルが一斉に発射準備にかかる。
 
「あっ!」
 
「次にこのスイッチを押せば基地のミサイル全てが発射される。目標は我々の街だ。さあ、どうする?街を賭けて私を撃ってみるか?できなければ武装解除してもらおうか!」
 
シグマ隊長は本気だ。
 
確かに今の状態ならシグマ隊長を撃ち抜くことは可能だ。
 
だが、もし先にボタンを押されてしまえば街が・・・・・・・・
 
「・・・く、くっ・・・・・くうぅ。」
 
俺は止むを得ずバスターを右腕パーツごと取り外す。バスターは床に落ちると元の右腕に戻る。
 
「フッハハハ・・・・・エーハッハハハハハハハハ!!!ふん!」
 
「うわぁ!」
 
シグマ隊長は、笑うと俺を放り投げる。俺はそのまま床に倒れる。
 
「・・・・・な、何故だ・・・・・・何のためにこんな・・・・・・」
 
「我々のためだよ、エックス。我々レプリロイドの可能性を真に試すために。」
 
「仕組んだのか?メカニロイドを暴走させ、罪のない者を・・・・仲間たちを次々に殺して!!」
 
「賛同してくれた連中に礼を言う。エックス、犠牲のない進化など・・・・・・・」
 
「あっ・・・・」
 
まさか・・・・・・
 
「ない。」
 
シグマ隊長は、発射スイッチを押した。
 
「やめろおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!」
 
 
俺は、シグマ隊長に向かっていく中、ミサイルはすべてシティ・アーベルへと発射されていった。
 
 
 
 
 
 
ハンターベース

「何っ!?ミサイル基地から!?」

「ミサイルが発射された!目標軌道を計算!」

ミサイル基地からのミサイル発射はハンターベースでもキャッチされた。女性オペレーターはすぐにミサイルの到達時間を計算する。

「ミサイル到達まで46秒、目標は・・・・・・シティ・アーベル・・・・・・」

結果を知った瞬間、ハンターベース全体が寒気に襲われる。

ミサイルはそんな彼らを他所にシティ・アーベルに落下し、火の海へと変えていった。





 
 
 
 

 
 
 




 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
「あ、あぁ・・・・・・・・・・」
 
「エックス、全てはお前が招いたことなのだ。無限の可能性と危険、そのどちらも備えたお前が。」
 
俺は身動きをすることができなかった。
 
俺の腹部にシグマ隊長のサーベルが突き刺されている。
 
「これで終わりかエックス?いや、違う。ここから始めるのだ、我々の世界を!」
 
シグマ隊長が言う中、俺の意識は薄れていった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・・・・・・・・ここはどこだ?
 
どこかで寝かされている。
 
周りには泣いている人たちがいた。
 
なんで俺を見て泣いているんだろう?
 
 
・・・・・・あっ、思い出した。
 
この人たちのうちの二人は、僕のパパとママじゃないか。
 
でも、どうして泣いているんだろう?
 
ねえ、ママ。どうして泣いているの?
 
あれ?聞こえていないのかな?
 
それにしても体が動かない。
 
どうしてなんだろう?
 
 
あっ、丁度いいところにドラえもんが来てくれた。
 
ドラえもん、どうしてママは泣いているの?
 
あれ?ドラえもんも同じだ。
 
何故だ?
 
 
『ごめんね、のび太くん・・・・・』
 
 
どうしてドラえもんが謝るんだよ?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あっ・・・・・・そっか。
 
僕はあの時死んだんだっけ。
 
トラックに撥ねられて。
 
ごめんね、ママ、パパ、ドラえもん。
 
 
そして、今僕は棺桶の中に入れられているのか。
 
よく見たら一緒にいるジャイアンやスネ夫まで泣いているよ。
 
日頃からいじめていたのに。
 
『のび太の馬鹿野郎!死んじまいやがって!』
 
『帰って来いよぉ~!!もう三人用とか言わないからさ!!』
 
帰って来いって言われてもどうにもならないよ。
 
そんな中、みんなは、僕の周りに大事なものを入れていく。
 
しずかちゃんは、花束。
 
ジャイアンは、自分の命より大切にしていたリサイタル衣装(汗)
 
スネ夫は、自慢して僕が欲しがっていた新作ゲーム。
 
ドラえもんはどら焼きかな?
 
えっ?それ・・・・・スペアポケットじゃん。
 
『のび太くん、もう僕は君の傍にいることができないからこれを一緒にもっていくといいよ。危なくなったら使ってね。』
 
危なくなったら使えって?
 
本当に最後まで心配かけさせちゃったね。
 
『のび太くん。』
 
ん?何ドラえもん?
 
『僕は、君と一緒に過ごしてきたことをずっと忘れない。大切な宝物だよ。それはしずかちゃんやジャイアン、スネ夫くんも同じだよ。』
 
うん、ありがとう。
 
今度生まれ変わった時は心配かけられないように生きていくよ。
 
『もう時間みたい。』
 
棺桶の蓋が閉じられる。
 
それでもドラえもんは最後まで僕のことを見ている。
 
『さようなら、のび太くん。僕の・・・・・・・みんなのかけがえのない友達・・・・・・』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「・・・・・・・・・・・・・・」
 
エックスの頭部の赤いパーツが光を発し始めた。
 
「うん!?」
 
「ぬうぅおぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!」
 
エックスは頭部パーツと同時に光り出した右手をシグマの頭部に打ち付ける。反動でシグマは後方に吹き飛び、エックスの腹部からサーベルが抜ける。
 
「ぬわあぁぁぁぁああ!!!」
 
自由になったエックスはすかさず右手でシグマの顔を掴む。
 
「ぬわあぁぁあ!!」
 
先ほどまでとは比べ物にならない力の影響でシグマの顔に傷がつく。思わぬダメージにシグマは顔を抑えた。
 
「ぬうぅ・・・・・エックス――――――――――!!!」
 
シグマは、エックスの名を叫びながら再びエックスと対峙する。
 
「し、シグマ・・・・・・・」
 
しかし、同時にエックスの頭部パーツの光は消え、目の輝きも失われる。
 
先ほど受けた腹部の傷から煙が吹く。どうやら機能を停止してしまったらしい。
 
「・・・・・・・フフフッハッハッハッハ、ア―――ッハハハハハハ!!!」
 
シグマは機能を停止したエックスを見る。
 
「そうだ、これがお前の力。お前の、レプリロイドの可能性なのだ。フッハハハハ、アーッハハハハハ!!アハハハハ!!」
 
シグマは、エックスにとどめを刺すことなくその場を去って行った。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「く・・・・・・・くう・・・・・・シグマ・・・・・・エックス?」
 
それからしばらく時間が経過して倒れていたゼロがようやく意識を取り戻した。
 
ゼロは立ち上がるなり、機能を停止したエックスを発見する。
 
「エックス!エックス―――――――ッ!!」
 
ゼロは、その後急いでエックスを修理するためにハンターベースへと急いだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「ヌゥフフフフ・・・・・アッハハハハハ!!!」
 
一方、エックスを見逃したシグマは破壊された街を眺めながら笑っていた。
 
「立ち上がって来い、エックス!お前の戦う相手はここだ!私はここにいるぞ。」
 
「さあ、戦いを始めようではないか。レプリロイドの可能性をかけた戦いをな!!ハハハハ、ア―――――――――――ハッハッハッハッハ!!!」
 
 
 
 
 
 
かくして、この日よりレプリロイドの初の反乱「シグマの反乱」の幕が切って落とされた。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧