| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

ドラえもん のび太の転生ロックマンX

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
< 前ページ 目次
 

プロローグ
  不注意からの転生

"X"は、より複雑な人間的思考能力を持つ、新しいタイプのロボットである。

しかし、この能力は、非常に危険なものでもある。
 
もし"X"が、「ロボットは人間を傷つけてはいけない」というロボット工学の原則を 自らの意志で破ったならば、おそらく何者も彼を止めることはできず、結果は恐しいものとなるだろう。
 
30年もあれば、彼の安全性をたしかめることは可能である。
 
しかし、私の命もそう長くはなく、私の研究を託せる者もいない。
 
それ故 私は、このカプセルに彼を封印する。
 
このカプセルは、彼の安全性を確かめるまで彼の内部構造を検査してくれるものである。
 
そのときまで、どうかカプセルを開けないでもらいたい。
 
"X"は無限の可能性と共に、無限の危険性をも孕んでいる。
 
私はただ、最良の結果を望むのみである。

 
20XX年 9月18日 トーマス ライト

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・・・・・・・話をしよう。
 
俺の名前はエックス。
 
イレギュラーという犯罪を起こす・人間に危害を加えるような行為を起こすレプリロイドをレプリロイドが捕縛、破壊する組織「イレギュラーハンター」第17精鋭部隊に所属しているB級ハンターのレプリロイドだ。
 
 
っと、ここまで言えばそれがどうしたんだ?というかと思うが実は俺、元は“人間”だったんだ。別世界の。
 
 
どうしてこうなったのかは俺の発見者、ケイン博士が再起動する前の話になる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「のび太くん、せっかくのお正月なんだから外に遊びに行ったら?」
 
俺こと元“野比のび太”は、毎年のように正月休みを満喫していたところだった。

あっ、ここからは一旦元の口調に戻して話そう。
 
両親に新年の挨拶をした後に雑煮を食べ、同居人こと親友であるえっと・・・・・・・ドラえもんともらったお年玉を計算しながらどう使うかの話をし終えて、昼寝をしようと思った矢先のことだった。
 
「別にいいじゃん。外に出たって寒いんだもん。」
 
「子供は風の子って言うでしょ?天気もいいんだし、少し動かせば暖かくなるよ。寒がりの僕だって大丈夫なんだよ。」
 
「でもな・・・・・・・・」
 
「のび太~。ドラちゃ~ん。」
 
僕がもたもたしていると丁度母に外で遊んできなさいと言われてしまった。
 
実はというと外に出たがらなかった理由はもう一つある。
 
・・・・・運動神経が非常に悪いのだ。
 
レプリロイドとして生きている今にしてはそれはないだろうと言えるが本当にスポーツがダメだったのだ。
 
僕の学校のガキ大将・・・・もとい悪友である剛田武ことジャイアンには野球の試合負けでよくバットで追い掛け回されたものだ。
 
 
最悪なことに外に出た僕たち二人は、彼に出くわした。
 
「オッスッ、のび太!!近いうちに空き地で俺のリサイタルを開くからお前も招待してやるぜ!」
 
彼は笑いながら自分で製作したチケットを僕とドラえもんの二人分を渡してきた。
 
おいおい・・・・・よりによって正月の後にあの恐ろしい歌を聴かなくちゃならないのか?
 
しかし、逆らったら怖かったし、僕らは仕方なく彼からチケットを受け取った。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「はあ・・・・・」
 
「のび太くん、そんなに気を落とさないで。まだ時間があるんだから何とか作戦を考えようよ。」
 
ドラえもんは、僕を慰めるように言ってくれていたが僕の心は正月明けの恐ろしいリサイタルのことで頭が一杯だった。


あの様子だとスネ夫としずかちゃんにも渡しているのかもしれない。みんな楽しい正月が楽しめなくなってしまったんだろうな。
 
気分紛らわしに町の書店で漫画を買おうと思ってきていたが考えすぎて信号を無視したまま、僕は交差点を歩いていた。
 
「のび太くん、危ない!!」
 
「えっ?」
 
ドラえもんの叫ぶ声で気が付いたが時はすでに遅し、僕の眼中には大型トラックが迫っていた。
 
「ドラ・・・・・・」

ドラえもんに助けを求めようとした瞬間、身体に強い衝撃を受け、意識が吹き飛んだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


そして、気が付いた時僕は真っ白な謎の空間で目を覚ました。
 
「うぅ・・・・・あれ?ここは・・・・・」
 
 
「ハアァ~イィ!!」
 
「ん?」
 
聞き覚えのある声を聴いて、俺が後ろを向くと奇妙な格好をしたドラえもんがお坊さんの格好をして雲に乗っていた。
 
「何だドラえもんか。びっくりしたじゃないか。」
 
「ノンノン、私、ドラえもんじゃなぁ~い!私『神様』!」
 
言っている意味がよくわからなかった。どうせ悪ふざけなんだろう。
 
「ふざけないでよドラえもん。こんな変なところに連れて来て。早く帰らないとママが怒るよ。」
 
「だ・か・ら!私、“ドラ神様”!!ドラえもんじゃないよぉ~!!」
 
ドラえもん?は、まじめな顔で僕の顔を見ながら異常なほどアピールしてくる。ひょっとしたら故障でもしたのだろうか?
 
「ど、どうしちゃったんだよ?ドラえもん。もしかして、どこかおかしくなったとか・・・・・」
 
「そうじゃなくて、私神様ねっ!!この耳見て!あの青タヌキにこんなチャーミーな耳ある!?」
 
ドラ神様と名乗るドラえもんは自分の耳を主張しながら言う。確かに途中で付け直したわけでもないらしい。
 
「えっと・・・・・そのドラ神様が僕に何の用ですか?」
 
「う~んとね~。」
 
ドラ神様は勿体ぶった様子で渋る。そういえば3時に「宇宙ターザン」と「カメライダー」が始まるんだけど。
 
「あの・・・・・早く話してくれないかな?早くしないと『宇宙ターザン』の時間になっちゃうから・・・・・」
 
「そうそう。チミ・・・・・・・実は死んじゃったの。」
 
「・・・・・・・・え?」
 
ドラ神様が言う言葉に僕は思わず愕然とした。
 
死んだ?
 
いくらなんでも冗談だろ!?
 
死んだら僕としずかちゃんの結婚する未来が・・・・・っていうかそれ以前にセワシ君とか色々変わっちゃうじゃないか!?
 
 
「そんな!?冗談でしょ!?」
 
「いんや、本当のことだよ。」
 
「うわぁ~!!嘘だぁ~!!」
 
僕は、この時思わず泣いた。
 
「ねえ、元の場所に戻してよぉ~!神様なんだからできるんでしょ!?ねぇ~!!」
 
「ダメダメ、そんなことしたら規則違反になっちゃう。」
 
「規則違反って何!?」
 
「それは神様だけの秘密。」
 
ドラ神様は、意地悪そうな顔で言うが僕の頭はパニック状態だ。
 
もしかしてこのまま天国行きか?
 
っとそう思った矢先、ドラ神様は何やら福引とかでよく見る箱を出す。
 
「・・・・・・っとは言っても君は本当はこうなるはずなかったからね。普通はここから天国か地獄に行くかを決めるんだけど今回は特別出血サービスで神様の慈悲として転生させてしんぜよう。」
 
「へっ?」
 
「さあ、このくじ引きを引いて~。この中で君が行く転生先を決めるから。う~ん、僕のお勧めはIS世界で俺TUEEEE!!しまくる世界とヒーローの力を持って堕天使や悪魔と戦ってハーレム作る世界、それとも東方系?、いっそのこと・・・・えっと・・・・・・・」
 
「あの・・・・・・」
 
「何?のび太くん。」
 
説明を考えているドラ神様に対して僕はイチかバチか重要なことを聞く。

「元の世界に戻すという選択はないの?」
 
「NAI☆!」
 
「・・・・・・・そう。」
 
「さあ、引いて引いて!!ここからが君のセカンドライフだからね!!」

僕は、仕方なくくじの箱に手を突っ込む。
 
せめてかっこよく生きられる世界にしてほしいなぁ。
 
「え~い!もうしずかちゃんと結婚できないならどうにでもなれ~!!」

そして、引いたくじは
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『ロックマンX』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「・・・・・・・ロックマンX?」
 
「あららぁ~、君は実に運がないね。よりによって『ロックマンX』を引いちゃうなんてね。」
 
ドラ神様は残念そうな顔をするけど僕が知っている限りロックマンXなんて名前は知らない。
 
少なくともロックマンぐらいだ。
 
少し前、スネ夫が新作ゲームの「ロックマン2」を見せてくれた(とは言ってもジャイアンとしずかちゃんはやらせてくれたのに僕はやらせてもらえない)青いタイツ・・・・・・・って、えぇ!?
 
「そんなぁ!?嫌だよ!なんで僕があの青タイツのロボットにならなくちゃならないの!?」
 
「えっ?」
 
「なんかかっこ悪いし・・・・嫌だぁ~!!転生しなくていいから天国に連れてって~!!」
 
僕は再び大パニック状態になった。
 
「ん~もう、仕方ないなぁ。エックス結構かっこいいのに・・・・・・・ただ、主人公としてはな・・・・・・うん。」
 
ドラ神様はポケットからハリセンを出して僕の頭を叩きつけた。
 
「かっ!?」
 
「まあ、決まったことなんだから文句言わない!さあ、第二の人生へレッツゴー!!」

僕は再び意識を失った。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・・・・ックス
 
 
・・・・・エックス。
 
 
「・・・・・・」
 
知らない声が聞こえて来た。
 
「エックス。」
 
誰だろう?
 
「エックス。」
 
僕は目を開けてみる。
 
目の前には白衣を着た老人の姿が移った。優しそうな人だ。
 
「あな・・・たは?」
 
「儂はトーマス・ライト。お前の生みの親だよ、エックス。」
 
「エックス・・・・・・それが僕のな・ま・え・・・・・・」
 
まだ完成していないのか僕の意識は再び途切れてしまった。
 
「エックス。そう、無限の可能性を意味する名前だ。お前は自分で考え、行動する新しいタイプのロボットになるんだよ。」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これが転生した時の最初の出来事だ。 
< 前ページ 目次
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧