| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

ドラえもん のび太の転生ロックマンX

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

プロローグ
  可能性

ハンターベース 廊下

「えっと、これをこうして・・・・・・・・」
 
「エックス。」
 
「う~ん~・・・・こうやった方がいいかな?」
 
「おい。」
 
「ん?どうかしたかゼロ?」

廊下をあるっている中、一緒に歩いていたゼロが声をかける。 

「お前な・・・・・歩きながらその・・・・・アヤトリとかって言うのやるのやめておけ。」
 
「いや、今回はかなり難しい新作なんだ。どこまで再現できるか・・・・・」
 
「・・・・あのな・・・・・」
 
あやとりをしながら歩いている俺をゼロは呆れた態度で見る。
 
俺が野比のび太として生きていた時もあやとりは昔の遊びとしてみんなから相手にされていなかった。
 
まあ、あの時はスポーツが全くできなかったり、小遣いを貯める習慣とかなかったから手持ちがなくなるとやることがなくてやっていたんだけど。
 
一度「もしもボックス」であやとりができる人が偉い世界って言うのをやったことがある。ドラえもんのこと考慮していなかったからすぐに元に戻されたっけなぁ。
 
こっちで生きていくようになってからもあやとりはある意味頭の運動としてやっている。そして、今回は・・・・・・
 
 
「できた!!」
 
「はあ?」
 
突然の俺の声にゼロは思わず言った。
 
「見てくれゼロ!よく似ているだろ?」
 
俺は力作をゼロに見せる。
 
「・・・・・・・それ。まさかシグマ隊長か?」

正解。

今回はシグマ隊長の顔をどれだけあやとりで再現できるか挑戦してみたんだ。
 
「今回は隊長の顔をどれだけ再現できるかをやってみたんだ!よくできているだろ?」
 
「ま、まあな・・・・・」
 
俺の様子を見てゼロは少し困ったような態度をとる。
 
「よし!今度はゼロの顔をどれだけ再現できるかやってみるか!」
 
「おいおい、今度は俺の顔かよ・・・・・勘弁してくれ。それにそんなものシグマ隊長に見せたら注意されるぞ。」
 
「なんだよ。よくできているだろ?」
 
俺たち二人はそんな会話をしながらハンターベースのロビーに辿り着く。
 
その時丁度、すれ違ったハンター二人の会話が耳に入った。
 
「メカニロイドのイレギュラー・・・・・・今月で7件目だな。」
 
「それで隊長はその件でケイン氏のところに?」
 
「あぁ、そうらしい。」
 
 
俺は、さっきまであやとりについて話していたことを忘れ、一つの疑問が勝手に口から出た。
 
「イレギュラーか・・・・・・どうしてイレギュラーは発生するんだろう?」
 
 
俺の親友だったドラえもんが住む22世紀もこちらの世界と似たような世界だった。
 
でも、あっちではイレギュラーの発生なんて一度も見たことがない。
 
あると言ったら強盗とかでそれを含めてもそこまでの頻度でもない。
 
どうしてこちらの世界ではそんなに起こるのかよくわからない。
 
 
そんな俺にゼロは納得いくような説明をしてくれた。
 
「プログラムのエラー、電子頭脳の故障、俺達レプリロイドの高度な情報処理能力の・・・・・いわばツケって奴だな。」
 
「そうなのかな?」
 
「あぁ。」
 
その矢先俺たちの目の前で保安員に連行されていくレプリロイドを見た。
 
SF系で出てきそうなヘルメット型の頭部に紫のボディ。額のVの字はまさに彼の象徴というべきものだった。
 
 
「VAVAだ。大方また揉め事でも起こしたんだろうな。同じハンターでもエックスみたいにいつまでも甘い奴もいればVAVAの様にイレギュラーすれすれな奴もいる。」
 
「・・・・・」
 
俺は黙って連行されていくVAVAの後ろ姿を見送った後、ゼロに訓練を誘われたけどいつも昼寝をするところに行きたかったから適当に言い訳して別れた。
 
どこかって?
 
屋上さ。
 
あそこは日が一番当たるし、この季節は寝心地が最高なんだ。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シティ・アーベル Dr.ケイン宅
 
「最近、騒がしいようだな。」
 
「はい、ケイン博士。イレギュラーによる犯罪は増加傾向にあり、大型メカニロイドの暴走も数件発生しています。」
 
シグマは、ハンターベースからレプリロイドの生みの親 Dr.ケインの自宅を訪問していた。その時はちょうどケインが書斎を整理していたこともあり、ケインは幼いころから集めていたと思われるブリキの玩具を並べていた。
 
「・・・・・エックスはどうしている?」
 
「状況分析、戦闘能力。共に極めて高いレベルにあり、特に精密射撃の高さは異常です。が・・・・・時に悩み、判断を遅らせるところがあります。」
 
「ふむ。」
 
ケインは作業を終えるとソファーに腰を掛ける。
 
「悩むか・・・・・・・・正しくそれこそがエックス最大の特性なのだ。」
 
「・・・・・・」
 
「シグマよ、お前は悩むことがあるまい?かつて私は、封印されていたロボット エックスを見つけだし、その設計思想を流用し、お前達レプリロイドを生み出した。レプリロイドは人間と同じように考え、行動することが出来る。だが、深く思い悩むレプリロイドはエックスだけだ。それは一つの可能性でもあるが・・・・・」
 
「悩むことが新たな可能性・・・・・欠陥ではなく?」
 
「フッ、普通はそうだなシグマ。だが、思い悩むことがこれまでにない新しいタイプのロボットと人類の関係を見出すのかもしれない。だが、その可能性が希望になるか、あるいは危険なものになるのかは誰にもわからんのだ。」
 
ケインは感慨深い顔で話をする。
 
「私は、それを見届けられるかどうかはわからんが生き続ける限りは見守ってやりたいと思っている。その可能性をな。」
 
「・・・・・・・・・」
 
シグマは少し腑に落ちない顔をしていたが任務に戻るためそのままケインの自宅を後にしていった。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ハンターベース トレーニングルーム
 
ゼロは、今回起きたメカニロイドの事件をシュミレーションで体験していた。
 
目標のメインジェネレーターに合わせ、タイミングを見計らって発射する。
 
しかし、バスターの光弾は捕えられた隊員の方に命中してしまった。
 
「うっ!」
 
『残念!訓練終了!』
 
コンピューターから今回の成績が表示される。
 
<成功率95%>
 
「ちっ、5%ミスっちまったか。」
 
ゼロは悔しそうに舌打ちをした。
 
「95%か。大したもんじゃないかゼロ。」
 
そこへ鷲型のレプリロイドがやってきた。彼の名はストーム・イーグリード 第7空挺部隊隊長であり、現在はミサイル基地の守備任務に就いているはずだった。
 
「イーグリードか・・・・・・お前、ミサイル基地の守備任務はどうしたんだ?」
 
「警報装置が完成したんで、守備隊は縮小されたよ。今日からはまた通常のハンター業務さ。」
 
「そうか。」
 
「っで、早速メカニロイド暴走事件で召集だ。行こうぜ、ゼロ。」
 
「あぁ。」
 
二人はトレーニングルームを出て、ブリーフィングルームへと向かう。

「・・・・ところでイーグリード。」

「ん?」

「お前、最近ティルの奴に会いに行っていないのか?お前の部隊から外れてから随分疎遠になっているようだが。」

ゼロの言葉を聞いてイーグリードは何とも言えない表情をする。

「・・・・俺も彼女もまだあの事件のことで心の整理ができていないんだ。」

「そうか。」 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブリーフィングルームではすでに多数のハンターが集まっていた。その中で先ほどまで気持ちよく昼寝をしていたのかエックスは見えないように小さいあくびをしていた。
 
「解体中のビルで起きたメカニロイドの暴走ですが、コントロール系が何者かに乗っ取られていたと判明しました。」
 
女性型オペレーターは、床の大型モニターへ現場の状態を映し出しながら状況を説明する。
 
「中には誰も乗っていなかった・・・・・・つまり遠隔操作されていた?」
 
「そうです。」
 
眠気を隠しながらエックスが聞くとオペレーターはすぐに返答した。
 
「ちょっと待てよ。メカニロイドの警戒プログラムは・・・・・」
 
「そう簡単にハッキングされるような防壁ではないはずだクワッ。」
 
「はい、犯人はこちらの警戒体制に精通している可能性があります。」
 
「っで?犯人はどこから操作を?」
 
「いくつもの衛星を経由してカモフラージュしていましたが・・・・・発信源はここ・・・・・シティ・アーベル東16番地区です。」
 
オペレーターは腕部のボタンを押し、マップを表示させる。
 
「すぐ近くか・・・・・ふざけやがって!」
 
「シグマ隊長にこのことは?」
 
「連絡済みです。エックス、ゼロのチームはブリーフィング終了後、現場に偵察に向かうようにとの指示です。」
 
「「了解!!」」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
俺とゼロは、急いで現場に向かった。
 
だが、あまりにも静か過ぎだった。
 
「あまりにも静か過ぎないか?」
 
「あぁ。」
 
ゼロもどうやら同じように感じているようだった。
 
「行ってみるか、エックス?」
 
「うん。」
 
俺たちは壁を蹴って飛びながら犯人が潜伏していると思われる建物の屋上へと乗り込んだ。
 
しかし、そこには無残に破壊されたレプリロイドの残骸が転がっているだけだった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
本部から応援を呼んだ後、倒れていた犯人たちを調べてみたが既に手遅れだった。
 
「どうだ?」
 
俺は、端末を調べている隊員に聞く。
 
「ダメですね、データは既に持ち出されたようです。」
 
「かなりの手練れだな。」
 
「状況は?」
 
そこへシグマ隊長が来た。隊員の一人がおそらく仲間割れではないかと報告する。報告を聞いた隊長はゼロの方を見る。
 
「ふむ。ゼロ、どう思う?」
 
「さあ、ですがどちらにせよやったのは相当の戦闘能力を持った奴でしょう。全て急所を一撃です。」
 
「うむ。」
 
そう言ってシグマ隊長はなぜか俺の顔をしばらく見ると外に待機させているイーグリードたちに指示を出すべく去って行った。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ドラえもん。
 
君がいてくれたらすぐにでも犯人を見つけられるのにな。
 
俺って本当に君がいないと駄目だよ。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧